ZEROのリーマン輔に釘付けの昨夜

今日のお弁当は、のりおにぎり弁当
私はコンビニおにぎりならパリパリのりがいいけれど、自宅から作ってもっていくお弁当なら、おにぎりにしっとりのりが張り付いたおにぎりが好きです。
食べる時にプンと磯の香りがするし。

そんなしっとりのりおにぎりを見て、昨日のZERO大ちゃんを思い出しました。
大ちゃんの頭、のりおにぎりみたいだったなと。
それにしても大ちゃんなぜあの髪型だったのか。
スタイリッシュなのにいつも
昨日は、大学生がリクルートのために無理やりサラリーマン風に髪の毛分けてみました。7:3まではやる勇気がないので6:4で、、みたいな。
もしくは、転職してサラリーマンいなりました、サラリーマンの髪型がまだしっくりこない新米サラリーマンとか。
そして時にはズラのようにも見えるし
ZERO実況TLも、大ちゃんの髪型についてのつぶやきが並んでいました・・・みんなぶっちゃけ困惑したでしょ。
私もだ。
なぜだ大ちゃんと。
ただ野村萬斎さんにインタビューしている時とかは、スタイリッシュだったのでちょっと動揺はおさまったけど。
昨日は大ちゃんのヘアスタイルに動揺し、その後TLでもそうだったけど、大ちゃんのおだやかでスイートな語り口調に堪能してたけど、昨日は異様に眠くて結局内容をしっかり見れておりません。
週末じっくりと

そろそろフィギュアもシーズンにはいるし、ショーもカーニバルで一旦終わるので大ちゃん情報も少なくなるかと思いきや、AOIにINのお知らせ。
早速妄想族は妄想しました。
もちろんどんなプロになるかなということです。
ILのステファンと大ちゃんの危険な遊びプロはなかなかよろしかったので、再びコラボっていただきたいものです。
AOIなら大人プロできそうだもんね。
たぶんAOIは新作プロはあると思うのでそれが何かということです。
旧プロでもいいけど。久々ならロクサーヌを見たいものだけど。濃厚系がみたいです。
スイスならいけると思うのよね。大人プロ
カーニバルオンアイスで新作?と思ってたけど、昨日のちょっともちったリーマン輔を見ると新作はないなと思うし。
やっぱり新作はXOIで、それをひっさげてAOI、そしてAOIオリジナルプロと・・・と思うとAOIはやっぱり行ってみたいショーになりますね。
しばらくはAOIでどんなプロを滑るか妄想できるのでしあわせです。
振り付けは久々カメレンゴさんとかさ、けなげに大ちゃんのインスタにいいねをしつづけるニコライとか、でも今だからこそあえてのタラソワさんとか。ちょっと興味ひかれませんか、なんだかんだでタラソワさんて帝政ロシア的なゴージャスプロ作るから見てみたいんですよね。
私真央ちゃんのプロの中では、ローリーよりもタラソワさんのプロのほうが好きなプログラム多いので。
でも一番真央ちゃんのプロで好きなのは、大ちゃんと同じくローリー作のジュピターだけど。
衣装も最初の天女衣装が好き。
などと書いていると、ローリー振り付けプロも見たいし。
でもステファンの・・・いやステファンよりもサロメさんとステファンコラボして振り付けるプロもいいかとか。
お衣装はやっぱ黒よね。腕はもう全開、次は肌襦袢がどこのラインまでさげてくるか。それとも一気に取り去るか。
妄想はつきません。
ひとまずは日曜日のカーニバルオンアイスでの大ちゃんの滑りを堪能して、妄想ネタを膨らまそうと思います。
で、カーニバルは髪型はリーマン輔のままなのかしら。
大ちゃんリーマン輔はやめといたほうがいいと思うわ。
坊主輔はたぶん似合うと思うけど、むりくり6:4ヘアーのリーマン輔はちょっと笑えちゃうんで。
でもなぜ大ちゃんはあの髪型にしたのか・・・それもまた妄想のネタとなって今日一日楽しんだりした。

カーニバルどんな頭でくるかな。今はどんなプロを滑るかよりも頭の具合が気になります。

大ちゃんお宝公開

ハートトレジャー
寺島しのぶさんと、わたせせいぞうさん司会のトーク番組でしたが、皆様感想はいかがでしょうか?

今までいろいろなトーク番組に大ちゃんは出ているけど、今回ほどストレスを感じることもなく番組を楽しんで見れたことは初めてだったかもしれません。
思いの外寺島さんがかなりのフィギュア通だし、わたせさんもかなり大ちゃんの演技は見てきているようだったので、ファン視線もありながらも強引に制作側の思惑に添った質問をするでもなく。大ちゃんの話したいということをうまく引き出して聞いてくれていたようにおもうし、大ちゃんも結構話を詳細にしてくれていたように思うし。

あとはもうぶっこみがなかったのが本当によかった。
大ちゃんにとにかくフォーカスし、かつ大ちゃんのフィギュアスケート界での功績というのをきちっと踏まえた上で話を進めてくれていたことがファンとしても本当に見ていてうれしかったし。

だいたいトーク番組は繰り返して見るタイプではないんだけど・・・いやぶっこみがあって、明らかに大ちゃんもよろこんでしゃべっている風でもないので、それを見ているのもストレスを感じることもあったので録画はしてももう一度見るってことはめったにないんですけど、今回は後日もう一回見なおそうを思います。

今回のサプライズは、大ちゃん初試合から薔薇を背負っていた事実。
鉛筆で描いた薔薇だけど。
やっぱ小さい頃から薔薇を背負わせたい何かがあったのかしらなどと、あの鉛筆で描いた薔薇を見て思いました。

あとはお父さんが琉球空手をやっていたという事実
お兄ちゃん達の少林寺もだし、空手もだけど、武術というのも呼吸が大切で、うまい人の動きを見ていると本当に無駄がなくて美しいんですよね。ひょっとしたら大ちゃんのリズム感はお父さんからの遺伝があるのかも。いや、お母さんのトーク時のリズム感もなかなかなものなので、両親から両方からもらった才能には違いなように思えてきました。
普通の家庭であのリズム感や音のとり方って身につくものではないと思うし。

今回見てて思ったけど、やはり気持ちよくしゃべっている時は表情が柔和なこともあるけれど、いい顔していますね。
目の保養も今回させていただきました。
時間被っちゃってたから今回、日テレプラスでの今年のフレンズ録画全部できなかったけど、来月の再放送で捕獲。
楽しみは小出しで楽しまないと。
今週末はカーニバル・オン・アイスですね。
そうそう、ハートトレジャーで、わたせさんからイラストをプレゼントされるとき、スタッフと番組の打ち合わせでもしている風でしたけど、フジでまだ何かあるのかなとか。ちょっと期待です。

陸大ちゃん情報に乗り遅れる

巷の大ちゃんファンはフレンズの衣装展だとか、トークショーだとか、ZEROだとか、いろいろ盛り上がっておりますが、私そんな盛り上がりに乗り遅れております。
今日ようやくZERO見たところです。

ZEROを通じていろんなジャンルの方たちと出会い、きっとその中の何人かの人たちとは仕事をしたりすることも今後出てくるでしょう。
しかし、しかし、私猛烈に表現者高橋大輔に飢えております。
それも研ぎ澄まされたような緊張感ある表現の場に立つ高橋大輔に。
その飢えを、You Tubeのフィギュア動画を見ては癒やしていたわけです。
昨日は、去年の全日本男子SPを見ていました。
そして今日はボストンワールドの女子フリーを見てて、真央ちゃんの蝶々夫人に涙して、その勢いでチェロスイートを見て、そして先ほどは、おすすめに大ちゃんファンの方が撮影された、2013年スケアメのフリーの公式練習を見ていました。
今更ながらビートルズ・メドレーは大ちゃんのスケートのそして高橋大輔というスケーターの生き様を凝縮した素晴らしいプログラムだったなと思います。
久々見た公式練習を見てふと試合の時の緊張感というのを思い出しました。
見ているだけで吐きそうになったりとか、見てられなくて席を立ちそうになったりとか。
ああいう緊張感のなかで大ちゃんの演技を見るとういことももうないんだなと、今更ながら感じていたこの週末。
スケアメ動画を見ていてもうひとつ。
公式練習だとコーチやその他関係者というのは、だいたい誰が滑っていようと、それぞれ受け持っているスケーターだとかを見ていることが多いけれど、大ちゃんの時は多くの関係者が大ちゃんの演技を見ている姿があります。
公式練習でジャンプも全部飛んでいるわけでもないし、スピンもはずしちゃっているけど、それでもビートルズ・メドレーの世界観がそこにできあがっていて、会場の空気を大ちゃんの色で染め上げていることが動画を見てもわかります。
なんでしょうかね、あの感じ。

もう現役に戻って欲しいということは全く思わなくなったけれど、ふと思うことがあります。
ここのところ大ちゃんがスケート関連で取り上げられるのは、昌磨がらみでちょろっと映る程度になってしまい、取り上げられるとすればエンターテイメント枠ということになるので、スポーツニュースで大ちゃんの演技の欠片を見ることは今まで以上に少なくなる
そう思うとライトファンの人や、テレビでフィギュアをやっていれば見る程度の人達には大ちゃんのスケートを見る機会はすごく減ってしまいます。もったいないなと
新横の狭い会場でコアなファンがつどい盛り上がるのもいいんだけど、もっともっと高橋大輔の演技をたくさんの人に見てもらいたい、ファンだけの楽しみにしておいてはもったいないなと。
来年はスケートの比重を大きくするということを言っていたので、どう活動を展開していくかは楽しみではあるけど、できればコアファのためのショーではなく、ライトファンのためのショーやプログラムというのも来年は見たいものです。
大ちゃんのスケートをもっとたくさんの人に見てもらいたいんですよね。ファンの勝手な思い込みだけど。

そういえば高島屋のトークショーで、荒川さんがフレンズのネタがつきたというような事を言っていたとか。
おもうに、ネタうんぬんでなく、原点回帰。上質なスケートを見たいので、無理に演出しようとせず、オープニングは出演するスケーターの滑りと表情を見て、これから始まるアイスショーにワクワクどきどきしたいです。
宙吊り、イリュージョン、電飾いらね。
ただ順番に出演スケーターがでてきて、最後にどーんと荒川さんが出てくればいいんじゃないですかね。
コラボもペアコラボよりも、出演するスケーター全員が見れるようなグループナンバーのほうが、それぞれのスケーターファンも楽しめると思うし。
来年のフレンズは原点回帰、純粋にスケートを魅せるショーにもどして欲しいものです。

話は変わりますが、以前も書いたかもしれないんですけど、つい先日夢を見ました。
昨年もみたんですけどね、同じ時季にブログに書いたような書いてないようなちょっと定かではないんだけど、なぜか荒川さんと美姫ちゃんがタッグを組んで、リンクではなくリングに立つという夢です。
荒川さんはサイバースワンのコスチュームで、美姫ちゃんは10代の頃着ていた、黒ベースに赤ブラという出で立ち。場面によっては2010年の最初のフリープログラムで着たボンテージっぽい衣装で女子レスラー相手にタイガーマスクなみにロープを使った空中戦が得意という設定の夢です。今年は大ちゃんとムラくんと昌磨がセコンドについていました。
しかし、場外乱闘になると大ちゃんとムラくんはめっちゃ逃げ足が早く、昌磨だけがリングサイドに取り残され、ロープにしがみついて場外乱闘に巻き込まれないようにしているというような、シュールな夢です。去年の夢ではセコンド男子はいなかったと思うけど。
フレンズが終わったあとあたりに去年もこの設定の夢をみまして、今年もそんな夢を見て爆笑している自分の声で目がさめました。
多分だけど、去年ステファンと荒川さんのステキコラボのあと、荒川さんが余韻ぶちこわしのマイクパフォーマンスをしたもので、その印象が強かったのだと思います。ステファンコラボのあと、静香のマイクパフォーマンスの中、猪木ボンバイエが私の脳裏でBGMとして流れたくらいの衝撃でした。なにやってんだ静香と突っ込みたくもなりました。
そんなわけで、今年イリヤとのSAYURIコラボのあと、荒川さんにマイクもたせないで、絶対ダメやめてと祈るように思っていたのですが、無事静香ボンバイエなマイクパフォーマンスがなく、SAYURIの世界観のままプログラムが終わったのでホッとしました。
そのせいだと思います。こんな夢を見たのは。
果たして来年はどうなるか、ちょっと楽しみです。

真夏の大ちゃん祭りはまだまだつづく

LOTFの完全版の放送が終わり、つづいてオリンピックキャスターに就任した大ちゃんを追いかけ、更に純粋にオリンピックを楽しんでいたのでブログ更新がおろそかになっておりました。
キャスター大ちゃんだけでもと思ってたけど、やっぱりオリンピックはオリンピック、日頃見ない競技もついつい見入っちゃって寝る時間が少なくなっちゃってます。
なのに、あいかわらず一日一LOTFてなもんで、フルでは見てないけど今日のツボというのを自分で押さえて見ています。
LOTF完全版はTBSチャンネルの本気を見ましたね。
SOIトークのやっちまった感が前回のLOTFにも若干ありましがさすがCSというか、前回ちょっとなと思ったところを修正してきました。CSだと視聴者の意見が早く反映されるんでしょうかね。
先日愚痴りましたけど、ショーの最後に織田くんと鈴木さんが出てきてましたけど、ショーの世界観や余韻を楽しんでた身としては彼らの映像がでてくると現実に引き戻されてしまってがっかり感が半端なかったのですが、今回ばっさり切り取られ純粋にショーの世界観を楽しめました。
二人の映像を入れたのはサービスのつもりだったんでしょうかね。
これで大ちゃん6ヶ月連続放送は再放送を除けば今月で終わりかな。
更に続くよ、高橋大輔半年のばして連続12ヶ月でも問題ないけど・・・と思ってたら9月はテレ朝2チャンネルでこんな番組が

フィギュアスケート特番 スケーターたちの記憶 ~髙橋大輔編~

09/08(木) 19:00~23:00

2002年日本人男子初の世界ジュニア選手権優勝後、2007年世界選手権2位、全日本選手権3連覇も達成。 その後、負傷により2年間のブランクを経て、バンクーバー五輪日本人初の銅メダルを獲得し、トリノ世界選手権では、日本人初の世界チャンピオンとなる。 2012年、グランプリファイナルで日本人初の金メダリストとなり、2014年ソチオリンピックを最後に引退した。そんな数々の日本人初の快挙を達成した髙橋大輔の珠玉の演技をたっぷりとご覧いただきます。


4時間の長丁場
GPシリーズだとは思うけどNHK杯はなしなので、GPシリーズとファイナル 8年分ってところか。
できればエキシビとかも入れていただきたいわ。エキシビ映像あまりもってないので。
テレ朝の本気をぜひ見せていただきたものである。
TBSチャンネルが売上あげたので、テレ朝もやっとやる気を出したかとは思うけど放送を見ないかぎりわからないので、見ます。
TBSチャンネルはLOTFの再放送のみ、あとは日テレプラスがフレンズやるからセレクト5で契約するかな。
ひとまずちょっと心配していた9月の大ちゃんロスは回避できそう。

それから2017年大ちゃんカレンダーも発売とか
ハゴロモからの発売なのではたしてどんな写真かちょっときになります。
田中聖太郎さん撮影の大ちゃんだったら迷わずゲットですが、サンプルでちらっと見てから考えます。
私部屋にはカレンダーやポスターを貼りたくないもので悩むところです。
卓上とかなら悩みませんけどね。

THE ICE 大阪公演行ってきた

THE ICE 大阪公演行ってまいりました。

いつものごとくテキトーなのでテキトー感想文をお楽しみください

大ちゃんはやっぱりTHE ICEでも人気でしたね。
大ちゃんのすごいところというのは、どんなショーでも目立つのに飛び抜けないというか、飛び抜けているのにいい感じに馴染むところ。大ちゃんの性格もあるとは思うけど。
群舞の中にいてもなんだか動きがちがうんです。
腕をただ上げるだけなのに、なんだか違う。ほんの少しの角度や腕をあげるまでにいくつかの動きがあったり
腕ってこんなにきれいに動くもんなんだなと大ちゃんの腕を見て思いました。
今までさんざん見ているはずだけど、多分これもダンスの影響ではないでしょうかね。
至極自然に動いているというか、より腕の可動域が広がったせいなのか
LOTFの3日目に行った時、大ちゃんの体の動きは大きく動かそうと意識して動いているようで、どこかしらギクシャクした感じを受けたんだけど、最終日では無理に動かしていると感じた動きはどこも、こう動くべき動きという感じで自然に流れるように動くようになっていた。その状態がTHE ICEでも維持されていた。
もう維持したというのではなく、体が覚えたのかもしれない。
今日のLilac wineは不純物がまったくない純水という感じ。
でもそこに少しアクセントをつけるために、水泡がところどころにあるみたいな。
スケーティングもとにかく美しかったし、氷を削る音がほとんどしない。
そのせいもあってかまるで雲の上で滑っているような感じだった。
ジャンプもこれぞ高橋大輔というふんわりとあがって回るディレイドジャンプ。
派手なプロではないんだけど、スケーティングがうまいスケーターなんだなとつくづく感じた。

スケーティングがうまいといえば、今回真央ちゃんのコラボした舞ちゃんですよ。
昔からスケーティングはうまいとは思ってたけど、まだ維持していることがすごいのと、こんなに綺麗なスケーティングをする人をどうしてスケ連は現役引き止めしなかったのかなと。
アイスダンサーとしてぴったりだったんじゃないかな、今でもいけると思うんだけどな。
真央ちゃんと一緒に滑っていても遜色一切なし、むしろこの姉妹コラボに関しては私は舞ちゃんのほうに目が行くことが多かったかも。もちろん舞ちゃんジャンプ大丈夫かしら?みたいな気持ちもあったけど、それとは別にすごく人の目を惹きつけるスケーティングだったので。
Y字スパイラルも手をはなしていたし、普通のスパイラルも180度に足があがってて、更にはスケートも滑るし、ああもったいないタレントしているのは本当にもったいない。
大ちゃん早いところ高橋大輔プロデュースショーを立ち上げて魅せれるスケーター集めてショーをやってくれないかしらと思ってしまった。
舞ちゃん趣味でいいからアイスダンスやらないかしら、マスターズとか出てさ、いや北京目指したっていいと思うのよ。
なんだかもったいな逸材だと思いました。
やはり浅田真央と同じDNAを持つだけあります。

同じDNAといえば、昌磨。
大ちゃんのDNAを引き継いだと会場で言われていましたけど、大ちゃんと昌磨くんのコラボを見て、昌磨らしい個性が出てきていてかつ踊れるところは、まさに大ちゃんのDNAを引き継いでいると思いました。
昌磨くん演技後暗闇から、チンピラがうっかり迷い込んだみたいな感じで登場してきましたが、ここにもダンスの影響が
以前よりも陸で踊っているかのごとくに踊りまくっていました。
テレビ放送では昌磨くんを追っているほうが多かったのと、大ちゃんがうつっても上半身だけで下半身なにやっているのかわからない映像でしたが、あのうつってない下半身はかなりいろいろ動いていました。
とにかくカッコいい。氷の上で踊れていることの不思議。一瞬陸か?ここはと思っちゃうくらいでした。
映像では映ってないのが残念。
いろいろやってんですよ大ちゃん。LOTFで覚えたフロアーテクニックも使ってた。

そして今日の目玉は、トークショーに大ちゃんと真央ちゃん
「大ちゃんと真央ちゃんでーす」
とか可愛すぎかよっ
そして今回THE ICEで楽しかったことは何?と織田くんに振られるとふたりとも
「大ちゃん真央ちゃん」というコンビになったことが楽しかったという答え
もうね、会場中ニヤニヤした感じでした。なんだよこの新婚さんいらっしゃいみたいな雰囲気はみたいな
復帰後どうだったかという質問に真央ちゃんは去年初戦はよかったけどその後は思うようにいかないこともあったけど、いろいろ課題を見つけたので今年こそが復帰1年めという感じといえば、大ちゃんも同じく目指す道が見つかったと言いかけて、まだ見つかってないみたいな言い直してましたけど、やっぱり真央ちゃん同様今年が引退後新しい年の始まりと言っていました。
なんだかんだ言いつつシンクロしている二人です。
あと、大ちゃんから見て今の真央ちゃんはどう?みたいな、織田くん他の人では聞きづらいところもかるーく質問します。
大ちゃんは「以前は妹みたいだったけど、今は・・・(ちょっと間をおいて)同士みたいなと言ってましたけど、妹から同士という言葉に至る間は何?みたいな。多分会場中そんな答えは求めてないと心で思ってたと思うけど、あっこちゃんに対する同士という言葉とはまた違う感じがしますけど、同士という言葉は便利な言葉になってしまっているようです。
それにしても、この二人私は大ちゃんは背中がわしか見えないのでモニターに移れば表情がわかるという感じだったけど、大ちゃんが話していれば真央ちゃんが柔らかな表情でニコニコしながら大ちゃんを見つめて話を聞き、真央ちゃんが話していれば大ちゃんはうんうんうなずいてみたり、モニターを見るとやっぱり真央ちゃんを見つめ微笑みながら聞いていたりで、もうあまりに甘いんだよっ、なんだよなんだよ照れるよっみたいな。
やっぱり大ちゃん真央ちゃん可愛さ最強、アラサーの二人なのに
このトークショー部分は完全版までお預けでしょうかね。
とにかく会場中がニヤニヤしている感じで二人を見守っていました。もうニヤニヤですよニヤニヤ
あからさまに
「YOUたち、ホントのところどう思ってんの?」みたいに聞きたくても聞けない、聞きたいけど聞いちゃいけないみたいな、聞いたらこのニヤニヤして照れるみたいな気持ちを楽しめなくなっちゃうみたいな、ああ楽しい。
いいわーこういう寸止めみたいな感じ。
いいの現実は大ちゃんがけばいおねえちゃんと結婚しようとも、真央ちゃんがハゲオヤジと結婚しようとも、ただもう忘れかけてる初々しい恋愛初期みたいなこの感覚を擬似体験できる今の雰囲気がたまらん。ああたまらん。
でもきっとテレビの人たちもあからさまに「YOUたちどうなのよ?」と聞けないけど、何気に何気よねとは思っているとは思う。
昨日のキリトルでも、ソチのエキシのシーンで、パートナーチェンジをして大ちゃんが真央ちゃんの元を離れたすきに某選手が能われるけれど、真央ちゃんはすぐ大ちゃんを探していて、テロップでも「大ちゃんはどこ?」と出てました。
ワイプな人々は某選手のほうで騒いでたけど、あのテロップがでかすぎて大ちゃんはどこ?と言ったあと真央ちゃんがとった行動がよく見えていませんでした。
あの時真央ちゃんは、大ちゃんはどこ?と探して大ちゃんの姿を見つけると、両腕をひろげて大ちゃんを迎えいれ、大ちゃんも真央ちゃんに抱きついてて、かわいいったらありゃしない雰囲気になっておりました。
多分編集した人は某選手ではなく、真央ちゃんが大ちゃんを探して大ちゃんを迎えいれているところをキリトリたかったのに、スタジオの連中は・・・まあテロップがでかすぎたね。
それとテレ朝もってない。他の局だと、真央ちゃんが両手をひろげて大ちゃんを迎え入れ大ちゃんが真央ちゃんに甘えるかのように抱きついていくシーンをきちんと撮影していたのにもったいない。

あった!ソチのエキシ練習の大ちゃんと真央ちゃん
キリトルほんとバカ
でもしかたがないキリトルは某選手あげ番組だから・・がキリトルも少し変化を感じるけどそれはまた後日書く



わかります?この動画を見た時のあなたの今の気持ちが、今日の大ちゃん真央ちゃんトークショーの会場にいる観客みんなの気持ちと同じなんですよ。ああ照れる。
やっぱり大ちゃんと真央ちゃん最強
次ふたりが揃って見られるのはいつなんだろうか?
真央ちゃんジャパン・オープン出ないみたいだし
XOIは無理だし、来年か・・・・癒やしが必要なのよ大真央という癒やしが
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR