FC2ブログ

PIW滋賀 楽公演 感想文②

PIW滋賀公演から早二週間がたってしまいました

先日大ちゃんがコーディネーターをしているスカイコートの公式ブログのインタビューで
http://www.d-color.tokyo/posts/4279126
今はスケートの練習をする時間を増やすことができているとのことで、まさに滋賀公演ではその片鱗を見せていただきました。
前回も書いたけれど、ちょっと新作プロでもないし、ぶっちゃけなところPIWは1プロのみなのでショーが始まるまではワクワクありつつも、心がはれない気分でいたものですが、オープニングで大ちゃんが出てきてその滑りを見た瞬間
「チケットとって正解、これでもう満足」
と一滑りだけで満足してしまいました。
次々スケーターは出てきますが贔屓目抜いても大ちゃんがダントツ、誰が見ても理屈なくスケートがうまいのはわかりました。
大ちゃんが滑ったKroneはほとんど記憶がないです、どこでどんな演技をしたとか
ただただ濃密ですごかったというくらいしかなくて
今回本当に記憶がとんでるんですよね。ぼーっとしちゃってたのかわからないけれど、ただただスケーティングそのものに説得力があるなという印象です。
大ちゃんが最後だったのでそれまで滑ったスケーターのスケーティングと比較できたからかもしれないけれど
難しい緻密なステップを次々繰り出すわけではないんだけど、ここでこの滑りをする理由という意味がそこにある感じ
柔らかく滑る理由力強く滑る理由、でも決してすべてを語り尽くさない見る側にゆだねる滑り
絵画でいうならば空間全てを描く洋画ではなく空白の中に意味がある日本画のような、それか水墨画
雪舟のような水墨画のよう。墨一色なのに墨の黒のなかにいろんな色が見えるような
でも印象派のように光をあびて様々の色が見えるような
スケートの上手さがそこまで魅せてくれていました。
大ちゃんは感覚派だと言っていますが、どう感覚で滑っているのかそのあたりが知りたいものです
さて広島ではどうなるでしょうか

ふれあいではできることならKroneのお衣装を至近距離で見てみたかった
ふれあいの楽しみは衣装が近くで見れるというのもあるし、大ちゃんはKissingの衣装がふれあいタイムでは定番になりつつありますが、せめて楽くらいは過去のお衣装お披露目とかしてほしいな
生でじっくり見てみたいのはスワンかな。
フレンズで見た時、あまりのキラキラ具合に衝撃だったけれど、今一度スワンのお衣装見てみたい
あとは、エキシのロクサーヌのレース以上ですね。肌襦袢ないやつ

2週間たっちゃったもので感想文②としてみたけれどすでに忘却の彼方へ行っている
はやいところ書いておくべきだったけれど、でも練習時間が増えたと言って見せてくれたスケーティングは広島まではまたスキルアップしている可能性は高い。
そして広島が終わったらフレンズ
今年のフレンズ私なんとFSNで5年ぶりくらいにチケットが取れました。
今年はフレンズチケット取りやすかったのかなと思っていたら思いの外いつにもましてツイでは求むツイが多くて、激戦だったことがわかりました。思えば今年は昌磨くんがオリンピックにワールドと銀メダルをとったので新規昌磨ファンも増えたということでチケット争奪戦がかなり激しかったみたいですね。
フレンズにXOIは、最後は当日券にならぶという奥の手もあるし
意外に当日券はアリーナとA席が先に売れて、SS席S席があとに残ることがあるので当日券も運が良ければそのあたりとれるし、個人的には新横は立ち見もかなりいいと思うんですよね
下手なS席よりも立ち見のほうが見やすいというか、リンクが近くに見える感じがするし
なんだかんだでスタンディングオベーションすることもあって立ったり座ったりを繰り返すのであれば思い切って立ち見もおすすめです。
あとそうそう、チケットがダブっちゃって現地で引き取ってもらおうと思って待機列に声をかけている人が何人かいらしたけれど、ダフ行為とみなされてスタッフに注意されてたので会場の待機列でのチケットお譲りは厳しいかもしれないですね
私もいろいろと悩むところがありまして、ここ数年ほど自分自身や家族がかわりばんこに病気をしているもので、当日近くになってみないと行けるかどうかわからない事が何度もありまして、運良くショーの時期のみ奇跡的に具合がよかったとかでほんと何度チケット紙くずにしようかと思ったか、いや数万円分は紙くずにしちゃってますけど、そう思うとチケット販売のリセールがどのプレイガイドでもあるといいのになと思うかぎりです。
代わりに行ってもらえればそんないいことないんですけどね

話はまた変わって昨日だったかおとといだったか、LOTFのジェイムズがインスタのストーリーに昨年のLOTFの時にフロアーで大ちゃんがストレッチをしている画像をあげていたようです。
去年はLOTF一色だった今頃なのでジェイムズも懐かしんでくれてのことかと思うけれど、LOTFはもうないのかな
アメリカ公演はどうなったかなとか
シェリルの古巣DWTSにアダムと未来ちゃんが出場し、アダムが優勝しましたがオリンピック以降アダムもセレブの仲間入りをしたような雰囲気なので、ひょっとしたらアダム主演のLOTFアメリカ版があるかもしれないですね
LOTF楽しかったな
もうないのかな大ちゃん自分でプロデュースすればいいのに
新しいダンスショー
今ならみんなお財布の中膨らみ出していると思うな

Adam and Jenna's Cha Cha – Dancing with the Stars


Adam and Jenna's Contemporary – Dancing with the Stars


アダムもだけど、アダムママも苦労してきてたからここにきてアダムに脚光が当たっていることがうれしい
アダムはなんというか過去のインタビュー記事だったり、コラムだったりを読むととてもインテリジェンスがあって品の良さのようなものを感じる
たまに毒も吐くけど、そこも好き
彼がスケート以外でも今後輝いてくれるとうれしい
アダムINのLOTF大ちゃん主演で東京でやってくれよー

この内容下書きのままアップするの忘れてて今になりました






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ののまめさん こんにちは。
私、猛烈な大輔不足で干上がる寸前です。去年はスイスAOI、氷艶、LOTFと余韻に浸る時間もなく怒涛のように押し寄せて来た。どれも新生高橋大輔を見せてくれましたよ。お財布は大変だったけれど幸せな日々でした。何かが来る時って一気に来るんですよ。今年は大輔さんは腰すえてスケートに向き合い力を蓄える時としているんでしょうかね。NY帰国から本当に忙しかったから。

>柔らかく滑る理由力強く滑る理由、でも決してすべてを語り尽くさない見る側にゆだねる滑り
絵画でいうならば空間全てを描く洋画ではなく空白の中に意味がある日本画のような、それか水墨画
雪舟のような水墨画のよう。墨一色なのに墨の黒のなかにいろんな色が見えるような
でも印象派のように光をあびて様々の色が見えるような
スケートの上手さがそこまで魅せてくれていました。

うんうんそうそう、私が感じたこと書いて下さりありがとう。さすがののまめ妄想文芸部長だわ。文学で言えば行間、絵画で言えば余白、色で言えば単色でありながら多彩。とかく凡人は凄いものに見せたくて色々付け加えこれでもかと詰め込みたくなるよね。でも大輔さんは物理的にはそこに存在しないものをも受け手である私たちに想像、創造、体感させる力が滑り演技にある。
あと身体の使い方見せ方が他の誰でもなく高橋大輔。バレエやダンス的には正しくないのかもしれないけれど美しく生命力がある。私文才ないから上手く表現できず多分何言っているか分からないだろうから、このへんでやめておきます。


私も何とかFOIのチケットが手に入り見ることが出来ます。
8月まで長いなぁ。皆さんがあげてくれるPIW広島でのレポを見てそのままFOIに突入ですね。








No title

こんにちは。

私も滋賀へ行ってきました。
大ちゃんは、とにかく出てくるだけで別格中の別格、破格。
滑るとまさに滑る凶器。破壊力凄くて、何度観てもあっという間に終わるしで、おかげでほとんど何にも覚えていないのが良いんだか残念なんだか。
大大大好きだから気合を入れてみるのが、余計記憶に残らない原因らしいですね。
Kroneの衣装でふれあいして頂きたかったです。
何でもプリンスキャストの衣装が黒でかぶってしまうので違う色を着るように言われたようです。
もう、余計なことを、ヽ(`Д´)ノプンプンでしたわ。
かぶっていたってちゃんとわかりますって。(スタッフがお手伝いする時にわかりにくいんでしょうけれどね。)
あの衣装だったら気が遠くなりそう。増々お写真がブレブレになったことでしょう。

リッポンは納得の演技が出来るようになって本当に良かったです。
ずっと諦めずに何度も心がくじけるような怪我に立ち向かうのを知っていたので嬉しかったです。
たまに吐く毒、私も好き。
アメリカ版LOTFの大ちゃん役が見つかったなと思ったのですが、どうなるでしょう。
なかなか楽しみです。

大ちゃんは、キラッキラ。2014のPIWふれあい写真と比べると顔つきが一目瞭然。
2014もあれはあれでかなり色っぽくて危険でしたけれども、明るい大ちゃんはそれはそれは輝いて幸せオーラ満開全開で、滋賀公演、とても楽しく過ごしてきました。
早くも8月が(私はFOIですが)待ち遠しいです。

大ちゃん砂漠

大ちゃん砂漠の中、PIW滋賀はつかの間のオアシスでございました。

もちろん私はやはり留守番組なので、行かれた皆さまの情報やお写真が私のオアシスとなっております。いつも、本当にありがとうございます。

私は常々から、大ちゃんは一体ご自分がどれだけの人から、どれだけ愛されているのか、本当に分かっているのだろうか?と自己評価の低い大ちゃんを見ていると感じてしまうのですが、 皆さんのPIWの貴重な情報とお写真を拝見しておりますと、

誰かが呟いてみえましたが、確かに、ふれタイの時の花束を大事そうに抱える大ちゃんは、まるで花束を、ファンの愛を抱えているかのように、ちゃんと愛だと分かって大切に大事に抱えているように見えました。やっぱり、私は大ちゃんが大好きだなと思いました。

世界選手権が終わってからというもの、大ちゃんの驚き桃の木新情報はまだかまだかと指をくわえて待っておりましたが、私の勝手な想像ですが、きっと、大ちゃん、今は意図的にスケートとD-colorの2つだけに絞って、この2つに集中して真剣に取り組んでいるのかなと思えてきました。

それならば、大ちゃん砂漠は非常に辛いですが「大ちゃん砂漠、耐え抜いてみせるぞ」という気持ちになってまいりました。

とはいえ、次は8月……。
長いざんす(;_q)
大ちゃんがINした滋賀は放送されないようで、私はもうスルメのようにカッピカピに渇ききっておりますが、今週末に初披露される昌磨の新プロ、非常に楽しみにしております。

ののまめさんが最初のひと滑りで満足したという雪舟の水墨画のような大ちゃんのスケートを、私も是非、画面を通してでも見てみたいです!どっかで放送してくれないかしらん。

ショボボン……(T^T)

Re: No title

おぷあさん

> 私、猛烈な大輔不足で干上がる寸前です。去年はスイスAOI、氷艶、LOTFと余韻に浸る時間もなく怒涛のように押し寄せて来た。どれも新生高橋大輔を見せてくれましたよ。お財布は大変だったけれど幸せな日々でした。何かが来る時って一気に来るんですよ。今年は大輔さんは腰すえてスケートに向き合い力を蓄える時としているんでしょうかね。NY帰国から本当に忙しかったから。

帰国後本当に怒涛のごとく夢のようなお仕事が続いてすごく楽しめましたよね
財布は薄っぺらくなったけど、なんとかなるさでなんとかなったし
ただスケートに特化するならば、やっぱり練習不足かなと思うところは何度か思うことがあったので、大ちゃんもそれは不本意だったかもしれないですね。
今回PIWを見て登場の一滑りがあまりになめらかでよく伸びるので、今回は練習時間とれたんだなとひと目見てわかりましたが
生で視るとそれが如実にわかりますね
テレビの場合もわかる時もあるけれど、やはり生はスケーターの今の状態というのがよくわかります
4月以降はテレビに出演することもほとんどなく控えめでいましたが、スケートのためだと思ってファンとしては我慢のし時ですね。


> 私も何とかFOIのチケットが手に入り見ることが出来ます。
> 8月まで長いなぁ。皆さんがあげてくれるPIW広島でのレポを見てそのままFOIに突入ですね。


PIW広島もありますね、そしてその後すぐにFOI
8月まで本当にながいですけど、大ちゃん日照りこのままでしょうかね
なにかそろそろ私達の眼の前に人参ぶらさげてほしいけれど
JOとカーニバルオンアイスは、チケット先行の告知が出ましたけれど、今年はどうでしょうか
私はひょっとしたら同時期になるヴェローナのほうにINがあるのではと思っているんだけど
といってもほとんど自分の願望ですが
JOは昌磨と刑事くんのセットで出て欲しいです
女子は知子ちゃんと新葉ちゃん

Re: No title

まりえさんこんにちは

> 私も滋賀へ行ってきました。
> 大ちゃんは、とにかく出てくるだけで別格中の別格、破格。
> 滑るとまさに滑る凶器。破壊力凄くて、何度観てもあっという間に終わるしで、おかげでほとんど何にも覚えていないのが良いんだか残念なんだか。
> 大大大好きだから気合を入れてみるのが、余計記憶に残らない原因らしいですね。


PIWの地方公演はテレビ放送がないことが多いので、あとでテレビを見て記憶をたどるってことができないのが残念です
ただ圧倒されて演技がおわっても観客が拍手をするのを忘れてしまうくらい圧があったということくらい
でもあの会場の空気感はやはり現地にいかないと経験できないので、チケット高いと思っても生で他の人たちとあの空気感を共有したいと思ってしまいますね


> Kroneの衣装でふれあいして頂きたかったです。
> 何でもプリンスキャストの衣装が黒でかぶってしまうので違う色を着るように言われたようです。
> もう、余計なことを、ヽ(`Д´)ノプンプンでしたわ。
> かぶっていたってちゃんとわかりますって。(スタッフがお手伝いする時にわかりにくいんでしょうけれどね。)
> あの衣装だったら気が遠くなりそう。増々お写真がブレブレになったことでしょう。


ツイで勝手にふれあいタイムにどの衣装を着て欲しいかアンケートをとっていらした方がいたけれど
月光の青王子衣装がダントツでした。
私も月光王子にポチッと投票したけれど、あの衣装を着ると大ちゃんも王子様に見えるから
至近距離で王子の威力を見たいです
黒衣装だったら?のアンケートのほうはVASを選びましたが、こちらは一番人気でなくKroneが一番人気
VASはなんで見たいかというと・・・プリケツを・・・

> リッポンは納得の演技が出来るようになって本当に良かったです。
> ずっと諦めずに何度も心がくじけるような怪我に立ち向かうのを知っていたので嬉しかったです。
> たまに吐く毒、私も好き。
> アメリカ版LOTFの大ちゃん役が見つかったなと思ったのですが、どうなるでしょう。
> なかなか楽しみです。


今のところはLOTFの告知はないけれど、リッポンは引退はまだしてないですよね
現役だとスケジュール厳しいかも
でもリッポンがこれほど選手として長く続けてくれるとは思ってなかったんですよね
自分の可能性を彼自身信じ続けたことがいい結果につながってよかったです
かれがオリンピックでメダリストになったこともよかったし
こう思うと団体戦っていいですよね
できれば個人戦のあとのほうがやっぱりいいなと思うけど


> 大ちゃんは、キラッキラ。2014のPIWふれあい写真と比べると顔つきが一目瞭然。
> 2014もあれはあれでかなり色っぽくて危険でしたけれども、明るい大ちゃんはそれはそれは輝いて幸せオーラ満開全開で、滋賀公演、とても楽しく過ごしてきました。
> 早くも8月が(私はFOIですが)待ち遠しいです。


キッシングの衣装を着てたから比較でPIW公演後過去の大ちゃん画像もでてきてましたけど、2014年は憂いがあって色っぽかったですね。今の穏やかな表情もいいけれど、今見ると悩み多き頃のだだもれな色気は凶器ですね
でも穏やかに笑っていてスケートをまた好きになってる?かはわからないけれど、練習したいという意欲がでてきてくれたことはうれしいです。
体が動く時期って本当に短いと思うので、あの時もっと滑っておけばよかったと後悔しないような時間を過ごしてほしいなと思います。
自分も歳を重ねてきて、体力が徐々におちるのではなく一気にどーんと落ちるというのを経験すると、動ける時にいろいろやっておけばよかったかなという後悔はあるので

Re: 大ちゃん砂漠

えみりんさん

> もちろん私はやはり留守番組なので、行かれた皆さまの情報やお写真が私のオアシスとなっております。いつも、本当にありがとうございます。


行ったけど、他の人の情報や写真はオアシスですね
私なんて大ちゃんの写真ほぼ全滅ですよ
スタンドからなのでとれてもひょっこりはん大ちゃんだし、大ちゃんにやっぱり群がるファンの圧縮率は他のスケーターよりも高いので、どうしてもひょっこりはん大ちゃんしか撮れず
あとは自分のカメラの使い方をもっと事前に把握しとけばよかったなとか、刑事昌磨は奇跡的にいい写真は数枚あったけど、大ちゃんは全滅だったので、他のかたの画像はありがたかったです
PIWはこれがあるから
いろいろ問題もあるけど、目くじらたてるほどでもないかなとは思うけど、オリンピック以降昌磨のファンいなった若いファンはちょっと思うところがあったようだけど、ふれあいしたければやはり山をはってエキサイティングシートの1列目を先行で取らないとという感じですかね。それでも結構譲り合いはしてるとは思うんですけどね



> 誰かが呟いてみえましたが、確かに、ふれタイの時の花束を大事そうに抱える大ちゃんは、まるで花束を、ファンの愛を抱えているかのように、ちゃんと愛だと分かって大切に大事に抱えているように見えました。やっぱり、私は大ちゃんが大好きだなと思いました。

本当にそうですね。
あと花束をあげる理由をツイで語っている方がいて、花で囲まれている大ちゃんが見たくて花束を贈っているという人がいて、すてきだなって。
PIWはスタンド花がどこのショーよりもたくさん並ぶのでそれを見るのも楽しみです。

> 世界選手権が終わってからというもの、大ちゃんの驚き桃の木新情報はまだかまだかと指をくわえて待っておりましたが、私の勝手な想像ですが、きっと、大ちゃん、今は意図的にスケートとD-colorの2つだけに絞って、この2つに集中して真剣に取り組んでいるのかなと思えてきました。


> それならば、大ちゃん砂漠は非常に辛いですが「大ちゃん砂漠、耐え抜いてみせるぞ」という気持ちになってまいりました。
>
> とはいえ、次は8月……。
> 長いざんす(;_q)


8月までは長いですよね
そういえば、大ちゃんテレビのバラエティも今回ないけれど、昌磨もないですね
大ちゃん時代だったら、オリンピック後とか真央ちゃんたちと一緒にバラエティに出たりなんかもちょこちょこあったと思うけど、対談番組とかインタビュー番組とか
スケ連的にもあまり受けてないってことなんですかね
知子ちゃんとか新葉ちゃんとかもないし、真凜ちゃんが失速しなければでまくってたかもしれないけど・・失速っていうか実力を過大評価されてただかか
そういえば真凛ちゃんといえば、PIWでテイラースイフトだったかなのいかにもかわいい女の子なプロだったけれど、実はこの演技を見ている時に、この演技にたいしてどう拍手したらいいのかなと悩みつつ見てました
地方公演はスケオタ以外も多いから、テレビで取り上げられることが多い真凛ちゃんを見られてアイドル的な感じで応援する人も多いだろうから盛り上がって終わるかなと思ったら、私が思ったようにスタンディングオベーションどころか拍手も少なくて
ある意味残酷だなと思って演技を見終わりましたが、でもそれが真凛ちゃんの演技を見た感想なんですよね
かわいい私というのはよくわかるプロなんだけど、もういいかげんそういうプロは鼻につくというか
誰が選曲したのかわからないけれど、なんというか女性ウケはしないプロですね
ロリコン気味のおじさんは好きなプロかなと思うけど
チャカチャカしすぎて彼女本来のやわらかく伸びやかなスケートが見れなかったし
ただあとで録画しておいた横浜公演を見ると、テレビ映りは格段といいんですよね。
かなり生でみるのと、テレビ越しでみるのとでは差のある真凛ちゃんの演技でした
今は多分ジャンプの矯正中もあっていろいろバランスがくずれている時だろうなとは思うけれど
そういう意味であれば今年は我慢のしどころな一年になるんじゃないかなと思いつつ彼女の演技をみました
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR