FC2ブログ

大ちゃんガチのアニオタであったでござる

カーニバルオンアイスにて大ちゃん新作披露
現地に行くことができなかったので現地情報を知るにつけ妄想で頭をパンパンにして放送を楽しみにしておりました。
そして大ちゃんの演技後もう何も入ってこなくて、即大ちゃんの演技をリピし気が付いた時には4時近くになっててびっくらこきました。

ショーが終わった後珍しく大ちゃんの曲の特定がファンの間からされなくて、何を滑ったんだろうとそわそわしつつ特定をまっておりましたら、今回は現地に行ってたアニオタちゃんたちから情報が入りました。
もともとフィギュアのファンかもしれないけれど、ユーリから興味をもってJOやカーニバルに足を運んだ人もいただろうなと思うけれど、これこそユーリオンアイスが新しいファンを作ったおかげかなと思います。
今回はさすがに守備範囲の広い大ちゃんファンも曲の特定が遅れましたが、アニオタちゃんたちのおかげで曲特定。そして本日まで何度新プロ曲を聴いて、そしてピアノの譜面もDLしました。ひけないと思うけどさ。
新プロはアニメ ギルティクラウンの劇挿入曲「krone」
この原曲は「βois」だそうで、調べたところいろんなバージョンがあるみたいです。



コーヒーイベントで、滑りたかった曲ということで、今回はピアノバージョン、本当にやりたいのは体作ってからのオーケストラバージョン歌入りかなと思うけれど、今回のお披露目はジャブということなので体つくって本格バージョンお披露目はどうなるか、今回だけでも結構ノックダウンの状態だったんですけどね。
ちょっと久々余韻にひたる系というか、心わしづかみ系というか、テレビごしでありながらちょっと涙でそうになりました。
今回の曲がアニメの曲だということで、ツイではアニオタちゃんがギルクラの話の内容をつぶやいてくださってて、特にアニメの世界観をそのまま大ちゃんが表現していて、アニメ自体を見ていないとあの表現はできないらしく、お衣装も特定のキャラというよりも複数のキャラのイメージが織り込まれているとか。
たぶん衣装についても大ちゃんは今回かなりアイデアを出したのではないでしょうか。
フロックコートのような丈の長い衣装は、氷艶の義経衣装で滑った経験も反映されていると思うし。
そう思うとですね、長い丈の衣装を義経で着てくれたのは元をただせば笑也さんがあの重量級ドレスを着て滑ってくれたおかげ。
笑也さんの英断がなければ、大ちゃんもひょっとしたら丈が短い義経衣装にしてたかもしれないし、短かったらあの華麗な義経の衣装さばきも生まれなかっただろうし。そしてあの衣装でジャンプもできればスピンもできることがわかっていたからこその、今回の衣装でしたね。裾裏の赤がちらちら見えて色っぽいし。
うしろのリボンがなにげに可愛いのもいいかも
オリジナルバージョンのお披露目はいつになるのか定かではないけれど、楽しみはできましたね。
オリジナル・バージョンはピアノバージョンとはまた違うから衣装も変えてくると思うし。
クリスマスオンアイスにお披露目かなとは思うけど、あの狭いリンクでと思うと、やっぱり大ちゃんには広いリンクで思う存分滑って欲しいものです。大阪公演とかホント追加して欲しいくらい。

今日は新プロリピばかりしていますが、途中ツイッターを検索していてギルクラファンの子たちの反応をみていたんですけど、みんな凄くよろこんでて、ファン冥利につきるなって。
それは何を隠そう大ちゃんが、ギルティクラウンというアニメを愛していてその気持を演技にいれたことにあるんだろうなと。
思えば大ちゃんは自分からこの曲でどうしても滑りたいということは今まであまりなかったと思うので、それを思うとどれほど大ちゃん自身この曲を気に入っているのかとファンとしてもわかるし、ギルティクラウンファンや作曲の澤野さんのファンも大ちゃんがこの曲を愛しているということが伝わるからこそ喜んでくれているんだろうなと。
ちなみに作曲家の澤野さんは医龍なんかも作曲されていて、大ちゃんファンだったら見たことがあるかもしれないんですけど、大ちゃんのMADを作ってくれてる方の動画がYouTubeにあがってますが、医龍の曲をバックに2013年四大陸、そうあの大遭難の四大陸、みんながショックのあまり「大ちゃんぷりけつ」と検索しまくって私のブログにたどりついてたあの頃のMADがあります。
とてもかっこよかったので何度もj私みましたけれど手負いの大ちゃんがたまらなく色っぽかったのを思い出します、そしてエースとしての重責を背負って出た大会・・・だからこそその時よくきいていた澤野さんの作品の数々は私の思い出でもあります。
そして大ちゃんファンが現実逃避で「大ちゃんぷりけつ」と検索しまくっていたことも・・・・

話はもどり
ギルクラファンの子のツイに、アニメの最終回に「僕に悪意を向けた人だって、誰かに愛されて生まれたんだ」というセリフを思い出したとあったのだけど、それを見て、大ちゃんは2014年の4月でしたっけ?この曲に出会ったと言っていたと思うけど、其の頃オリンピックが終わっていろんな思いを自分のなかで整理していた時期ではないかなと、多分言えないような思いもたくさんあったとは思うけれど、ひょっとしたらこの「僕に悪意を向けた人だって、誰かに愛されて生まれたんだ」という言葉を癒やしにしていたかもと想像したりもした。
ギルティクラウンというアニメは決してハッピーエンドではないので覚悟して見てという種類だそうなんだけど、アニオタちゃんたちが大ちゃんの演技を見て、アニメのいち場面を想像し感涙しているのを見ると原作も見たくなりました。
アニメが嫌いという方もいるかもしれないけど、結構深いですよいろいろと。
以前「舟を編む」をおすすめいただきまして見ましたけど、面白かった。ストーリーがとにかく。
もともと小説があってのアニメ化なので話の構成がしっかりしているのもあったけれど、絵柄的には決してはでではなくむしろリーマンの世界なので地味ですけど面白かった。
結構スケーターもアニメ好きが多いのでプログラムで使ったりもしているので、きっかけがあれば見てみるのもいいかもしれないです。世界中で愛されているのはやっぱりそれなりの理由があるんです。

それにしても、大ちゃんリア充アニメファンと思ってたんですけど、ガチのアニオタでしたね。
ワンピースとかジブリとか特撮とか言ってたけど、まだまだなんか隠し玉持ってると思うな。
楽しみですね、大人になるとなかなか新しいことを知る楽しみってなくなってくるけど、大ちゃんを追いかけていると斜め上の楽しみが新たに増えるので大変だけど、生活が潤います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

ののまめ様

お久しぶりです。
私はカーニバルは行かなかったのですが
フルサイズのリンクで何かやるだろうと思っていましたが
まさかのアニメとは。。。。
アニメは全くわからないのですがアニオタさんの語彙力と感性の呟きが
もう嬉しくて嬉しくて。

曲がもう頭から離れないのと心に染み入る大輔さんの
表情表現それこそ語彙力なしですが
涙涙涙なのです。
何度も(地方民なので)ユーチューブを観て
涙涙涙でそしてあの月光とは
美しいのはもちろんわかりきっているのですが
あのスピード感が圧巻です、

想えば今年のLOTFの最前列で観た時大輔さんの表情が
何か違う自信に満ち溢れていたように感じました。
美しすぎてそして手の一振りから違うと。
何かが大輔さんの中で息を吹き返したのか
いや覚悟未来目的が定まったのか
本当に有難うとしか。

大輔さんの体には音楽とともに何かが宿るとでも言うのでしょうか
これこそ表現者ですね。

そしてインタビューで緊張して足ががくがくとのことで
これがもっとスケールアップしたらもう生きていけないくらいに
凄いものになるのでしょうね。

今回スポンサーが木下Gさんなので
なんとなく来るだろうと予想はしていましたが(ザ・アイスもフレンズもゲストなので)
遥か上の魂を持っていかれてしまい現地の方からすぐ情報が上がってこなかったのは
アニメということもあるのかもしれませんがあまりの美しさに圧倒されて言葉が
出てこなかったのかもしれませんね。LOTF破沙羅と大輔さんなりに
大きなプロジェクトが終わって自信がついたのかもしれません、

アニオタさんは多分世界中にいると思うのでもっともっと広まって欲しい
大輔さんのクラウン。
海外でもこの演技は最大級に賛辞されると思うのですが。

と又支離滅裂ですが昨日から廃人となっております。私。

XOIも行く予定はないのですがこのプログラムは広いリンクだからこそ
世界観がわかるような気がします。

では失礼します。

Re: お久しぶりです

anaさんおひさしぶりです

> フルサイズのリンクで何かやるだろうと思っていましたが
> まさかのアニメとは。。。。
> アニメは全くわからないのですがアニオタさんの語彙力と感性の呟きが
> もう嬉しくて嬉しくて。

ですよね。
でもそれも大ちゃんがアニメの世界観を歪めず美しく演じたこともアニオタちゃんたちの心に響いたんでしょうね

>
> 曲がもう頭から離れないのと心に染み入る大輔さんの
> 表情表現それこそ語彙力なしですが
> 涙涙涙なのです。

私も今回は諸事情があり行けなかったんだけど、ちょっとうるっときてしまいました。
華やかなプロではないけれど、久々に耽美プロというかソナチネ系がきたなと
そしてそこがきたかみたいな気持ちにもなりました。

> 涙涙涙でそしてあの月光とは
> 美しいのはもちろんわかりきっているのですが
> あのスピード感が圧巻です、

本当に圧巻
あの裾を翻してステップを踏む凄まじさ
あの衣装でフルで月光滑って欲しいとちょっと思ってしまいました。
たぶん耽美であって、狂気もありという感じになりそうな
でも、ギルクラに月光のチョイスがすごいですね
アンコールは何を滑るのかなとおもっててあれこれ妄想してたんですけど
月光はなかった。
なんでなかったんだろうと思っちゃいますが
今回のプロにはどはまりのアンコールプロだなと
こうなるとクリスマスオンアイスが楽しみです
全日本のために取材もあるだろうけれど、がっつり見せてもらいたいですね



> そしてインタビューで緊張して足ががくがくとのことで
> これがもっとスケールアップしたらもう生きていけないくらいに
> 凄いものになるのでしょうね。

あれで感情がまだこめらえていないと言っているので、気持ちが入りこんだときにはどんなプロになるのか
楽しみです。
ただやっぱりカーニバルをみていると、フルサイズのリンクで大ちゃんの演技がみたいですね
急遽大阪ラクタブでXOI追加公演とかやってくれないでしょうかね


> アニオタさんは多分世界中にいると思うのでもっともっと広まって欲しい
> 大輔さんのクラウン。
> 海外でもこの演技は最大級に賛辞されると思うのですが。

たくさんの人に見てもらいたいですよね。
そしてアニメの曲っていい曲あるんですよね
アニメにかぎらずゲームとかも
大ちゃんを通じてアニメも曲も、全部世界中に広まればいいのになと思ってます

No title

ののまめさん こんにちは。
アニメ情報ありがとうございます。アニメに疎いので参考になります。
CaOI見に行ってきました。
最初は大きな会場でフルリンクで滑る高橋大輔が見たいという理由だけでお手頃な席を買っていて、あまり期待してなかった、いや自分の期待値をあまり上げないようにしていました。
直前に新プロ披露、ピアノ曲、あまり着たことのない衣装と聞き、急にテンション上がり、何なんだろう?と久しぶりにワクワクしながら会場に行きました。

MCのアナウンスで大輔さん登場と分かった瞬間から、会場の雰囲気がガラッと変わりましたよ。暗い中シルエットが見えるとわーとも何とも言えないざわめきが起き、スポットライト当たった瞬間会場が沸いた。スタートポジションについたとき静寂が訪れあの会場のすべての人の目が高橋大輔に注がれた。そうそう氷艶の時の阿国の舞の時のような感じ。

あえて双眼鏡使わず、肉眼でフルリンクに舞う大輔さんの姿を見ました。
とにかくスケートが滑らかでスピードがあり、あーーこれがフィギュアスケートだ! テレビではアップが多くてスピード感を充分に伝わらないのが残念。
振り付けどうこうではなく、一つ一つのムーブメントが美しかった。終わった時、あーーとため息をつき力抜けた。詳細覚えていないし言葉でどう表現していいか分からない。引き付けられた、心を奪われた。そしてアンコールであのあの月光のステップ来たぁ! ニコライ渾身のこれぞステップ、彼にしか出来ないステップを裾ひらひら衣装で見られるなんて、なんという幸せ。

昨年のCaOIも見に行ったけれど、正直に言うと少しがっかりしたんですよ。ジャンプミスどうこうではなく、大輔さんの熱量、気持ちが感じ取れなかった。LOTFの彼との落差が大きかった。今年は全く違う。ここに高橋大輔あり、圧倒的な存在感とオーラを感じました。持ちプロに対してもやる気スイッチ入ったか。

いろいろなスケーターのファン、席を選ばなければ当日券が買える大きな会場、地上波でも放送されるCaOIで新プロ披露してくれて本当に良かったと思います。
沢山のアニオタの方にも見てもらえていて評判もよろしいようで嬉しいです。
高橋大輔を小さな会場でコアファンで独り占めにしてはいけない。広く沢山の人に彼の演技を見て欲しいです。

テレビ録画をリピしています。私はアニメの内容知らないけれど、孤高、闇、光、不条理
それでも生きていくみたいなものを感じます。この曲と出会った2014年4月の大輔さんの心情を想像したりして。でも彼の演技は見た人が自由に感じとるものなので、私なりのKroneを味わいます。

あーー本当に美しかった。
ただ欲深いファンとしては、今身体が絞れキレもいいから思い切りダンサブルなナンバーとかエッジがきいたプロとかも見たいです。このところ素敵プロが多いリショーさんやジェイソンの振り付けしているローヒーンさんならどういう高橋大輔を引き出してくれるか見てみたいです。

まとまらない長文コメントで失礼いたしました。

Re: No title

おぷあさんこんにちはー

> MCのアナウンスで大輔さん登場と分かった瞬間から、会場の雰囲気がガラッと変わりましたよ。暗い中シルエットが見えるとわーとも何とも言えないざわめきが起き、スポットライト当たった瞬間会場が沸いた。スタートポジションについたとき静寂が訪れあの会場のすべての人の目が高橋大輔に注がれた。そうそう氷艶の時の阿国の舞の時のような感じ。

テレビ前で見ていても空気が一気にかわるのがわかりますね。
期待に膨らむ空気感、そして衣装を翻しながらすーっと現れる大ちゃんの姿にヒュッというような驚きの溜め息
スタートポジションについた時にはすでに大ちゃんの世界に足を踏み入れ、踏み入れたが最後大ちゃんの視線ひとつで高橋大輔の世界の住人になってしまっているところ。
あれの空気感は現地で感じたらどれだけのものだろうかと思いながら見ていました。


> あえて双眼鏡使わず、肉眼でフルリンクに舞う大輔さんの姿を見ました。
> とにかくスケートが滑らかでスピードがあり、あーーこれがフィギュアスケートだ! テレビではアップが多くてスピード感を充分に伝わらないのが残念。

ギルクラのアニメ見出したんですけど、今回バッククロスでスピードを出して滑るところが多いなと思ったんだけど、あれもアニメの世界観をあらわしているように思いました。
それとバッククロスうまいですよね。上半身がぶれない。
トップスケーターでも姿勢が悪かったり、上下に体がうごいちゃったりする人が多いけど
だからこそ大ちゃんのバッククロスでの加速って余計スピード感を感じます

> 振り付けどうこうではなく、一つ一つのムーブメントが美しかった。終わった時、あーーとため息をつき力抜けた。詳細覚えていないし言葉でどう表現していいか分からない。引き付けられた、心を奪われた。そしてアンコールであのあの月光のステップ来たぁ! ニコライ渾身のこれぞステップ、彼にしか出来ないステップを裾ひらひら衣装で見られるなんて、なんという幸せ。

結構ファンはおおげさなことが多いので、現地でみていない私としては、言葉半分で見てたんですけど、見ている最中にもちょっと胸がきゅっとしてしまって、涙がちょっと出そうになりました。でもまだ泣けない(BY歌子)
久しぶりにこの感じを思い出しました。
そしてアンコールのニコライ懇親の月光ステップ
まるでこの衣装のためのステップ
kroneのアンコールは月光お決まりみたいな感じで今後も滑って欲しいです。
アニオタちゃんたちによると、月光も虐殺器官というアニメに使われていたそうでアニオタちゃんたちからすると、大ちゃん狙ってきているのかも?とのことだったけれど、多分狙ってるかもしれないですね。
ギルクラ自体アニメファンのなかでも人気がすごく高かったアニメというわけではないらしいので
それを見ていてその世界観を滑る大ちゃんなので、ひょっとしたら衣装も含め月光をアンコールに選んだのかもしれないですね。
裾の広がりですら音楽を奏でていたし


> 昨年のCaOIも見に行ったけれど、正直に言うと少しがっかりしたんですよ。ジャンプミスどうこうではなく、大輔さんの熱量、気持ちが感じ取れなかった。LOTFの彼との落差が大きかった。今年は全く違う。ここに高橋大輔あり、圧倒的な存在感とオーラを感じました。持ちプロに対してもやる気スイッチ入ったか。

熱量に関しては去年私も同じことを感じたかも
しっとりプロだからと思ったりもしてたけど
大ちゃん自身から伝わるものの質量がいつもと違うなって
やはり高橋大輔の圧倒的なオーラみたいなものを感じたいですよね
ライラックワインも気持ちがはいって、観客とコンタクトがとれれば最高なプログラムだけど
そう思うと、ライラックワインは内に入るプロなだけに受け取り側次第で出来が左右されるかもしれないですね
THEICEでのライトファンの人達の感想がそれを如実に語ってたかな
大ちゃん自身の入り込み方にもあるかもしれないけど
そう思うと、今回の曲は大ちゃんが好きで思い入れがあるだけに高橋大輔の世界を表現しやすかったかもしれないですね


> 沢山のアニオタの方にも見てもらえていて評判もよろしいようで嬉しいです。
> 高橋大輔を小さな会場でコアファンで独り占めにしてはいけない。広く沢山の人に彼の演技を見て欲しいです。


私の友人にもアニオタは何人かいますが、総じてオタクの守備範囲ひろいので
今回のプロは拡散という意味でもよかったかなと思います。
ひとりでも多くの人に今滑っている姿を見ておいてほしいですからね
録画で見ら得ると言っても、やっぱりその時の時代感というかその時に見るのと
何年も立ってみるのでは違うと思うので

No title

ののまめさん、こんにちわ。
またお邪魔させてもらいましたきのこのこです。

先日のcaoiの放送観ました。
初見の感想は、正直に言って「う〜ん、私それほどでも…」でした。
というのも、ツイッターで現地観戦の輔オタ、アニオタさんの大ちゃん新プロ絶賛ツイを読んでしまい、
期待値があがってしまったからなんです。
神父さん風とか、スカートやら、マントやら、裏地が赤いとか、翻ると色っぽいとか、号泣とか
みなさんいろいろ煽ってくる!笑
自分でも「あかん、落ち着こう、頭の中フラットにしなきゃ当日の放送みたらきっと落差が激しくなる」
と言い聞かせてはいたのですが、うまくいきませんでした…。

でもまあもっかい見てみるか、せっかくの新プロをむげにするのもあかんし
とあがった動画をみてみると、何回もリピートしている自分がいました。
「あれ?あれ?」と自分でも不思議なくらい。
なんなんでしょうか、何と言いますか、ベタな事しか言えませんが、引き込まれて行くのです。
これは個人的な意見ですが、印象的な振付けがあった訳でもないし、曲が好みだった訳でもないし、
でも何かもう一回見たくなるのです。
むしろこの曲にはこの振付けが一番かもと思えるし。
このプロが好き嫌いかと言ったら、どちらでもない。
ただただ、大ちゃんの演技に引き込まれてしまう、としか言い様がなくて、
もっとうまく言いたいけど、自分でもどう伝えていいのかわかりません。すみません。
今では1日に1回は動画を見ています。

演技直後の大ちゃん、「あかんな」と言わんばかりに首を傾げていたし、表情も固めだったし
インタも緊張して感情が入らなかったという様な事を言っていたので
自分では満足いってないようでしたね。
いろんな仕事を引き受けつつなのに
練習時間もそんなに取れてないかもしれないのに
あの演技…。ジャブ…。
でも自分に厳しい大ちゃん、嫌いじゃない。
体に負担がかからない程度に、自分が納得するまで完璧を求めてほしいな。
そのときはわれわれ瞬殺KOですかね。

しかし今回はアニオタさんの賛辞がいっぱいで
私、他ジャンルさんからの大ちゃんお褒めの言葉がうれしくてうれしくて。
ギルクラファンの方は思い入れがあるのは当然だし
その本気のファンの方々が、たった3分程(体感時間は更に短い)の大ちゃんの演技を通して
キャラクターに思いを馳せ、ストーリーをなぞり、ギルクラの世界観を読み取る
ギルクラファンの方々に大ちゃんの本気のギルクラ愛が伝わったからこそ
あの演技を見て号泣し、賛辞を贈る。
「滑ってくれてありがとう」って…そんなそんな…。自分の事の様にうれしいです。
髙橋大輔は知ってるけど、演技見た事ないというアニオタさん達もまだ多くいらっしゃると思うので、
今回この新プロ披露で、大ちゃんの演技を広く知ってもらえるきっかけになったかと思うとうれしいのです。

そしてけんじ先生のおかげでもありますね。
けんじ先生がどれくらいギルクラの事を把握しているのかわかりませんが
でも全く知らないという事は無いと思うし、ある程度ストーリは理解していないと
あれだけギルクラファンの方々に伝わる事は無いかと思いますがどうなんでしょう。
案外ギルクラの内容知らずに曲聴いただけで振付けてたりして…。

今回もまとまりなく長々と失礼しました。
またお邪魔させて下さいね。
では。

Re: No title

きのこのこさん いらっしゃいませー
>
> 先日のcaoiの放送観ました。
> 初見の感想は、正直に言って「う〜ん、私それほどでも…」でした。
> というのも、ツイッターで現地観戦の輔オタ、アニオタさんの大ちゃん新プロ絶賛ツイを読んでしまい、
> 期待値があがってしまったからなんです。> 神父さん風とか、スカートやら、マントやら、裏地が赤いとか、翻ると色っぽいとか、号泣とか
> みなさんいろいろ煽ってくる!笑
> 自分でも「あかん、落ち着こう、頭の中フラットにしなきゃ当日の放送みたらきっと落差が激しくなる」
> と言い聞かせてはいたのですが、うまくいきませんでした…。


私も期待しすぎないようにしすぎないようにして見てました。
「私それほどでも」という気持ちもわからないでもないです
実は見始めた時私そうだったんですよね
衣装もたしかにこれはツボにはまる人多いなと思ったし
ステップもいつもよりもバッククロスが多いなとも感じたし
なのに、普段歌子先生ほどでもないにしても大ちゃんの演技に涙するってことは少ない方だと思うんです
だからこそ頭と体の反応の違いにちょっと戸惑いはありました。
だからリピを繰り返しているんです。
何が涙をさそったのか


> でもまあもっかい見てみるか、せっかくの新プロをむげにするのもあかんし
> とあがった動画をみてみると、何回もリピートしている自分がいました。
> 「あれ?あれ?」と自分でも不思議なくらい。
> なんなんでしょうか、何と言いますか、ベタな事しか言えませんが、引き込まれて行くのです。
> これは個人的な意見ですが、印象的な振付けがあった訳でもないし、曲が好みだった訳でもないし、
> でも何かもう一回見たくなるのです。

私もよくわかんないんですよね。
宮本節のきいた振付で、既視感はあるんだけど何か胸にひっかかって次を見てしまう
そしてじんわりきちゃうという


> むしろこの曲にはこの振付けが一番かもと思えるし。
> このプロが好き嫌いかと言ったら、どちらでもない。

私はライラックワインよりは好きかな
ライラックワインも好きだけど、お客を選ぶ振付かなって思うので
私このプロは大ちゃんが滑りたいと行っているBIOSと対になってる作品でないかなと感じてます
ここ数日ギルクラを見まして、大ちゃんがKRONEの原曲を滑りたいと言っていたけれど
それができてひとつの作品ではないかなと


> しかし今回はアニオタさんの賛辞がいっぱいで
> 私、他ジャンルさんからの大ちゃんお褒めの言葉がうれしくてうれしくて。
> ギルクラファンの方は思い入れがあるのは当然だし
> その本気のファンの方々が、たった3分程(体感時間は更に短い)の大ちゃんの演技を通して
> キャラクターに思いを馳せ、ストーリーをなぞり、ギルクラの世界観を読み取る
> ギルクラファンの方々に大ちゃんの本気のギルクラ愛が伝わったからこそ
> あの演技を見て号泣し、賛辞を贈る。
> 「滑ってくれてありがとう」って…そんなそんな…。自分の事の様にうれしいです。
> 髙橋大輔は知ってるけど、演技見た事ないというアニオタさん達もまだ多くいらっしゃると思うので、
> 今回この新プロ披露で、大ちゃんの演技を広く知ってもらえるきっかけになったかと思うとうれしいのです。


本当にファン冥利につきますよね。
私達も大ちゃんにこんな曲で滑って欲しいとか願望はたくさん垂れ流してますが
いつも斜め上な選曲なのでなかなかドンピシャというのはないけれど、それでも妄想していたジャンルと同じだったりするだけでうれしいですから。
そして更に想像以上の作品に仕上げてみせてくれているし
私達はどうしてもファンびいきをしてしまうところもあるので、他の人たちがどう大ちゃんの演技をみるのか感想がたのしみだけど
結構感想をみていると私達とそれほどかわらない感想を言ってくれているので、ファンびいきってこともないのかななんて今回思いました。


> そしてけんじ先生のおかげでもありますね。
> けんじ先生がどれくらいギルクラの事を把握しているのかわかりませんが
> でも全く知らないという事は無いと思うし、ある程度ストーリは理解していないと
> あれだけギルクラファンの方々に伝わる事は無いかと思いますがどうなんでしょう。
> 案外ギルクラの内容知らずに曲聴いただけで振付けてたりして…。

ほんと、賢二先生どのくらい理解して振付したのか
大ちゃんの意見も今回は入っているとはおもうんですよね、アニメをみた感じだと
大ちゃんのために賢二先生もギルティクラウン全22話みたかもしれないです
賢二ならやりかねない。

かわいいぷりけつ

ののまめさま、こんにちは。

大ちゃんの新プログラムKRONEと月光、私も何度も繰返し見ています。

私も流れてくる皆さんの評判の高さに、期待値が振り切れてしまい、最初に見た時には「いいんだけど、あれ?」という感じでした。

が、その後も私も同じです。
「もう1回 見たくなる」の繰返しです。ライラックワインもそうですが、私にとって、大ちゃんのスケートが見ていてとても心地よく感じるプログラムだなと思いました。

それから、やっぱり衣装ですよね!
もう衣装がひらりひらりと、大ちゃんの動きに合わせてひらりひらりと、もう、私にはあのひらりひらりが、振り付けの一部にしか見えません!

そして皆さんはあの黒と赤のひらりに色気を感じていらっしゃいますが、私、変かも知れませんが、あのひらりとめくれ上がった時にチラッと見える大ちゃんのお尻がかわいくて、かわいくて……。
わたくし、大ちゃんが好き過ぎて、とちくるってしまったんでしょうか…f(^_^;)

大ちゃん、プロになっても、新しいプログラムや衣装で私たちファンを楽しませてくれて、本当に嬉しいです。ライラックワインの衣装も私はかなり好きですが、今回の衣装も例にもれず、非常に気に入りました。

今回の衣装は特に大ちゃんの気合いを感じますね。今回の衣装を見た時、私が1番最初に頭に浮かんだのは、義経の衣装ではなくて、ザアイスの真央ちゃんの赤リチュの衣装でした。丈の長い赤い布を腰に巻いていましたが、「試合ではなかなかできない」と伊藤みどりさんが言ってみえました。プロになった大ちゃんが、現役ではできない、プロにしかできないパフォーマンスを追求しているのかなと思いました。演技後のインタビューで「緊張で足がガクガク」と大ちゃん、言ってましたが、大ちゃんのプロとしての意気込みなのかなと……。

オリジナルバージョンが今から楽しみでなりません。オリジナルバージョンの衣装は別のものになるんでしょうか?
大ちゃんのファンであることの幸せを常日頃から百万回感じておりますが、大ちゃんのファンで本当によかったです。

Re: かわいいぷりけつ

えみりんさん

> 「もう1回 見たくなる」の繰返しです。ライラックワインもそうですが、私にとって、大ちゃんのスケートが見ていてとても心地よく感じるプログラムだなと思いました。
>
> それから、やっぱり衣装ですよね!
> もう衣装がひらりひらりと、大ちゃんの動きに合わせてひらりひらりと、もう、私にはあのひらりひらりが、振り付けの一部にしか見えません!

お衣装の効果は絶大ですよね。
あのひらひらがなかったらまた印象が違うかもしれないし
赤いひらひらに興奮してしまうのは、闘牛かよと自分にツッコミいれちゃいたいくらいですけど
ひらひらは琴線に触れる何かがありますね。


> そして皆さんはあの黒と赤のひらりに色気を感じていらっしゃいますが、私、変かも知れませんが、あのひらりとめくれ上がった時にチラッと見える大ちゃんのお尻がかわいくて、かわいくて……。
> わたくし、大ちゃんが好き過ぎて、とちくるってしまったんでしょうか…f(^_^;)


いいえ、全く正常なことではないかと
私もぴらっとめくれるたびに、プリケツオーケーと思って脳内で指差し確認してたんで
現役時代とくらべれば小さくなったプリケツですが、それでもあいかわらずエロいぷりけつです

> 大ちゃん、プロになっても、新しいプログラムや衣装で私たちファンを楽しませてくれて、本当に嬉しいです。ライラックワインの衣装も私はかなり好きですが、今回の衣装も例にもれず、非常に気に入りました。

やっぱり大ちゃんはシンプルなシャツタイプもいいんだけど、シャツタイプが続くとやっぱりもっと斜め上なやつお願いっておもってしまいますね。
大ちゃんのルックスだからこそ普通の人がきたら衣装負けしちゃうような衣装でも着こなせちゃうので
私今だって十分おリボンにレースな衣装でも着こなせちゃうと思ってるんですよね。

> 今回の衣装は特に大ちゃんの気合いを感じますね。今回の衣装を見た時、私が1番最初に頭に浮かんだのは、義経の衣装ではなくて、ザアイスの真央ちゃんの赤リチュの衣装でした。丈の長い赤い布を腰に巻いていましたが、「試合ではなかなかできない」と伊藤みどりさんが言ってみえました。プロになった大ちゃんが、現役ではできない、プロにしかできないパフォーマンスを追求しているのかなと思いました。演技後のインタビューで「緊張で足がガクガク」と大ちゃん、言ってましたが、大ちゃんのプロとしての意気込みなのかなと……。

今年はこれまでいろんな高橋大輔は見せてもらったけれど、スケーター高橋大輔の個人プロは久しぶりですから。
あれで緊張で足がガクガクしていたというのも驚きだけど、大ちゃんらしいと思う反面、これから更に本気出す気合を見たような気がします。
今回はまだジャブなプログラムで、気持ちも込めきれなかったという反省の弁もあったので今後どうばけるか楽しみだし
やりたいバージョンがどのバージョンかわかりませんが、激しいものになりそうな気がしないでもないし、ボーカルバージョンでスローなのもあるのであっちかなと思ったりもするけど、別バージョンになったらお衣装もグレードアップはもう一着作るかしそうな気がします。
お衣装も今後楽しみですね

理由はいらない

ののまめ様こんにちは。
大ちゃん新プロ見ました。TVでですが。案の定リピが止まりません。
THE ICEのキャラバン、ラフマ➡ブルーインパルス➡氷艶ときて、今回のギルクラですよ。何かしらのリピをしております。
大ちゃんの演技は情報量が膨大なので、ポンコツな私の脳の処理速度では初見では追いつけず、もう一度見てからハマり出すパターンが多いです。ラクリモーサもそのパターンでした。
しかし今回もお衣装がお素敵。首元までカッチリ覆ってるのがストイックで逆に色っぽいというか。誰でも着こなせる衣装ではないかなと。
裾の翻り方すら品があります。なんであんなに格好良く翻るんだろう。布にまで品格を与える男。やはり大ちゃんは、衣装にまで神経が通ってるんでしょうか。
リピの度に、今回は足だけ注目、今回は裾の翻りだけ注目、みたいに楽しんでます。
あと、基本お尻が隠れる衣装でしたが、バッククロスの時に布がお尻に張り付いて形が分かるゲフンゴフンみたいな、こんな目で見てごめんね大ちゃんみたいな。

しかしあのお衣装で月光は反則です。素敵すぎます。「あれ?私早送りしてたかな?」と一瞬思ってしまうくらいの足捌きや動きにほへーとなってしまいました。私は技術的な事はよく分かりませんが、見入ってしまいます。八木沼さんも「恐ろしいステップ」言ってましたね。
その恐ろしいステップ踏んだ後に、「ちょっと忘れちゃったー。てへ。」みたいな可愛いジェスチャーやめて!こっちは充分瀕死だから!トドメ刺さないで!とか、一人でもだもだしてました。
そして漂うヨーロッパのかほり。思えば、和はもちろん、ラテンもヒップホップもクラシックも中東の雰囲気もイケるって凄いと思うんですが。あとはインドかアフリカくらいか? それすらモノにしそう。

今年のXOIは、奇跡的にテレ東の抽選に当選したので、一公演だけですが行って参ります。きっとこの新プロ滑ってくれますよね。滑ると言ってお願いだから。
第一部でピアノバージョン、第二部でオケバージョンとかどうですか。正直、もう見られればどちらでもいいんですけど。
お衣装のマイナーチェンジをするとしても、あの裾の長さはぜひともキープして頂きたい。
あのひらひらは病みつきになりそう。

Re: 理由はいらない

かぼすさん

> 大ちゃん新プロ見ました。TVでですが。案の定リピが止まりません。
> THE ICEのキャラバン、ラフマ➡ブルーインパルス➡氷艶ときて、今回のギルクラですよ。何かしらのリピをしております。

私も今年の大ちゃんリピ祭りですよ。
毎月大ちゃん祭りだったんだなって
昨日は氷艶見直してました。ポニーテールと裾のひらりがたまらんなと思ってみてて、ふとひらひらのついたおもちゃで戯れている猫をみましたら、今は猫の気持ちがわかるなって
ひらひらに食いつく食いつく
ひらひらはより表現を豊かにしますね


> しかし今回もお衣装がお素敵。首元までカッチリ覆ってるのがストイックで逆に色っぽいというか。誰でも着こなせる衣装ではないかなと。
> 裾の翻り方すら品があります。なんであんなに格好良く翻るんだろう。布にまで品格を与える男。やはり大ちゃんは、衣装にまで神経が通ってるんでしょうか。

計算つくされた感のあるお衣装でした。
衣装も一歩間違えばチープになりがちだとは思うんだけど、はまっちゃいますよね。
裾捌きがもう様になってて
なにをやらせてもカッコよく見せちゃうとカメレンゴさんだったか賢二先生だかが言ってましたけど
アニメでないのにあの裾捌き。


> リピの度に、今回は足だけ注目、今回は裾の翻りだけ注目、みたいに楽しんでます。
> あと、基本お尻が隠れる衣装でしたが、バッククロスの時に布がお尻に張り付いて形が分かるゲフンゴフンみたいな、こんな目で見てごめんね大ちゃんみたいな。

足さばきや全体を絶妙に切り替えで見せてくれるのはさすがテレ東だすね
去年だったかはあまりよくなくて、スタッフが変わったのかと思ったけど
今年はストレスなく見れたので、フィギュアの撮影はテレ東が頭一つ出てますね。
そして、ファンのツボがわかってるというか、いいところで大ちゃんのプリケツ具合も見えるし


> しかしあのお衣装で月光は反則です。素敵すぎます。「あれ?私早送りしてたかな?」と一瞬思ってしまうくらいの足捌きや動きにほへーとなってしまいました。私は技術的な事はよく分かりませんが、見入ってしまいます。八木沼さんも「恐ろしいステップ」言ってましたね。
> その恐ろしいステップ踏んだ後に、「ちょっと忘れちゃったー。てへ。」みたいな可愛いジェスチャーやめて!こっちは充分瀕死だから!トドメ刺さないで!とか、一人でもだもだしてました。

ほんとアンコールにあの衣装に月光って、むしろ月光のための衣装ではと思えるほどでしたね。
たぶん衣装も少しづつバージョンアップしていくとは思うけれど、きっとkroneのアンコールは月光がお決まりコースになるかも
月光以外だったらどんなステップがいいかと考えたりしてたんだけど、お衣装や曲からしてもやっぱり月光がドンピシャですね
大ちゃん大変だけど、がんばって月光のステップふんでもらいたいです


> 第一部でピアノバージョン、第二部でオケバージョンとかどうですか。正直、もう見られればどちらでもいいんですけど。
> お衣装のマイナーチェンジをするとしても、あの裾の長さはぜひともキープして頂きたい。
> あのひらひらは病みつきになりそう。

長さはキープかもうちょい長くてもよいだけど、あれくらいでないと月光のステップでエッジひっかけそうなので、あの丈で
上半身をもっとキラキラでもいいかなと思ったり
まだ衣装は完成形ではにような気がするので、どうなるか楽しみですね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR