LOVE ON THE FLOOR 2017

遅ればせながらやっと今年の感想文です。
私が行ったのは、最終の土日3公演見てまいりました。
本当だったら初日あたりと中日あたりも行きたかったところだけど、ちょっと家庭の事情で最終土日だけが精一杯という感じでしたけど、3公演行けただけでもよかったです。
しかし今年は席がイマイチはずれ席だったかなという感じです。
土曜日はSS席でしたが端のほうで、日曜日はマチネが2F 楽が3Fそちらもはじっこ席、チケット購入はそれぞれ違うところだったのにはじっこばっかりというちょっと残念ではありましたけれど、それでもなおショー自体は去年よりもずっとパワーアップしていて3回みても足りないくらい。
ダンサーの人数が増えたこともあるけれど、目がいくつあってもたりなくて複数回行きたいと思うのはあたりまえかなと。
ダンサーひとりひとりも本当にステキだったし。
今回一枚チケットをゆずっていただくこととなり、そのチケットは地方住まいの友人の手に渡たりました。
大ちゃんファンとまでは行かないけれど一度は生で高橋大輔を見てみたいと過去言っていたので、まさにそういう人にこそ見て欲しいなと思って声をかけてみました。
結果、手にしたチケットは1枚だったのに最終的には5公演見たそうです。
行く前に予習としてIN LAを見ることをおすすめしておいたのですが、彼女は優秀でIN LAも昨年の公演もきちんとCSで予習し、LOTFが始まるとツイでファンの感想を見てあまりに評判がいいので、金曜日のチケットをポチりました。
しかしせっかく上京したし土曜日は他のミュージカルでも見ようと思っていたところが金曜日に生大輔と生プウォォォオオオオと大ちゃんファンのラテンのノリに衝撃を受け、リピーターズチケットで土曜日のチケットを買い、更には土曜日だったか日曜日だったか、当日券売り場あたりをうろついていたら親切な大ちゃんファンからSS席を激安で譲ってもらったとかでめっちゃいい席で見れたとか、更にはアンコールの写真撮影OKを見て、残り公演はいい画像で映さねばと渋谷のビックカメラへ行って一眼レフを買ってしまったとか・・・もともとカメラ欲しいと思ってたところだったのということだったけど、公演が終わって外に出たら今でしょと言わんばかりにビックカメラの看板が目にはいってふらふらと入ってカメラ買っちゃったと。
画像見せてもらったんだけど、やっぱり一眼レフの威力はすごかった。
一眼レフで撮ったのは1階と2階後方だったそうだけど、きれいに撮れていました。
ただし大ちゃんよりもマークの画像がやたらと多いという・・・本人は大ちゃんが一番好きになったと言っていたけど、撮った像を見るとどうみてもマーク押しにしか見えないんですけどね

もらった画像
lotfm.jpg

lotfm3.jpg

lotf1.jpg

ちなみに一番上の画像は1F前方13列か15列だったかなあたりから、55-250mmの望遠の最大250mmで撮ったそうです。
その距離で望遠250mmでもアップは撮れなかったそうなので、250mm以上の望遠レンズがあるとアップが撮れるということがわかったので、私もそれを参考にデジカメ買い替えようと思いました。
それにしてもツイではきれいなアップ画像がたくさんあがってますけど、みなさんどんなカメラお使いでしょうか?
それか舞台にかなり近いところから撮ってるとかかな。
私もデジカメ買おうと思っているので、これはおすすめというカメラがありましたら教えてください。

そうそうショーの感想文書かねばですね。

ショーは去年も含め1階2階3階とそれぞれ見ましたけど、ショー全体を見るのであれば2Fが一番世界観がわかっていいかもしれないですね、特に今年は床が黒くピカピカだったのでバックスクリーンに映った映像が床に反射して、ダンサー達が浮遊しているようで舞台に広がりを見せていたので。
次にいい席は1F前方。やっぱり大ちゃんはじめダンサーをがっつり見れるし

今回のショーで私が一番気に入ったのはバナナ輔!
胡散臭いけどエロ可愛くて、コメディちっくな振りもはまってて表現の幅の広さを見せてきました。
最後はけていく姿を見て、やっぱり大ちゃんプリンスに似ているなと思いました。
ガールズナンバーの薔薇園がなくなってしまったのは残念だけど、ショー全体でみるとバナナ園のようなプログラムがはいったことでショーにより色鮮やかになった感がしました。

GloryはLAのお稽古映像でも凄いプロだなと思いましたが、楽では3F席から見ていたのに鳥肌がたちました。
高橋大輔は魂で踊る
まさにこれだなと。アメリカのエンターテイメント界でトップダンサーとして活躍しているダンサー達の中にいても、決して引けを取らないのは魂で踊るということを自然体でできてしまう才能があるから。
凄まじい才能の塊で、ジェリやポールはじめ氷艶でも歌舞伎界の人達が大ちゃんの才能の豊かさを見てあれこれやらせたくなるのいたしかたがないという感じです。
今回の実験では、昨年よりも更に倒錯的というか男達に自分の体を与え欲望のかぎりをつくすというか、性行為そのままという振付もありながらも醜悪にはならずどこか品格が漂うのもまた大ちゃんだからこそできたプログラムだと思いました。
ジェリは大ちゃんがリミッターをはずした時の変貌を昨年知ってしまったので、更にそこを磨いてきたのが今回の実験なのかなと
そもそも実験というタイトルからして高橋大輔がどこまでリミッターをはずせるかというようなテーマがあるような気がしないでもないようなある意味過激な振付です。
いろいろ意味深な今回の実験
でも昨年よりもこのプロもよりどういう愛を伝えたいのか明確になったように感じました。

ひとまず今日はここまで


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ののまめさん こんにちは。
チケットを譲ったお友達のお話はとても嬉しいです。近頃思うのですよ、高橋大輔をファンだけで独占してはいけない、もっと多くの人に見て欲しいとね。先日それほど親しくない友人に話しの流れからLOTFの話になりすごく興味を持った様子。CS環境が整っているというのでAOI2017、LOTF、氷艶と放送されることを教えたら、早速昨夜、彼女から「AOI見た、すごく良かった、ダンス早く見たい」とのメールが来ました。既成のアイスショーは今の内容と値段では初めての人を誘えないけれど、氷艶やLOTFならOKかなと思いました。

>GloryはLAのお稽古映像でも凄いプロだなと思いましたが、楽では3F席から見ていたのに鳥肌がたちました。
高橋大輔は魂で踊る
まさにこれだなと。アメリカのエンターテイメント界でトップダンサーとして活躍しているダンサー達の中にいても、決して引けを取らないのは魂で踊るということを自然体でできてしまう才能があるから。

私も”高橋大輔は魂で踊る”につきると感じました。
シェイリーンがNHKの子供たちを指導する番組で子供たちにマンボの映像見せながら「大輔は自分のすべてを観客に捧げて滑る」というようなことを言っていたのを思い出しました。
もっているすべての力、魂を注いで踊り出し切った13回だったの違いありません。


>そもそも実験というタイトルからして高橋大輔がどこまでリミッターをはずせるかというようなテーマがあるような気がしないでもないようなある意味過激な振付です。
いろいろ意味深な今回の実験

ののまめさんのおっしゃる通り、過激で倒錯的でありながら醜悪にならない。これって彼の本質、人間性がそうさせているんでしょうかね。このプロ、大輔さんやダンサーだけでなくそれを見てあれこれ想像し反応する私たち観客も含めての”実験”なのかとも思えるし。

私は買い増しして初日から楽まで6回見ました。席は1、2階、楽は私も3階でした。
楽公演には歌子先生もいらしていたようですが、あの3階まで埋まった会場で喝采を浴びる大輔さんを見て、何を感じたんでしょうね。
楽のカーテンコールでふとニコライのこと思い出したんですよ。
彼の引退によせての言葉「やりたいと思うことで成長していって欲しい。どこかでショーをするなら観客のために100%かけて演じて欲しい。パフォーマンスそのもので、きみを愛する多くの人々を驚かせ、その偉大さで人々を感動させ続けて欲しい」
あーあニコライに見て欲しかった、ここにいて欲しかったよ。あなたが望んでいた通りの大輔がここにいるよ。(ただし陸だとは想像していなかったかもね)基本ニコライ好きの私はあらためてニコライの大輔愛を感じた夜でもありました。ニコライなら号泣していたよね。

最後になりましたが、ののまめさん 季節の変わり目ですが体調はいかがですか?
どうかご無理がない程度で結構なので、また感想聞かせて下さるとののまめファンとしては嬉しいです。
いつも長々としたコメントで失礼いたしました。

Re: No title

おぷあさん

> チケットを譲ったお友達のお話はとても嬉しいです。近頃思うのですよ、高橋大輔をファンだけで独占してはいけない、もっと多くの人に見て欲しいとね。先日それほど親しくない友人に話しの流れからLOTFの話になりすごく興味を持った様子。CS環境が整っているというのでAOI2017、LOTF、氷艶と放送されることを教えたら、早速昨夜、彼女から「AOI見た、すごく良かった、ダンス早く見たい」とのメールが来ました。既成のアイスショーは今の内容と値段では初めての人を誘えないけれど、氷艶やLOTFならOKかなと思いました。

できるだけ大ちゃんを見てみたいという人は結構いると思うんですよね。
都内であれば行ってみる?と声かけると悪い反応はほぼないので、ただチケット代を伝えると迷いますけどね
数年前であればフレンズとかだったら1万くらいでS席買えたと思うんだけど、その時はジャニオタ誘いました。
AOIも誘ったかな、彼女はフミヤファンでもあったので値段はともかく誘いやすかったのもあるけど
ミュージカルや舞台をよく見に行く人はだいたい1万くらいはかかるのは知っているけれど、それでもここのところのアイスショーの値段は高すぎなので、誘うに誘いづらいところもありますよね。
そう思うとまだLOTFはオーブだったり海外のトップダンサーもいるということを理由になんとか誘えるぎりの値段かなと思ってます。気に入れば今回の友人みたいにリピするだろうし。


> 楽公演には歌子先生もいらしていたようですが、あの3階まで埋まった会場で喝采を浴びる大輔さんを見て、何を感じたんでしょうね。
> 楽のカーテンコールでふとニコライのこと思い出したんですよ。
> 彼の引退によせての言葉「やりたいと思うことで成長していって欲しい。どこかでショーをするなら観客のために100%かけて演じて欲しい。パフォーマンスそのもので、きみを愛する多くの人々を驚かせ、その偉大さで人々を感動させ続けて欲しい」
> あーあニコライに見て欲しかった、ここにいて欲しかったよ。あなたが望んでいた通りの大輔がここにいるよ。(ただし陸だとは想像していなかったかもね)基本ニコライ好きの私はあらためてニコライの大輔愛を感じた夜でもありました。ニコライなら号泣していたよね。

引退の花道を氷の上で送ってあげたかったという気持ちはありましたが、今の状況をみると、花道をつくるのははやかったなとおもいます。
まだまだこれから大ちゃんはもっと多くの人に喝采をあび表現者としての道をつきすすんでいくと思うので
楽しみはまだまだつづくと歌子先生もニコライも思っているんじゃないでしょうか
ニコライには見てもらいたかったですねLOTF
どこかから去年のショーの映像手に入れて見てるかもしれないけど

> 最後になりましたが、ののまめさん 季節の変わり目ですが体調はいかがですか?
> どうかご無理がない程度で結構なので、また感想聞かせて下さるとののまめファンとしては嬉しいです。
> いつも長々としたコメントで失礼いたしました。

体調はぼちぼちですね
先日氷艶のあとはかなり調子をくずしちゃいましたが、今回はなんとか保ってます。
私だけでなく、今年は家族含め手術の当たり年みたいで、新年早々に私が、そしてなんとLOTFの直前に母が、最中に父がと
両親はそれぞれの手術の間1週間あいてないくらいだったので、正直LOTFはあきらめてたんですけど、奇跡的に最終日あたりにはかぶらなかったのでよかったです。両親も行くのをすすめてくれましたし。
そんなことで、何が突然あるかわからないですね。
そういえば会場でもみんないろいろやりくりしてオーブまで来ているんだなという話はいくつか耳にしましたけど
いろいろ揃って行けるわけ、行けてよかったです。
来年も行ければいいけど、いや絶対行く!

魂で踊る

ののまめさま、お帰りなさいませ。首を長~くしてお待ちしておりました。

ののまめさんのお気に入りはバナナ輔ですか。見たいですぅ~(*´∀`)

LOTFが終わって数日たちますが、留守番組の私はいまだに皆さんのお話や写真を見て、想像と妄想をふくらましております。

クリスティさんや他の方も言ってみえますが、同じ振り付けを踊っても大ちゃんだけ何か違うと……。

その意見を耳にするたび、首がむち打ちになるくらい、激しく同意しております。

まさに、ののまめさんのおっしゃる通り、「魂で踊っているから」ということなのかなと、妙に納得しました。

留守番組の私がかろうじて語れるのは、パーフェクトヒューマン輔‼
もちろん写真でしか分かりませんが、大ちゃんは見事にあの歌の雰囲気を体で表現しているように見えます。他の方も素晴らしいのですが、大ちゃんのあの首の絶妙な傾き加減と表情、首とは逆方向へくねった腰のひねり具合い、膝の曲げ具合い、肩の傾き加減といい……。大ちゃんだけ、ちょっと違うように見えて、それが曲のイメージにドンピシャです!

鼻息が荒くてすみません。私の周りに大ちゃんファンがいないので…、と言うよりもフィギュアファンがいないので、つばを飛ばして語り合える相手がおらず……(;_q)

「昨年のLOTFの後はダンスの練習をしていない」と大ちゃんは言ってましたが、ヒップホップの阿国の舞を氷艶で演じていたことも、今年のLOTFに何か良い影響があったのかもしれないなと思いました。

もし来年、本当にLOTF3が実現したら、私も何がなんでも観に行きます‼

ののまめさんの感想文の続きを心待ちにしております。

が、ご無理はなさらず、ご自愛くださいませ。

No title

ののまめさん、こんばんは。
私は24日夜公演を見に行きました。昨年は、公演3日目?とにかく、前半だったので、今年は後半の舞台が見たかったので。席も、今年はS席を取りました。おかげでフラメンコ登場のとき、それはそれは美麗な大輔さんを近くで拝むことができました。

で、感想ですが、ダンサーも観客も熱くて、ほんとうに素晴らしい舞台でした。最初から叫びまくり、手拍子しまくりで、終わったらなぜか疲れてしまったという(笑)。でも、とっても楽しかったし、時間が許せばもう一度みたいなと思いました。なにしろ、1回では全てを見切ることができなかったので。どうしても大輔さんに目が行ってしまい、他のダンサーたちをよく見られなかったのがほんとうに残念です。
一緒に行った娘も大興奮。娘は大学時代、社交ダンスをやっていたので、ダンスを見る目は厳しいのですが、その娘も大輔さんの進化ぶりには心底驚いていました。プロの一流ダンサーに混じっても全く遜色なく、それどころか華やかな輝きを放つ髙橋大輔、マジで凄い!と。娘は大輔さんの足さばきが去年に比べて格段によくなったことと、動きが一層滑らかでしなやかになったことで、ダンスに余裕が感じられた、と言っていました。そして何より、スケーターたちも含めて、全員のダンスのレベルが半端なく高い!「言葉がなくても、優れた身体表現があれば、愛を語れる」ということを、改めて感じさせてもらいました。

>高橋大輔は魂で踊る
まさに、この一言に尽きると思います。だから心が揺さぶられる。純度の高いダンス。ひたすら音に溶け込み、自分の身一つでストーリーを紡ぎ、観客に届ける。氷の上でも陸でも、大輔さんにとって、表現するということはきっとそういうことなんだろうと思いました。

ところで、楽でLOTF3がある(かも?)、とシェリルが言ったとか。楽しみですね。観客もですが、出演したダンサーたちがこの舞台を愛してくれているところがうれしいです。「プォオオオオオオ」の大絶叫&リズムに合わせたノリノリの手拍子。あの一体感は、体験してしまうとくせになります。まさに「知ってしまった不幸」ですね。でも、こんな不幸なら、何度味わってもいい。それは、「氷艶」も同じです。

24日夜と言えば、ツイでも流れていましたが、メリル様開脚からの、大輔さん開脚→恥ずかしそうにジェイムズ先生に駆け寄る→自分でダメ出し、の流れが可愛すぎでした。さっきまであんなにかっこよく、色香さえ漂わせながら踊っていた人なのに。こういうところが大輔さんらしい。まあ、成人アスリートのくせに、上半身裸で、と言われて一晩悩むような純情な人ですからね。本当に「愛すべき人」です。

Re: 魂で踊る

えみりんさん

> ののまめさんのお気に入りはバナナ輔ですか。見たいですぅ~(*´∀`)

襦袢解禁のアデル輔や台輔も捨てがたいのですが、バナナ輔がうさん臭くて可愛いんですよ
ガールズダンサーとチアリーダーのように踊るんですけど、可愛いけれど男臭いというか
捌けていくところがまたよくて、シリアスなナンバーのなかポップなバナナ輔は印象に残ります
元気がないときとか見るといいプロかもね
15日の放送がたのしみですが、バナナ輔とかのお稽古風景みたいです。
ガールズダンサーたちとどう絡んでやってるのかとかね

> LOTFが終わって数日たちますが、留守番組の私はいまだに皆さんのお話や写真を見て、想像と妄想をふくらましております。

たぶん妄想族の上を行く今回のショー
台輔はよくぞ大ちゃんここまで大胆にやったなと、まわりの男性ダンサーたちも好き放題しているし
舞台やらダンスショーでここまで大胆に同性の性愛を表現したプログラムはあったかなと
同性愛をテーマにした舞台とかはたくさんあるけれど
腐女子でもおめめポーンな演出でした
けれどなんだか清潔感があるんですよね、本当にセックスそのものを表現している仕草だとか
大ちゃん自身自分の体を愛撫するかのような動きしてたけど
エロティックでもあるけど、どこかしら清潔感があって不思議な感じでした

> クリスティさんや他の方も言ってみえますが、同じ振り付けを踊っても大ちゃんだけ何か違うと……。
>
> その意見を耳にするたび、首がむち打ちになるくらい、激しく同意しております。

本当にちがうんですよ、目がいっちゃうんだけど、でも決して和をみださないというか
他のダンサーたちのダンスとなじんではまってるんですよ
ちょっと音をはずしてみたりとか、やっぱり耳がいいんだとはおもうんです

> 鼻息が荒くてすみません。私の周りに大ちゃんファンがいないので…、と言うよりもフィギュアファンがいないので、つばを飛ばして語り合える相手がおらず……(;_q)

鼻息ふんふんして語ってください
話せるものなら話倒したいんですけどね

Re: No title

茉莉花さん

> 私は24日夜公演を見に行きました。昨年は、公演3日目?とにかく、前半だったので、今年は後半の舞台が見たかったので。席も、今年はS席を取りました。おかげでフラメンコ登場のとき、それはそれは美麗な大輔さんを近くで拝むことができました。

今年は初日から完成度高かったみたいですよね
おかげで余計後半組の私はキャッキャ言っているみなさんのツイを見てはジレジレいたしましたが
S席上手はおいしい席ですよね。フラメンコ輔はほんと輝いてました衣装のせいもあるけど、それ以上に
投目でも大ちゃんのおしりの美しさがきわだっておりました。フラメンコの動きがおしりを美しくまた見せてて
・・いかんついプリケツを語ってしまう、でもフラメンコ輔の見どころの一つはおしりですね
>
> で、感想ですが、ダンサーも観客も熱くて、ほんとうに素晴らしい舞台でした。最初から叫びまくり、手拍子しまくりで、終わったらなぜか疲れてしまったという(笑)。でも、とっても楽しかったし、時間が許せばもう一度みたいなと思いました。なにしろ、1回では全てを見切ることができなかったので。どうしても大輔さんに目が行ってしまい、他のダンサーたちをよく見られなかったのがほんとうに残念です。

ですよね、大ちゃんを見たいけれどやっぱりダンサーも見たい、目がたりない目が足りないと思いながら見ていました。
来年は全公演通しで見られるようにお金ためたいです。

> 一緒に行った娘も大興奮。娘は大学時代、社交ダンスをやっていたので、ダンスを見る目は厳しいのですが、その娘も大輔さんの進化ぶりには心底驚いていました。プロの一流ダンサーに混じっても全く遜色なく、それどころか華やかな輝きを放つ髙橋大輔、マジで凄い!と。娘は大輔さんの足さばきが去年に比べて格段によくなったことと、動きが一層滑らかでしなやかになったことで、ダンスに余裕が感じられた、と言っていました。そして何より、スケーターたちも含めて、全員のダンスのレベルが半端なく高い!「言葉がなくても、優れた身体表現があれば、愛を語れる」ということを、改めて感じさせてもらいました。

昨年は陸にあがった人魚姫みたいに下半身がちょっとたどたどしかったですけど
今年はそれが全くなかったのでショーに没頭できました
でも去年の一生懸命陸に慣れよう動いているところも愛おしいんですけどね
今年はそういう意味でも完全にダンサーになりましたね
ただショーを純粋に楽しめたので

> ところで、楽でLOTF3がある(かも?)、とシェリルが言ったとか。楽しみですね。観客もですが、出演したダンサーたちがこの舞台を愛してくれているところがうれしいです。「プォオオオオオオ」の大絶叫&リズムに合わせたノリノリの手拍子。あの一体感は、体験してしまうとくせになります。まさに「知ってしまった不幸」ですね。でも、こんな不幸なら、何度味わってもいい。それは、「氷艶」も同じです。

そうそう、25日のマチネだったかな、シェリルがLOTF3楽しみにしててもいいかもみたいな感じのこと言ってましたね
確定ではないだろうけどある程度目処は立っているんじゃないでしょうか
アメリカツアーがどうなるかにもよるけれど、ところでアメリカツアーのスケジュールがよくわからないけれど、10月のイタリアでのアイスショーにメリチャリの出演が決まっているようだけど、メリチャリはアメリカツアーに出ないんでしょうかね
それともプロダンサーのみでLOTFをやるんでしょうか、どちらにしろシェリルには頑張って欲しいです
そして東京はLOTFのHOMEでもあるので、またHOMEの渋谷に戻って着て欲しいです。でもできれば大阪とかでもやってほしいな
大阪ののりはまた違うと思うし

> 24日夜と言えば、ツイでも流れていましたが、メリル様開脚からの、大輔さん開脚→恥ずかしそうにジェイムズ先生に駆け寄る→自分でダメ出し、の流れが可愛すぎでした。さっきまであんなにかっこよく、色香さえ漂わせながら踊っていた人なのに。こういうところが大輔さんらしい。まあ、成人アスリートのくせに、上半身裸で、と言われて一晩悩むような純情な人ですからね。本当に「愛すべき人」です。

チャーミングなんですよね、人として
LOTFはそんなチャーミング輔を思いっきり楽しめるショーなだけに梅雨時の風物詩になってほしいものです

2016と2017と

>メリチャリはアメリカツアーに出ないんでしょうかね

全米ツアーのサイトのダンサーのとこ、シェリルとメりチャリだけ名前がありますね。
大ちゃんは全米ツアーには出ないのか・・・
ほとんどが大ちゃんファンの渋谷のホールだけで踊っていて欲しくないなあ。
LOTF3予告は、もちろんうれしいけど。

>今回のショーで私が一番気に入ったのはバナナ輔!
胡散臭いけどエロ可愛くて、コメディちっくな振りもはまってて表現の幅の広さを見せてきました。

うんうん。おもしろパートかと油断してたのに、ドキドキしちゃったよ。


氷艶、LOTFとキラキラの大ちゃんがうれしくて、すっかりふぬけになっております。
1公演しか見れなくて、いつものことですが記憶は飛びまくり。
今回はSS席中央ブロックの中ほど、フラメンコ大ちゃんお通りに近い良いお席でした。
気付いた時にはもうすぐ近くに来ていて、振り向きざまに射るような視線にがっつりロックオンされた・・・気がしました。いつものやさしい茶色い瞳ではなくて、グレーがかった瞳の奥から光る強い目力。ゆっくり腕を振りかざしながら、見据えた視線は逸らしません。周辺一帯なぎ倒す威力でした。ただ、瞳に吸い込まれてたのでどんなポーズだったのかもよく覚えてません。しかもぷりけつチェックは忘れてました。なんてことだー。でもしょうがないです。あとは大ちゃんの背中のために余力を残ししておかないと。背中フェチなので。
前にののまめさんとこでトレーニング中の大ちゃんの背中の写真を見て以来、見たい~と思い続けていて。
氷艶のゲゲゲの舞でも、はためく衣の下にキレキレの背筋を感じとれたけど(透視?)まさか素を肉眼で見られるとは!
動かすときに背中に翼のような筋肉が浮かぶ、しなやかな背筋。背中で一冊写真集出してほしいです。
去年の初陸ダンスは羽化したての力漲る新しい羽のように感じたけど(それも美しかった)、今年のはペガサス級の翼でした。もうどこへでも飛べそうです。

「実験」は、すごい早さで終わっちゃいました。寝技が見づらい角度だったこともあって、みなさんの感想頼り(ありがたい)で映像待ち。早く見たいです。美女群と横並びする中で、大ちゃんがぴかイチのしなりを見せた部分を覚えてます。さらっとやってるんだけど、魔物か?ってくらいゾクッとした。
去年の、台上から降りない大ちゃんを延々と見呆けるトランス感もよかったな、とあらためて思ったり。
あと「薔薇園」も。大ちゃんにも薔薇くわえて踊って欲しいな、ガールズの一員として。あのパンチのきいたフェミニンに、艶やかさが増した薔薇園になりそうじゃないですか。
去年の初陸ダンスのドキドキ感、ショー全体のブラッシュアップ前の生々しいエロティックさやヒリヒリ感も、大切に覚えておこうと思います。映像で見るよりずっと大ちゃんは大きく輝いて見えたし、客席には全力でこのショーを受け止めようとする気合いが満ちてた。イメージで言うと、舞台と客席の間、1階席の上の2階3階席が囲む吹き抜けの空間に、ひし形のシャンパンゴールドの光のようなものを感じました。

今年は、さらに、でしたね。
新しいシェリルのダンスパートは思ってた力強いものと違って、包まれるような感覚でした。
昔、厳しかった母が一度だけ何も言わずにそっと抱いてくれたことがあって、ここにいていいんだと思った、その時のことを思い出した。
力強さもセクシーさも増してるのにスマートでかっこいい。愛があふれていて、ショー自体の包容力みたいなものも感じられる。
大ちゃんの進化もですが、ショーってこんな速さで成長していくものなのか、と思いました。

話が散らかってすみません。
前にコメント欄のほうであがってたけど、私もジャニーズではKinKi(剛くん)が好きで、コンサートや「SHOCK」に行ったことあります。全力キラキラでほとんど舞台に出ずっぱりで、光ちゃんファンはいいなあ、とか思ってました。
ソチ後に大ちゃん見にアイスショーに行くようになって、チケットはべらぼーに高いし大ちゃんが滑るのは数分。体感では一瞬。
でもその一瞬の光を追わずにはいられなかった。もちろん、ただリンクに立ってくれればいいってわけじゃなくて。
どうか消えないように願った光が、今力強く輝いているのがうれしいです。
リンクでもフロアでも、高橋大輔であってくれればいい。
LOTF2では出番も増えて、万華鏡のようなキラキラ大ちゃんが見られてうれしいです。
もっと出来るんでしょ、もっとやりたくなったでしょ、って去年も思ったけど、やっぱりもっと見たいです。
何度も繰り返し見たくなるって、ショーとして重要な要素ですよね。
1500回を超える公演数のSHOCKも、リピーター率が高いっていうし。

写真で見かけた、楽のカーテンコールの大ちゃんの充実感に満ちた表情が印象的でした。
きっとまたやってくれますよね。

Re: 2016と2017と

にゅっくさん

> 全米ツアーのサイトのダンサーのとこ、シェリルとメりチャリだけ名前がありますね。
> 大ちゃんは全米ツアーには出ないのか・・・
> ほとんどが大ちゃんファンの渋谷のホールだけで踊っていて欲しくないなあ。
> LOTF3予告は、もちろんうれしいけど。

メリチャリは確定か
大ちゃんゲストダンサーで数公演INとかあってもいいのにね


> 「実験」は、すごい早さで終わっちゃいました。寝技が見づらい角度だったこともあって、みなさんの感想頼り(ありがたい)で映像待ち。早く見たいです。美女群と横並びする中で、大ちゃんがぴかイチのしなりを見せた部分を覚えてます。さらっとやってるんだけど、魔物か?ってくらいゾクッとした。
> 去年の、台上から降りない大ちゃんを延々と見呆けるトランス感もよかったな、とあらためて思ったり。

みんなすごい動体視力ですよね
大ちゃん見てたらまわりのダンサーの動きとか詳細に覚えていることできないけれど
大ちゃんが男子ダンサーに弄ばれているシーンでは、大ちゃん自身自分の体を愛撫するような仕草をしてたりして、そこがまたスパイスになってたりとかね
腐女子用語でいえば「誘い受」っていうやつですね

> 去年の初陸ダンスのドキドキ感、ショー全体のブラッシュアップ前の生々しいエロティックさやヒリヒリ感も、大切に覚えておこうと思います。映像で見るよりずっと大ちゃんは大きく輝いて見えたし、客席には全力でこのショーを受け止めようとする気合いが満ちてた。イメージで言うと、舞台と客席の間、1階席の上の2階3階席が囲む吹き抜けの空間に、ひし形のシャンパンゴールドの光のようなものを感じました。
>
> 今年は、さらに、でしたね。
> 新しいシェリルのダンスパートは思ってた力強いものと違って、包まれるような感覚でした。
> 昔、厳しかった母が一度だけ何も言わずにそっと抱いてくれたことがあって、ここにいていいんだと思った、その時のことを思い出した。

母性的な愛情があのプログラムにはありましたね
それもあってかもしれいけど・・・いや違うな、開演してから会場中やわらかい空気がただよってたから、にゅっくさんがいうシャンパンゴールドの光というのはそれかもしれないですね
母性といえば、2013年のNHK杯の会場もそんな感じでしたが、あの時は見守るという受動的な母性愛だったように思いますが、今回はいつでも受け止めたるデーみたいな母ちゃん的母性愛が漂っていたように思いますね。

No title

ののまめさんに甘えてちょっと違う話ですが。ごめんなさい。

LOTFに比べて氷艶の露出が少ないんじゃないかと言われておりますね。
現在、色々な分野の公演がたくさん行われています。
その中で、メディア、特にテレビで取り上げられる公演はほんのほんのひと握り。
染五郎さんが色々となさっているのも知らなかったし、昨日偶然、萬斎さんも色々試みに挑戦してるテレビを見て、今まで具体的には気づかなかったなと思いました。
まあ、放送されるだけでも大したものなのかもしれないと考えてもいました。
LOTFの場合は、TBSがかなり力を入れているようでしたしね。
そんなものかなという気もしておりました。


ここへきて、スケ連が現役選手をプッシュして、引退組によって選手が霞むことがないように、テレビ出演、インタ等では必ず現役の推し選手の名を入れる事、フィギュア誌では現役選手を大きく取り上げる事、などの注文(脅しともいう)を付けているのではという話が出てきました。
はー、なるほど、そういうこともあるかなと。
XOIも宣伝できませんでしたよね。
現在、日本選手も外国選手も、空前の日本のフィギュアブームの人気を担った選手のほとんどが引退してしまいました。
そして、その元選手たちへのファンの思い入れが予想外に強い状況になってきています。
プロになってさらに輝きを増し、見事なスケートを魅せるスケーターもいてアイスレジェンドなど観てしまうと、ワールドですら、ILと比べると、大人と子供に感じます。
さしてフィギュアファンではない人が見てもそう感じるようです。

逆転現象が起きつつあるのかな?と。
大ちゃんファンが潮を引くように少なくなって行き、現役選手に注目が集まるはずと高を括っていたのではないでしょうか。
ところが引くどころか、NYへ行ってもじっと待っているし、帰ってくれば、本人華に磨きがかかって増々…ということに。
目の上のたんこぶがいなくなるどころか、より大きな存在になりつつある。
真央ちゃんも引退しちゃったし、この流れ、ちょっとどうなっていくか、油断せずに見て行こうと思います。

もう、大ちゃんや真央ちゃんが嫌な思いを少しでもすることが無いようにと。

Re: No title

まりえさん

> ののまめさんに甘えてちょっと違う話ですが。ごめんなさい。
>
> LOTFに比べて氷艶の露出が少ないんじゃないかと言われておりますね。
> 現在、色々な分野の公演がたくさん行われています。
> その中で、メディア、特にテレビで取り上げられる公演はほんのほんのひと握り。
> 染五郎さんが色々となさっているのも知らなかったし、昨日偶然、萬斎さんも色々試みに挑戦してるテレビを見て、今まで具体的には気づかなかったなと思いました。
> まあ、放送されるだけでも大したものなのかもしれないと考えてもいました。
> LOTFの場合は、TBSがかなり力を入れているようでしたしね。
> そんなものかなという気もしておりました。

私はファンとしては世間にアピールもっともっととは思うけれど
普通の舞台の露出と比べるとむしろ露出してたほうではないかなくらいには思っているんですけどね
染五郎さんもバラエティに出てたし
芸能関係であれば松竹という会社がバックにあるわけで広報については効率のよい広報の仕方をしているんじゃないでしょうか
むやみやたらと広告うってもお金がとんでいきますしね
次回あったらもっと大体的にアピールはするんじゃないでしょうか
LOTFみたいにね
今回氷艶にあわせてJR線沿線でLOTFのポスターを掲示したり、原宿駅でもどーんとはられてましたけど
LOTFのほうが力はいってましたね。
あちらな本公演のみならずCS契約者数を増やすことにもなるし
去年かなり契約者を増やしたことが実績になったのも大きいですよね


> ここへきて、スケ連が現役選手をプッシュして、引退組によって選手が霞むことがないように、テレビ出演、インタ等では必ず現役の推し選手の名を入れる事、フィギュア誌では現役選手を大きく取り上げる事、などの注文(脅しともいう)を付けているのではという話が出てきました。
> はー、なるほど、そういうこともあるかなと。

そういう事があるかはどうかはさだかではないけれど、でもそう思わされる事象を見てきているだけにさもあらんとも思ってしまいますね。
できることならジャッジをやっている人達はスケ連の主要役職からははずして、別手当をちゃんと出したほうがいいかもしれないですね。ジャッジやってる人が渉外やら広報をやるっていうのはあきらかにフェアではないと思うので
今はジャッジやテクニカルをやってる人が広報についているかはわかりませんけど

> XOIも宣伝できませんでしたよね。

大量のチラシとかね
でも広報しなくてもショーにはお客がはいっているし、放送したテレ東にはスポンサー料もきっちりはいって黒字だったわけなので少ない費用で成果を出したというのは、営業側からするとおいしいコンテンツでしょうね
ファンとしては、ファンだけでなくもっと一般の人にも伝えてと思うけれど
ただ、思いの外伝わっているような気がしないでもないんですけどね
ただ今後これが続くかどうかとはおもいます


> 逆転現象が起きつつあるのかな?と。
> 大ちゃんファンが潮を引くように少なくなって行き、現役選手に注目が集まるはずと高を括っていたのではないでしょうか。
> ところが引くどころか、NYへ行ってもじっと待っているし、帰ってくれば、本人華に磨きがかかって増々…ということに。
> 目の上のたんこぶがいなくなるどころか、より大きな存在になりつつある。
> 真央ちゃんも引退しちゃったし、この流れ、ちょっとどうなっていくか、油断せずに見て行こうと思います。
>
> もう、大ちゃんや真央ちゃんが嫌な思いを少しでもすることが無いようにと。

大ちゃんファンは本当のスケヲタと言える人が多いので、その人達をないがしろにした罪は思いのではないかなと
私はスケオタとシャレでは自分でいいますけど、年季が違うスケオタの大ちゃんファンは本当に多いというのはショーや試合会場で話をするとよくわかるんですよね。
テクニカルの事についても、知ったかぶりではなく本当に積み重ねで知っているし、過去活躍した選手や、それほど有名ではなかった選手の話もできたし。本当にフィギュアスケートがスキという人が多いのが大ちゃんファンだったと思うんだけど
もちろんみんながみんな波を引くようにフィギュアから離れつつあるというわけではないけど、フィギュアにかけるファンの熱意は少しばかり落ちてきてはいるかもしれないですね
NHK杯とかダンスやペアの客席のガラガラなのを見るとスケオタの人達も無理にチケットをとってまで行こうとは思っていないんだなと・・・いやあのファンの人達がやたらといい席取れているのがなぞなんですよね。空席がごそっとあって男子の時だけうまるという
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR