アスリートだからわかる大ちゃんの偉大さ

国別が近づいてきたのでフィギュア情報も流れてまいりましたね。
本日はBS朝日のSPORTX 国別の事前番組でしたが、司会が元ヤクルトの古田さん、そしてアイドル、そしていろんな意味で見ていて複雑な気持ちになる岡部さん。岡部さんここのところこの手の番組のゲスト出演続いてますね。
この番組を見て思ったことだけど、大ちゃんの紹介のところで古田さんが、前十字靭帯を怪我してたった1年で復帰したということがどれくらい大変なことなのか説明してくれたけど、本当にこういう番組にアスリートがいるって一番いいんじゃないかなと思う。
昨年ゆづが好成績を出して、世代交代をあおる報道が多かったけれど、そんな時常に大ちゃんの立場をおもんばかるコメントをしていたのが、元バドミントン選手の陣内さんと、熱血しじみ漁師・・・ちがった、元テニスプレーヤーの松岡修造氏。
陣内さんは不調に苦しむ大ちゃんに対して、競技生活のなかで練習をしてもなかなか結果にでない時期もありますと、大ちゃんの時代が終わったかのような報道が続くなか、そういう時期なのだという意味で発言されたことは、用意された原稿を読んでるアナウンサーや、編集されたビデオを見て感想を言うコメンテーターの言葉よりも、世界を見て世界と戦った経験がある陣内さんだからこそ意味ある言葉だなと思った。
そして、松岡氏も、大ちゃんよりも小塚選手やゆづのほうがシニアにあがって早く表彰台にあがったことをあげ世代交代をあおる報道のしかたに対して、高橋大輔が道をつくったからこそ彼らが早く表彰台に上がれたのだ言っていたけれど、本当だよと思った。
世界を見たアスリート達が、マスコミの世代交代をあおる報道に関して、いかに高橋大輔がすごい事をしてきているのかということを、発言してくれていることがファンとしてもとてもうれしいし、たぶん大ちゃんが一番うれしいんじゃないかなと思う。
私もここで何度か書いてるけど、私も損傷程度だけど前十字を痛めたので大ちゃんのやっている事の凄さというのは本当によくわかる。
私が痛めたのは一昨年だったけど、ここ1.2か月かなやっと階段とか膝を意識せずに上り下りができるようになってきた。でも、合わない靴とか履いた日には、すぐ膝に違和感を感じたり、ふくらはぎが張ってしまったりして普通に戻るまでに数日はかかる。正座もできるけど、したあとに大丈夫大丈夫と膝に負担がかかってないことを気にしたりしているので、気にしてるってことはやっぱりまだどこか違和感があるし、履く靴もやっぱりヒールの靴はさける傾向にある。以前は8センチヒールとかだって平気で履いてたのに。
大ちゃんも大丈夫なのかなと思ってはいたけど、インタビューでやっぱり膝が痛い時があると言っていたからやっぱりそうだよねと思うのだ。
なんとかソチまで膝は耐えてほしいなと思う。それとともに省エネ安全ジャンプの完成。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

私ね、前から松岡さんの熱さが、わりと好きだったけど、このコメントで、より好きになったんだ。「もっと言って!」と思った大輔ファンは多いと思う。私の友人でソフトのキャチッャーやってた人がいるけど、膝がどんだけ大切か、怪我すると、どんだけ後に響くか、よく言ってるもん。大ちゃんの膝、本当に頑張ってほしいね。

2. Re:無題

>なおさん
昨年の世代交代をやたらあおる報道が多いときに、アスリートたちがこぞって大ちゃんの業績を語ってくれたのはうれしかったですよね。古田さんのも。結構フィギュアは女子ばっかだから大ちゃんのほうはそれほど見てないかなと思ってたら、アナウンサーよりもアスリート達が見ているんだなと。アスリート同士だから黙っていられなかったのかもね。国別では修造氏にはがんばっていただきたい。一番いいレポすると思う、視点がアスリート視点だから。フジの国分と女子アナはいらないと思うわ。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR