氷艶every特番

氷艶特番。
今までのアイスショーとはやはり一味ちがう感じですね
練習も普通のアイスショーだと数日で本番という感じなのでそれと比べるとどれほどの練習時間が必要なのかと
多分そろそろ衣装をつけての練習もしているかもしれないし
あれだけの重さがありそうな衣装だと体が振り回されちゃいそうだから直しもはいるだろうし
どんなになるのか楽しみになってきました。
それと番組中に大ちゃんが日舞を習うシーンもありましたけれど、初めてのお稽古で姿勢がそれなりに決まっているのは流石だなと思いました。
何年か前に書いたかと思うけれど、日舞をやっている友人が大ちゃんのスケートを見て、腰を自然に落とすことができるから日本舞踊やってもいいとこいくかもみたいな事を話してくれたことがあったんですど、まさにそんな感じでしたね。
先生ももっといろんな事ができるかもと大ちゃんの動きを見ておっしゃっていたけれど、もっと仕込んでやってとテレビ前で思っておりました。
肩もちゃんと落ちてたし、女形のほうもいけるんじゃないかなとすら。
お辞儀もお稽古前と後では違ってましたしね。
いろんな世界の人にいじくり回していただいて舞踏家高橋大輔が見られるのもそう遠い未来でないような気がしてきました。
あとは染五郎さんが、大ちゃんの演技について、上品な柔らかさがあるというような事をおっしゃっていたけれど、その言葉がうれしいですね。
大ちゃんの現役から今に至るプログラムは一歩表現の方法をまちがうと下品だったり単なるエロな感じになってしまう可能性があるけれど、そういうきわどいプログラムを作品に仕上げられるのは常に上品さがどこかに隠されているからだと思う。
15歳くらいの大ちゃんの演技を初めて見た時、この子は海外でそれなりの教育環境のなか育った子かなと思っていたんだけど、その後地方都市育ちで特別に欧米的な教育を受けたわけでもないというのを知って、今時の日本人の子でこんなエレガントな所作や表現ができる子がいるんだと驚いた記憶がある。
その後数年あいて大ちゃんがシニアにあがった頃には、チャラくなってたんでなんでそうなると思ったけど。
それでもチャラくても演技のエレガントさは変わらずだったので、見た目のチャラさとのギャップに気になる選手の一人として常に気になる存在にはなっていたんだけど。
チャラくなろうとも、身についたエレガントさや上品さというのは学んでどうなるもわけでもないのでそれも才能の一つかなと思うけれど、やはり見る人が見ても大ちゃんがもつ独自の上品さというのは見逃せない才能のひとつでしょうね。

今回の特番前半は、everyなんでしかたがありません。
ドキュメンタリーは脚本ありきで作っているプロデューサーですから。
でもどこの局でも言えることだけど、自分たちの都合のいいように作ってるドキュメンタリー番組多すぎですよね。

今回の特番は大ちゃんをメインにした作りでしたけど、できることなら歌舞伎チームのほうのドキュメンタリーも見てみたいものです。
染五郎さん視点のとか。
あと歌舞伎チームのスケート特訓とか。
氷艶2時間特番とかあったらいいのに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

取り急ぎ

もうご存知とは思うけど、氷艶公式によると特番にスペシャルインタビューを追加した番組がCSで放送されるそうです。
2時間とはいかないみたいだけどちょっと嬉しいかも。
この勢いでショーの放送も期待したいですわ。

明日(というかもう今日だけど)早めに出掛けるので、落ち着いてからまたお邪魔させていただきます。

No title

こんばんは。
特番前半はいつものごとくどうしてありのまま伝えることが出来ないのかと腹立たしかったです。
結局現役時に密着してた頃となんら変わりのない、どこかの思惑有りきな残念さでした。
ぜろで改めて特集してくれないかなと、又吉さんも執筆の裏側というのが放送予定になっていたので氷艶密着がないかなとちょっと期待してます。
ぜろなら誠実な放送をしてくれると思うので。

大輔君をちゃんと評価してくださって、彼の引き出しがどんどん増えていくのが嬉しいですし、多少ハードルを高く設定すればするほど彼のまだ見ぬ能力が引き出してもらえてるような気がします。
昨年のLOTFのレッスンでホントにどうなるんだろうって思いましたが、いざ公演が始まるとあの密着での様子が嘘のようでしたし、貝になりたいって言ってた人と同一人物とは思えませんでしたから難しい宿題を課した方が伸びるし、それ以上の事をやってしまう人だなあと。

CSで未公開含めた30日の放送が決まったようですね。
地上波を見られない私にはありがたいです。

日舞のお稽古見て「藤娘」、やはりどこかで見たいわと思ってしまいました。

氷艶もうすぐですね。

ののまめさま、こんにちは。
everyの特集は、染五郎さんの最後の言葉と日本舞踊の先生の言葉だけで幸せ一杯な気持ちになれました。

なによりも、染五郎さんの大ちゃんに対する言葉が涙が出るほど嬉しいですね。大げさでなく……。

「自分から立ち向かう強さと上品な柔らかさを備えもつ。すなわちそれは高橋大輔そのもの」

全く同感です。
大ちゃんご自身は自分のことを「強い」と認めていないようですが、周囲は大ちゃんに強さを感じるんですね。

確か、賢二先生が大ちゃんのことを「感覚の人」というような事をおっしゃっていたと思いますが、染五郎さんに殺陣を習ってる時も日本舞踊を習ってる時も、大ちゃんは構えたところもなく、飾ったところもなく、本当に素のままで先生方に習ってる大ちゃんの様子が、また可愛らしくもあり、尊敬してしまうところでもありました。

それでも先生方には「高橋大輔はやれる」と思って頂けるのは、やっぱり大ちゃんは本物なのかなと思います。

大ちゃんが現役時代には、私の中の上位3人と実際の結果が明らかに違ってきたあたりから、ものすごいストレスで、出た結果にそのまま世間の評価も踊っているのが不思議で不愉快でたまりませんでしたし、

大ちゃんが引退した時は私は本当に寂しい気持ちになりましたが、シェリルバークさんとのLOTFのW主演も、染五郎さんとの歌舞伎オンアイスも、大ちゃんの本当の能力を評価されてのことだと思うと、正しく評価を受ける場所で大ちゃんの能力を発揮するのが一番だなと思うようになりました。

なんと言っても、その道を極めた方々に評価して頂けるなんて、たかがファンの端くれですけど嬉しいです。

日本舞踊の先生が大ちゃんに「何かもっといろんな事ができそう」とおっしゃってましたが、この言葉も非常に嬉しいですね。

是非、大ちゃんにはもっと、大ちゃんにならできるであろう歌舞伎の振り付けをして頂いて、それを見て感動したいです。

ののまめさま!
貧乏なわたくしではございますが、電車と高速バスを乗り継いで氷艶を見に行きます!楽しみでなりませぬ。うぷぷぷぷ(///∇///)

それから、話がずれて恐縮ですが、
私は今、現役選手の中ではネイサンチェン選手と昌磨を応援していますが、

昌磨が来季もトゥーランドットとビバルディの冬を選んだというニュースを読みました。たぶん今回も振り付けは樋口先生がされるのかと思いますが、

私としては、カメレンゴさんとかシェーリンボーンさんとかに振り付けてもらって、今までと違う昌磨を見てみたいと思ってしまいますが、ののまめさんはどう分析されますか?

長々とごめんなさい。

Re: 取り急ぎ

十六夜さん

> もうご存知とは思うけど、氷艶公式によると特番にスペシャルインタビューを追加した番組がCSで放送されるそうです。
> 2時間とはいかないみたいだけどちょっと嬉しいかも。
> この勢いでショーの放送も期待したいですわ。

5月はしばらく大ちゃん情報は出ないかと思ってたんですけど、日テレCSで特番やってもらえるんですね
見てきたら90分特番だからもっと中身が濃いものをみせてもらえるのかもしれないですね。
情報が出てくるたびに、もう1公演行くかとか考えちゃうんですよね
でも氷艶2017となっているあたり、うなくいけば歌舞伎とフィギュアのコラボは続くかもしれないですね。

Re: No title

桜もちさん

> 特番前半はいつものごとくどうしてありのまま伝えることが出来ないのかと腹立たしかったです。
> 結局現役時に密着してた頃となんら変わりのない、どこかの思惑有りきな残念さでした。

日テレでフィギュアがかかわるとプロデューサーはAB澤さんのチームになっちゃうんでしょうね。
ZEROでもそうだったし。

> ぜろで改めて特集してくれないかなと、又吉さんも執筆の裏側というのが放送予定になっていたので氷艶密着がないかなとちょっと期待してます。

そうなんですよね、ZEROで氷艶の舞台裏やって欲しいですね。
これだけ大掛かりなショーはそうそうないので、演じる側からのレポも面白いとおもうんですけどね

> ぜろなら誠実な放送をしてくれると思うので。

ZEROもフィギュア関わるとあの人ですよ、多分
ただZEROのメインスタッフが大ちゃんをプッシュしてくれているから、everyみたいなことはないと思うけど

> 日舞のお稽古見て「藤娘」、やはりどこかで見たいわと思ってしまいました。

見たいですよね。
結構可憐な藤娘になるんじゃないかと思うんですけどね。

Re: 氷艶もうすぐですね。

えみりんさん

> 全く同感です。
> 大ちゃんご自身は自分のことを「強い」と認めていないようですが、周囲は大ちゃんに強さを感じるんですね。

大ちゃんの強さというのは、風が吹けばその風に身を任せでも足はしっかり地についている柳のような感じがありますね
相変わらず自己評価がひくすぎると思うし、大ちゃんの言葉をそのまま鵜呑みにするマスコミもいますけど、できるだけ広い世界の人たちと関わって、フィギュア界のみならず日本の芸能界や芸能人もやったことのない道を作って行って欲しいなと思っています。

> 確か、賢二先生が大ちゃんのことを「感覚の人」というような事をおっしゃっていたと思いますが、染五郎さんに殺陣を習ってる時も日本舞踊を習ってる時も、大ちゃんは構えたところもなく、飾ったところもなく、本当に素のままで先生方に習ってる大ちゃんの様子が、また可愛らしくもあり、尊敬してしまうところでもありました。

まるで子供がおもちゃの刀をもらって無邪気に喜んでいるような顔をしていましたよね。
ああいうところが可愛いところですよね。
その後お稽古をつけてもらうたびに、形がしっかり決まりだしているあたりやはり表現の世界にいた人なのでしょうね。

> なんと言っても、その道を極めた方々に評価して頂けるなんて、たかがファンの端くれですけど嬉しいです。
>
> 日本舞踊の先生が大ちゃんに「何かもっといろんな事ができそう」とおっしゃってましたが、この言葉も非常に嬉しいですね。
>
> 是非、大ちゃんにはもっと、大ちゃんにならできるであろう歌舞伎の振り付けをして頂いて、それを見て感動したいです。

もっといろいろ仕込んでやってーと思ってしまいましたよね。
今度は陸で日舞に挑戦とかないでしょうかね。
シェリルがセレブをダンサーにするリアリティ番組ダンシング・ウィズ・ザ・スターズから、LOTFができたように
歌舞伎界がセレブを日舞を仕込むというリアリティショーがあってもいいんじゃないかなと


> 昌磨が来季もトゥーランドットとビバルディの冬を選んだというニュースを読みました。たぶん今回も振り付けは樋口先生がされるのかと思いますが、
>
> 私としては、カメレンゴさんとかシェーリンボーンさんとかに振り付けてもらって、今までと違う昌磨を見てみたいと思ってしまいますが、ののまめさんはどう分析されますか?

昌磨がトゥーランドットをフリーに決めたと聞いて、本気で金メダル取りに行くつもりだなと覚悟がわかりました。
オリンピックにぴったりな曲ですし、なによりもシニア1年目であれだけ仕上げてきたので、新シーズンたのしみです。
以前と同じポール・ポッツ版でいくのか、それとも他の歌手にするのか
1年ねポール・ポッツ版のトゥーランドットで正解だったと思うんですよね美穂子先生のチョイス凄いなって
重鎮歌手のだと少年ぽい昌磨にはちょっと重すぎるだろうし曲負けしちゃうかもと思っていたので
新シーズンは誰が歌うネッスンドルマを選ぶのか気になります。
振付も変えるみたいだし
お衣装もきっとかわるでしょうね。
ピーターパンみたいな緑の衣装可愛かったけど
どうなるかいろいろ楽しみです。
ネイサンもどういう選曲してくるでしょうかね。持ち越しでもいいような気がするんだけど
あとはパトリックもどんな曲を選んでくるか


ntvはUSM御用達ですがあくまで荒川さんしょうまくん贔屓なだけなんですよね
同じ事務所なのになんで大輔さんだけネガ報道させるんですかね?

Re: タイトルなし

まりおさん

> ntvはUSM御用達ですがあくまで荒川さんしょうまくん贔屓なだけなんですよね
> 同じ事務所なのになんで大輔さんだけネガ報道させるんですかね?

日テレすべてが大ちゃん下げというわけではないと思います。
事実ZEROなどではかなり大ちゃんは大切に扱ってもらっていると思うし
ZEROの企画を見ても普通のタレントでは任されない仕事や
アーティストとも絡んでいるので、むしろフィギュア関係くらいじゃないでしょうか
ただ昌磨くんに関してもそれほど贔屓されているという感じでもないと思うんですけどね
活躍のわりには報道がまだ少ないのではと私は感じているくらいですが
ただ今後スケ連やそれに関わる人達のパワーバランスによって昌磨くんも必要以上のネガティブな
報道をされるかもしれません。


もうひとつコメントを頂いていますが、HNを変えられてもブログ管理者には同一人物と
わかってしまいます。あえてHNを変えてのコメントの意味はどう受け取ればいいのでしょうか?
全く関係のないスパムコメント以外はアップしていますが
今回まりおさん自身あえてHNを変えて、書き方もかえてコメントくださっていますが
ご自身のなかでも消化しきれない部分があって別人としてコメントしたのではないでしょうか?

ご存知かわかりませんが、過去私のブログでは表でも裏でも某選手ファンの方たちにアタックを結構かけられていたもので
私のブログにはそれなりの対応はしているため、かなりの精度で個別識別ができています。

日テレというか特にeveryでのフィギュア担当は正直何を考えて番組を作っているのか見ているほうは
困惑するしかありません。
ただ日テレとフィギュア番として契約しているのがそこの制作会社のみなのだろうなとは思います。
多分つながりは結構前からでしょうね。
スケ連ひいては某選手の監督
某監督に関しては荒川さん金メダル当時の監督でもあったしで
そう考えるとおのずと日テレのフィギュア報道は偏りができるのは否めないんじゃないでしょうか?

決して大ちゃんの事務所の対応が100%いいとは思いませんが、大ちゃんと事務所の関係は
事務所が力を持って大ちゃんをコントロールしているという力関係ではないように思います。
もし大ちゃんが事務所のマネージメントに不満があるようだったら契約が切れたらIMGに戻ってもいいだろうし
今であれば大手の芸能事務所に変わることも可能だと思うので
事務所云々でなく、歌子先生もマネージャーについては大ちゃんのお手本となる仕事ぶりで
近くにそういう人がいることが大ちゃんのためにもなるというような事を話していらしたし
ファンよりもより身近にいて、大ちゃんのみならずスタッフも見ている先生がそう言うのだから
大丈夫ではないでしょうか?

荒川さんに関しては、私は彼女はそれほど器用に立ち回れる人とは思っていません。
副会長になったことも彼女が望んだわけではなく、そうせざる負えない状況だったから引き受けた
と思っています。
金メダリストという肩書は、ある意味では手持ちの駒にされることもあるのだ感じています。

荒川さんは、少々お口が悪いというか、大ちゃんに対しては身内意識が強いので上から目線だったり
自分視点で大ちゃんに意見をするので、もうちょっと大ちゃんの立場にたって話をしてみればいいのに
と思うことも多々ありますが、基本筋肉脳の体育会系です。
彼女のSNS見たらわかるとは思いますが。
ある意味ではというか、かなり運のいい人でしょうね。そんな程度に私は彼女の事を思っています。

いろんな意見もあってしかりで、スパム以外はどんなコメントもあげていますが
あえて同じ大ちゃんファンとして今回はもう一個のコメントはあげるのをやめました。
もしあなたがHNを変えずにコメントをくださっていたらあげましたけど。
HNを変えたということは、どこかしら後ろめたい気持ちもあったと判断したので。

No title

こんにちは。特番を見て、多くの人が、染五郎さんの最後のコメント「高橋さんそのもの」によろこんでらっしゃいますね!私もそのひとり。それ以上に、本当にこれ、すごいことだなと。歌舞伎界を代表する役者さんからこのように言ってもらえるなんて。また、私は、染五郎さん、やっぱりよく見ているんだなと。だって、義経と大輔くん、似てますよ。期待されて、期待されていることを喜びにして、とてつもない戦いに挑み、大きな貢献をした。なのに、そのカリスマ性ゆえに一転疎まれて追われる立場になり、追われ追われて・・・。そっくりじゃないですか。彼以上に義経の気持ちがわかる人なんているのかなというくらい。だってひどかったですよね、ソチ前後。とくに後。なんでこんなにまでって。一般の人たちだって、ひどいと思ってますよ。うちの息子ですら、よっぽどじゃまなんだねっていってたほどです。染五郎さん、そういうことも、すべて見ていて、全部わかっていて、義経をだいちゃんに、って思ったんじゃないかな・・・妄想ですかね。あの逆風が吹く中、引退となった時すらも、大輔くん、周りにはいつも笑顔でしたね。どんなに辛いだろうと思いながら、同時に、なんてすごい人なんだろうと、驚きもして。何があろうと、心までは負けない、大輔くんはそんなしなやかな強さのある人ですよね。

Re: No title

spirngさん

> 彼以上に義経の気持ちがわかる人なんているのかなというくらい。だってひどかったですよね、ソチ前後。とくに後。なんでこんなにまでって。一般の人たちだって、ひどいと思ってますよ。うちの息子ですら、よっぽどじゃまなんだねっていってたほどです。染五郎さん、そういうことも、すべて見ていて、全部わかっていて、義経をだいちゃんに、って思ったんじゃないかな・・・妄想ですかね。あの逆風が吹く中、引退となった時すらも、大輔くん、周りにはいつも笑顔でしたね。どんなに辛いだろうと思いながら、同時に、なんてすごい人なんだろうと、驚きもして。何があろうと、心までは負けない、大輔くんはそんなしなやかな強さのある人ですよね。

判官贔屓という言葉はたしかに大ちゃんに通じますよね。
springさんがおっしゃるとおり、大ちゃんに判官贔屓で染五郎さんが義経を選んだかもしれませんね。
大ちゃんファンでなくてもオリンピック直前のゴースト事件だとか、ショー直前の画像のこととか、あまりにもえげつないタイミングでのリークでしたからもうね。
ただ大ちゃんよく耐えたと思うし、多分男性のほうがよくぞ耐えたと思う人が多かったんじゃないかなと、当時職場で男性社員が大ちゃんの対応について男を上げたみたいに言ってたので
大ちゃんはいろんな人引っ掛けてきては、なんとかしてやらねばという気にさせてしまうんですよね。
今回は歌舞伎界との繋がりができたし、ミュージカル界も手招いているからなんかあるかも、いや多分あるかも
更に海外もあるかもあるかもだし
どんな時でもかならず出てきて自分の言葉で語り納得させるというのは本当に凄い精神力だと思います。
氷艶愉しみ。

No title

こんばんは。
いよいよですね。世界初の歌舞伎とフィギュアスケートのコラボ。
ワクワクドキドキとどんなものがこの目に飛び込んでくるのか楽しみで仕方ありません。

ところで応援の仕方ですがののまめさんの考えをぜひお聞きしたいのです。
歌舞伎といえばかけ声、大向こうがつきものですが、大輔君は義経として物語の中で滑るのでアイスショーのように「大ちゃ~ん」と本名が呼ばれる事は現実に引き戻されそうで、出来たらそういう声はない方がいいなと思っているのですが、でもアイスショーでもあるのでそれがダメというわけではないんですよね、たぶん。
応援バナーもアイスショーなら大輔君のが圧倒的に多くても気にならないのですが、沢山の大輔バナーが振られたら歌舞伎役者さんに悪いなって思ったりもして、どうなんでしょうね。
私としては芝居の観劇スタンスで観るつもりではあるのですが。
LOTFはタオルをはじめ応援グッズのご利用は、他のお客様の鑑賞の妨げになりますのでご遠慮くださいとか観る上での注意事項がHPに記載されてますが氷艶は特にないようですし。
世界初の試みは観客の様子や雰囲気もどんな感じなのか想像出来ませんね。
チラホラ聞こえてくる進行状況は期待がググッと上がり、特に突然のえぶりでの氷上リハは刀を持ってあのスピードでの殺陣を見て、持つだけでも落っことしてた人と同一人物とは思えないほどカッコ良かったです。
間違いなく彼の代表作の1つになりそうです。

Re: No title

桜もちさん

> ところで応援の仕方ですがののまめさんの考えをぜひお聞きしたいのです。
> 歌舞伎といえばかけ声、大向こうがつきものですが、大輔君は義経として物語の中で滑るのでアイスショーのように「大ちゃ~ん」と本名が呼ばれる事は現実に引き戻されそうで、出来たらそういう声はない方がいいなと思っているのですが、でもアイスショーでもあるのでそれがダメというわけではないんですよね、たぶん。
> 応援バナーもアイスショーなら大輔君のが圧倒的に多くても気にならないのですが、沢山の大輔バナーが振られたら歌舞伎役者さんに悪いなって思ったりもして、どうなんでしょうね。
> 私としては芝居の観劇スタンスで観るつもりではあるのですが。
> LOTFはタオルをはじめ応援グッズのご利用は、他のお客様の鑑賞の妨げになりますのでご遠慮くださいとか観る上での注意事項がHPに記載されてますが氷艶は特にないようですし。
> 世界初の試みは観客の様子や雰囲気もどんな感じなのか想像出来ませんね。
> チラホラ聞こえてくる進行状況は期待がググッと上がり、特に突然のえぶりでの氷上リハは刀を持ってあのスピードでの殺陣を見て、持つだけでも落っことしてた人と同一人物とは思えないほどカッコ良かったです。
> 間違いなく彼の代表作の1つになりそうです。

大向うは歌舞伎ファンでも、決まった人がほとんどで、女性が声掛けいていることもあるけれど絶対だめってことはないけれど、歌舞伎風の応援は歌舞伎ファンにまかせ、私達は私達のやり方で応援すればいいんではないでしょうか
LOTFは客席の作りもあるのでバナータオルというのはほかの人に邪魔になると思うけれど、今回は代々木ですから
スケオタならではの応援をすればいいんじゃないでしょうか、歌舞伎の人達や他の演者にも
だいちゃーんという掛け声は、現地にいって演目を見ない限りどのタイミングでというのはむずかしいでしょうね
その間合いを読むのに長けているのは大ちゃんファンなので、それも見どころと私は思ってます。
正直なところ大ちゃんファンんて応援をするのもショーアップのひとつと思っているところがあると思うので
歌舞伎はそもそもかぶいてなんぼですから、本公演とは違う今回こそ、いろんな形で応援すればいいんじゃないかと思うのですけれどね。
観客も愉しめばいいと思うので、私はアンコールの客席も結構楽しみにしています。
歌舞伎にフィギュアにダンサーに演奏にともうありますから、どうなるかなーって。

お返事ありがとうございます。

なるほど。そうですね。
応援も回を重ねるごとに進化しそうですね。
私もそれを楽しみます。
歌舞伎座で初めて生の掛け声を聞いた時はその迫力に圧倒されました。
掛け声をかけ慣れている方に大輔君を呼んでほしいなと思ったりしてます。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR