おまえら馬鹿だろと言われるような話を深夜4時間にわたってした昨夜

今週はとにかく疲れすぎた1週間。もう今日は早寝しないと体がもたないと思っていたけど大ちゃんの話ができるとなれば夜更かししちゃいました。
気が付いたら早朝4時・・・。よくぞ大ちゃん話につきあってくれた。
最初は大ちゃんの話でもなんでもなくて、イケメンおたくのPたんが、マウスをいじってると腕が痛いなどと言っていたので、マウスパッドで手首をホールドできるようなやつを使うと多少腕の負担減るかもという話から、おっぱいマウスパッドの話になり、ぷりけつマウスパッドの話になった。
おっぱいマウスパッドというのは、マウスパッドに女の子キャラのイラストが入っていて、おっぱい部分が盛り上がっているという代物である。
実は以前私もPたんと同じく、大ちゃんの動画をクリッククリックしまくっていたら、腕が腱鞘炎のようになって痛くなってしまったことがあり、その時手首を固定するマウスパッドをいろいろ物色していたのだけれど、とあるところで、おっぱいマウスパッドが売っており、テスターもおいてあったので試してみたところ、いろんなメーカーが出しているマウスパッドよりも、手首がしっくりおっぱいにホールドされ、それはそれはいい塩梅だったのだけど、おっぱいマウスパッドを買う勇気はなくその時は泣く泣くあきらめたのである。ちなみにおっぱいマウスパッドは巨乳のほうが手首のホールド感はよかった。
そんなことを話していたら、オトメンKたんが、プリケツマウスパッドというのを探してきた。
これは何と男子のプリケツマウスパッドにしたとんでも商品である。
それを見て・・・大ちゃんのぷりけつマウスパッドがあったらと妄想した・・・・ごめんさない大ちゃん。でももし売ってたとしてもエロいこととかもしないし、たぶん恥ずかしくて買えないと思うし・・・アマゾンという手もあるけど・・あ、でも絶対つついたりとか、もんだりとか・・・・しないと思う・・・・たぶん。
・・・・という話からその後4時間強たぶん8割がた?9割がた大ちゃんの話をしまくった。
プリケツマウスパッドの話からはじまった昨日なので、4時間にわたる大ちゃん話の全容はここでは書けない・・・いや書いてはいけないと思うが、書ける範囲であれば、私たち3人は相変わらず物の見方が似ているということである。
まずは、今シーズンモロゾフ復帰ということでモロゾフのいるキスクラを楽しみにしている私たちであるが、今のところきゃっきゃ言えたのはGPファイナルくらい。美姫ちゃんとモロゾフのキスクラも思うところあって見ていたけれど、大ちゃんとモロゾフのキスクラも大変思うところあり、そしてその思うところが3人とも一緒だというところに笑った。
たぶん巷の皆様も思うところありで見ていると思う。
「顏ちかすぎ、体くっつきすぎ、膝に手っ、手どかして、いやそのまま」
と、いろいろ葛藤を持ちつつ楽しみにしているに違いない。私たち三人もがん見はしているけれど、心の中では顏を手で多い、指の隙間から見てはいけないものを見てしまう背徳感を味わいつつ大ちゃんとモロゾフのキスクラを見る心境なのである。楽しいけど、歌子先生がいてくれて安心ていうか。歌子先生がいてくれるおかげで、大ちゃんの逃げ場もできるし。が、逃げ場がない時の状況もおもしろそうだが・・・・。
そんなバカバカしい話をして、そーえー書ける範囲でいえば、大ちゃん引退後ぜひ社交ダンスをやっていただきたいという話もした。
あと、熊哲プロデュースのモダンバレエとか。
社交ダンスはイケオタPたんが元ダンサーだったので、大ちゃんダンスセンスがいかに素晴らしいかという話から、ペアを組む場合のパートナーの選択とか、あとは今の社交ダンスの世界のはやりについてとか。
昔はNHKで結構社交ダンス選手権とかも放送してたけど、この頃はBS放送で見かける程度になったんだけど、久々見たらラテンダンスのほうは、なんかえらく下品ていうか。ダンスはキレッキレしてるんだけど、情感がないっていうんでしょうかね。でもキレキレダンスが今の主流ということをPたんがゆってたのでしかたがないとは思うけど、でもドーランにクレヨンしんちゃんか、もしくはゴルゴ13見たいな眉毛を思いっきり描いてるのは滑稽だなと。ドーランは昔から塗ってるってことだけど、でも私の記憶にあるラテンダンスは、大ちゃんが踊るようなちょっとタメをもちつつ情感あふれる感じのイメージがあったのと、ダンサーももうちょっと品がよかった記憶があるんだけど・・・。今はなんかコメディかこれというようなメイクっぷりなのだ。男性も女性も。
こんな現状の社交ダンス界を見ると、大ちゃんのような化粧をしなくても目を引く容姿っていうのは貴重なのと、やっぱりあの独特な音楽のとらえ方は陸ダンスでも発揮できるだろうと。そもそも不安定な氷の上で、重いスケート靴を履いても細かくステップを踏めるのだから陸にあがればどんだけ動けるか。みたいな話をしてて、ただネックなのは、大ちゃんはシングルスケーターなのでペアを組む時苦労するかも、などとも余計な心配をしたけれど、Pたん曰く組んでみて相性がよければいけるそうで。ただ大ちゃんのパートナーになる女性ダンサーはそれなりのレベルのダンサーでないと、大ちゃんについてけないかもとか。Pたんが言うには、大ちゃんは社交ダンスの世界にはいってもいいレベルのところまで行くと言っていた。ただモダンは身長が・・・これは以前も書いたけど、モダンのほうは身長も必要とかで。でも身長の高い選手のなかで、ちっさい選手が可憐に舞い踊るのはそれはそれで目をひくのではと思うけど。
あと、私の妄想では日本人が踊るには難しいと思われる情熱のルンバを大ちゃんが踊るところである。これは氷の上でもEXとかでみやけん振付でやっていただきたいと思っているんだけど、大ちゃんのルンバ本当に見たい。
あとは、燕尾服着てモダンダンスを華麗に踊る大ちゃんとか、あとは、王子さまみたく左回りのウィンナーワルツを踊る大ちゃんとか。髪型は超フォーマルな7:3で・・・・美しいと思うのよね。バレエを始めてから本当に背中が美しくなったので、社交ダンスなんかやったあかつきには益々美しくなるんじゃないかと。

ちなみにライサがテレビ番組の企画でボールルームダンスを踊った動画をはっつけてみる。
これが大ちゃんだったらと脳内変換して見てみよう。大ちゃんルンバお似合い



大ちゃん引退後、アスリートバラエティ芸人のようにはなって欲しくはないけれど、ダンスをするような番組なら出てほしいなぁ。うんなんもうやらないのかしら社交ダンス。

そして、ダンスの話からゆづの話にうつり、これまた意見が一致したが、ゆづファンよ許せ。
私たちはやっぱり踊れる選手が好きなのだ。なんかさ、ゆづには表現力があるという評価が今シーズンあるんだけど、正直あの上半身の動きだったり腕の動かし方、音のとり方はダンサーというには程遠いと思う。例えて言うなら体育の授業でダンスをしなくちゃならなくて、ちょっとはりきって動いてみたというレベルかなと。元々私たち三人の中ではゆづよりも先に昌麿君に注目していたもので、ゆづについては本当にここ2年くらいなのだ。いることは知っていたけれど、きのこキャラとしていじって楽しんでたくらいで。滑りを見ると好きではないなと。もちろんジャンプやスピンとかすごいなとは思うけど、なんか違うなというのがずっとあったのだけど、たぶん今シーズンになってゆづのインタビューが頻繁に目にすることになって、違和感というのが結局のところ、ゆづのスケートに対する取り組みかたが、自分たちが見たいスケーターの姿ではないというのがはっきりしてきたからだと思う。
決して、練習がすくないとか努力をしていないとかは思っていないけれど、好みの問題の部分で違うかなと。その違うかな感が、深夜のお仲間三人が共通し、そして、お正月に家族団らんでお茶の間フィギュア観戦したいたおりに、義弟まで同じように文句を言っていたので、どうも似たものがまわりに集まってしまっているようだ。

ちなみに、この日記だけど

http://ameblo.jp/cute1001/entry-11452686464.html

けっこうみなさんには好評で爆笑したというメールを何人かの方にいただきましたこの日の日記。
我が家の一家団らんお茶の間フィギュアスケート観戦記だけど、ええ、笑ってくださいののまめ一家を。
ただ、あなたも家族全員で見たらののまめと同じ経験をするかと思います。
ただ後でオトメンKたんに、ののまめたんが腐れた目で見ているだけで家族の人はなんとも思ってなかったかもよと、この日の日記を読んでそういう感想を言ったけど、でもね、ファイナルのモロゾフと大ちゃんのキスクラの時は本当に家族全員に気まずい雰囲気が漂い、そして妹が意味深な目線送って来たんですよ。まじでっ。そんな時あなたはどうするっ。ののまめのような対応をするしかないだろうと。
モロゾフがキスクラで大ちゃんに好き放題しているシーンを家族団欒の場で見てしまったら・・・その結果がののまめ一家の惨状ですよ。
ただ、もう家族は忘れてるとは思うけど、私以外は・・・多分。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. プリケツマウスパット

大輔さんのがあったら・・・売り上げ断トツ1位だったりして(≧▽≦)
そしてた第2バージョン、第3バー・・・いけない妄想しちゃいました汗

羽生くんとショーマくんの感想は超同感です。ショーマくんともう一人佐々木彰生くんは
3Aが跳べて4tが安定してなくても跳べれば、正直羽生くんより出て来れた選手だと
思うのですよ。ショーマくんはこれからだけれども、誰か3A教えてくれないしら?

今期の男子の流れは残念だけど、ジャンパーに有利になってきました。カナダは
フィギュアを芸術ではなくスポーツとしての位置付けを強くする方向でいくように
見えます。でも大輔さんに匹敵するような選手はいない。どんな流れになっても、
人の感情に訴えかける滑りが出来た方が観客の記憶に残ると思っています。

2. あきおにクワド装着完了したら

>小梅さん
あきおは昨年フレンズで見たときジャンプの軸がタイトになっていてジャンプの質があがったなと思ったんだけど、やはりその通り全日本ではそれなりの成績をとったので、今シーズンは3Aの確率あげとクワドもと。私もあきおがクワド飛べるようになったらゆづをしのぐと思ってるんですよね。エッジワークとかも正確にステップふめるし。最後までスピードおとさずに滑れる体力もあるし。いいジャンプコーチがつくといいのにって思ってます。

ショーマくんは、3A来シーズンくるんじゃないかなぁ。身長が伸びるのもあると思うけど、JWのエキシとかを見ると、他国の解説者もミニ高橋ってゆってるくらいだから、期待されているなと思います。

プリケツマウスパッドは・・・・あったら買う。かうねー。買わざる負えないでしょう。(^m^)

3. 今更、思った!思った!

熊哲も、だけど、ルンバ。ルンバ。思った!思った!最近のダンスはちっとも見てないですが!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR