LOTF最終日に行ってきた!今は抜け殻

最終日行ってまいりました。
3日目を見てからの1週間後です。

どなたのツイでも語られているけれど初めの頃から比べると高橋大輔のダンスになっていました。
私の最初に見た3日目では、もちろんプロダンサーの中にいても埋没しない踊りをしていたのでさすがだなと思って見ていたけれど、やはりまだ体が自由自在に動いている感がしないというか、氷上で見る伸びやかでなめらかな動きからすると、綺麗にこじんまりとした感じがなくもないという感じでした。
特に一番気になったのは足をうしろに上げる動き。
大ちゃんは体が硬いのでしかたがないといえばそうなんだけど、一生懸命あげてる感があるだけにいじらしく。。。がんばれーと足を上げる度に見ていたんだけど、最終日は別物です。
体も柔らかくなってきたせいもあるだろうし、周りのダンサーにいろいろ指導してもらったのもあるのかもしれないけど、足を上げる場面ではどこも自然とすんなり足が上がっていました。背中から腰股関節に柔軟性が出てきたのと、動かし方のコツがわかってきたのかもしれないけど、足をあげたラインも美しくなっていました。
トータルで見ると、ダンサーたちに並んでも遜色なくとまではまだ言えないとろこもやっぱりあるけど、でもその中で強烈なダンサー高橋大輔の個性が際立ち存在感を魅せつけていました。
今回のショーのプログラムのテーマは愛。普遍的なものだったり、即物的だったり、様々な愛の形を魅せるプログラムで全体的に堪能とエロティシズムを感じる大人なプログラムでした。
その中で大ちゃんの個性が光ったのは、濃厚ながらもどこかしらカラッとした愛の表現の仕方の海外のダンサー達の動きとくらべると、大ちゃん独自の湿度のあるエロティシズムの表現は強烈な個性となって舞台のうえで際立っていました。
どこかしら日本の伝統舞踊を思わせるようなタメとか、腰の落とし方とか、無意識にやれているのはやっぱり日本人だからかもしれないけど、そこに高橋大輔の色がついていてその塩梅が絶妙でした。
この個性を日本のそしてフィギュアスケートの世界にだけに閉じ込めておくのはもったいないと思いました。

楽終演後大ちゃんがいかにこのショーに出演できたことが幸せで楽しかったことなのか、一片のくもりのない笑顔と少しいつもよりも高く張りのある声で喜びを表現していたし、今後はいろいろなダンスの練習に挑戦刷るということも言っているし、またやりたいと言っていたのでこの夢のような出来事は今後も続くかもしれないです。

現実的なことでもだけど、今回10日間13公演。
はっきり言えば主演のシェリルは日本では無名で、名前でお客がよべるとなるとやっぱり大ちゃんの名前は必要な公演だったとは思うけど、それでも大ちゃんファンが13公演みんな行けるともかぎらないし、ファンとしても13公演ほぼ満員みたいな状態になるのは難しいだろうなと心配していたりもした。
チケットも結構ダブってとれてしまった人も多くて、お譲りのお知らせがツイでもいくつも流れてきてたし。
下手をすると空席があちこちにあるあちゃちゃ~な状態かと思ってたけど、蓋を開けてみたら前売りで多分8割型は売れたという感じのようだし、その後当日券やリピーターズチケット購入などでお客さんは増えていっていたの、ファンとしてもびっくり。
主催者側はどんな結果になると予想していたかわからないけど、今回は興業としても大成功と思っているのではないかと思う。
私そんなに頻繁に舞台を見に行くほうでもないけど、人気の舞台とかは舞台好きの友達がいるのでたまに誘われていったりもするんだけど、当日券に長蛇の列とか、立ち見とか、ちょっと見たことがない。
そもそも初演で立ち見まで出るなんてめったにないんじゃないかな。

そういえば楽公演開演まえ、オペラグラスの調整をしていた時、舞台前1列目に年配の男性がいらしたのでその方をちょっとピントを合わす対象にと思って見ていたら、海外の方でおとなりに奥様そして女性。
ひょっとしたらシェリルのご家族かなと思って見ていたんだけど、開演15分前くらいかな、まだ空席はあるものの次々観客が入ってきていて多分1Fの後ろには立ち見の人もいたのかもしれない。
後ろを振り返ってシェリルのお母様と思われし方が目元を指でぬぐっていらしたけれど、公演後シェリルも同じしぐさで泣いていたので、やっぱり親子だと確信。
そもそもお客の入りを喜び涙するなんて親ならではだし。
そんなときにふと思っていたのは、私達は大ちゃんがどれほどのプレッシャーを感じでこの舞台に挑んだかということを考えがちだけど、一番のプレッシャーはシェリルだったんだとその時改めて感じまして、楽の幕があき、大ちゃんからスポットライトがあがり、最後万雷の拍手なかシェリルにピンスポットが当たった姿を見た時、シェリルのお母さんがどれほど今喜んでいらっしゃるだろうと思ったら涙がどーっと出ちゃいました。
今回シェリルはプロデューサーでもあるので、演出に関わることだけでなく資金繰りについても関わっていると思うので、プレッシャーは大ちゃんどころではないんじゃないかなと。
公演後シェリルも涙を見せて喜んでいたけど、こんなステキなショーを見せてもらって観客としても幸せだった。
まさに観客席を含めLOVE ON THE FLOOR

昨日はマチネとソワレの間に、シェリルにキモレター書いたったわ
日本人ファンのキモさ思い知れという気持ちでプレゼントボックスに入れてきたわ
日本人ファンのクレクレキモレター
来年もやってねってキモキモ書いてきたわ
この長丁場踊り続けられる体力も気力も何年持ち続けられるかわからないけど、毎年やってほしい。

つづきはまた

書きたいことたくさんあるんだけど、頭がまわらず
抜け殻よ
大ちゃんとかも今頃そうなってるかもね
その寂しさを経験して次またやろうと今度はプロデューサーになっちゃってもよくってよ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ののまめさん 抜け殻で帰宅しました。
最初にまずここを読んでひと段落です。
シェリルにキモレター書いてくれてありがとうございます!
書けない悔しさ、いいや、日本語で書いちゃおうか、悶々としていたところです。

たくさん思い出して浸りたいし、書きたい気持ちでいっぱいだけど、こんな幸せ罰が当たるかもと心配だし砂漠に入っちゃうかもなので当分パンフレットは封印する予定。

きっと大ちゃんも抜け殻なか~ま(笑)

No title

ののまめさん 感想文さっそくupして下さりありがとう。
私は、前売りで初日、中、楽公演でチケット用意していましたが、結局2公演買い足してしまいました。
本当に日に日にダンスが進化していって、楽公演の最初のソロ a song for you は大輔さんらしい柔らかい繊細な動きが出ていて、彼が笑顔を見せた瞬間もう涙がじわーー。

>その中で大ちゃんの個性が光ったのは、濃厚ながらもどこかしらカラッとした愛の表現の仕方の海外のダンサー達の動きとくらべると、大ちゃん独自の湿度のあるエロティシズムの表現は強烈な個性となって舞台のうえで際立っていました。

私もスケートを見ても常々同じように感じていました。それは東洋美なのか彼独自の美なのかは分かりませんが。表現者としての高橋大輔はどんな色も出せる、どんな形態にもなれる無色無形で、そこに命を吹き込み独自の個性と圧倒的な存在感を発揮する、氷上であれ舞台であれ。

シェリルさんのa song you で涙がこらえきれなくなり、彼女が鏡に自分の姿を映しながらのナレーションの言葉が大輔さんに重なりついに泣いた。Riseでシェリルさんとスケーター5人が手をつないで前に出てきたとき、大輔さんは自信にあふれた表情で、涙をためていたその目はしっかりと前を見据え強く輝いていた。そしてカーテンコールではみんなにハグされて満面の笑顔ではじけていた。こういう高橋大輔が見たかった。こういう彼を見るのがファンの幸せ。

私もシェリルさんのご家族らしき方たちのお姿見てました。大輔さんにとって挑戦だったけれど、確かにシェリルさんが一番の挑戦者でプレッシャーが大きかったんだ。このLOTFは高橋大輔ダンサーデビューであり彼女の夢がかなった瞬間だったんですよね。

彼女が企画し大輔さんを起用してくれなかったら、私たちがこのショーを見ることはなかった。私もシェリルさんと大輔さんにも初お手紙書きました。ついにキモレターデビューしましたよ。

私も抜け殻でため息ついています。
密着 in LA完全版や本公演の放送見たら感想が書けるかも。リピ沼にはまること間違いなし。

次は氷上

こんばんは。
皆さん、LOTF楽しまれたようで良かったです。ホントに素晴らしいショーだったんだだなぁと、早くCSでの放送が見たくてウズウズしています。生で見るのとは比べものにならないと思いますが…完全版の放送は8月なので、まだまだ契約解除できませんね。

皆さんが盛り上がっている中で、わたしは『アイスショーの世界』のだいまお対談を読んで、ニヤニヤしながらいろいろ妄想していました。LOTFを終えた大輔くんが趣味でもダンスを続け、さらに進化して、真央ちゃんと一緒にアイスショーをすることになったら…もう、楽しみしかありません。まずは、THE ICEですね♪どんなスケートを見せてくれるか。きっと、LOTFを見ていないから思うのですが、やっぱり、スケートを滑る大輔くんも見たいです。

皆さんが余韻に浸っている中、空気の読めないコメントで申し訳ないですが…これからの高橋大輔にますます注目ですね!

No title

私も、我慢できず、水曜日の夜と、楽を買い足してまたいってきてしまいました。どちらも仕事を終えてからぎりぎりで駆け込んだけど、楽はオペラグラスが売り切れており、二階席なのにオペラグラスなしに。わーん!と思ったけど、しょうがないから、全体を堪能することにしよう、と割り切り。それまでの3回でドアップで見てきたし・・・むしろあきらめがついてよかったかもと思い。やっとお立ち台プロの全体を見ることができました。それでもやっぱり目は台輔さんに釘付けになってしまうんですけどね。面白かったー、何度でも見たい。お立ち台プロが終わると大喝采の中、ブラボーの声。もう、ほんと幸せ。最後の挨拶なんてもう・・・大輔君が元気になって本当によかった。あの幸せに溢れた彼の声が聞けて、胸いっぱいです。楽にいけて、本当によかったです。素晴らしいファンの方々と一緒にあの空間を共有でき、最後一緒に踊り狂い、もう最高です。水曜日は初めて大ちゃんファンのお友達ができました。たまたまとなりになり、話しかけてくださり、とっても明るくて気さくで素敵な人で、おかげで幸せな鑑賞がさらに楽しく。実は14年に初めて生大輔を見に行ったPIWで、東伏見の昼の部が終わったあと夜まで待つのに、マクドナルドにはいったときに隣に座ったご婦人と話がはずみ、とってもすてきな大ちゃんファンで、もっとお話したいなと思ったんだけど、どうしていいかわからなくて、夜の部の始まりとともに名残惜しみながらお別れ。何か連絡方法なかったのかなと後悔。二度と会えないよね。だから、今度はと思ったら、相手の方がツイッターの名前を教えてくれました!そしたらどうも、結構な回数いらしてたかたなのに、九州からいらしてたらしく、すごいな~と。さすが、大輔さんってほんとにすごいんだなと思って、そのすごさを実感しました。日本中から、みなさんいらしているんですよね、それも何回もの方もいて。しかも一過性でない、おふたりとも、現地通い、年季はいってるんですよ。それほどの魅力、価値なんですよね、なんで世間はその事実になかなか目を向けてくれないのかな。向けてますかね?さて、次のオファーが楽しみですね!私はザ・アイスいってきます。初めての遠征、息子連れて、初めての大阪、楽しんできま~す。

すっかりファンに

ののまめさん、こんばんわ!久しぶりにコメントさせていだだきます。

最終日の昼・夜公演を見させてもらったんですけど、すっかりシェリルさんのファンになってしまいました。

あのオーラ、色気、気迫、ものすごかったです。このショーにかける思いがバンバン伝わってきて・・。とりこです。

いつの日か、また来日公演があったら、絶対に私もキモレター書きます!!
その時まで、大ちゃんもダンス続けてもらって、シェリルさんともっともっと濃いダンスを踊って欲しいです。

No title

私も言葉が見つかりません。
大輔君の挑戦に関してここまで仕上げてくるには大変だったろうとか、多分共演するダンサーさんたちやジェリさん、ポールさん、もちろんシェリルさんも大輔君を励ましながらも氷上のようには上手く踊れない大輔君にどうなるんだろうという不安があった時期もあっただろうなとか、ここまでの過程に思いをはせることは出来ても、あの幕が上がった瞬間から降りた瞬間までのこの気持ちは言葉に上手くできません。
フィギュアスケートのすごい試合やショーなら見た後に「この気持ちを話したい」と、ののまめさんブログにお邪魔させていただいて、ダラダラと取り留めもない思いを書かせていただいてるのに。

LOTFのシェリルさんはじめチームの皆様に今はただ感謝です。
大輔君を温かく迎えてくれたこと、素晴らしい舞台を見せていただいたこと、そして帰国してもまだこれからのことに迷いの気持ちが大きかった(ように見えた)大輔君に挑戦する場を与えてくださったことに。
蘇る舞台の興奮と終わってしまった空虚感がかわるがわるやってくる現状です。


私も抜け殻

今は放送が待ち遠しいどころか、自分の観たものと放送されるものに生じるギャップが怖くて観たいのかどうかさえ分からずにいます。
ザアイス大阪にも日帰りするのでとりあえず新幹線の切符だけは取りましたが、何だか実感が湧かず行くの忘れないようにしなくちゃって自分に言い聞かせているところです(苦笑)。

今は大ちゃんの今後の活躍の場に、年一ペースくらいでいいので舞台もレギュラー化してほしいと願うばかりです。
それでもアスリートとの人脈広がりそうなリオキャスターや活動の糧になりそうなZEROキャスターは結構楽しみだけど、他は大ちゃん自身のパフォーマンスを魅せるお仕事中心に活動してほしいなと思っています。

私はもうLOTFを観る前には戻れないから、大ちゃんはどんどん座長的な立ち位置でお仕事してください。
それが唯一最大の願いです。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR