2016 世界選手権 感想文

限定でも感想文は書きましたが、あらためて総括です

ボストンワールドはどのカテゴリーもいい試合でしたね。
まあ一部・・・ごにょごにょですけど
でも見てて思ったのは高PCSの乱発と、選手ごとにGOEの基準が違うことですね
それだったら6点満点時代とかわらないじゃんと思って、イライラしては見てたけど
ただそれでも選手たちはいい演技をして、そして今年はノーミスで滑った選手が結構いたし
やっぱり多少回転不足であろうともノーミスすることはまず重要ではないかなと感じました。

昨日の女子フリー最終グループはほとんどミスが少なくて誰が優勝するかどきどきものだったけど
アシュリーが銀メダルとってくれたのはうれしかった。
GGがごりおしでも表彰台にあげるかもと思ってたけど上位選手がノーミスで滑ったうえに感動的な演技ばかりだったので、あそこにねじ込むのは難しかったかも。
アシュリーが最終滑走でなかったらひょっとしたら転倒してもGGを上にしたかもしれないけど、でも最終滑走であそこまでいい演技したアシュリーは凄いわ。
彼女が演技後無邪気に喜ぶ姿って結構好きで、さいたまワールドの時の演技も何度も見直したりしてたけど、ながらく耐え忍んできたのがようやく評価された感じでうれしかった。
未来ちゃんもよかった。四大陸もよかったけど、彼女の世界観がはっきり見えるようになったし。
ここからまたアメリカ女子の黄金時代到来するかも。
ポリーナがケガで出られなかったけど、表彰台が狙える実力がある選手が4人今いるというのは強いし、国内選手同士の争いもおもしろくなるので、フィギュア人気はアメリカ女子にうつる可能性が高いかも。
フィギュアにとってはそのほうがいいと思うけど。
日本女子は、真央ちゃんの演技に泣いた。朝カクカクのストリーミングで見ても泣き、youtubeに動画が上がってみても泣き、そしてテレビ放送でも泣いて。
これぞ蝶々夫人。
世界中の人がたぶん本物の蝶々夫人を見てみたいという妄想はしたことはあると思う。
オペラとか見てて、ごっつくて、けばけばしい衣装にへんちくりんな髪型の蝶々さんではなく、はかなげで触れたら息絶えそうだけど、凛とした侍の娘の凛とした強さがあって。
まさのそれを具現化したのは真央ちゃんだと思う。
荒川さんの蝶々さんもよかったけど、真央ちゃんの蝶々さんを見ちゃうとこれが蝶々さんと上書きされちゃった。

最終グループの女子の使用曲がドラマティックに盛り上がる曲を使う選手ばかりのなか、知子ちゃんのみ穏やかで盛り上がりはそれほどない曲を使っていたけれど、それでも滑りで盛り上げる。
そしてまた彼女も日本女性がもつ控えめながらも上品で可憐な演技をして見せた。
本当に上品という言葉がぴったりの演技。
でもそれに見合ってない点数でがっかりはんぱなし。
技術点はジャンプでしぶかった。
カートが知子ちゃんのコンパクトジャンプについてものたりないと言っていたけど、たしかに何かたりない感がしないでもない。
いや足りないのは高さと幅だけど。あの低空と狭い距離で跳べるってことは回転が速いということだけど、私はあのきゅるきゅるっと音がしそうな知子ジャンプは嫌いではないけど、スケート関係者が好む理想のジャンプからすると足りないジャンプなんだろうな。
多分来シーズンどこまでジャンプを磨けるか期待。
でもキュルキュルジャンプファンとしてはあれでいいじゃんと思うんだけどね。

理華ちゃんはもう楽しそうに滑ってたからよかった。
理華ちゃんは誰もがやるような曲じゃなく、彼女しか選ばないような曲で滑るほうがいいかもしれない。

昌磨くんは頑張った
3枠に戻した。ジャンプの失敗は残念だったけど、ジャンプの失敗をしてても演技としてはよかったし。
朝ライストを見つつツイッター見てたら昌磨の愛らしさに世界中の女子たちが抱きしめてなぐさめてあげたいとか、何か買ってあげたいとか萌えあがってたけど、テレビ放送でも萌えあがってました。
計算のない涙と、転倒後のガッツと。
転倒後気持がとぎれて攻めることをしなければ、いくらくやしくて泣いたとしても乙女の心に響かなかったと思うけど、転倒後すぐに3A立て続けに跳んでいく姿を見たら昌磨の悔し涙を見て「昌磨きゅん」となるのもわからなくもない。
案の定ツイッターのトレンドは自称絶対王者よりも昌磨が上に来ていたし、放送終了後もしばらくトレンドに上がっていたので、一般視聴者は昌磨くんにかなり注目していたみたい。

フリー視聴率 SP下回る 016年4月4日
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/04/0008956924.shtml

フジテレビ系で2日午後7時42分から放送された「世界フィギュアスケート選手権2016 男子フリー」の平均視聴率がショートプログラム(SP)を下回る14・3%だったことが4日、分かった。

瞬間最高視聴率は午後9時4分と同12分にマークした19・7%だった。


瞬間最高視聴率も絶対王者かなと思ったら、ハビキスクラからの昌磨と昌磨演技後だったので一般視聴者の興味は昌磨に移りつつあるみたい。ちなみに大ちゃんも絡んでた時間帯ではないかな。
もうね試合以外の部分で試合前にあれこれあってその勢いで興味がない人も取り込もうみたいなマスコミのやり口に癖癖しているというか、試合を試合として見せろっていう一般視聴者の思いも出た視聴率ではないかなと。
以前みたいに選手のあおり映像とかなく、ひとりでも多く放送する姿勢はよかったので、このままフジはいってほしい。
試合以外のドラマなんて必要ないので。あっても簡単な選手紹介程度でよし。
女子も視聴率がおちたということだけど、スケオタとしてはアメリカとロシアの選手が台頭してきたのは世界的なフィギュア人気再びかとうれしくもあるけど。カナダ女子がちょっとさみしいか。

そしてこのワールドの期間中大ちゃん働きました。
もう女子フリー眠たそうだったし。
今回はゲスト出演で、技術面は本田さんと荒川さんにというおとで大ちゃんが表現面を語るというスタンスで一貫してたけど、なんとか頑張ったという感じかな。
ただところどころ大ちゃんらしい視点での語りもあったのでよかったけど、ファンでないと物足りないと思うかもしれない。
ただ、別番組で日本選手の解説をしている姿を見ると、解説をさせたらいままでの解説者とは違う切り口で解説してくれるだろうなという感じた。
でも、やっぱり大ちゃん解説はまだいいんじゃないのって何度も思った。
今解説しているあのリンクの上に滑りにいってきなよって
陸よりもやっぱり氷の上で動いている姿が見たくて見たくとてここ数日過去のワールドの大ちゃん演技見まくった。

それからHIRO'S LIFEだったっけ
あれを見て高橋大輔の超無駄遣いと思った。野村さんもだけど
モギさんとか西内さんとか畑違いもいいところの人に語らせる意味あるのって、変にバラエティ色強い番組に大ちゃんが出ているのを見ると、高橋大輔のブランドを汚されているような気持にちょっとなってしまった。
そう思うと解説は大ちゃんがスケーターとして体が動かなくなってプロ引退となった後でいい仕事ではないかなと。
解説ができる人は何人もいるし、その人たちにまかせて大ちゃんしかできない事に挑戦したほうがいいのではと思った。
今月はZEROでもエンターティメントのキャスターをするとのことだけど、今後のスケジュールを見ると撮影はもう済んでいるとは思うけど、めちゃくちゃハードワークをしていたのではないかなと思う。今週はSOIはじまるし。
やっぱり見たいのは、出来上がったものを解説する姿よりも、何かを作り上げていく大ちゃんの姿のほうが見たいとつくづく思った。
まだやっぱり大ちゃんが現役にもどったらみたいな妄想をついついしちゃうのね。
あんなことやこんなことが今回あって胸が痛い思いをしたけど、大ちゃんだったら?とか大ちゃんがいたら?とか思っちゃってたから。

そうだ、大ちゃん新情報
CSのTBSチャンネル 高橋大輔 6カ月連続特集
https://www.facebook.com/cstbs/posts/2006960099529610:0

大ちゃんファンがかなりTBSチャンネル契約したとみた
私もした。当たり前だが。
楽しみはつづく。表現者の高橋大輔の姿が見たいわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すぽるとのままで良かったのに…

私はどちらかというと大ちゃんには解説やってほしくないです。
日経webコラムみたいな書くお仕事ならいいけどテレビ解説なんて大ちゃんはほとんど映らないし、大ちゃん自身の話でもないし、大ちゃんが出場しない試合にほとんど興味が持てない私にとって大ちゃんの声を聴くために長時間試合を見なければならないなんて申し訳ないとは思うけど苦行なんですもの。

スポーツLIFE HERO’Sは初日はゲストがさんまさんと二人だけだったからまだすぽるとの後番組って雰囲気を多少とどめていたけれど、日曜はののまめさんがおっしゃるようにやたら出演者が多くてスポーツ番組とは思えないまるでバラエティ番組の雛壇芸人みたいな扱いに二度と出ないでほしいと思うくらい落胆しました。
いったいどんな視聴者を対象にしたらあんな番組作れるんでしょう。

リオ五輪では野村さんと大ちゃんが正しい扱いを受けることを切に願います。
ZEROでのお仕事の方が今は楽しみかもしれません。
エンタメ取材によってさらに大ちゃんのパフォーマンスに磨きがかかりそうで、そちらにも大いに期待したいです。

No title

ののまめ様、まるっと賛成です。

フジは、おーじゃ伝説の補完に髙橋大輔のお墨付きを得たいというのが見え見え。
「完璧な人格者」というイメージ作りにも、絶対に人を悪く言わない大ちゃんを利用していたように思いました。(仲良し確認とか)
もう、自分以外のスケーターに関わる仕事だけは避けてほしい、というのが正直な気持ちです。彼がフィギュア界を思う気持ちはマスコミにもスケ連にも通じないのだから。

勝手な言い分なのは承知ですが、今は自分が「勝つ」ことだけを考えて頂きたいです。
やっとアイスショーでも「勝つ」ということが出来ることに気付いてくれたのですから。
せっかく戻ってきた氷の上、大ちゃんだけにしか出来ない身体表現に挑んでほしい。
新しい世界を切り拓いていってほしい。
そのためにも、振付師さんたちには思いっ切り無茶なコレオを彼に与えてくれることを望みます。「むりむりむり~」×3くらいのを。(笑)
難しいことほどやりがいを感じるアスリートですからね。

まずは週末、ジェフがSOIにドSなプロを用意してくれていることを期待。
早く大ちゃんのスケートを堪能したいです!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR