ダイスの演技を見てフィギュアっていいなと思った件

ダイススケカナ3番おめでとう
久々にフィギュアスケートっていいなとダイスの演技を見て思いました。
真央ちゃんのお母さんでしたっけ?フィギュアはその人となりがあらわれるとおっしゃってたのは。
少しニュアンスは違うかもしれないけど
でも、今日の演技はダイスの性格やダイスの歩んできたフィギュア人生がそのまま出ていて胸をうたれました。
そうそうフィギュアスケートってこれなんだよなって。
点数だけではない部分が演技に出てきてそこに共感する。
織田くんも泣いて解説してましたけど、パトリックの神演技のあと盛り上がった空気の中で、ダイスはその空気にのまれずにダイスの世界をすぐ作りました。
泣けた。そしてフィギュアっていいなと再び思わせてくれました。
それから、ダイスのインスタに大ちゃんが「おめでとう」とコメント入れてましたね。
ダイスは大ちゃんに
「ダイスよくがんばったね」
と言ってもらいたいと以前言っていたけれど、きっと言ってくれると思います。
それにしてもツイのほうでは、氷上のマエケンとして野球ファンに大人気。
いいぞいいぞ、フィギュアに新しいファンを引き寄せるのだ。
思いのほかマエケンツイが多いけれど、それをきっかけに今日の演技を見てダイスのファンになった人も多くなったんじゃないでしょうか。
だって以前はマエケンだけだったのに、村上大介という名前も一緒につぶやいている人結構いますから。
それにXjapanのファンも応援してくれてるかもね。

パトリックの演技もまたこれぞフィギュアスケートという演技でした。
ええもんみせてもろた。でもきっとカナダの人たちがパトリックの復帰優勝に喜んでいるでしょうね。
私も超よろこんだ。テレビ前アリーナでカナダのお客さんと同じくフライング拍手ですよ。
昨日の固かった演技から180度変わって、舞踏の芸術作品を見ているようで。
あの場で見たかった。
ひとり群をぬいていた表現力というか、圧倒的なスケーティングの美しさと重厚さ。
観客が演技が終わるまえからスタンディングオベーションしていたけれど、自然そうなっちゃいますよね。
パトリックもダイスも次はエリボンです。
昌磨くんも、あとアーロンもですね。ダイスと昌磨君どっちも応援せねば。いやいやパトリックもアーロンも、それからテンくんも、エリボン超楽しみです。
できることならみんなGPFで見たい子たちばっかりだけど。

けれど、やっぱり大ちゃんの演技が見たいとついつい思っちゃう。
パトリック復帰に湧くカナダのみなさんを見ていて、大ちゃんがもし復帰したらもっと熱狂すると思うわ日本のファンはとか。
リッポンのビートルズメドレーや佳菜ちゃんのロクサーヌとか、地上波では放送されなかったけど、韓国のジンソ君が月光を滑ったとか。
今日これから、大ちゃんのビートルズメドレーとロクサーヌと、月光を見て寝ようと思います。
海外の解説の方たちもちょいちょい、いろんな選手に大ちゃんの面影を見ているようで、大ちゃんの名前を出してくれているようですが、大ちゃんの影響力ってやっぱりすごいんだなと思います。
アスリートとして点数を優先することも一理あるけれど、今たぶんフィギュアのジャッジはそちらの傾向があるけれど、多くの選手が点取りのプログラムではなく作品として完璧に滑ろうとしている姿が胸をつかれました。
それが選手たちの美意識というか。
たぶんその美意識を植え付けた一人に高橋大輔の名前はあがるかと思います。
だからこそ、大ちゃんの名前がちょくちょく出てくるのと同時に、大ちゃんを恋しがっているんでしょうね。
日本ではXOIがあるので大ちゃんの滑りが見られるけど、できることなら海外のショーにもたくさん出て世界中で大ちゃんをまっている人たちの前で滑ってほしいなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

泣きそうになりました

ダイスの演技、見ました。
泣きそうになりました。大輔さんの演技以外で涙が出そうになったのは初めてかも。
それくらい、胸に迫るものがありました。
Pチャンのスケートもスピードがある上に滑らかで美しかった。しかもほぼ完璧。さすがに今日のフリーは、PチャンがPCS1位でしたね。納得です。ただ、ダイスのPCSはちょっと低すぎない?って思いましたけど。
素晴らしい演技、感動する演技というのは点数と関係ない、ということを改めて思いました。4回転ジャンプだけがフィギュアの醍醐味ではないですからね。日本のマスコミは4回転ジャンプに特化しすぎです。フィギュアはもともと「氷上にトレースを描く」のを競っていた競技。大切なのはスケーティングそのもののはずなのに……って、今更無理ですかね。

大輔さんのスケートをいまだに恋しがっている人は世界中にたくさんいます。それも、「点取りプロ」の対局として語られることが多い。日本のマスコミがいくら大輔さんの功績を無視(?)しようとしても、世界のフィギュアファン、スケーターたちが忘れることはありません。Pチャンも「魅せる」スケートを目指したい、的なことを言ってたみたいだし。

ところで、マギーさんがインスタで大輔さんたちのハロウィンの様子を上げてくれていましたが、その仮装が何と歌舞伎!!出で立ちからすると「連獅子」でしょうか。大輔さん、隈取りも見得を切った姿も似合いすぎ!!
市川染五郎さんが「歌舞伎オンアイスをやりたい。髙橋さんたちに出てもらって」てなことを言っていた矢先にですよ。かくして今は、氷上で大輔さんが連獅子を舞う姿を妄想中(笑)。いや~、実現したら絶対に見たいです。
話が脱線してしまいましたが、改めてダイス表彰台、おめでとう!!なスケカナでした。

No title

パトリック、上質のスケートを見せてくれてありがとう。まさに王者の風格。
ダイス、銅メダルおめでとう。思いが演技にあふれている心にぐっとくる演技でした。

私はここ数年、「フギュアスケート競技は死んだ、もう見るのはやめよう」と思っても、ストレス感じても、時には怒りを感じてもやはり見てしまう。私もののまめさんと同じようにこの二人のような演技を見るとやはりフィギュアっていいなぁとつくづく思う。

>アスリートとして点数を優先することも一理あるけれど、今たぶんフィギュアのジャッジはそちらの傾向があるけれど、多くの選手が点取りのプログラムではなく作品として完璧に滑ろうとしている姿が胸をつかれました。
それが選手たちの美意識というか。
たぶんその美意識を植え付けた一人に高橋大輔の名前はあがるかと思います。
だからこそ、大ちゃんの名前がちょくちょく出てくるのと同時に、大ちゃんを恋しがっているんでしょうね。

スケアメ表彰台のアーロン、しょうま、ジェイソン気がつけばみんなダイスキ タカハシ。

大輔さんの植え付けた美意識は選手だけでなく観客にも植え付けて来たと思う。
しょうまのように自国選手でなくても心に残る演技をした選手にはちゃんと観客は反応し拍手やスタオベで表してている。今回のスケカナでもパトリックだけでなく、ダイスの演技にも湧いていた。観客はちゃんと分かっているんじゃないかと思うのですよ。いい演技って何かを。

私はこういう選手と観客がいる限り、フギュアスケート競技に未来はあるのではないかと思いたいです。すごーーく楽観的かつ希望的なのは分かっているけれど。

茉莉花さん
>大輔さん、隈取りも見得を切った姿も似合いすぎ!!

市川染五郎さんこの写真見てくれないかな。きっと歌舞伎on Iceの実現が近づくと思います。
次回は隈取りなし素顔での大輔さんの羽織はかま日本男子正装姿が見たい。
絶対絶対素敵だと思う。タキシードもいいけど羽織はかまも、モデル並みいやモデル以上ですよ。

こんにちは。

いつも、なるほどな。と考えさせられながら、読ませて頂いています。

昨日のダイス君のスケーティングには、心から感動いたしました。
やはり、私の頭の中は、高橋くんのような魅せるスケーティングを欲しがっている事が、はっきり分かった数分間でした。
今では4回転を飛ばないと、それも何度も飛ばないと点数が取れない時代になってしまっているのが、寂しいばかりです。

以前の様に、魅せるスケーティングをする選手の点数が取れないのが歯痒くてなりません。
ダイス君の点数も、思ったよりも伸びなかったように思えます。

それでも、それでも、高橋君ファンの私達は、点数なんぼよりも、フィギュアスケートらしいスケーティングの選手の応援に情熱を注いでいけば良いのですよね。


ひさしぶりに

ののまめさん、こんばんは。
わたしも見ましたー。大輔くん引退後、JO以外で男子の競技フィギュアを見たのはひさびさでした。でも、見たのはチャンと村デー(この呼び方に慣れてて…スミマセン)だけ。やっぱり、皆さん良い演技は良い!って感じるんだなぁ~と思いました。フランスは熾烈な大会になりそうですが、テレビ放送も選手たちの演技も、ストレスなく見れそうです。

それはそうと、XOIに副会長が出るとか。行かれる方々は、どんな心境でしょうか…?いなくても良いですよね?ファンの方いましたらスミマセン。毒を吐きそうなので、このへんで止めます。

年月をかけて築いてきた記憶という財産

見なければ素敵な演技に出会えないというジレンマはありますが、今は好評の演技をあとで動画で見る日々です。
そんな訳でまずパトリックの演技を見て、地元で観客総立ちの良い演技ができたことがちょっと羨ましくもあり、優勝に納得しましたし優勝してくれてありがとうとも思いました。
ダイスは気持ちが強くなりましたね。パトリックの直後にあの演技ができたことを自信にして、最後まで体力が持つよう練習を重ねていって世界選手権出場してもらいたいです。

今ようやくGPSで活躍し始めた中堅選手たちは大輔さんの演技を体感(ちょっと変な言い方ですが五感すべてで体験したというイメージです)している人がほとんどだと思うので、そう簡単に大輔リスペクトが収まるとは思えません。
というより当人があの場から退場してフィギュアスケート競技全体に喪失感の大きさが判りはじめた印象です。今後じわじわ効いてくることを大いに期待します。

大輔さんが海外のショーに出演しても私が観に行ける可能性は今のところ低いですが、でも是非どんどん海外進出していただきたいですね。
世界ツアーのショー団体立ち上げとかしてもいいのよ、大ちゃん。

最後にSSSさんの疑問にお答えしたいと思います。もちろんあくまで私個人の今現在の気持ちです。
副会長インを知ってまず心底驚きました。しかしながらそれと同時に少しだけホッとしたのも事実です。
言い方悪いですが毒を以て毒を制すとでも申しましょうか。この先の言葉はご想像にお任せします(笑)。

結局運用は自由自在なフィギュアとPさんの言葉

正直とってもモヤモヤが残ったスケカナでした…
高難度を目指すのもスポーツ競技だから当然だとは思いますが、
「フィギュアは総合芸術」だとおっしゃったミドリさんの言葉の様に、
まずプログラム自体がていをなしていないなら意味がないのにと感じます。
音楽にのった美しいスケーティング、行き届いた手先足先、深いエッジワークを駆使したステップ…などなど、
これらを兼ね備えたうえでの高難度への挑戦であってほしいです。
そして、選手によって高難度構成がもろ刃の刃となってしまい、挑戦に全く見合わない結果になる場合と、構成に入れる事でそのままお得になる場合と…
この差が酷すぎて辟易します…

「その人の生き様がそのまま出るのがフィギュア」だと真央の母、匡子さんがおっしゃっていましたが、村上選手の演技を観て、その通りだと思いましたし、
パトリックのフリーを見て、凄く変わったな…心からスケートをしようとしているなとかんじられました。
プレカンでの「フィギュアはボクシングじゃない、自分との闘い」というパトリックの言葉を聞いて、すごく嬉しかったですし、これからもがんばって総合芸術としてのフィギュアへの評価を高める役割を担ってほしいと思いました。

Re: タイトルなし

ミッキーさん

> 昨日のダイス君のスケーティングには、心から感動いたしました。
> やはり、私の頭の中は、高橋くんのような魅せるスケーティングを欲しがっている事が、はっきり分かった数分間でした。
> 今では4回転を飛ばないと、それも何度も飛ばないと点数が取れない時代になってしまっているのが、寂しいばかりです。
>
> 以前の様に、魅せるスケーティングをする選手の点数が取れないのが歯痒くてなりません。
> ダイス君の点数も、思ったよりも伸びなかったように思えます。

体操を見ているとフィギュアの採点方法には本当に疑問を覚えます。
フィギュアはジャンプ競技ではないはずなんですけどね。
できることなら、アメリカにはエレメンツ事の競技もあるようなので、ジャンプが得意な選手はジャンプで、スピンが得意な選手はスピンでの個別種目として競技して、体操みたいにプログラムを通しての競技もありっていうほうがいいかもしれないですよね。
どの選手にも同じようなジャッジメントがされれば納得もいくんだけど、特定選手だけ見逃しジャッジがあることに疑問を感じます。
それでも、以前あっこちゃんが言っていたようにジャッジされたものはされたものとして受け入れるということが選手たちは正しいと感じているんでしょうかね、見ててもおもしろくないと思うんですけどね、ほんと。


Re: ひさしぶりに

sssさん

> それはそうと、XOIに副会長が出るとか。行かれる方々は、どんな心境でしょうか…?いなくても良いですよね?ファンの方いましたらスミマセン。毒を吐きそうなので、このへんで止めます。

どんな心境なのかブログに書きます。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR