修行僧な日々を送っているあたいの近況

おひさしぶりーみなさま
相変わらずネット環境どころかテレビもまともに見れない日々は続いています。
何とかPCも接続して見てるんですけど、ネット環境どころかですねパソコン本体もやばくなっており、あまりのやばさにサブマシンを使ってみたらそっちも更にやばく、一番うごくのがモニター故障のパソコンという。。。もうますます大ちゃん情報が追えません。
ただ使用年数からすると3台とも十分使い込んでいるので故障してもしかたがないんですけどね。

そんな私の近況はいいとして、久々がっつりフィギュア情報を検索してみたら、なんてことでしょうスケ連赤字ですって?

スケート連盟が4547万円の赤字…強化費増で
http://www.sanspo.com/sports/news/20150926/ska15092619170001-n1.html

日本スケート連盟は26日の評議員会で、単年度で約4547万円の赤字となる2014年度決算を承認した。13年度が11億円超の黒字だったこともあり、18年平昌冬季五輪を見据えた強化費に大幅増の約2億3000万円を投じるなどしたため。(共同)


わしらの税金なにつかってんねーん
そしてわしらからむさぼりとってるチケット代どこいってんねーん
金メダリストのDVDとか出版物とかめちゃくちゃ売れてるらしいからそれのピンハネ代どうなってんねーん
2013年が11億超の黒字で14年に2億3000万強化費に投入って残りの8億何にどう使ってんのよ。
あやしいったらありゃしない。
やたらと去年は広告費使っていた印象あるんですけど、それに見合った収入がなかったってことでしょうかね
監査しっかり仕事してちょうだい。外部監査がっつりはいってやってちょうだい。

久しぶりの更新なのに愚痴からはいりましたが
愚痴の次は大ちゃんリステリン秋もキャンペーンボーイ継続です。



最後にちらっと出てるだけですけど、やはり人気女優の・・・人気女優・・・人気女優のおかげで売り上げアップしたリステリンさんなので人気女優・・・高橋大輔再び起用わかってらっしゃる。
リステリンチャレンジやりますとも。

グリコさんもやってくれないかしら、これからの季節こそ焼き菓子食べたいシーズンだしさ、大ちゃんがキャンペーンボーイしてなくても好きなお菓子だったので。シャルウィの前のSUNAOも好きでしたから。

てな感じで久々の更新ですけれど、まだネット環境完璧でないのと、たったこれだけを入力するのも大変な状態のパソコンを駆使しているものでまともにブログ更新できるようになるのは11月くらいからかも。
でもね、ちょっとネットとテレビから距離を置くとそれはそれでいい感じです。
大ちゃんが現役時代だったらなにがなんでもネット環境整えますけど、大ちゃんの露出も少ない昨今。数年ぶりにフィギュアにどぷりの日々から距離をおいてみると今までできなかったこともできていてそれはそれでいい感じです。
あと大ちゃんに関しての心配もないしね。
やっぱり昨年から今年の夏にかけては、大ちゃん本当にフィギュアから距離をおいていてそれはそれでいいとは思いつつも、フィギュアから離れたらとかと思ったり、反面表現者であればフィギュアにこだわることもないと思ったり。
今年はフィギュアだけでなくライブへ行ったり舞台を見たりもしてたんですけど、思うにやっぱり常に高い水準のものを見せ続けかつ全く違うものを表現し続けられる大ちゃんの才能は野に放ったままではもったいないと思うかぎりです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さみしいですよ。

こんばんは。最近ブログの更新がないので、さみしかったです。ののまめさんのブログがすごく好きなので、毎日見に来ています。できるだけ早く戻ってきてくだしいね。

忍び寄る終焉の気配

特定の一人を応援するファンはある程度掴んだのかもしれないけど、元々フィギュアスケートが好きでその中で特に誰々のファンとか逆に誰かのファンになったことをきっかけに競技自体も楽しむようになった人たちとは根本的に異なる、本当に個人にしか興味を持たない層を取り込んじゃったのではないかと思いますね。

それにスターを作りたいあまりなのか知らないけれど、同一人物表紙のちょっと怪しげ出版各社からのムック本乱発で書店に並べられていてかえって敬遠してしまう人たちも出てきてしまって逆効果だし、一人だけ突出させてアピールしたことのツケがたった一期で露出しちゃったんでしょうか。
ひょっとして先行投資と考えて持ち出しで宣伝していたのかもしれない。

そしておそらく最大の収入源は放映権料なのかなと思うのですが、これって確か視聴率で決まるんですよね。
NHKもやってるけど特に民放でCM入り直前直後に選手のバックステージ練習風景を入れるのはずっと見ていて貰うためで、でも多分特定の選手のゲリラ的挟み込みが逆効果なのかなと個人的には思ったりしています。
スケ連はいつまでも真央ちゃん頼りでいたらあっという間にプール金も底を突くと肝に銘じて欲しいものですがどうでしょうね。

Re: さみしいですよ。

ekoさん

> こんばんは。最近ブログの更新がないので、さみしかったです。ののまめさんのブログがすごく好きなので、毎日見に来ています。できるだけ早く戻ってきてくだしいね。

こんな妄想ブログを楽しんでいただけてありがとうございます。
JOとかは感想文書きたいんだけどね。
あとキリトルテレビとか
早く工事してもらえないかなぁ。

Re: 忍び寄る終焉の気配

十六夜さん

> 特定の一人を応援するファンはある程度掴んだのかもしれないけど、元々フィギュアスケートが好きでその中で特に誰々のファンとか逆に誰かのファンになったことをきっかけに競技自体も楽しむようになった人たちとは根本的に異なる、本当に個人にしか興味を持たない層を取り込んじゃったのではないかと思いますね。

今までのフィギュアスケートファンとは一線を画す人達が増えたのは事実ですね。
NHK杯のダンスやペアの空席が目立つ客席を見ちゃうと
ショーや試合にいってもあきらかに違うので
ただ特定選手のみを応援する人の中にも古参の人は結構まともだったんだけど、ネットで見かけなくなりましたね。
私の友達も古参といってもジュニアワールドからくらいだけど、その頃くらいからのファンの人はいろんな選手の話ができるんだけど、今はどうしているかなと思うんだけど。

> それにスターを作りたいあまりなのか知らないけれど、同一人物表紙のちょっと怪しげ出版各社からのムック本乱発で書店に並べられていてかえって敬遠してしまう人たちも出てきてしまって逆効果だし、一人だけ突出させてアピールしたことのツケがたった一期で露出しちゃったんでしょうか。
> ひょっとして先行投資と考えて持ち出しで宣伝していたのかもしれない。

公共放送のNHKまで目も当てられないピンポイント放送でしたから、なんだかおかしいですよね。
スケ連の収支見ても一番知りたいところがわからないし、具体的な収支説明はあれではわからないですしね。
ただ赤字というのを見ると、昨年の宣伝の仕方は起死回生の先行投資だったと思いますが、ここのところのテレビの特番もなんかなと思うし。他の番組でも使ったネタや2ちゃんネタを一部だけ誇張して編集したという感じだし。
ただその程度の番組しか作れないということは、作っているスタッフにも熱意がないっていう証拠だと思います。
ファンの人達はああいう番組作りを見て満足かなと思うんですけどね。

> そしておそらく最大の収入源は放映権料なのかなと思うのですが、これって確か視聴率で決まるんですよね。
> NHKもやってるけど特に民放でCM入り直前直後に選手のバックステージ練習風景を入れるのはずっと見ていて貰うためで、でも多分特定の選手のゲリラ的挟み込みが逆効果なのかなと個人的には思ったりしています。

ああいう作りをしているから、スポンサーも敬遠すると思うんですけどね。
企業は結構シビアに見ていますから、スケ連も今までのような殿さま商売ができると思わず対策をきちんと考えるべきかなと思います。

No title

ののまめさん、こんにちは。

お待ちしていました。

赤字?スケ連、なにやってんでしょうか。

フィギュアをブームでなく文化にするため(なでしこ宮間キャプテンのことば)にお金使わなきゃ。ペアもダンスもフィギュアなんだ!何を強化してるんでしょうかね。

十六夜さんのコメント、頭の上に豆電球がつく思いで読みました。

私も子供のころからフィギュアはずっとテレビで見ていたのです。日本人が活躍しなくてもとにかくきれいなものを見ていたかった。

五十嵐さん、渡辺えみさん、みどりさん、由香さん、いろんな日本の選手が出てきて活躍し続け、トリノ、バンクーバーでメダル。

もちろん高橋大輔は私にとって別格ですが、ほかのスケーターの演技も楽しんでいたのです。

ソチのキンメダルでフィギュア人気は最高潮、のはず、の今、まったくテレビ見る気しません。あんなに好きだったフィギュアなのに。

つい最近、夜中にどこの局だったか、ジュニアのオーストリア大会の模様を放送してたので、ジュニアなら安心と見始めたのです。

ちょうど日本の選手の演技の途中で、よし、若手をチェックしよう、と見ていたら、演技後はさんできました、あの選手のジュニア大会の映像を。

即刻チャンネル変えました。

まともな放送してほしいものです。

NHK杯も録画して、調整しながら見ようと思います。

大勢の「高橋大輔を特別に応援するフィギュアスケート愛好家」の心が離れつつあるフィギュアの現状、スケ連は認識しているんでしょうか。

フィギュア界全体を盛り上げる努力をしてほしいです。












ふーーん

ののまめさん、お引越し大変でしたね。少しは、落ち着かれましたでしょうか。
スケート連盟が赤字…これも宣伝のおひとつなのかしら?と思ってしまいました。

N□K EテレのSWITCHインタビュー達人達で本木さんと真鍋さん(メディアアーティスト)の対談番組があり、ちょっと変わった対談で面白かったです。興味深々で見ていて、本木さんが発した言葉が『私は古いタイプの役者で100%の演技を目指す為に120%を出さなければならないけれど、20歳代の若い役者さんは、そんな事をすると暑苦しいから80%の力で良い!と言われた。』とおっしゃっているのを聞いて、現在競技者のスケーターは、コーチ等から言われた通り、まずは点数を獲得する為に、スケートをしているのかもしれないと、ご本人達はそれが素晴らしくかっこいいことなのかもと…では大ちゃんはどうかなぁ~選手時代も引退後も何にも変わっていない、暑苦しくもありサラッとさわやかでもあり結局別格のスケーターなんだと思いました。
この番組は、他にも面白く構成されていて楽しく拝見しました。フィギュアスケート関連の番組があまりにも偏った作りをされているのですね。まったく見ていないので知りませんでしたが、関連性がない番組に突然はさまれてがっかりした事はあります。
もうグリコさんが大ちゃん新キャンペーンを、本当にして欲しいですね!

お邪魔します

クリームさんが書かれたことに反応してしまいました。
「100%の演技を目指すために120%を出さなければならない」という言葉。
いつどこで見たかは忘れましたが大輔さんが仰ったことに通じるなと思い少しびっくりしました。
確か、100%の演技?努力?をするのは当たり前で120%出さなければ伝わらない。僕にとって100%は最低限…というようなことを大輔さん若い時にとっくに仰ってたようですね。ごめんなさい違ってたら。
今折しもフジが好きな振付師のアンケートを取ってますが、今のフィギュア界ではこの100%、120%とは高難度ジャンプを決めることがそれに当たるとでも思っているのか、ジャンプを決めるのに振付をどんどん『骨』だけにしてしまうスケーターもいることは観る側(そのファン)にとってはフィギュアとはどういうものなんでしょうね?
私もすっかりフィギュアを観なくなりましたがジュニアにいい選手がどんどん出てきてるそうな。少し興味が沸いて観てみようかと思いましたが、そうですか、そちらでも差し込んできますか…

付け加えて

ヒロッチさんも憶えていらっしゃいましたか。私も大ちゃんが以前お話しされていたなぁ~と思いました。本木さんの言葉は、まったくそのままではありませんがニュアンスはこんな感じだったと思います。お二人の対談が面白くて、本木さんの『現在は、映像等いかようにもレタッチできる。千年先の人が見た時に本当の世の中の景色ではないことに気付けるのか。』とおっしゃられ、それに真鍋さんが『リアルということが肉眼で目の前で見る以外になくなっているかも。人間のパフォーマンスだけは最後まで残るのでは。』とお話しされているのを聞いていて、大ちゃんのスケートをこの目で拝見しなくては、一生後悔するかも…と変に焦ってしまいました。
しかし、この番組の冒頭も真鍋さんが携われたものにフィギュアスケートの照明?を紹介するところで、浅田選手と金メダリストさんが登場でした。もうお腹いっぱいです!

No title

ののまめさんが今日のTVを見れますように!

ワクワクドキドキしながらも穏やかな気持ちでフィギュアスケートを楽しめますように!
大ちゃんが出てないから応援に集中できるぞと思っているので
ヘンなゴリ押しを感じずにいたいです。

クリームさんの書き込み最後の一文で、見なくてもよかったんだと少しほっとしているところです。

一昨日の朝は真央ちゃんの文字に釣られて見た番組でヘンなゴリ押し感じてギョッとしました。フィギュアスケート解説はふつうでお願いしたいものです。何も感じたくありません。

男子女子シングルだけに注目していましたけど、もしかしたら別ジャンルにも興味が出てくるかなと自分に期待の朝。平井えみちゃんって倉敷翠松高校でしたっけ?w
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR