男子フリー リザルト

男子フリー リザルト

http://www.isuresults.com/results/wc2013/wc2013_Men_FS_Scores.pdf

パトリックとテンくん、1.3点差。
カナダ大会だからしかたないけど。あとテンくんもクワド1回だしね。

ついでに、男子ショートのリザルトも再びはっつけておきます。

http://www.isuresults.com/results/wc2013/wc2013_Men_SP_Scores.pdf

大ちゃんショートもフリーも、取りこぼしがないのが凄いと思う。
たぶんマスコミはまた下げ下げ記事を書くとは思うけど、これを見る限り進歩しているしね。スケート事態は滑っていて、いつも以上にヌルヌルいい感じだと思う。
ジャンプは来シーズン、いやいや国別で復活して、来シーズンへつなげていただきたい。
現地で4Lz見ている海外の方のレポでは回転は悪くないってことなので、4Lzあとは4Fも来シーズンは仕上げてくるんじゃないかと思う。
しっくり合う靴とエッジに出会えるように。
PCSがやっぱり低いわ。ステップ満点なのに、なんで低いんだか。カナダだから仕方がない。コントローラーに、ジャッジ3人カナダ人だし、なんでもひとまずカナダだからということで。

でもオリンピックはロシアですから。大ちゃんロシアを味方にしてがんばって。
モロゾフに対してはしばらく非難はつづくと思いますが、ロックンロールと道化師、どっちも難しいプロだったと思う。ロックンロールはまた見たいけど。ノリ
昨年、フレンズでロックンロールを初めて見たとき、マンボの時ほどの衝撃はなく、特に前半がちょっと物足りなく思ったものだけど、たぶんマンボの初演も見て、ロックンロールの初演を見た人は私と同じ感想をもったと思う。観客のノリも全くちがってたし。マンボの時は、床が揺れるくらい盛り上がってたから。もちろんロックンロールも楽しい~と盛り上がってはいたけど、マンボ初演を知っているだけに、その違いに当時ちょっとあれっと思ったのはあったけど。あれっと思ったのは、なんか一味たりない感というか。悪くはなくて、今回はショー仕様だし競技会用にはもっと詰めてくるだろうなと自分に言い聞かせたのは当時記憶があるけど。
中国杯でお目見えしたあと、youtubeにあがった動画にコメントが全くつかなくて、それもたぶんみんなどこかで疑問を感じていたんじゃないかと思う。
楽しいけれど、なんか足りない感というか。
ただ、競技会になってサーキュラにステップが変わったことは今でも不思議でたまらない。なんでモロゾフはサーキュラにしたのか?
フレンズ初演時の構成でもっと詰め込めばより見栄えがするプロになったと思うけど。
それともナナミ先生がそう変えたのか。今でもフレンズのロックンロールは何度かみるけど、洗練されてない粗削りだけどそれがロックンロールという感じがすごくいいと思ううしステップの動きやエッジワークもサーキュラよりも見やすくわかりやすいと思うんだけど。なので、どうしても疑問が残る。
道化師も中国大会で大幅に構成がかわったけれど、あれもなんで変えたんだろうと。
ただ、月光を見ると、やはりモロゾフは大ちゃんの持つ魅力というのを知り尽くした上のプログラムつくりをしているなと思うし、大ちゃん自身のびのび滑っているのは、ロックンロールよりも感じる。
ただ、カメレンゴやウィルソンプロを見ちゃうと、ちょっと古いかなと思わない事もない。またスワンやロクサーヌの時のような衝撃的プログラムっていうのをモロゾフも作ってもらいたいけど。

モロゾフに対する非難というのは、しばらく続くとは思うけど、そのためのモロゾフですからね。
このまま続行で頑張っていただきたい。やっぱり地元ロシアのバックアップは受けられるほうがいいと思うし、何よりも大ちゃんがモロゾフチームにいることで、ロシア選手たちにいい影響を与えられているというのも、ロシア人から応援をもらえると思えるし。
ワールド前のシムズベリーの写真とか、モロゾフチームとミーシンチームが一緒にいるのはなんだかいい感じがした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR