大ちゃん撮影の画像から谷崎潤一郎を連想する『耽美派』

ちょっとぶり。私にしてはブログ更新の間があきました。
何をしてたかっていうと、GWがながかったのでその反動がきまして仕事が溜まりにたまっております。
まだ現在進行形。自宅に帰っても疲れ切ってしまって唯一のオアシス、みんなの大ちゃん愛をツイとかで見ているのですが、大ちゃん砂漠をこじらせているのがよくわかる、空元気っていうか変なテンションでつぶやいてたりとか。
その気持ちわかるだけに、大ちゃん情報をくれくれくれーと砂漠のまっただなか、大ちゃんめっちゃいいタイミングでインスタ更新してくれました。

セントラルパークですかね
https://instagram.com/p/2ra9zvLJ1F/?taken-by=d1sk_t

「花道。」と一言コメントですが、その一言で妄想族はいろいろ妄想してしまいます。
大ちゃんこの花道を見て何を思ったのかなとか。
私は、大ちゃんの進む道はこういう花道なのよと心で叫びましたけど。
とても美しい写真ですが、その美しい風景を私たちにもおっそわけしてくれた大ちゃんですけれど、美しいものを美しいと感じられる健康的な心情でいられるってことではないでしょうかね。
スイスでの写真もそうだし今回のNYの写真もだけど、ただ明るく美しいだけでなくどこか侘びさび的なものを感じます。
どこか美しいけれどちょっと心象風景のような浮遊感もありながら、そしてほのかに淫靡さもあり。
文学に例えれば谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃」みたいな世界観をちょっと感じました。
簡潔に言えば、耽美という言葉が似合う写真だと思います。ほのぼのしながらもどこか沈金が画像の下に隠れているような。昭和ですな大ちゃん。

なにはともわれ、大ちゃんいいメンタルで生活ができているようで、みんな大ちゃんのインスタを見てホッとしているんじゃないですかね。

それにしてもですね、ここ数日は皆様と同じく大ちゃん砂漠におちいり、なんかいてもたってもいられない焦燥感のようなものを感じたりもしてて疲れているのに落ち着かないみたいな。
しかたがないので去年を参考にと思って、去年なにしてたか自分のブログ読み直してたんですけど、この時期大ちゃん店長やったりカザフへ行ったりしてたんですね。
そしてお友達のイケオタPたんのママンが、ロシアにプルチンコっていう有名なスケーターがいると近所のおばはん連中に喋ってるといたとか。
のんきなものです。
店長大ちゃんの素敵さによろめいてたりとか、カザフ祭が思いのほか盛り上がったこととか。
日本では大まおでアハハ~となってたのに、現地組のみなさんはステファンと大ちゃんの仲よしぶりにドン引きとかなんとかで、お留守番組と現地組の盛り上がりのツボの差があったこととか。いろいろあった去年の今頃。
なつかしいわ。
そして6月にあるFaoIに大ちゃんINが決まってチケットなんとかせねばと思ってたりとか。
全てが懐かしい。

今年は夏どうやって超えましょうかね。
大ちゃん私たちファンが寂しさのあまり変なテンションになってる頃合いを見計らって、またインスタ落としていただきたいものです。
大ちゃんが撮ったインスタ画像でもおなか膨れる現在の状態なので。
でも、できればご尊顔を見せていただきたいわー。たこやきほっぺについててもいいから。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

またまた更新してますよ!

大ちゃんがまたインスタ更新しましたね。ひょっとして週末に更新してくれるとか?ちょっぴり期待しておきます。花道はやはりセントラルパークですかね?季節によって景色も一転するのでよくは解りませんがその可能性は高いですね。次の写真はアップなので量が多いのかは解りづらいのですが、食事にポテトチップスがついてくるとはやはりUSAだなと(笑)大ちゃんそれは食べない方が…とおもってしまいました。おっしゃるように確かに砂漠に突入した感は日毎に増してきて、まおちゃんの話題にちょっぴり寂しく思い(何故か)さほど関心がなかったブレスレットまで欲しくなってきています。今日もドラッグストアに行ったら後方からあの懐かしい声が聞こえて!数日前までは無かったのでビックリしましたが3回ほど聞いて帰ってきました。もうこんな些細な事が嬉しくて。大ちゃんがいつ帰って来るか、スケートに戻って来るか、いま考えても仕方ないですけど。大ちゃんには帰ってきたら是非自分のショーを立ち上げてほしい。フレンズとかではなくNYで学んで来るであろうダンスを取り入れたセンスの良い大ちゃんでなければ出来ないナンバーを見せてほしいと思っています。プロデュース及び振り付けはここまできたら是非チーズマンさんに。そして決してキャリアに拘らず踊れるスケーターを揃えて(あきおとか)新しいショーをお願いしたい。日本は同じようなショーが増えすぎて正直観客は飽きていますから。そういえば今年フレンズは10周年なんですね?荒川さんおめでとうございます。あれ?何で記念する10周年にフレンズの前につくお名前消しちゃったの?

こんにちは。

今日も更新してくれましたね。

彼の撮る写真は一瞬にして惹きつけられるようなところは彼の演技に似てるなぁと思います。

添えられる言葉のチョイスも本当に上手い。
「花道」はやはり日本語があっていて、今日は英語で「alone」。
「花道」」の言葉の持つ奥ゆかしさを感じます。英語じゃ伝わらないですよね。
「alone」は日本語で「ひとりぼっち」と書かれると、大丈夫かなと心配になりますけど、英語だと「そっか、寂しいのね、頑張れ」とちょっと微笑ましく感じます。

渡米して3週間、インスタの更新は少しは心に余裕が出来たということでしょうか。

ほっとしました。

NYの列車事故があり、やっぱり心配してしまいました。
そんな時にインスタが来ましたから、安心しましたよ!結局、どこにいても大ちゃんの事が気になって仕方がない自分がいます。
現在の大ちゃんご自身を知りたいような、そうでないような…たこやきほっぺを実際拝見すると…複雑です。

No title

渡米して3週間(21日チャレンジですね)そろそろ生活のリズムがつかめて来た頃でしょうか。頑張って英語の勉強しているかな?ダンスのレッスンは始めたかな?ホストファミリーの方たちとなじんで来たかな?と浮かぶことは彼のことばかり。これまで世界で戦って来た天下の高橋大輔、若き頃から試合や練習で海外は慣れている29歳の立派な男性に対して、平平凡凡のこの私が心配することではないのは分かっていても気になる。

インスタ更新は大輔砂漠まっただ中の私たちファンにとっては嬉しい。「花道」の写真は構図も素敵でまさにアーティスト大輔。一方「TGIF」では上目づかいのワンコ輔が目に浮かび思わず「おーーよしよし」と頭なでたい衝動にかられちゃいました。でも甘やかしはいけません。今は英語とにかく英語とお尻ビシビシ叩かないとね。

>それにしてもですね、ここ数日は皆様と同じく大ちゃん砂漠におちいり、なんかいてもたってもいられない焦燥感のようなものを感じたりもしてて疲れているのに落ち着かないみたいな。

私も映像巡りしていますが、見るたびにため息。そしてあーーやっぱり高橋大輔でないとだめだという所に行きつきます。アメリカ留学大賛成、全面応援のこの私がこんなに腑抜け状態になるなんて思っていませんでしたよ。
去年の今ごろは大輔さんは忙しく働いていましたよね。きっとこのアメリカ留学をするために逆算してあちこちにお礼行脚していたんだなぁ。

No title

こんにちは。

大ちゃんのインスタ連投嬉しいですね。
「花道。」の美しい写真は、ちょっとした湿度みたいなものもあって、少し感傷的な気分にもなりましたが、そのあとは、ひとりごはん、きょうりゅう、ときて、なんだかほっとさせてくれました。
こういうバランス感覚が大ちゃんのステキなところです。

大ちゃんのおかげで「TGIF」なんていう言葉があることを初めて知りました。
これからも「今日覚えた英語」みたいな感じでインスタアップしてくれると嬉しいけど。

大ちゃんはとてもいい環境にいるんだろうな、ということがなんとなくわかる、そういうことをちゃんと伝えてくれたことに、大ちゃんありがとう、と思った週末でした。



リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR