GW3日目にしてようやくフィギュアを見る

GW中皆様どうお過ごしでしょうか?
私は初日は衣替えで洗濯にアイロンがけで一日が過ぎ、二日目はおそろしい睡魔にみまわれ起きている時間はごはんの時間とトイレの時間のみという近来稀に見る爆睡。そして昨日はこれではいけないと思って部屋の掃除とか片付けとかその隙間にHDの中を整理して円盤に焼いて・・・大ちゃんの演技をちょろっと見て・・・でも落ち着かなくて、ついついNY情報とか見ちゃったりとか、ついでに旅費計算したりとか。
私と同じことをしてる人いると思うな。大ちゃんに会いたいっていうよりも「NY行ってみようかな」とか。
舞台も見れるし芸術系も堪能できるし。エア旅行計画をついつい考える人いると思うんです、ここ数年海外旅行なんて行きたいなんて思ったことすらない私が思うくらいなので。
貧乏をこじらす前は、結構ひとりで海外へも行っていた口なので久々行きたくなりました。
あとはスイスも。大ちゃん観光大使いけると思います。
歌子先生の講演会では大ちゃんスケート靴を持っていかなかったということで、そこからすると今年はフレンズINもひょっとしたらないかもしれないし、私がワクテカしていたイタリアのヴェローナもない可能性があります。
XOIもどうなるかわかんないし、真央ちゃんが現役復帰だったらXOIにINはなくなるので去年のような多幸感漂うXOIとは違うものになりそうだし。となると次はAOIかなと思ったり。
いやねAOIさんインスタ始めたんですけど、あいかわらず大ちゃん押し凄いの。

Art on Ice Instagram
https://instagram.com/p/2DbsiaDZtL/
Daisuke Takahashi masters the art of ice skating! For all the amazing Daisuke Takahashi fans out there, we appreciate your support! #ArtonIce #ArtonIce2015 #ArtonIceMagic #Zurich #figureskating #ice #skating #iceskating #show #music #dance #dancing #art #Japanese #figureskater #World #GrandPrixFinal #Champion #Olympic #Medalist #DaisukeTakahashi

大ちゃん画像についたこのタグの多さ。
AOIの大ちゃんへの期待度高いですよね。
もちろん大ちゃんファンがこぞってAOIに出かけたこともあるけど、公式のインタビューでは、日本だけでなく世界各国から今年のAOIはチケットの申し込みがあったと書いてあったので、全て大ちゃんファンとは言わないけれど、今年に限ってということであればやっぱり世界中の大ちゃんファンがAOIに大ちゃんを見るためにチケットを購入したのではないかなと思うわけです。ニューフェースは大ちゃんだけだしね。
カザフでも100人以上行ったわけだし。そういう噂は狭い業界だから広がると思うんですよね。
なおさらAOIであれば、フィギュアの世界では最高峰のショーの一つでもあるし。
AOI場合はもともとAOIのCEOが大ちゃんのファンだったということも大きいかもしれないけれど、その期待にはっきり応えたのもまた大ちゃんだと思う。
AOIを見ていて思ったのは、AOI側は大ちゃんをチケット販売時よりもかなり押してくれていたけれど、実際興行が始まって見なければ大ちゃんのショースケーターとしての価値はわからないところがあっただろうなと感じた。
大ちゃんが滑るプログラムの順番だとか構成だとか。もちろん大ちゃんに対してのリスペクトがあることはわかるけれど、手探りでいる部分もあって大ちゃんのプロとしての実力を試しているところはあったと思う。
例えばturn offのあとのグループナンバーの流れとか。
その前にピアソラを滑っていて、後半にダンサブルナンバーのturn offそこからのグループナンバー。
他のスケーターよりも大ちゃんの体力的消耗は激しいのではないかと思う。
一日2公演あり中休み1日、夜はパーティにも出る。最後は高地のダボス。終わりに近づくにつれて演技に深みと艶が増し盛り上がって行く様を見るとこれぞツアーを見続ける醍醐味ではないかと感じた。

AOIの出演者の演技を見て、ただスケーティングが上手いというだけでは一流のプロスケーターではないという事。
どのスケーターもやっぱり持ちネタというか、幅広いジャンルの音楽で滑れる才能があること。
ただ振付師の振付をうまく振付けるのではなくそこに華を魅せる才能があること。

表現力という言葉は凄くお手軽な言葉になってしまっている昨今だけど、今表現力が凄いと言われる表現力は、例えていえば学生の発表会やコンペなんかを見る時に感じるものと同じような気がする。
一見テクニックは凄いし、難しい作品にも挑戦する。けれど見たり聴いていても表現が浅い。
担当教授や先生が教えた通りに審査員受けする表現を忠実にする。綺麗だけど心にひっかかるものがなく時間が長く感じるか、もしくは表現力という言葉を意識しすぎて押しつけがましい個性を表現力だと勘違いしている人もいたりする。
そういう若い演技や演奏が好きという人はいいかもしれないけれど、私はそこまでパトロン気質はないので、どうだどうだと言わんばかりの表現力を見せつけられるのはうんざりすることもある。
なんというか、若さゆえでは表現できない気持ち悪さを感じることもフィギュアの世界以外でも多々ある。
下手でも表現することに清廉さというか純粋さ、そういうものを感じる人はどのジャンルの人の作品でも好きだったりする。
私は好みとしてその人の性格や思考の仕方に共感しやすいのかもしれない。
なんてことをGWの最中考えていたのである。

話は突然変わりますが、あきおの最後の演技がyoutubeにあがっております。
あきおもある意味純粋で好きです。おばかで純粋にフィギュアを愛しているところが。

フィギュアスケート佐々木彰生選手ラストダンス


あきおの引退ももったいないです。これからスケーティングも表現力も磨かれ洗練してくだろうことがわかるだけに、現役引退は本当にもったいない。健人くんとかもだし、あと村元姉妹も。妹さんはダンスに転向だけど、おねえちゃんもダンス向きだったのでは?と思うんだけど。これからの成長をもっと見たいと思う選手が若くして引退してしまうのは本当にもったいないと思う。なんとかならないものか。
国内でのショーも今は乱立しているけれど、ショーは違っても同じメンバーで同じプログラムで滑るショーなので正直ファンでなくては飽きるだろうなと思う。あきおクラスのスケーターこそその才能をプロの世界で生かせるようになったらいいのにと思う。例えばコメディ担当とか、アクロバットとかジャブリングとか海外のショーにはそういうスケーターもいるし、日本人からも出ていいと思うんだけど。そういうスケーターが育つことも日本のショービジネス界が変わるきっかけになるのではないかなと思う。

日本国内で見ることができるSOIは正直コストパフォーマンス的にはいいショーではないんだけど、いいところを上げるとすれば、スケーターがプロを複数用意しているところ。
あので、贔屓スケーターがいれば複数回みれば複数プロが見れるところがよかったりはする。
日本のショーの場合、固定プロでショーを複数回見るのはほど懐事情がいいか、ご贔屓スケーターでないと厳しいですから。
今はショーバブルなのでまだまだやれてるけど。
ショーにお客が呼べるスケーターがどれだけ育つか、そしてショーを作る側も観客をどれだけ楽しめさせるのか、今のショーとしては一貫性のないお披露目会的なショー構成では、文化としては根付かないと思う。
美姫ちゃんが、今はアイスショーを見に来ているのではなく、スケーター目当てできていると愚痴ってたことがあったけど、半分くらいはその通りだと思うし、半分はあなた達もショースケーターとして魅せる演技をしなくちゃだめだよねとも思う。同じようなスローバラードばっかりの演目が続いくことも多いので正直ショーの中盤、中だるみすることもある。
またかって。衣装もここ数年はシンプルで衣装を見る楽しみも少なくなってるし。衣装替えとかこの頃しないもんね。
日本もプロのスケーターが多くなってきたので、プロスケーターの皆さんは観客がスケーターにどんな演技を望んでいるのかという視点でもプログラムを考えて欲しいなと思う。
美姫ちゃんとか、もっと可愛い系のプロでもいいと思うんだけど。ダンサブルなのとか。妖艶系はもうお腹いっぱいっていうか。
去年のFaoIの郷さんの持ち歌で滑ったハリウッドスキャンダルは私のまわりではかなり評判がいいんだけどな。
美姫ちゃんの新しい一面を見たというか。決して素の美姫ちゃんて妖艶ではないじゃないですか。
どっちかっていうとお世話やきのちょっと強引なおかん気質っていうか。妖艶系はなんか違うんだな。
一部の男性ファンは妖艶系見たいかもしれないけど。
私は小悪魔的な可愛さのある美姫ちゃんの演技のほうが見たいわ。妖艶系は30代半ばになっても滑れるから今滑れるプロっていうのを滑って欲しいものです。

それからあっこちゃんもプロになってから気になってます。
正直あっこちゃんジャンプ抜きでいいんじゃないかなって。ステップで十分魅せられるし。
ジャンプを入れるなら3回転とばなくっても2回転でいいんじゃないかなと。
私が見に行ったショーではジャンプが不安定で見ているほうの意識が一旦とぎれてしまってその後の演技に集中して見れないということが何度かあってあっこちゃんの演技がどうだったか記憶にあまり残ってない。
以前体育会TVでプルシェンコがショーで3Sにこだわる望結ちゃんに、ショーはお客さんに楽しんでもらわなくてはいけないから、不安定なジャンプでショーの流をとめるよりはできるジャンプでプログラムとして完成させなくてはならないという事を言い聞かせてたことがあるけど、さすがプルシェンコと思いました。プロの世界はそうなのだ。観客視点でも考えないと。
まだ日本は現役スケーターがショーの中心を担ってた時代からやっとプロスケーターが中心のショーになってきたところなので、プロのショーとはということに関して手探りなのかもしれないし、現役時代は選手が選んだプロを観客が受け身で見るということが当たり前だったけれど、プロスケーターになったら観客視点のプログラムも考えてもらわないと、それをスケーター側やショーの主催者が自分たちから与えるというような思考でショーを作っていては、いつまでたっても美姫ちゃんが言うように、ショーを見にくるのではなくスケーターを見に来るという感じは変わらないと思う。
ショーを見に来るお客さんがスケオタ以外に増やそうとするならば、ショーとしてのプログラムを滑らないといけないんじゃないかと思う。
あとアッコちゃんに対しては、私はいつもあっこちゃん泣かせてという泣きプロを期待しているところがあるもので
プロになってからあっこちゃんの演技では泣けないのが寂しいです。
泣かせてあっこちゃん。
大ちゃんや真央ちゃんの演技でも早々泣けないけど、あっこちゃんの演技では鼻水でるくらい何度か泣いてるんで。

そうそう、今週にあるフィギュアスケートTV大ちゃんの演技のリクエストはしてきたけど、あっこちゃんだったら2008年のMOIだったかの、りベルタンゴがやっぱり見たいですな。髪の毛がちょっと乱れて滑るところがまたよかったんだけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

I love NY !

GWをマッタリトとお過ごしのようですね。私も雑用に追われながら何処に行くでもなくボーッとしておりますが…ののまめさん、是非是非NYに行ってください。私は以前からNYに憧れていて(音楽関係なので)いつかは行きたいと思っていた所、大手企業勤務の友人がNY勤務になり、今行かないと!って無責任に仕事も1ヶ月休み行って参りました。約1ヶ月住むように旅するという事をテーマとして行ったので毎日がとても楽しく充実した旅になり本当に良い思い出です。友人は昼間は仕事があるので一人でブロードウェイやメット、セントラルパークなどに出かけ、時にはフェリーに乗り自由の女神🗽を拝んだり…一人って結構楽で楽しかったです。夜はマンハッタンで待ち合わせして食事。NYで一番ビックリしたのはオペラのカルメンを見に行った時、舞台に動物が登場していたことですかね。日本では絶対あり得ない。交通機関もオペラがあるときは遅くまで運行しているので芸術を守るっていうか、大事にしてるんだなと感心しました。一度いかがでしょうか?アイスシヨーのお話、日本は同じようなショーが乱立しすぎで出演者も同じだと飽きられますよね?
AOIで主催者側から曲を指定するというのもショー全体のバランスとかを考えるととても理論的で観客サイドを飽きさせない工夫が十分されているなぁと。最高峰のアイスシヨーの称号にふさわしい物でした。勿論主催者の要望に応えられるスケーターがいるから出来る事ですけど。ステファンを見ていてもクオリティーの高さに目を奪われるし、大ちゃんのダンスクオリティーにも驚愕ですし。プロスケーターと呼ばれるに相応しいスケーターが今後どれだけ出てくるかという事がこれからのショーの存在価値を左右するのではないでしょうか?高いチケットを支払って見に行く観客を満足させてくれる出演者であってほしいし、他の仕事の片手間仕事にはなって欲しくないと思っています。アメリカで色んな芸術を目にした大ちゃんが将来プロデュースするアイスショーを夢見ています。語学修得を本気で目指すならNY拠点でも良いのではないかなと(1年ではモッタイナイ)思ったりするのですが。

No title

NYとの時差を頭に叩き込み、「大ちゃん朝寝坊してないだろうか」とかついつい考えてしまいます。
大ちゃん情報が途切れがちな今、ここぞとばかりに溜まった映像の整理をしてるのですが、ついつい最後まで見ちゃって進まないんですよね…。

AOIは大ちゃん、期待通りというより期待以上だったのではないでしょうか。歌子先生の話ではManEaterの椅子のパフォーマンスはわずか1日のリハーサルで覚えたそうで、やっぱり天性のものなんですね。
こんな風にいろいろUPしてくれると嬉しいですね。
あと、思い出のマーニー×髙橋大輔のCMを見た海外の人が、よほど気に入ったのか大ちゃんにクールとかセクシーとか言いまくりなのにびっくり。
わざわざ動画をUPするくらいですから相当です。
スケートファンではなさそうですが、やはり見れば分かるものなんですね。

彰生くんは、昨年のオフシーズンの時には続けるような話だったのが突然の引退というのはリンク問題が絡んでいたと聞きました。
練習場所が確保できないというのはスケーターにとってとても辛い状況ですよね。
スケート連盟にはそういうサポートをしてもらいたいものなんですが、違う方向ばかり見ているようで。
彰生くんはまさにエンターテイナーですよね。彼のようなスケーターがショーに出てくれるとさらに盛り上がると思います。最近いろいろ出没しているようなので、今後に期待です。

スイスのAOIを見ると、確かに日本のショー構成はお披露目会的ですよね。最近は特に複数のショーが似たものになってしまって、ショー自体の個性があやふやになってきているような気がします。
XOIは当然ながらクリスマスをテーマにしていて、全体を通して一つの世界が出来上がった感じだったので、だからより楽しめたのかなとも思いました。

Re: No title

ユーリさん

> あと、思い出のマーニー×髙橋大輔のCMを見た海外の人が、よほど気に入ったのか大ちゃんにクールとかセクシーとか言いまくりなのにびっくり。
> わざわざ動画をUPするくらいですから相当です。
> スケートファンではなさそうですが、やはり見れば分かるものなんですね。

見た見たアップしようかなって思ってた動画
ジブリマニアかと思ってたら大ちゃんにうっとりでしたね。ちょっと言葉悪いとこあるけど
大ちゃんの吐息に興奮してたし。
監督の思うツボでした。
公式が5月11日までかと思うと残念ですよね。
>
> 彰生くんは、昨年のオフシーズンの時には続けるような話だったのが突然の引退というのはリンク問題が絡んでいたと聞きました。
> 練習場所が確保できないというのはスケーターにとってとても辛い状況ですよね。
> スケート連盟にはそういうサポートをしてもらいたいものなんですが、違う方向ばかり見ているようで。
> 彰生くんはまさにエンターテイナーですよね。彼のようなスケーターがショーに出てくれるとさらに盛り上がると思います。最近いろいろ出没しているようなので、今後に期待です。

リンクの問題となるとなかなか難しいですよね。
民間のみだとよほど収益がないといけないし、そうなると自治体にお願いだけど、場所もそこそこ広さも必要だし。建てても維持費が大変とも言うから。中京や関大みたいに自前リンクを作ってくれる大学があるといいんですけど、でもあれもまたOBが寄付したりもしているというし。難しい問題です。
ちょっとまえで現役男子スケーターがツイで、男子でシンクロチーム作ってワールド目指そうかなみたいなことつぶやいてましたが、もし本気だったら応援したいなと思いましたが、シンクロ練習できるリンクが確保できるかという問題がまたありますよね。
でも男子シンクロみたいわ

Re: I love NY !

Beethovenさん

> GWをマッタリトとお過ごしのようですね。私も雑用に追われながら何処に行くでもなくボーッとしておりますが…ののまめさん、是非是非NYに行ってください。

行ってみたいとは思ってはいるんですけどね。私海外へ行くと美術館博物館史跡めぐりに舞台を見るというのが定番なので、なぜかNYというかアメリカ本土のほうは縁がないんですよね。
ヨーロッパのほうは今では渡航禁止になってるような国にも行ってるのに、決してヨーロッパ好きっていうわけでもないんだけど、ヨーロッパのほうに縁があるっていうか。今の職場もヨーロッパの企業だし。
でもNYのみならず南部の方の現代アートの美術館で行ってみたいところあるんですよね。
けど、大ちゃん復帰の時のための海外遠征費を溜めねばなりません。それが第一なので!
でも、なんかカードの支払見るとショーに出ていた時と出費がかわらないんですよね。お金たまんないじゃんって。あとはタオルセットが待ってますからそれでひと段落かな・・・あ。くるみ割り人形がありますねまだ。

No title

5月5日(もう日付は変わってしまいましたが)は「タンゴの節句」だそうで、あちこちで素敵な「タンゴ祭り」を開催していただいて、眼福でした。

日本のアイスショーってほとんどEXの延長でしかないので、あまりショーとしての面白味はないですよね。なので、ショーではなくスケーターを見に行く、というのは仕方ない気がします。そもそも、そういう「贔屓のスケーター」を見たい人たちが、高額なチケット代を負担してくれるから、興業的に成り立っているのでしょうし。エンターテイメントとしてのアイスショーを、スケートを知らない層が気軽に見に行くような、そういう土壌はないですし。

(大ちゃんが戻ってこないかも、というコワイ考えはこの際無視して)
大ちゃんと踊れるメンズだけを集めたアイスショーとか、見てみたいです。
あきお君とか、こばひろ君とか、けんじ先生とか・・ぜひ、メインキャストで。
こばひろ君なら大ちゃんをリフトできるし。けんじ先生とは是非タンゴコラボの完成を目指してほしい。とか、妄想しているうちにGWも終わりです。





No title

ののまめさんの書いてあること、うんうんそうだよねと興味深く読ませて頂きました。

>歌子先生の講演会では大ちゃんスケート靴を持っていかなかったということで、そこからすると今年はフレンズINもひょっとしたらないかもしれないし、私がワクテカしていたイタリアのヴェローナもない可能性があります。
XOIもどうなるかわかんないし、真央ちゃんが現役復帰だったらXOIにINはなくなるので去年のような多幸感漂うXOIとは違うものになりそうだし。となると次はAOIかなと思ったり。

私は多分年内のアイスショーのINはないかと思っています。限定記事の方で書きましたが、その選択は大輔さんにとっていい選択で、充分にアメリカ生活を満喫して実り多いものにして欲しいという気持ちの方が、大輔さんの演技を今見たいという欲望より強いです。(もちろん淋しいけれどじっと我慢です)

日本のアイスショーの現状。どれもこれも出るスケーターもショーの名前も同じようなのばかりで、相変わらずの高いチケット。大輔さんの演技が見たいがために今まではショーにも足を運んでいましたが、彼が出ないショーで見たいと思うものはない。(The Iceが関東地方であるなら見に行きたいですが、交通費をかけてまでにはならない)

>あきおクラスのスケーターこそその才能をプロの世界で生かせるようになったらいいのにと思う。例えばコメディ担当とか、アクロバットとかジャブリングとか海外のショーにはそういうスケーターもいるし、日本人からも出ていいと思うんだけど。そういうスケーターが育つことも日本のショービジネス界が変わるきっかけになるのではないかなと思う。

AOIを生で見た時私もあきおのこと思いました。彼がショースケーターとして活躍出来る場があればいいなと。出ていたカナダのLibreのようなグループもいいかもねと。

特典映像のインタビューで「試合と同じような気持ちでショーがしたい」というような事言っていましたよね。たとえは良くないかもしれませんが、今までの”片手間でも出来てしまうショー”には大輔さんはモチベーションがわかないんだと思います。あのインタビューはAOIの前なので、実際にツアーで回ってみていろいろ感じて考えることもあるのではないでしょうか。

GW中、きっと大輔さんがエンターテイメント、ショービジネス界で成り立つ新たなアイスショーの道を切り開いていくんじゃないかと、エア旅行計画を立てながらNYにいる大輔さんに想いをよせています。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR