黒光り大ちゃんと床の間に飾りたい昌磨くん

神戸チャリティへ行ったPたんの感想。

「しょうまくんの激カワぶりにさすがのイケオタPたんも knock out でしたわ!
いや~。ほんとかわいすぎて思わず家に連れて帰って床の間に飾っておきたい衝動にかられた(^^;;;
大ちゃんは去年とは大違いですっきりほっそりそしてなぜか黒光り(^^;; でも、とってもかっこよくて、これでしばらく見納めかと思ったら超さみしくて涙出そうになった」


Pたんは昨年もチャリティに行っているのですが、昨年は大ちゃんの募金箱にお札を入れようとしていたのに肝心のお札を紛失し、財布の小銭をかき集めて募金箱に入れた苦い経験があります。そんなことで多分満足に大ちゃんに声をかけるという余裕は昨年なかったの今年こそはといいつつ、チャリティへ行く前に大ちゃんに何と言えばいいのかちょっともじもじしていました。
そのもじもじの理由は、一昨年大ちゃんが膝の怪我をした後に偶然大ちゃんを見かけ、
「ケガ大丈夫ですかー?」
だったかな、そんな事を思いのほか大きな声で言ってしまい、大ちゃんがそのPたんの声におびえたたチワワみたいな表情でびくついたらしく、大ちゃんを怯えさせた過去があるだけに、今度こそはそんな失敗はできないということで、今回は私の分の募金も持って行ってもらったので、無事大ちゃんにはおしとやかに(多分)友達の分もあずかってきましたとか言えたようです。
詳細はまだきちんと聞いてないので、またじっくり根掘り葉掘りきこうと思いますが、Pたんは典型的な関西人なので、以前も書きましたが、しゅっとしててーとかで全てが伝わると思っているので、詳細レポが聞けるかなぞです。

あとは、ツイでも何人かの方がつぶやいてたけど、生昌磨の可愛い事ったらないようでしたね。
Pたんも床の間に飾りたい可愛さって言ってるし。
他の方も連れて帰りたいって言ってる方がちらほらいたし。
来シーズン楽しみです。ショーもあるか。
私は至近は、国別だけなので昌磨くんゲストにINあるか、あったらいいんですけどね。
なかったらちょっと悲しい。
国別は私ジェレミー・アボット目当てで早々に買ったんですけどね。
もちろん出れるかどうかはわからないけど、早い時期から彼は国別に出たいと言っていたので、見れる時に彼の演技は見ておかなくちゃならないと思って。
でも今回は無理のようで残念です。
そんなことで、昌磨くんも出ないとなると泣けるわ。
ただ行けばそれなりに楽しんではくるんですけどね毎度。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

神戸チャリ~バキューム星人に魂吸い取られる!

神戸チャリ行ってきました。
募金の際、キラキラ目星人――大ちゃん風邪気味のようで若干キラキラ度落ちてましたが――の琥珀色の“eyeビーム”にやられ、翌朝、鏡を見ると左眼に“めばちこ(物貰い?)”が30年振りに出来ていました。笑
という個人情報はさて置き、冒頭挨拶の段階から、大ちゃんは昨年までの大ちゃんではなく、凛々しく一味もニ味も違う頼もしい大ちゃんでした。(当然お約束のカミカミ連打は全くなし)
この辺りの詳細は“関大ブームスポ編集局”さまのFBかTwitterでご一読下さいネ。
会場には2,583人の観客が入っっていたそうで、周囲をぐるりと見回しても、今までで一番多かったのではないでしょうか。
ずっと参加していて思うことは、ノービスから“踊れる”選手、3回転ジャンプとかコンボもフツーに跳べる選手が多くなったなぁと・・・。
印象に残ったのは白岩優奈ちゃん、コンボとか三連とかフリー(だと思う)ジャンプ全部成功してました。(ミスする気配もなく恐るべし!)
理華ちゃんも、エキシなのにSPの3T-3T跳んで“オッ!”となってたら、佳菜ちゃんがフィナーレで負けずに3T-3T跳んでました。
昌磨くんも4Tの失敗をフィナーレで跳んで挽回、一見冷静沈着なイメージの選手のようですが、やはり負けず嫌いなアスリートでした。
確かに独自の雰囲気を持った選手で将来が楽しみ!

一部佳菜ちゃんの後に大ちゃんが黒い衣装でリンク際に現れたとき――織田くんのアナウンスもあり――“えっ!もう大ちゃん?この衣装はマーニーやわっ!”と驚いたけれど、ほっとしたことも事実です。
何故なら、私的事前予想は、マーニーorTIme toだったので、もしTime toだったら、(一度パン・トン組のように現役復帰して、大ちゃんの理想の演技で終止符を打って欲しい!と願っている私としては)もう現役復帰できるカードを封印してしまった、と解釈できるから・・・大ちゃんには何の他意もなくマーニーだったとしても・・・余白を残してくれてよかったなと、個人的には。(アクマデ身勝手ナ解釈デス)

二部のとりは大ちゃんの『I'm Kissing You』・・・私の好きなプロで“見納め”でした。
りんスポの初見で、そのプロに生身の人間の血肉を通わせ・魂まで吹き込んだ凄みある大ちゃんの演技力(表現力)とそのオーラ――賢二先生の素晴らしい振付あってこそですが――に心奪われ、やはり大ちゃんは稀有な選手なんだと再認識し、この神戸チャリでは哀しみの想いが伝わり、大ちゃんの演技はまさに“一期一会”でそれぞれが貴重な演技だなと。

“マーニー”と“kissing you”を滑る大ちゃんは・・・別格のオーラが出ていて、氷に優しい滑らかなスケ-ティングにうっとり♪(搔キ氷ヲ削ル音ナンテ、シナイシナイ!!!笑)
広いリンクで滑る“マーニー”は振付を少し手直ししていたような(と思う)ところも見られ、慈愛のマーニーでした。CM撮影で“フゥー!”と片膝付き、仰向けで息を吐くところに好奇心をそそられ、オペラグラスで口元に注視してみましたが・・・館内はそんなに冷え込んでおらず、残念!といったところ。笑
“Kissing you”のリズミカルな曲調に右足を後ろにトントンと蹴るところは省エネ?でトンの一蹴りだけでした。笑

で、募金活動の進行状況は、昨年より実質(募金者)人数も多かったように思いますが、かなり速かったのではないでしょうか。
その待ち時間に賢二先生の“あるあるモノマネシリーズ第2弾”が間隔開けてあったことも(速く感じた要因?)。
①田村岳人コーチのフリップジャンプの入り方、ジャンプ前後・・・そっくり!
②タケシコーチのトゥループ入り方だけ。似てる!
③佳菜ちゃんのサルコージャンプの入り方・・・両手振る・・・これも似てる!
④崇ちゃんが試合で(演技前に)、グイ~ンと体を後ろに反って小さく旋回。その後佐藤コーチにクルクルポン!・・・よく見てはる!
⑤冒頭ポーズ(クライシス)で賢二先生固まってらっしゃる。笑
 で、“マンボ”とか言って、マンボのステップしはる先生。
⑥クライシスで感情が高まり過ぎたため速く行き過ぎ、少し待つ高橋大輔・・・もう役者デスネ!

そうこうする内、順番が来てロビーへ移動。
昨年はロビーでかなり待機しました。
が、今年はスタッフの方のテキパキ迅速誘導が功を奏し、あっという間(私の感覚)に募金箱へ・・・。
今年は、募金に立たれるスケーターが昨年の2/3程の8人でしたのでそれも影響してる?

上野さん→刑事くん→理華ちゃん→昌磨くん→佳菜ちゃん→タケシコーチ→織田くん→大ちゃんの順。

スタッフの方たちは、最後の観客の帰宅時間やスケーターの皆さんの疲労度(大ちゃんは風邪気味ですし)等も考慮し、かなりテキパキと誘導されていましたが、タケシコーチの辺りのスゴ腕(笑)のスタップの声に慌ててそそくさと募金。
いつも織田くんとは子供さんの話とか(未来のオリンピアンね、だとか)できてたのにね。笑
でも、大ちゃんにだけは一言を・・・と思いつつご本人を前にすると、三パターン考えていた言葉がどこかへすっ飛んでいって、思いもよらない言葉が無意識に口を突いて出て・・・後で知人と笑う笑う。www
顕在意識は吹っ飛び、無意識下にある言葉(日常よく使用したり、想いの強い言葉)が出たようです。
オマケに、別口で一年間貯めていた貯金箱を入れてた小さな紙袋ごといつの間にか長机に置いてきていたようで、全く記憶喪失の状態。笑(決してプレゼントの品ではないですので。笑)

昨秋9/21の“トークショー”では、オーラを隠蔽していた大ちゃんだったけれど、リンクで観客の大声援や大拍手で“自信とプライド”を装備した(と思われる)大ちゃんは、募金活動ではややお疲れモードでしたが、後で知人たちの声を聞くと、さすがいつものファンの記憶を吸い取る“バキューム星人”でした。笑
写真でもお分かりのように、大ちゃんはもう脱皮(変貌)しつつあります。
(失礼なコメありましたら、ゴメンナサイ!)

今年も長時間、スケーターの皆さん、スタッフの皆さんに感謝です。

ののまめさん、ニュアンスだけでも・・・こんなに長文になるとは思わず、その上駄文でゴメンナサイネ!

Re: 神戸チャリ~バキューム星人に魂吸い取られる!

guppieさん
あつくる・・ちがった熱い神戸チャリティ感想文ありがとう
今日は寒いけど、気持ちは熱くなりました。
じんわり

> 一部佳菜ちゃんの後に大ちゃんが黒い衣装でリンク際に現れたとき――織田くんのアナウンスがあり――“えっ!もう大ちゃん?この衣装はマーニーやわっ!”と驚いたけれど、ほっとしたことも事実です。
> 何故なら、私的事前予想は、マーニーorTIme toだったので、もしTime toだったら、(一度パン・トン組のように現役復帰して、大ちゃんの理想の演技で終止符を打って欲しい!と願っている私としては)もう現役復帰できるカードを封印してしまった、と解釈できるから・・・大ちゃんには何の他意もなくマーニーだったとしても・・・余白を残してくれてよかったなと、個人的には。(アクマデ身勝手ナ解釈デス)

全く一緒のこと考えていました。
time to say~は本当の本当の最後のプログラムではないかなと。
だからこそ、私も今回滑らなかったことは大ちゃんの中では少しはまだ思うところもあるのかなと
きっと高橋大輔物語の伏線になってるかもよ、この選曲の仕方も

ののまめ様、お邪魔致します。
僭越ながら神戸チャリティに行って参りましたので、少しでも様子が伝わればと思いコメントさせていただきます。高橋さん中心になってしまうかと思いますが。
五時半を少し過ぎた辺りで開演、その後いつものように始まり、ノービスやジュニアの選手が次々と演技。トップバッターは一部は島田くん、二部は星南くんだったと思います。氷の状態があまり良くないのか、ジャンプの着氷が乱れてしまう事態が頻発していましたが、どの選手も素敵な演技を見せてくれました。特筆させていただくと、上野沙耶選手のアメイジンググレイスがとても素敵でした。
そして高橋さんは、やっぱり音が見えるかのような素敵な演技でした。広々としたリンクを滑る姿は久しぶりに拝見しましたが、音もなく滑らかで、ステップをしていてもすいすい進んでいくのに、音の感情をそのまま受け入れているような動きは彼ならではでした。着氷含めてジャンプの音さえあまりしないのに驚きます。マーニーもkissingもとても素敵でした。マーニーの片膝をついて滑るところで歓声が起きてました。
そして募金。自分は早く呼ばれましたが既に係員の方が進行に苦心されていました。去年より随分列の進みが早かったと思います。募金箱を持っていたのは上野選手、刑事選手、本郷選手、宇野選手、村上選手、本田さん、織田さん、高橋さんでした。女性陣は(特に村上選手は元気いっぱいな)素敵な笑顔でお礼を言ってくれ、男子選手のお二人は緊張気味でしたが、特に宇野選手はすごく真面目な顔でお礼を言ってくれました。
高橋さんは体調が優れないのか、大きな目が少し赤かったです。自分は高橋さんより少し背が低いはずなのに何故か上目遣いでお礼を言われ、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」のごとく、本当に腰の低い方ですね。早くどかねばと思いつつ、どうにか「行ってらっしゃい」と力一杯言うことができました。でも刑事選手、宇野選手、高橋さんはあの肌寒い中半袖だったので、風邪を引かないか少し心配です。
あと、募金の準備の際に宮本さんがリンクでものまねをしてくださり、自分は岳斗先生と本田さんのバッククロスからジャンプの入りまで、村上選手のも見ることができました。似ていたと思います。
ええと、だいぶ自分の感想ばかりになってしまいました。その上、皆様のお知りになりたいことのツボを外していたらすみません…。
また思い出したことがあったら、ご報告させてもらってもいいでしょうか…。
それでは、長々とすみません。失礼いたします。

Re: タイトルなし

じめさん
長文感想文ありがとうございます。
私アメブロからFC2に引っ越した理由のひとつは、みなさまの大ちゃんへの熱い思いがつまった文章がですね、アメブロだ度文字数制限にひっかかっちゃって分割になってしまうこともあるんです。
こちはどのくらい長文が書けるかわかんないですけど、アメブロよりも制限は緩いようなので、もう熱き想いどんどん書いていただきたいものです。

あらためまして、じめさん
大ちゃんのことのみでなく、他のスケーターの人達の感想文までありがとうございます。
神戸チャリティDVDで売らないかなと思うくらい豪華メンバーですよ。
カメラワークとか気にせず、客席からの1方向とあとはリンク側の1カメくらいの荒いのでもいいので売ってくれと思うほどです。


> 五時半を少し過ぎた辺りで開演、その後いつものように始まり、ノービスやジュニアの選手が次々と演技。トップバッターは一部は島田くん、二部は星南くんだったと思います。氷の状態があまり良くないのか、ジャンプの着氷が乱れてしまう事態が頻発していましたが、どの選手も素敵な演技を見せてくれました。特筆させていただくと、上野沙耶選手のアメイジンググレイスがとても素敵でした。

上野さんは、去年のフレンズでもいい演技をしていましたよね。
いい演技というか、いつも上野さんの滑った枠というのは、経験を積むためとか自己推薦枠だったりするので、ショーの一部の時間をもらうみたいに、ちょっとショーのおまけ感というかそういう雰囲気があるんだけど、去年は上野さんはじめ一番小さい藤原りこちゃんまで、フレンズのショーのメンバーという一体感があるように感じました。
去年は大ちゃんがメインの扱いもあったし、ショーの前にごたごたあったのも逆に幸いしたというのかもしれないけれど、メインスケーターでない自己推薦やちびっこスケーターたちまでショーを盛り上げようという一体感があって見応えがあったのを思い出します。
ただミスなく滑るのではなく、ショーとしてお客さんに楽しんでもらうという意識レベルがみんなにあったのかもしれません。
なので、いつも忘れがちになる自己推薦枠のスケーターやちびっこスケーター達の演技ですが、去年の演技は彼女たちの演技もちゃんと記憶に残っています。

> そして高橋さんは、やっぱり音が見えるかのような素敵な演技でした。広々としたリンクを滑る姿は久しぶりに拝見しましたが、音もなく滑らかで、ステップをしていてもすいすい進んでいくのに、音の感情をそのまま受け入れているような動きは彼ならではでした。着氷含めてジャンプの音さえあまりしないのに驚きます。マーニーもkissingもとても素敵でした。マーニーの片膝をついて滑るところで歓声が起きてました。

広いリンクでのマーニー見てみたいです。
あの極小リンクですらのびのびと大らかに滑っている姿を見ると、広いリンクで滑っているところをみたらどんな感じかと。
いつか見せてくれることを祈って楽しみにしていようと思います。

メインスタンド下のカメラ

ののまめさん、万里の長城(少シオーバー笑)並の長文でゴメンナサイ!m(__)m
アップされた私のコメ見てビックリ!想定の3倍もあって・・・。(^^;)
アメーバは1000文字制限、FC2はどの位書けるのでしょうねぇ、自重せねば・・・。
今年は、大ちゃんの“お別れ演技会”的意味合いもあった神戸チャリでしたし、しめっぽいの苦手とか言っていた(XOIで)大ちゃんなので面白いコメをと書いたのですが、大して面白くもなく・・・でしたネ。(^^;)
いつものことですが、内容もいくらか訂正・変更しました。

>神戸チャリティDVDで売らないかなと思うくらい豪華メンバーですよ。
カメラワークとか気にせず、客席からの1方向とあとはリンク側の1カメくらいの荒いのでもいいので売ってくれと思うほどです。

2部前後だったか、小さなカメラが後半までメインスタンド中央下にずっと設置されていましたので演技を撮影してたのかも?です。
確か一昨年販売のDVD『高橋大輔』の特典映像に神戸チャリの『ピアソラ』入っていましたよね。
こんなビジネスチャンスをみすみす逃すとは思えませんしね。笑
いつもの某社から何かとセット販売されるのではないでしょうか。

で、神戸チャリのマーニーのリンクカバー率は、通常のダイスケ比では流石に狭かったです。

大ちゃんの膝(半月板損傷)の完治はムリと一般的には言われてますが、私の長い人生経験の中で、私自身も奇跡的な出来事を体験してますし、顧客・知人等を含め常識では考えられないようなことを何度も見てきています。
なので、大ちゃんの膝も治ると信じていますし、現役復帰もできるのでは(ご本人の意思次第ですが)と考えています。
運命的相似性の多いマリア・カラスんも脚の怪我が縁でパートナーと巡り会っていますし、どの国かで大ちゃんも・・・と密かに期待しているのですが・・・。

Re: メインスタンド下のカメラ

guppieさん
>
> 2部前後だったか、小さなカメラが後半までメインスタンド中央下にずっと設置されていましたので演技を撮影してたのかも?です。
> 確か一昨年販売のDVD『高橋大輔』の特典映像に神戸チャリの『ピアソラ』入っていましたよね。
> こんなビジネスチャンスをみすみす逃すとは思えませんしね。笑
> いつもの某社から何かとセット販売されるのではないでしょうか。

もうね、早く抱き合わせでもなんでもいいので売ってほしいです。
砂漠こわくてこわくて
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR