奥様、大ちゃんスイスでとんでもない人ひっかけてきたらしいわよ

肩こりと右腕が腱鞘炎のような状態に・・・・多分わかるわかるとモニター越しにうなずいている方もいらっしゃるでしょう。
そう、チューリッヒ大ちゃん動画やら関連動画見まくってマウスでぽちぽちやってるもので、肩が・・腕が・・・でもやめらえません。
ブログも書こうと思うんですよ、でもちょっとだけと思うと、何度もリピしちゃったりとか・・・また新しい動画をあげてくださる方がいらしたりとか、もうやばい。
多分明日のお休みもパソコンの前でリピ地獄でしょう。
大ちゃんローザンヌ公演始まりますしね。

ところで、大ちゃん早々に大物ひっかけてきたようです。
sean.jpg
https://twitter.com/cheesmansean/status/564888733015883776/photo/1

ご覧のとおり、大ちゃんに何かインスピレーションのようなものを感じているようです。
このSean Cheesmanさん、凄い人でした。
ジャネット・ジャクソン プリンス ティナ・ターナー ホイットニー・ヒューストン 今はブリトニーとかの振付もしている方とか。
マイケル・ジャクソンのSCREAMでジャネットのほうの振付をしています。

Michael Jackson - Scream


こっちの動画が、上のPVのメイキングで4:12過ぎくらいにSean Cheesman氏が出てきます。

MICHAEL & JANET IN THE MAKING OF SCREAM


ツイッターでは同じカナダ人のテサモエにもつぶやいてますけど、大ちゃんには!!!!ついてウキウキです。
アメリカへ行くまえに大きな収穫です。えらいこっちゃです。
あとyoutubeをあさってたら彼のお仕事の動画があったのでそちらも

Sean Cheesman Musicals Showreel


これぞエンターテイメント。こてこてエンタです。
キャラバンのような香りもありつつ。
大ちゃんこんな振付で踊ってくれたらとか妄想してしまいます。
それと、私やっぱりロックンロールメドレーが心残りで。
可愛くて粋でステキだったんだけど、やっぱり何かたりないんですよね。
ナナミバーションもそれから競技会バーションも。音楽とダンスの年代が合わないというのは何度もかいてきたんだけど、アメリカのショーナンバー的なねばっこさというや、やりすぎ感がちょっとたりないというか。
あと一味何かがたりないっていうあれなんですよね。
やっぱりアメリカのショービスの世界の人が振付けてもらったら、もっと違ったものになるのではないかなとこの動画を見て思いまして、50年代60年代のR&Bで大ちゃんにはロックンロールメドレーのリベンジしてほしいんですよね。
ちなみに、大ちゃんに滑って欲しいと日頃妄想しているのが

日本語タイトルだと「ダンス天国」
Land Of 1000 Dances by Wilson Pickett with Lyrics


SMOKEY ROBINSON & THE MIRACLES - GOING TO A GO-GO


そして、バラード系はやっぱりこれ
邦題は「男が女を愛す時」
Percy Sledge - When a Man Loves a Woman


みなさまも大ちゃんにこの曲で滑って欲しいという妄想は日々されていることだと思うけど、本当にどんなジャンルでも滑って踊ってみせてくれちゃうので、妄想に際限がありません。
大ちゃん妄想文芸部なので誇大妄想をしているかもと思うこともなきにしもあらずなんだけど、現実は思ってる以上に凄いことになってるので妄想族も追いついていくのが大変です。
そういえばアメリカの大ちゃんファンサイドでは、大ちゃん次はオスカーとか書いてる人がいて私と同じ妄想してる人がいるとほくそ笑んでたんですけど、妄想でなくなる日もきちゃたりなんかして。

ということで、本日は大ちゃんが新しい人ひっかけてきた記念に、妄想爆走してみました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ののまめさん またお邪魔します。

現地の余韻がさめず、さらに立派な大輔ファンの方たちがあげて下さった動画を見て興奮状態が続いています。実は私初回に試しに撮ってみたのですが、もともと撮影テクニックがなく画面はボケボケで、途中で撮影放棄しました。日本で待っている皆さんに貢献できず申し訳ないです。

>ご覧のとおり、大ちゃんに何かインスピレーションのようなものを感じているようです。
このSean Cheesmanさん、凄い人でした。

やはりDaisukeは振付師の夢なんですよ。
これまではスケートの振付師により今までのフィギュアでは体現できなかった演技を見せてくれましたが、これからは様々な分野の振付師によってどんなスケートが見られるかと思うとワクワクします。

今回のAOIは、Sketers & Dancersのグループパフォーマンスの振付がすごく素敵でした。ソロにはない魅力があり見ごたえありました。その彼らに大ちゃんがからんだのがManeaterでその中の彼が実に生き生きと楽しそうで、グループの中に溶け込みながらも存在感を出していました。これって言い方に語弊があるかもしれないけれど、日本のアイスショーではどうしたって彼だけが際立ってしまいグループパフォーマンスとして成立しないんですよね。

>そういえばアメリカの大ちゃんファンサイドでは、大ちゃん次はオスカーとか書いてる人がいて私と同じ妄想してる人がいるとほくそ笑んでたんですけど、妄想でなくなる日もきちゃたりなんかして。

私も現地で観賞してもしブロードウエイの劇場にリンクが張れるなら(最近氷を使わないリンクもあるから)、氷と床で踊る大ちゃんショーがロングラン公演出来るんじゃないかエミー賞取れるんじゃないかと妄想しました。
そう思うと今回のアメリカ行きプランはドンぴしゃ。多分彼はそれほど深く考えていなかったかもしれないけれど(もし考えていたらそれが彼が言う元気の源「野望」?)、ちゃーーんと彼が行くべき道に進んでいると。

今ショーを見て興奮状態だからそう思うのかもしれないけれど、私は現役復帰への未練がなくなって来ています。(もちろんクルム伊達さんのようにある時突然、現役復帰したら全力応援します!)試合に強い選手、いい成績を出す選手は日本にいるけれど、世界のショービジネスで成功した日本人スケーターはまだいない。

ののまめさん 調整がつくのであれば絶対見に行って下さい。
もし来年大ちゃんがINしたらすぐ予定を立て、次回はチューリッヒだけでなく他都市公演も見たいです。場所が違うと客層や雰囲気が違うと思うので。ちなみに来年2016年のチューリッヒ公演は2/4-2/7です。

なんか勢いで書いているので、乱文ですいません。
何回も言っているけれど、私興奮しているので。

Re: No title

おぷあさん
ひきつづきコメントありがとうございます。

> ののまめさん 調整がつくのであれば絶対見に行って下さい。
> もし来年大ちゃんがINしたらすぐ予定を立て、次回はチューリッヒだけでなく他都市公演も見たいです。場所が違うと客層や雰囲気が違うと思うので。ちなみに来年2016年のチューリッヒ公演は2/4-2/7です。

行きたいので、今日はどうやってお金を貯めるか考えました。
まずは大ちゃんINがあるかわからないけれど、大ちゃんがINしなくても一度は行きたいと思っていたオペラオンアイス。もしINになったらそれが第一候補。
INなしだったら来年のAOIかな。
貯金がんばらないと

野望です

初めまして。
コメントしたいと思い立ち様子を窺っているうちに、ここ数日のコメント返しが大変そうで
・・今頃こっそり書いています。

フィギュアスケート?、3年前迄は知らなかった事の掘り起しに費やしてきました。
無尽蔵ですね。宝庫ですね。はい、ニワカです。

ずっと違和感があった高橋大輔@私の第一印象がリアルに近づいてきました。
踊ってるよ!好みだよ!
もっと見てみようかな、上の順位の人のはどうなのかな、スゴイの他にもあるのかな?

で、one&onlyだったわけですよ。順位関係ないんだ。
未来にはふさわしい場所が用意されていて、色々な曲をスケート靴で踊っている。
順位気にしていた選手時代の高橋大輔、何回かの試合もアイスショーも見たはずなのに「高橋大輔選手」というのに居心地いいようなウソついてるような昔話してるような・・

高橋大輔のパーシー・スレッジ見るまでは元気に過ごします。見れるから!
鴨葱隊員(葱成分100%年金)汗;

Re: 野望です

the otherさん はじめまして

> コメントしたいと思い立ち様子を窺っているうちに、ここ数日のコメント返しが大変そうで
> ・・今頃こっそり書いています。

お気を使ってくださってありがとうございます。
いつの記事についてもけっこうですので、今大ちゃんについて語りたいんやと思う時には、かきなぐりにでもきてください。


> フィギュアスケート?、3年前迄は知らなかった事の掘り起しに費やしてきました。
> 無尽蔵ですね。宝庫ですね。はい、ニワカです。
>
> ずっと違和感があった高橋大輔@私の第一印象がリアルに近づいてきました。
> 踊ってるよ!好みだよ!
> もっと見てみようかな、上の順位の人のはどうなのかな、スゴイの他にもあるのかな?
>
> で、one&onlyだったわけですよ。順位関係ないんだ。

大ちゃんの演技は幅ひろいジャンルを滑っていて、そして曲ごとにイメージを変えてくるのでいつはまっても見応えはあると思います。
そして年齢を重ねるごとに演技に深みもでてきているし。
過去を振り返って、みんなであーだこーだコメント欄でやってますのでそちらも楽しんでくださいね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR