ジョアニー女王さま、もっと大ちゃんを好き放題してもいいのよ

仕事が忙しすぎてAOI祭に少し乗り遅れております。

やっぱり現地いきたーい。
これにつきますね。
まだこれから動画は次々あがってくるかと思われるけど、いろいろ現地レポを読んでいると気になることもありで
「イタリアに行きたいので」
「ロミジュリを滑ってみたい」
とかパーティ時に大ちゃん言ってたとか・・・イタリアといえば、ののまめがしつこく書いている、オペラオンアイスが開催される土地ではないですか。それもヴェローナのコロッセオにリンクを作って。
そしてヴェローナといえばロミジュリの舞台。
私妄想してたんです、あの舞台で大ちゃんがエメを滑るところを
あるんじゃなくて?去年のはオペラオンアイスではなく、オペラポップというショーに変わってて、ちょっとアメリカンテイストというかブロードウェイテイストだったけど、あれはあれでまた行きたいと思わせる魅力があったショーでしたけど。
去年も大ちゃんINならいつでも行けるようにと、パスポートも取り、お金も横にちょっとおいといて準備万端だったんだけど、今年はあるでしょう。
本人もイタリアイタリア言ってるし、AOIでの大ちゃんが引き連れてきた日本人客の情報も業界内では伝わってるだろうし。
値上げされたら痛いわ。
例年だと30万っていうところだったので。
でも今年はがんばって貯金して、大ちゃんオペラオンアイスにINしたら絶対行きます。

そんな先の話はいいとして、AOIですよ。
大人のショーですね。
一昨年日本でやったAOIとは全く別ものです。
本場のAOIは、踊れるそして魅せることのできるエターティナータイプのスケーターでないと厳しいナンバーめじろおし。
そして何よりも、普段からバレエやクラッシックを日常の中で見たりしていて、音楽と密接につながった生活をしてきている人達がお客さんなだけに、ニワカなダンススキルや表現スキルではいい反応はもらえないかもしれません。
広報の方も、トップスケーターたちからの売り込みもあるけれど厳選していると言うだけに、それだけのレベルのショーだと思います。

動画を早速あげていただけているので、ちょっとおかりしまして堪能させていただこうと思います。

Daisuke Takahashi 20150206 AOI


大ちゃん新プロ。TurnOffTheLight&Maneater
どのくらい練習したのかわからないけれど、本当に大ちゃんというのは細かい音までとって表現しているのがわかります。
それとやっぱり高橋大輔は高橋大輔だなと思うのは、音の拾い方。
よくぞここまで音を拾えているなと。音と一体になっているのがTurnOffTheLightでもよくわかる。
その後のグループナンバーManeater
大ちゃんもまだ様子を見ている感もあるし、大ちゃんこんなもんじゃないのになと思う方もいるかもしれないんだけど、大ちゃんの姿を見ていると、他のスケーターが1カウントとっているところを、大ちゃんは2カウント3カウントを体の他の部分でリズムをとっているのがわかる。もちろん控えめにしてるけど。
もっと自由に踊らせてあげられたらとは思うけど、グループナンバーだから振付に忠実に演じているんだろうなと。
昨年のフレンズのオープニングナンバーでは大ちゃんはトップの位置で踊りまくって滑っていたので、大ちゃんのダンサーとしての凄さを目の当りにしたんだけど、あれを見ているだけに、ちょっくらもったいないと思った、大ちゃん思いっきり好きに踊ってくれたらとか、でもグループナンバーで誰かひとり突出してというプログラムでもないのでしかたがないけど。
しかしフレンズのオープニングナンバーで大ちゃんにかろうじてついていけてたのは、シェイリーンとあっこちゃんだけだったのを見ると、全てのスケーターが大ちゃんのレベルで踊りまくるのは難しいんだろうなと思う。
でも、AOIのプログラムはかっこいい。
大ちゃんファンでなくても、ショーとして見ていて楽しいだろうなと想像できるので、やっぱり現地で見ている人達がうらやましくてうらやましくて。
あと、ジョアニーとのコラボ
ジョアニーが私たちファンがどう思うかと心配してたようですけど
ジョアニー問題なしやで、大ちゃんファンは多分多くの人が「もっとやれっジョアニー」と思っているはず。
大ちゃんファンはドMでもあるけど、ドSでもあるので、ジョアニー女王様が大ちゃんをどれほどいたぶるのか凄く楽しみにしているのだ。がっつりやってくれたまえ。
しかし、大ちゃん女子とのペアだとちょっと色気なくなりますな。
あっこちゃんしかり、真央ちゃんしかり、ジョアニーしかり。
真央ちゃんとの場合は可愛いプロだからいいけど、お色気大王の名を好き放題にしているというのに女子との絡みで色気が低下するとはもってのほか。
ひとりだと色気だだもれなのに。ちょっとジョアニー女王様とのコラボは大ちゃんの照れというか初々しさに見ているほうも照れました。
ジョアニー女王さま、もっともっと大ちゃんをいたぶってやって、お願いっ!
そして女子とのコラボを見て大ちゃんの今後の課題を勝手に見つけました。
やはり、社交ダンスとか習ったほうがいいと思います。
がっつりホールドするところから。やっぱり妄想と生身は違いますからね。
大ちゃんが照れながら女子とコレボしているところもまた今だから見れる姿かもしれません、そう思うとなかなか貴重な演技ではないかと思います。

ミヤソラは、現役の時とは体が違うので、大ちゃんの演技をリピしまくっている身からすれば、まだまだこんなものではないのよと思うところですが、あいかわらずのねばっこい滑りと、アルゼンチンのタンゴ専門誌の編集長が絶賛しているステップもやっぱり大ちゃんだからこそ。滑っているのではなく踊ってますからね。

Art on Ice in Zurich 2015 Daisuke Takahashi


ミヤソラが選ばれたのも、多分ヨーロッパの観客のためでしょうね。
もともとAOIからのリクエストで作られたプログラムでもあるし、それとAOIの前に何を滑るのかなと、いろいろ妄想してたんですけど、キャラバンとかはやっぱり違うし、kissingもまた出演のミュージシャンの面子を見ると違う感じがするし。
ロクサーヌは以前フランスでもやってるし。あえてのロクサというのもまた見たいけど、やっぱり今回の流れからすると違いますね。
現地では、タンゴダンサーが踊ったあと大ちゃんが滑るという演出がされているようなので、ミヤソラもまたショーの回数を重ねることに違う雰囲気を醸し出してくるかと思います。
やっぱりうらやましー、現地で見れる人うらやましー
最終のダボスまで見れる人、超うらやましー

ののまめ、今回いろいろ考えてたんです。
何をってもちろん妄想だけど。
徹子になって大ちゃんのおしりを堪能するか、それともAOIのCEOになって、大ちゃんに自分の好きな曲で滑ってくれってリクエストする、どっちになりたいかなーって。
どっちもなりたい・・・当たり前ですけど。

来年は日本に再びAOIが登場のようですけど、一昨年のAOIみたいなのは、あとFaOIみたいな昭和な雰囲気はちょっと。
あとはやっぱりスケーターのスキルの問題もあるかなと。
競技者としてはみんな凄いけど、魅せるプロが滑れるスケーターはやっぱり限られているんだなと、今回のAOIを見て思いました。
大ちゃん来年はどうする?
ミュージシャンとのコラボなら、あの方がいいんじゃなくて?
マーティ・フリードマン。
久しぶりにワールドリリースのアルバムを出したということで、世界中のヘビメタファンはじめ業界の人達注目ですから。
せっかくマーティが声をかけてくれているので、実現してほしいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR