大ちゃんファンと熱く語る7時間

家庭画報 思いのほかかなりの大ちゃん特集で重い本を持って帰ったかいがありました。
過去のエキシプログラムの解説、大ちゃん自身振付のシークレットガーデンがないのが寂しいですが読み応えありました。

ミヤソラはAOI主催者側からのオファーで作ったプロだとは私知りませんでした。
ということは、来年のAOIもこんな曲でやってくれとオファーが来てるかもしれないですね。
AOIのHPを見ると、Tom OdellとMarc Swayのお二人のアーティストの名前が、ちょっとググって見たら、トム・オデールまだ昨年デビューの人ですが、私この人の曲知ってました、ただ曲だけでどんな人が歌ってるのかも知らなかったけど。
声だけだと30代くらいの渋めの男性かと思ってたら、年も23歳でアイドルっぽいルックスなのでちょっと驚きました。

Tom Odell - Another Love


ブログを書いてる時にたまにネットラジオを流してたりすることもあるんだけど、その時にちょっと気になってた曲でした。
80年代っぽい感じで、スティングとかちょっとそんな香りもありつつ誰の曲かなとか思いあながらもそれまでだったんだけど、まさか大ちゃんとコラボするかもという好奇心からぽちっとしたら再び出会えました。
AOIはミュージシャンとスケーターのコラボもあるので大ちゃんがもしコラボったらとちょっと考えてて、再び出会ったこの曲いいんじゃないかななんて、別れた前の彼女を忘れられなくていじいじしているちょっと根暗男の歌なんで
kissing youとちょっと世界観がかぶってますからね。

話は変わりまして、昨日はののまめにとって数少ないリアル大ちゃん友達とごはんに行ってきました。
夏にも会ったんですけど、その時は少ししか話できなかったんですが昨日は気がついたら約7時間ですよ、ひたすら大ちゃんについて語りあってました。
お昼食べて場所かえてお茶のんで話たおしていたら外が暗くなってたという。。。おそろしいわ。
そんな話の中で、大ちゃんブログはあまたありますがそれぞれブログ主の方によって個性があるように、集まる大ちゃんファンも違いがあり、ショーや試合なんかでも大ちゃんファンのグループをあちこちで見かけますがそれぞれのグループで個性が似ている方がやっぱり集まっているなと思うことがあります。
おおざっぱに言えば、大ちゃんファンのなかには、体育会系と文化系があって、間違いなくののまめブログは文科系大ちゃんファンが多く集まっているだろうという話をしてました。
例えて言えばどんな文化系かというと、帰宅部か帰宅部に近いゆるゆる文芸部とかそんな感じでしょうか?
体育会系大ちゃんファンのにぎやかに且つフットワーク軽いところを羨ましげに指をくわえつつも仲間に入れそうもないので、ひとりでじんわり大ちゃん愛を楽しみつつ・・・しかしたまに大ちゃん愛を多いに語りたくてたまらなくなるので、妄想文芸帰宅部の力をふりしぼって長文コメントをののまめ部長のもとに提出しにきて、他の妄想帰宅部の大ちゃんファンに読んでいただくという、多分そんな感じの大ちゃんファンが多いのではないかと思います。
こんなどうでもいいような話もしてました、それから私のブログのことでこのネタの続編をというリクエストもあったりとか。
以前コメントでもあったし、メールでもいただいてはいるんですけど、スピリチュアルやらオカルトやら占いやらあっち系の話です。
なにせ7時間にもおよぶ大ちゃんの話のなかなので、いろんな話がでたのですが、この部分を書いてるよそ様のブログ主の方はいらっしゃらないとは思うんですけど、そんな話もありで。

二人で話していて一致したのは、大ちゃんが以前は普段でもパワーブレスレットのようなものをしていたんだけど、先シーズンからそういうものをしなくなっていたことと、ソチのあとインタビューで、お守りとかを身に着けていたか?という問いに、何も持っていかなかったという言葉を聞いて、まっさらな体のままただただ自分を信じて挑んだのが、あのソチでの神々しい演技になったのではないかなと思っています。
もっと詳しく話はしてブログにもまた書いてと言われたんですけど、スピリチュアル系のことは根本的な宗教感の違いっていうのもあったりするので書くのは難しいんですが、この頃スピリチュアルなことは全て神事のように思い込んでいながら、本来の神事の場ではお遊び感覚になってるってことに気が付いていただいた上でないと書いても批判されかねないので。
例えば、お詣りは作法を守ってしているけれど、帰りに神社からのパワーをもらうために、ご神木に触れたり抱きついたりとか。
神域なのに所構わず写真を撮るとか。
占いを生業にしている占い師をどこか神職だという意識でもって見ているところがあったりとか。
そういえば占い関係のことを書いた時に、神職と思わせるようなHNで私を心配しつつも内容は心理的な脅しのようなコメントをされた方がいらしてましたが、仮に本当の神職であれば一般人にしてはならないタブーを犯しているし、神職を騙っているのであればそれもまたタブーであるってことに気が付いていないような人もいらっしゃるので、そういう方のために説明をしてからでないと難しいんですよね神事に関わることを書くのって。
別段仰々しいことを書こうとしてるのではなくて、普通に家庭で神棚祀ってるような家であれば家族代々どうやって神様と付き合うかということは教えてもらってきているレベルのことなんですけど、この頃変にスピリチュアルという横文字オカルトブームが続いているんですけど、先祖代々続いてきた神祀りを軽んじられすぎてんじゃないかしらって思うんです。
そこから書かないとと思うと、大ちゃんを絡めてブログに書くのって難しいなって思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分が文科系なのは間違いないです。
大輔君の身につけているものや出現先をあっと言う間に突き止め行動に移してらっしゃるのをブログ等で拝見するたびに私には出来ないなと思いながら、でも、沢山問い合わせなどで迷惑がかからないかなとも心配になったりします。

3月でしたか、ののまめさんが某所で見た彼の写真を心配して、スピ系と絡めた記事を書かれた時に何人かの誤解した方々が怒ってしまわれて、やりとりを見ててハラハラしました。
だんだんとののまめさんへの批判にも変わっていったので毅然と対応されてましたが大丈夫かなと。

思っている事を言葉にして伝えるのは本当に難しいですね。
でも、ののまめさんブログを知り、けっこう長く生きてますがお詣りの事など知らなかった事を知る事が出来て勉強になり良かったなと思ってます。
なので、いつかタイミングを見て書いていただきたいな。(3月の時はいろんな事があって彼のファンも心配していた時期だったのであんな風な反論が来てしまったような気もするので)

フットワーク軽く彼に関する事に行動はなかなか出来ませんが、以前、ののまめさんが彼の話に絡めて紹介して下さった本「人生生涯小僧のこころ」はすぐ購入して読みました。

なので、思いっきり文科系です。
これからも、文科系ののまめブログの部員として参加させて下さい。

酷い誤解です

下段の方に書かれているのは私の事だと思います。HNは本名からモジってあります、厨二病的な事を全く考えなかったとは言いませんが。あの時批判的に書いたのは、当時羽生選手とチャクラ仙人の事が、スケオタ(特に双方のファンやアンチ)の間でゴタゴタになっていたのに、大ちゃんが占いに傾倒していると誤解を受ける様な書き方をされていたからです。それもあの子のファンのイタコ夫婦と二対一で会ってきたと言ってる人、しかも自分で以前にその方面で大きな失敗をしたと言っている人がです。少なくとも私は、これを読んだ人に大ちゃんがあの子と一緒にされると思いました。実際にコメントで傾倒を心配されている方もいましたよね。あの子や仙人の事を書かずに遠回しになってしまったのは自分が彼らの名前をだしたら本末転倒になると思ったからからです。書き方が悪かったのはお詫びします。失礼しました。

Re: 酷い誤解です

mikoさん

酷い誤解はしていないです。

> 下段の方に書かれているのは私の事だと思います。HNは本名からモジってあります、厨二病的な事を全く考えなかったとは言いませんが。

厨二病的な考えもあったと書いてある以上あなたのHNを見てそうとらえるのはあたりまえかと思います。
そしてそうとらえられても仕方がないような目線で書かれていたので。


>あの時批判的に書いたのは、当時羽生選手とチャクラ仙人の事が、スケオタ(特に双方のファンやアンチ)の間でゴタゴタになっていたのに、大ちゃんが占いに傾倒していると誤解を受ける様な書き方をされていたからです。それもあの子のファンのイタコ夫婦と二対一で会ってきたと言ってる人、しかも自分で以前にその方面で大きな失敗をしたと言っている人がです。

ここでもあなたは私のブログの内容を読み間違えているかと思います。
mikoさんのコメントを読むと、論点がぶれてしまっているので答えに窮する部分があります。あきらかに私の書いたものを読み込んでいない部分があってそれをあなた自身の思い込みで書いていることがこの文章からもわかるので。私もあの夫婦というか奥様のほうも、霊能を生業にすることについては否定をしています。それは経験をしているからこそです。
占いやスピリチュアルに関しての私のスタンスは、安易にファッションのようにその手の世界に手を出してはならないと思っているだけです。大ちゃんが傾倒しているという書き方ではなく、大ちゃんのファンであるゆえに、盲目的に大ちゃんが行ったところだからといことで安易に行ってしまって、変な世界に足をつっこまなければいいなと思って書いています。
当時も書きましたが、大ちゃんの怪我の心配をするあまり、たくさんの人が神社にお参りにでかけたかと思います。
けれど本当に大ちゃんのことを思ってだけの純粋な気持ちなのか?と思うことも多々あって少し警鐘を鳴らさせていただきました。

他の方にお願いですが、私が本来意図したことと全く違う解釈をされる方も中にはいますが、その間違って解釈された方のコメントを私が語ったという前提で、またコメントをかかれるとコメント欄の収拾がつなかくなりますので、このコメントのやりとりに関してのレスポンスは控えていただきたいと思っています。


 


No title

確かにこれ以上は不毛なので名前の事だけ。私は以前から他の方のブログやサイトにもコメントはこの名前で書いてます。フィギュア関係以外でもです。厨二うんぬんを考えたというのは最初にこのHN を使った20台の頃のことで、当時はたぶん厨二なんて言葉はなかった〇0年前です。こちらのブログにもこの話になる少し前に、この名前で何かの情報のお礼のコメントをさせて頂いたとおもいます。神事関係の話にインネン付ける為に編み出したわけではありません。

Re: No title

mikoさん

わかりました。
今後もコメントよろしくお願いします。

ののまめ部長に報告します!

ののまめさん、こんにちわ!
私、まさに妄想帰宅部の部員だということに気がつきました。
体育会系の大ちゃんファンの人達は凄いパワーですよね?いつも羨ましく思いながら自分ではできないので、体育会系ブログは貴重な情報源にさせてもらっています。
そうやって楽しんではいるのですが、周りに大ちゃんファンがいないので無性に大ちゃんについて語りたくなり、ののまめさんや皆さんのコメントを読んで頷いています。これからも部員として一緒に大ちゃんを応援させてくださいね。

トム・オデール初めて聞きましたが、声がスティングに似ていますね。歌を聴きながら私の頭の中では大ちゃんがスケート滑っていました。
スイスには行けないけど、本物が見たくなってきました。
なのにスイスどころか新横浜さえ行けるかどうか..XOI外れまくりです。真央ちゃんin は嬉しいけどチケットはますます厳しいです(>_<)
代々木のSOI まで生大ちゃんはおあずけかもしれません。テレ東が放送してくれるのを祈るばかりです。

Re: ののまめ部長に報告します!

にゃんころりんさま

> 私、まさに妄想帰宅部の部員だということに気がつきました。

やっと気づいたか

> 体育会系の大ちゃんファンの人達は凄いパワーですよね?いつも羨ましく思いながら自分ではできないので、体育会系ブログは貴重な情報源にさせてもらっています。

そうそう、体育会系大ちゃんファンブログは貴重な情報源。ひきこもりになりがちな妄想帰宅部にとってはなくてはならない体育会系の皆様なのです。

> そうやって楽しんではいるのですが、周りに大ちゃんファンがいないので無性に大ちゃんについて語りたくなり、ののまめさんや皆さんのコメントを読んで頷いています。これからも部員として一緒に大ちゃんを応援させてくださいね。

私もコメントを読みながら会話をしてる気分になります。
ほらみなさん長文コメントが多いし。リアルな会話はしてないけれど、読みながらうんうんとうなづいてみたり、時はちがうやろーみたいな突っ込みいれてみたりとか。
なかなか皆様とお会いすることはできないんですけど、ブログを通してみんなと引き続き大ちゃんを応援です。

ぶちょお~!

まさしく。私も部員と思われます。
こちらにたどり着いたときは、突然はまった底なし大輔沼で溺死寸前だったので、ほんと~に暑苦しくアメブロの文字数制限にあいながらの長文コメを提出し、随分ご迷惑をおかけしてしまったと思っています(。_。)ペコリ
今も私の状態はたいして変わってないですが^^;大輔沼に棲みつくことにしたので、今後ともよろしくお願いします。

Re: ぶちょお~!

にゅっくさんは、多分私が認定しなくても、余裕で大ちゃん妄想文芸部部員だと思います。
私よそさまのブログをたまに見に行くけど、私のところくらい長文コメントの多いところないと思うので、ほぼコメントくれる方みなさん大ちゃん妄想文芸部だと思います。
にゅっくさんだけではなく、文字数制限突破して書いてくれる方多いですからね。
ちなみに、アメブロでは文字数制限あるんですけど、こちらはないので思いっきり妄想文芸を披露お願いします。
しかし、書いてる途中で消えることもあるので、アップの前にメモ帳とかワードとかで書いて貼り付けていただくほうがいいかと思います。
せっかくの力作がどっかにいっちゃうと泣けますからね。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR