大ちゃんをあなどっておりました

昨日から今日にかけて、ニュースや情報番組ほぼ全局トップ扱いのうえに、ミニドキュメンタリー並みの尺のとりかた。
そして岡山の地へ200人を超す報道陣。
こじんまり引退報告してと・・・大ちゃんもそんなくらいかなと思っていたでしょう。
私も今回の岡山のオリンピック入賞お祝い会はちらっとスポーツニュースとかでとりあげてもらえるかな?くらいに思ってたのですが、引退話が漏れてしまったのがよかったのか悪かったのか、でも結果としては良かったのではないかなと。
大ちゃんの今後の展開について、各業界へのプロモーションにもなったと思うし。
ただ、大ちゃんファンでありながら、こんなに凄い扱いになるとは思っていませんでした。
恐るべし高橋大輔。
どこのチャンネルにしても大ちゃんの報道がトップ扱いですから。
いろいろありつつも、マスコミには愛されているようです。

どこで読んだのか忘れたけど、昨日の会見の時マスコミ関係者の人達にもお礼を言ったとかで、その現場に取材に行ってる人達から拍手が起こったとか。
どんな事を言ったかわからないけれど、多分大ちゃんのことなので取材をしてくれたこととか素直な気持ちで礼を尽くしたのではないかなと思いました。
ソチの飛行場での会見の時、多分どのマスコミの人達もソナチネの事をきくのを躊躇しつつも仕事としては聞かざる負えないというジレンマがあっただろうと思うけど、それでもあの場所での大ちゃんはさわやかに笑い飛ばしていました。
多分あの場にいたマスコミの人達はあの笑顔と態度に救われた思いをしたのではないかなと感じました。
けど、歌子先生曰く、ソチ入り前のロシアでの練習では血を吐くような叫びをあげたと言っていたので、内心は違っていたんだろうと思うけれど、それでも爽やかな笑顔で会見に挑んだというのは人間として凄いなとつくづく思います。

この動画で長年大ちゃんを取材しつづけ、オリンピック前でも大ちゃんの演技について熱く語ってくださってた刈谷解説委員が大ちゃんに対する印象を熱く語っていらっしゃいます。
演技を終えたあとミックスゾーンに待ち構える取材のインタビューに答えるのだけど、他の取材もあるので一度立ち去ったら戻ることはほとんどないのだけど、大ちゃんだけはお願いしたらちゃんと戻ってきて対応してくれたということ。
刈谷さん曰く、
「我々はいろんな選手を取材しているんですが、最も信頼してもっとも信用して最も尊敬するアスリートのひとり」
と話しています。

情報まるごと
http://www.dailymotion.com/video/x27w0xd_20141014-%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%94%E3%81%A8-daisuke-takahashi_sport

信用できて信頼できる人。
今朝、あっこちゃんがテレビに出てて数日前に大ちゃんから連絡がきたということを言っていたので、真央ちゃんはどうかなと思っていました。でも多分大ちゃんのことだからあえて真央ちゃんにはしてないんじゃないかななんて思ってたところ、そのとおりでありました。
大ちゃんのやさしさですね。
真央ちゃんに自分の引退を話さないやさしさ。
真央ちゃん自身の考えをブレさせちゃいけないっていう心使い。
よくわかってらっしゃる。
ぜひ、あとで大ちゃんの引退会見を見てどう思ったか大ちゃんは真央ちゃんに聞いてみて欲しいものです。
真央ちゃんクリスマスオンアイスに、クリスマスプレゼントとしてINしてくれないかしら?
なんてことを今日の妄想のおかずにしていました。

そんなことはおいといて、今回岡山に本当にたくさんのマスコミが押し寄せ、そして大ちゃんファンでも驚きの報道量を見ると、人気があるというだけではなく、取材したくなる素材でもあり、そして取材する側もファンになってしまうような選手だったんだなと改めて思いました。

今日もふともう大ちゃんの試合での演技は見れないんだなと思うとちょっとセンチメンタルになったりもしてましたけど、それでも大ちゃんが一旦引退という区切りをつけてくれたおかげで、私の中にもあったもやもやはなくなりつつあります。
おかわりもあるかもしれないし、でもなくてもいいかなと今は思えるかな。
まだ引退の言葉をきく数日前は、現役復帰してほしい気持ちのほうが強かったけど。
でもおかわりしてもよろしくってよ、大ちゃん。
来年からはフリー短くなるし、多分クワド3回も入れてたら怪我をする選手も多くなると思うので、ジャッジの方針も再来年あたりまた変わる可能性もあるし。
そもそもクワドを跳ぶ選手が増えていても靴やエッジがその進化についていけてないという現実もあるわけで。
ルールが変更になればひょっとしたらベテラン選手たちにもまたチャンスはめぐってくるかも。
けど、大ちゃんが人生を楽しんでくれてれば何でもいいやと思っています。でもその楽しんでるところを見せていただきたいと強欲にも思うファンなのです。

ひとまずは、ショーが一先ず決まってますしきっとテレビ放送もあるでしょう。
日本では大ちゃんの演技をまだ見る機会はあるけれど、海外ではなかなか見ることがかなわないので、海外のファンの人達のためにも演技を見せてくれる場を作ってあげて欲しいなと思います。
昨日から今日にかけて、海外でも報道されているようだし。
世界中で愛されているスケーターなので、世界中のファンにお礼のために姿を見せてあげて欲しいなって。

2000days facebook 
スーツ大ちゃんかっこよすぎです。とろけた
https://m.facebook.com/2000days.beSOUL3/photos/571000923028038/

来月のJスポ 宮本先生との対談ですけど、楽しみですね。
あ、今日刈谷さんの語りを見てて、宮本、西岡対談に、刈谷さんも入れたらどんな熱い大ちゃん愛を語るんだろうかとちょっとそれを考えて萌えました。
多分見ているほうが照れて恥ずかしくなるような熱い語らいをするに違いありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シンクロ

「情報まるごと」見逃がしてました、とても良かったです。ありがとう。
大ちゃんは常に誰に対しても丁寧なインタビュー対応するけど、刈谷さんのことはきっと大ちゃんの方も信頼してたのでしょうね。

不思議と大ちゃんの心境にシンクロします。
ソチ直後のからっぽな時とか、気持ちは100%現役続行って言ってた時とか。
今は、「現役に未練がないわけじゃない」。
試合に出る大ちゃんを見たかったけど、自分の希望なんてどうでもいい。
大ちゃんのやりたいことをやって欲しい。
あっこちゃんみたいに「ほんとにもう(現役は)いい」っていうように、大ちゃんの気持ちに区切りがついたときには、自然に受け入れられるんだと思います。
もちろん、やっぱやるって言うなら応援しますが。
引退表明が大ちゃんの意思から出たもので、大ちゃんの言葉で聞けてよかった。
少し、安堵感もあります。
(母上様のとなりでもじもじしてる大ちゃんもよかった^^)


どうあっても高橋大輔が好きっていうのは、ゆるぎないです。

No title

ファンの私たちがびっくりするような全メディア大輔祭りでしたね。日本メディアに関してはいろいろと思うところがありますが、今回はこんなに取り上げてくれてありがとうと素直お礼を申し上げます。こういう結果もすべて高橋大輔選手の業績、長年にわたり築きあげてきた人間関係と何よりも彼の人柄の賜物でしょう。やはりちゃんと見ている人、分かっている人はいるのです。

この時期の引退発表はとってもいい決断だった。
彼自身がすっきりしていろいろな事にチャレンジ出来るし、競技に戻る道もあるのですから。彼がすっきりすればファンもすっきりする。

>あ、今日刈谷さんの語りを見てて、宮本、西岡対談に、刈谷さんも入れたらどんな熱い大ちゃん愛を語るんだろうかとちょっとそれを考えて萌えました。

ミヤネ屋の対談で宮根さんが「セクシーやわ。俺だかれてもいいやんと思う」「慰めてあげれるものなら慰めてあげたい」と言っている過去映像見て、大輔さんはマダムキラーというよりも実は強烈な親父キラーで、たぶんスポンサーさんとか企業のお偉いさんとかにも大輔Loveは多いのではないか。こういう方々がきっと彼の次のステップの応援、後押しをしてくれると思います。

何よりも大輔さんが笑顔で穏やかに記者会見で語り、その後の懇談会ではほんわか楽しそうで本当に良かった。そんな彼を見ているとこれからどんな選択をしようと彼が輝き幸せならそれでいいと思える。

でも、でも、それでもどんな形でも氷上の彼を見たいとかスケート界で活躍して欲しいという願いは持っていますが。

記者会見見ての私の妄想
スーツ姿カッコいい。竹野内豊みたいな俳優でいけるのでは、でもセリフがね、無声映画という訳にはいかないし。モデルはいける、ただし他モデルとの並びなし。やっぱCMか、ヘアスタイリング剤とかでシャワー浴びた後ちらっと禁断の胸と背筋をみせるくれる大輔なんてね。でも冗談はさておき、あの格好よさは若い男子ターゲットのCMオファー来るんじゃないかと思います。

しみじみと

引退となって誰からも愛されている人だなと。
自分がどれほどすごいかと無自覚な普通の感覚と気配りを忘れないところが親近感をいっそう増すんではないでしょうか。

11年全日本後の会見にメダリスト3人で現れた時に、大輔君が記者さん達に「今年1年お世話になりました」と着席前に頭を下げて、それを見た他の二人が慌てて頭をさげていた。やっぱり高橋大輔は日本のエースだ。とたしかNumberだったはずですがWeb記事に出ていました。

田村さんの著書でもメダルが取れなかった彼をたったひとり取材をしたら「メダルをとれなかったのにありがとうございます」と言われたと書かれてありました。

去年の全日本後にも車に乗り込む時に周りにいた記者さん達に「明日(代表発表)もあるけどご挨拶できるかわからないので…今年もありがとうございました」と、ちょっと言葉は一言一句同じじゃありませんがそんな感じで頭を下げていたのが映ってました。

今の若手選手と違って注目され取材をしていただけるありがたさを身にしみて感じるからこそだと思います。

刈谷さんのエピソードもそうですよね。
注目を集めるようになったからといって、疲れていようとも決して傲らず謙虚に感謝の気持ちを忘れずに行動する人。
時には明るくユーモアたっぷりな彼の発言はメディアには見出しにしやすくて取材をしていて楽しかったんじゃないかなと。

今週末からは紙媒体にたくさん出るのではないでしょうか。

No title

ののまめさん、こんにちは。承認のご挨拶後、気後れしつつ今となってしまいました。
一昨日から、怒涛の取り上げ方でしたね。皆、賞賛、惜しんでくれています。大輔さんの功績を当然認識しておきながら、今までの報道を思うと、それこそモヤモヤ~っとしますが。

大輔さんが、休養を決めてからの様子を拝見するに迷いだけではない居心地の悪さみたいな空気を感じて(勝手に)いました。なので、このどちらつかずな状態に慣れるまで辛抱してって思っていました。きっちり、次の方向を決めなきゃと思いすぎているんじゃないかなっと。この決断をしたことで、すこし気持ちに余裕が生まれるといいな。
とはいえ、試合での研ぎ澄まされた美しい大輔さんが見られないのは本当に惜しく思います。
大輔さんの道がどの様であっても応援支持する気持ちに変わりはありませんが、どうか私たちに大輔さんのスケートを、大輔さんの表現の世界をみせ続けてくださいと祈るばかりです。たどたどしい文章でごめんなさい。

No title

14日の朝に第一報を知ってから混乱しっぱなしの2日間でした。
ようやく気持ちが落ち着いてきたところです。

メディアの報道ぶりには私も驚きました。
今頃になって…と最初は思いましたが、引退ということでメディアの方もいろいろな枷が外れたのではないかと思います。
大ちゃんはひっそりと地元の方に最初に報告したかったでしょうからそれを考えるとちょっと複雑ですけれど。
自己評価の低すぎる大ちゃんなのでこんな騒ぎになるとは思っていなかったのでしょうが、結局は記者会見が設定されたと思います。後日、という形だったらその間またいろいろ憶測で報道されたりしたかもしれないので、生放送で会見というのは結果的には良かったのではないでしょうか。
ただ、大ちゃんが引退セレモニーを辞退したというのは、控えめだからというのももちろんですが、会見でも言っていたように、現役復帰の可能性がゼロではないからだと思います。
記者会見が大々的になったからといって戻りにくい、とは思いませんが引退セレモニーをやられちゃうとね…。

この数日の報道を見ていて本当に地元にも現場の取材陣にも愛されているのだとつくづく感じました。
大ちゃんは「こんな選手がいたということを思い出してもらえたら」とか「頭の片隅にでも」なんて相変わらず自分の価値を分かっていないようですが。
忘れようにも忘れられないし、そもそも忘れるつもりもありません。
どうしたら大ちゃんに自分の凄さを自覚してもらえますかねぇ…。

Re: No title

pageさま
> ののまめさん、こんにちは。承認のご挨拶後、気後れしつつ今となってしまいました。

いえいえ、お気になさらずに。
コメントいただいても放置している状態で申し訳ない状態ですけど、ののまめのいたらぬ部分は他の大ちゃんファンのみなさまがコメントで好き放題・・ちがったフォローをしてくださってるので頭の下がる思いです。
大ちゃんに対する愛をどうしても語りたくなったら、遠慮なく書きなぐっていってください。

> 一昨日から、怒涛の取り上げ方でしたね。皆、賞賛、惜しんでくれています。大輔さんの功績を当然認識しておきながら、今までの報道を思うと、それこそモヤモヤ~っとしますが。

そうなの、今までの報道を思うと、特に世代交代のあたりとか。
普通にありのままで報道してくれればいいのにって、この手のひら返しはなんなんだと思うけど、でも結局は大ちゃんの人徳なんでしょうね。
この報道を見ていて、つくづくそう思いました。

PIW東京公演の放送時、太田さんが「これほど愛されているスケーターは今後なかなか出てこないかもしれない」と言っていた言葉の意味を改めて知った気分です。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR