あまりのバカな話ばかりなので、あきれてください。

一昨日の夜中、大ちゃんについてお友達である、イケメンおたくのPたんと、おとめんKたんと語り合った。
話の内容は超ばかばかしい話から、大ちゃんの新プロ月光について、でもやっぱりばかばかしい話にはなった、しかたがないそういう面々ばっかりが集まったから。
まず最初のばかばかしい話というか、バカだろおまえらと突っ込まれても仕方がない話である。
実は昨年イケオタPたんのちょっとした出来事から、大ちゃんと同じマンションに住んでいるのでは?という疑惑が持ち上がった。
簡単に説明すると、大ちゃんと同姓同名の人がPたんと同じマンションの住人だったのである。そのPたんと同じマンションに住むタカハシダイスケ氏もまた、留守の多い人で、なんとフィギュアスケートの大ちゃんが遠征から帰国した日もしくは翌日には家にいることが確認されていたため、フィギュアの大ちゃん?と本気でよろこんでいたのである。
そーねー、一か月くらい3人で楽しんだかしら。
大ちゃんと同じマンションということは、偶然出会ってしまうこともあるかもしれないので、その時どういう対応をしようとか、挨拶は普通にしたほうがいいとか、いっそ写真を一緒にお願いしたり、いやそこまでは偶然あったタイミングではできない。とか、大ちゃんと親睦を深めるにはどうしたらいいのかと作戦を練ったりとか・・・バカと言われてもしかたないことで盛り上がっていた、正直ここには書けないことでも盛り上がった・・・今思い出してもバカだったな私たちと思う。
しかし、そんな幸せな日々も全日本の当日単なる思い込みであったことが発覚、あたり前である。
それは、Pたんと一緒のマンションに住むタカハシダイスケ氏が全日本の時に在宅であったからである。
そして私たちの妄想に彩られた一か月は終焉と相成ったわけであるが、でも楽しかったわ本当に。
そんな思いでにひたった一昨日の深夜。
そして、大ちゃんの新プログラの月光について
「大ちゃんとモロゾフって相性いいの?なんか引っ掛かるんだけど」
とイケオタPたんが言ったのだけど、正直なところ大ちゃんファンも大ちゃんがモロゾフと組むって言ったからという大義名分はあるものの、どこかで本当に大丈夫?という気持ちはないともいえず。
イケおたPたんのひっかかる部分は、
「カメレンゴさんは大ちゃんに対してリスペクトがある振付してたけど、モロゾフは・・・」
と。月光がイケオタPたん目線でみるとモロゾフ色が強く見えてんだと思う。
それと、言われて見て思ったけど、たしかにカメレンゴさんは大ちゃんに対してリスペクトがあるというか、大ちゃんに自分のプロを滑ってもらえることに喜びがあるのではと感じる部分がプログラムのそここににあるんだけど、モロゾフプロは、以前の関係性もあるのかもしれないし、せっぱつまった状態でのプログラム変更なので自分が高橋大輔に滑らせたいプログラムを作ってきたように思う。自分がというところが、カメレンゴさんとモロゾフの違いだけど。
ただ、Pたんには言っておいたのだ、といっても大ちゃんがスケート雑誌で語ってたことだけど。
モロゾフのスケートに対する愛情っていうのは純粋だっていうことと、ただプライベートがうんぬんかんぬんも大ちゃんはご存じの上で、ああ見えてもカワイイところあるんでとか言ってるところは、女の子だったらめちゃくちゃいい女の発言なのだが、大ちゃんはおのこだから手を出される心配はないから安心とかゆったら
「男でもあぶないんじゃないの?」
というPたんの返事があったので、そのあといろいろバカ話にうつっていったが・・・以前も同じ話をしてた私たち・・懲りないわ。
ちなみに、あまり発言しないおとめんKたんもその時
「大ちゃんとモロゾフのキスクラ楽しみに見てるよ」
とか言うし。本当に立派な腐男子になったものである。でも楽しみですよねモロゾフキスクラ劇場、大ちゃん公開羞恥プレー。まだ見れないのが残念です。
ひとまずモロゾフは、大ちゃんオリンピック金メダルに向ってひたすら尽くしてほしいものである。尽くして、ここ重要なので二回書いてみました。
でも、私はモロゾフの月光は、大ちゃんに対する愛情を感じたけどなぁ。変な意味でなく。以前の自分が自分がという我は少なくなってると思う。大ちゃんも大人になったが、モロゾフも変わったんだなと思った。ワールドでどう大ちゃんが自分色に染めるのか楽しみ、毎日楽しみ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 私にとっての大輔は、嶋大輔じゃなく、荒木大輔ですが☆

高橋大輔っていう名前の人多いですよね。探検家やアナウンサーもいるし。サッカーの高橋大輔さんが、「医者で名前を呼ばれると、期待の眼差しが一斉に来て、次にがっかりされる。自分も頑張って顔売りたい。」と言ってたの読んだことがあります。後ニコライのことね、大ちゃんのこと、本当に愛しくて仕方ないという目で見てて打算は感じられないです。凄く恨んだこともあったけど、今は割と好意的に見ている私です。ま、時々いきすぎないかヒヤッとすることはありますけどね。(ミキティとの抱擁は、かなり照れたもん。)私の同僚は、以前羽生君のが危ないんじゃ?と言ってたけど、今は、あんまりそんな感じないね!って2人で言ってます。やっぱり大ちゃんは、男の人の母性本能をもくすぐるんじゃないかなあ。

2. 裏山です。

ぜんぜんあきれてません。むしろうらやましいです。私の周りにそんな素敵なバカ話ができるスケオタいませんから!
娘に言っても【はい、はい】で軽くスルーされる始末です。
ののまめさんや、他のブログの皆さまのスケート話にほんとに癒されてます。
ありがとです。

応援メッセに私もポチしましたよ。現在1300だそうです。思いは皆同じですね。
皆にこんなに愛される男って凄すぎ!
月光の完成形を夢に描きつつワールド待っている今日この頃です。

3. Re:私にとっての大輔は、嶋大輔じゃなく、荒木大輔ですが☆

>なおさん
モロゾフのキスクラは対アモディオに対してもすごいですが、ちょっとまえくるくる前のリッポンの月光動画をアップしたけれど、あの時もリッポンのほっぺにちゅうでもするんじゃないかと一瞬どきっとしましたが、リッポンがあっけらかんとしているので大丈夫でした。。なにが大丈夫かわかんないけど。大ちゃんとのキスクラでドキドキするのは、大ちゃんが微妙に照れてる気配があるところが、余計見ているほうも照れてしまい。ゆづのあれは、ゆづの計算ですね。自分が可愛く見えるあざとい計算ですが、そのあざとさがある意味かわいいと思います。そろそろ顏が青年になってきているので女の子っぽいかわいさはゲイっぽいく見られる可能性があるので、そろそろブラック発動して、ブラックゆづの魔性の可愛さを演出していただきたい。そしたらもっと人気がでると思うな。
モロゾフの大ちゃんの愛情は、月光を見て十分わかってるんですけどね。歌子先生も泣いてほしいけど、モロゾフも泣いてほしいわ大ちゃんの演技みて。

4. Re:裏山です。

>グーサンさん
私も一緒に語ってくれるお友達がいてよかったです、それも若干。。いかかなり腐れた目線で楽しみつつ、二人とも芸術には造形が深いので結構話も深くできるのがいいです。でも真面目に芸術を語っていても最後はなんかバカな話になり、毎度ぐだぐだですが。私もアス魂にコメント書いてこなくては。
今日はフレンズα大ちゃんゲストなので、楽しみです。それと6日発売のスケート雑誌はあっこちゃんと対談だし買わねば。

5. 萌えのないところに妄想なし。

ののまめさま

はじめてコメントします。3週間前にこのブログにたどりついてからものすごく楽しませてもらっています。いつもひっそりひとりで妄想してるんですけど、ののまめさんがうらやましくてちょっとコメントしたくなりました。ニコライが大ちゃんのコーチに戻ったことでキスクラとか楽しめることもありますけど、私はけっこう大ちゃんに未練たらたらだったニコライで妄想を楽しんでたので、そこはちょっと寂しいです(笑)。

6. Re:萌えのないところに妄想なし。

>トイプーさん
>>未練たらたらだったニコライで妄想を楽しんでたので、そこはちょっと寂しいです(笑)。

わかるわかる。正直妄想でなくても、ところどころ映像に残ってるんですよね、意味ありげな目線で見ているモロゾフの姿が。2010のジャパンオープンの大ちゃんのカメソラを物言いたげに見ているところとか、前も書いたけど公式練習ですべっている大ちゃんをちらちら見ている姿とか、あとは海外のインタビューとかもどう読んでも未練たらたらだったし。。。たのしかったわ。
本当に大ちゃんはおもしろすぎる。ネタの宝庫。
また、こんなバカブログですが、あきれずに見に来てくださいね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR