巷の男子とフレンズへ行った話

皆様怒涛のフレンズから早1週間どうお過ごしでしたでしょうか?
私ののまめは、フレンズ休みを取ったため休みあけはどーんと仕事がたまっていたので割とすんなり日常へは戻ることができました・・・と言いたいところだけど、仕事は普通にこなしてるんだけど、なんだか夢の中のままで。
大ちゃんの姿がフラッシュバックするんですよ。
オープニングのおしゃれ大ちゃんのやたらのりのりでひとり陸の上でダンスをしているような、自由自在に踊り狂う姿やら、大ちゃんとアッコちゃんのりベルタンゴも・・・といってもアッコちゃんパートはほとんど見れなくて、大ちゃんばっかりガンミでしたけど、あの振付では大ちゃんとあっこちゃん同時に見るのは無理なので、そしてメンズコラボもアナオリのさばシャツがまたセクシーで、背筋がシャツ越しに見えてたんだけど、背中の筋肉のひとつひとつの動きすら美しく、更にCaravan。
最初の音がなったときから高橋大輔ショー開幕ブロードウェイのロングランショーを見ているような、まさにダンサー高橋大輔の真骨頂がそこに。
細かいところはもちろん覚えてないんだけど、ところどころがフラッシュバックし、特に西側で見ていた時におしりをぷりながら迫ってくるあの桃ジリの動きは忘れようと思っても忘れられず。ついつい思いだしては二夜ついてしまうんですけどね。
来週には日テレで放送あるらしんで楽しみにしていようと思うけど、やっぱり生はいいっすね。

そんなフラッシュバック大ちゃんを楽しみつつ過ごしたこの1週間。
もう一つ書き忘れていたことが。
今回ののまめ3公演見たんだけど1公演だけは、オトメンKたんと一緒に見ました。
Kたんは今回が初大ちゃんです。
そして、私とKたんが一緒に応援するのも今回初。
大ちゃんバナータオルを持って応援です。
「ののちゃん、大ちゃんの視線ひきつけておくからその間にたっぷり大ちゃん見てね」
とかゆってたんですよ、Kたんは。
理由は、観客に男性が少ないので、そんな数少ない男性客が大ちゃんバナータオルを持って、更に「だいちゃーん」と野太い声で応援したら、否応なしに大ちゃんはこっちを見るに違いないのでその隙に大ちゃんガンミすればっていうことで、Kたんの頑張りを期待しましたが
「大ちゃんに声かけるタイミングって難しいね」
とかで、一切声をあげず。
しかし、バナータオルはがんばって振ってました。
今年は大ちゃんが結構何度も出てくれたので、バナータオルをあげるタイミングってそれほど難しくなかったんだけど、去年ジャニオタと一緒にフレンズへ行ったときには、どのタイミングでどうバナータオルをあげたらいいのか二人して悩んでたんですけどね。
ジャニーズファン歴は長いジャニオタでコンサートでふりまくるうちわだとかバナーのあげるタイミングはジャニーズで習得しているはずだったんだけど、やはりジャニーズのコンサートとフィギュアのショーでは勝手が違うらしく、あげるタイミングに昨年二人とも悩まされてました。
それからを思うと、今年は自然にバナータオルをあげることができ、とくにエンディングでバナータオルが一斉に上がるさまを見ると自分もバナータオルを掲げているにも関わらず、なんだか胸にぐっとくるものがあって。
初日のオープニングの時もそうだったけど
「何があっても私たちは大ちゃんを応援するからがんばってね大ちゃん」
という一致団結ぶりがバナーのあがりっぷりにも見えまして、初日もぐっときました。
昨年はまだバナータオルをあげるのもちょっと躊躇してた自分がいたんですけどね、今年はおのこでもバナータオルをあげてくれているのに、私が恥ずかしがっていてはどうするんだというわけで、思いっきりあげてまいりました。

話はKたんにもどりますが、Kたんもだけど私も会場には男性客は少ないから、本当に男性の野太い声でだいちゃーんとかさけんだら大ちゃん気にして振り向いてくれるのではと思ってたんだけど、例年よりも男性客は多かったと思います。
多分各エリア数人は男性客がいたと思うし、結構通路なんかでも若い20代くらいの大学生風の子から年配までと幅広い年齢層の男性を見かけたので。
全員が大ちゃんファンて言うわけではないと思うけど、他のショーと比べると断然男性ファンが多いのではと思いました。
そういえば、二日目だったか出待ちをたくさんの人がしてたんだけど、作業着を着た20代の男性二人が大ちゃんの出待ちをしているというのを知ってスマホを用意して大ちゃんの出てくるのを待ってる姿を見かけましたが、巷の男子も大ちゃんが気になっているんだと思います。

結局のところKたんは大ちゃんの視線を惹きつけることは全くできなかったわけですが、彼自身けっこう楽しんでくれた様でよかったです。
楽しんでくれた様と他人行儀な書き方をしたのは、隣に座っていたけれどKたんがどういう反応をしているかよりも眼の前の大ちゃんなので、彼がどんなリアクションをしていたかわかりませんが、スタンディングオベーションをたびたびしていたのは知っているので満足のいったことでしょう。
ショーの後ご飯食べてた時も大ちゃんの事語ってたし。
ということで、来年もチケットがとれたら一緒に鑑賞することになるかと思います。
職場の同僚の男性も一度高橋大輔が滑っているところを生で見たいと言っていたので、チケットが手にはいれば見たいと思っている男性はかなり多いんじゃないでしょうか。
ソチのビートルズメドレーを見た時も、ネロとパトラッシュの最期を見たときくらい泣いたって言う男子もいたし。
たまたまののまめのまわりだけなんでしょうかね?
そんなこたーないと思うんだけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふふふっ。
私が見た回も立ち見をしている若い男の子二人組がいましたよ。
バナーを手すりに掛けてるんだけど、大輔君が自分たちのいる方に来ると振ってました。

その二人組を発見してからというもの、大輔君がそっち側に行くたびにその二人のリアクションが気になって気になって。なんだか可愛かったです。

男性ファンの大輔君を見て楽しんでくれる姿も嬉しいです。

そういえば

昨年ブログにも書いたけど、有明であったSOIの時も、隣に座ったカポーの男子がやたらと「高橋大輔かっこいい」って連呼してたんですよね。
彼女よりも彼氏のほうが興奮して見てたのを思いだしました。
ツイッターでもよく男子たちが大ちゃんと写メとってるしね。
多分大ちゃんのルックスは男子から見ても憧れるルックスなんでしょうね。
この頃はおっさん連中がソチのビートルズメドレーを見てぐっときたらしいし。ワインディングロードはおっさんの琴線に触れるらしいので。
そしてここのところ、あったチュー騒動もおっさんたちからすると、リーマン社会でもあり得ることなので、被害者であっても男性の場合社会的にさらし者にされてしまうという現実をみてしまったので、余計大ちゃんに対して応援をしたくなってるようです。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR