五十嵐さん解説大ちゃんのラフマニを見る

大ちゃんのラフマニを見ておりました。
いつもラフマニを見る時は、NBCのディック爺の解説のやつを見るんだけど、今日は五十嵐さん解説のほうを。
以前はそれほど解説の意味を気にかけて見ていたわけではないんだけど、先日の四大陸後大ちゃんがまだ頭で考えて滑って体がまだ自然に動かないと言っていたけれど、その意味はまんま私はとっていたけれど、このラフマニの五十嵐さんの解説を聞いてなるほどなと納得。
スケートアメリカの時の大ちゃんは五十嵐さんが見ていても、練習をすごくしてきているのだとわかるんだそうです。
大ちゃんがその理由を「練習をたくさんしてきたので体が自由に動きました」
と答えたそうです。その答えの意味を五十嵐さんが具体的に解説してくれています。
体が自由に動くということは、例えば失敗をしても体が動きを覚えているので、動きがとぎれずそのままスムーズに次の演技につなげることができるんだそうです。当たり前のことで文字にすると、そんなことファンの私たちだってわかるよと言う人もいらっしゃるでしょうが、私なんかちょっと目からウロコでした。わかっているつもりでも、ちょっと自然に動くっていうことの具体的な意味ってわかってなかったなと。五十嵐さんの解説っていいですね。以前解説をやめられたのは、新しいルールになって自分の知識では解説できないという理由で解説をされなくなったというのを聞いた覚えがありますが、五十嵐さんのような解説が好きなので、解説復帰ないでしょうかね。



みんな長いこと大ちゃんが滑る正統派クラッシックプロを楽しみにしていたと思いますが、モロゾフ以外で誰の振付で見たいかと以前考えてた時、他の選手のプロなんかを見て、ローリーとかがいいかななどと思ってたけど。モロゾフの振付を見るとやはり大ちゃんが正統派クラッシックプロを演じるなら、モロゾフが一番大ちゃんにはしっくりくるのではと思ったりしました。

ローリーでも悪くはないし、ひょっとしたら来シーズンのショートはローリーではないかなとも思うけど、ローリーはやはりカナダの人なのでクラッシックを振付けると、ちょっと軽さを感じるというか貴族的な雰囲気はないっていうか、曲にもよるだろうけど。
ローリー振付で滑る大ちゃんのベートーヴェンの月光は絶対ないなと思う。ローリーならドビュッシーの月の光のほうかな。ちょっと今妄想した、大ちゃん似合うかも、ローリー振付のドビュッシーの月の光。
でも、やっぱモロゾフの絢爛豪華でありながら影のある振付っていうのは、ロシア人ならではだと思うんだな。
あの独特の豪華絢爛さというのは、北米で生まれ育った人にはない感覚だと思うし。
早く見たいわ、月光、見れてあと二回ってとこか。ワールドと団体戦。かなりはまっちゃってるのだけど私。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. ソチツアー130万円ですって!

スマホのメールに入ってました。ひえーーーーお高い!
ののまめさまの予想金額ですね。
私には無理だああああああああああああああ!

ののまめさまに託します。
ぜひぜひソチに行って、現地報告を私の絶賛するののまめ大作家の文章でお願いします。

無理押し強引おばさんでごめんなさい!

2. Re:ソチツアー130万円ですって!

>グーサンさん
一人部屋だと+35万だったから37万なので、170万ってことに。恐ろしい。。。。まだ個人戦のほうはどうなるかわかんないけど、閉会式とかもあると思うからこっちも同じくらい高そうですね。ほぼあきらめてるけど、なにがあるかわかんないですからね。ただこれだけの費用があれば、引っ越しできるなとか考えちゃうし・・・。はぁ悩みどころ。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR