高橋大輔と有森裕子の共通点

故郷凱旋 ソチ五輪フィギュア入賞・高橋大輔選手 岡山
2014.4.25 02:02 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140425/oky14042502020001-n1.htm

■「少しだけ自分をほめたい」 県と倉敷市の授賞式に出席

 ソチ冬季五輪男子フィギュアスケートで6位に入賞した倉敷市出身の高橋大輔選手(28)が24日、県の県スポーツ特別顕賞、同市の市長特別賞の授賞式に出席した。女性を中心に多くのファンが集まり、“帰郷”を歓迎した。

 岡山市内の県庁ではファン約300人が集まり、手製の横断幕で出迎え、花束を手渡した。県スポーツ特別顕賞の授与式では、伊原木隆太知事が「けがに耐えながらの出場で、多くの人を勇気付けた」と述べ、賞状などを贈呈。高橋選手は「2大会連続のメダルを目指していたので満足の結果ではないが、現状で精いっぱいのパフォーマンスはでき、少しだけ自分をほめたい」などと話していた。

 1年間の休養宣言をしている高橋選手は「気持ちとしては100%現役続行だが、体があってのことだけに、とりあえず1年かけて将来について、じっくり考えたい」などと進退の明言は避けた。この後、高橋選手は倉敷市役所に移動。伊東香織市長から市長特別賞を受け取り、市民ら約700人から大歓迎を受けた。

少しだけ自分を褒めたいとささやかに言う大ちゃん。
ソチはあの時点でやれる事を十分やったと思う。今朝もソチの演技を見てたんだけど、誰がどういようとソチオリンピック男子シングルでは大ちゃんの演技が一番よかった。会場の空気までもが高橋大輔の醸し出すフィギュアスケートに対する愛情と感謝の気持ちが、穏やかであたたかい空気に包まれているのがわかって、本当に凄いことをしたもんだと思ってたんです。
少しだけどころか、すんごい褒めていいのに・・・けど、その少しだけ褒めたいというところにまだまだ大ちゃんの気持ちには、アスリートとしてのくやしさもあるんだろうなと。
そういえば、同じ岡山出身でマラソン選手の有森裕子さんが、足の手術をした後アトランタで銅メダルをとってバルセロナに続き連続で表彰台にたったのだけど、アトランタオリンピックでゴールした後彼女は
「自分で自分をほめたいと思います」
と言ったんだけど、そのことをちょっと思い出した。

「初めて自分で自分をほめたいと思います」 有森裕子
http://london2012.nikkansports.com/column/quotations/archives/f-cl-tp0-20120706-978771.html

同郷ゆえなのか、二人の歩んできた道も似ているかも。
苦しんで苦しんで、バルセロナとアトランタでメダルをとった有森さんの後、金メダルを晴れやかに手に入れた高橋尚子さん。
有森さんはただ走るのが好きだったから走っていた人。
その時から今に至ってもそうなんだけど、有森さんと高橋尚子さんどちらが好きかというと、私は有森さんのほうが好きだ。
やっぱり好きになる選手の傾向ってあるのかな。
有森さんも大ちゃんと同じく、道を切り開いてきた人という共通点がある。
私はそういうパイオニア的な人が好きだ。

そんな大ちゃんだけど、
「気持ちとしては100%現役続行だが、体があってのことだけに、とりあえず1年かけて将来について、じっくり考えたい」

気持ちは100%現役続行という言葉がうれしかった。
実は、足の怪我よりも心のほうがついていかないのでは?と思っていたのだ。
例えば、オリンピック後のインタビューで、負けたことを全て受け入れられたという言葉。
もちろんネガティブな感じはなかったんだけど、そこにどれだけの意味があるのかは正直わからなかった。
そのうち大ちゃん本がまた出て真相はわかるとは思うけど、気持ちはまだアスリートのままだということがうれしかった。
やっぱりなんだかんだ言いつつ現役で滑る大ちゃんを見たいというのが本音なのだ。
足の怪我がなんとかなればいいけど。
そこは、大ちゃん自身の研究テーマでもあるし、多分担当医の先生の研究のテーマでもあるだろうと思う。
ひょっとしたら、やっぱり関大では修士取得のあと博士取得もあるんじゃないかと思えてきた。
先日の大ちゃんの担当教授のコメントで、大ちゃんが自分自身を被験者としてデータをとり、フィギュアのみならず故障ととなり合わせのアスリート達のために、そして同じ故障をもつアスリートの為にしている、リアルな実験をしているわけで、これを突き詰めたら世界中のアスリート達そしてコーチ、更には医療関係者のためにもいい論文になるのではないかと期待できる。
前にも書いてるけど、私も前十字痛めているので気になるのだ。
どんな過程を経てオリンピックに至ったのか。バンクーバーもだけど、ソチもまた気になる。
そして、現役を続けることになったら、更にどうなるか。今度は年齢との闘いにもなるし。
心理面でも大ちゃんの心の動きはいい研究材料になるだろうと思う。
関大の先生はぜひ大ちゃんのお尻を叩いて、本気でドクター取らせるくらいの研究を続けさせってもいいんじゃないかと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. そうですよね!

4年前、バンクーバー後の園遊会では陛下が大輔さんの怪我を思い遣られて声をかけられていました。もはや国民的な怪我ですね。
金メダルとったり、1位になることも凡人では到底及ばないので、文句は言いません。
でもね、自分自身が頑張っていたり、くじけそうになったりするときに支えてくれるのは高橋大輔というスケーターなんです。

2. いつも謙虚

少しだけほめたいや、首相官邸にお呼ばれ動画で見たはじっこにいる姿とか、どれだけ実績を残しても全然変わらないのが彼らしい。

何回も心が折れたとか熊川さんにも身体より心が大変って言っていたのでかなり心配でしたが、現役続行の意志はあるのがわかり嬉しかった。
スピスケのジョージ君とも会ったみたいですし、いろいろ話しが出来たのではと思ってます。

あの大怪我で元の身体には戻らないけれど、これだけ出来るというのを是非、大輔君自身が見せていってほしい。

まだまだ高橋大輔を見たい。

3. 私も待ってます

気持ちは、100%現役発言はかなり嬉しかったです!やるなら勝ちたいとも話していたみたいだし…
やっぱり高橋大輔は、負けず嫌いなアスリートなんだと安心しました。
でも、スケート以外ではホッコリしてるところも大好きなんですけどね~(≧∇≦)

とりあえず、大輔さんにはしっかり怪我を治してもらって、私は
頑張って大輔貯金をします‼︎

また、楽しいブログをお願いします(^O^)
いつも、本当に楽しみなんです~*\(^o^)/*
大輔不足と嫌なニュースばかりの毎日の癒やしです(^ω^)

4. Re:そうですよね!

>はせぼんさん

私もゆづの金メダルは、100%納得とはいかないまでも、やはりそれだけの才能と練習の成果の末に得たものだと思っています。
だから生で滑ってるところを見ていい演技をすればスタンディングオベーションだってするし。
けど、心を揺さぶり翻弄されるほどの演技をする、表現力という枠では語れない領域に到達している大ちゃんの姿を見ると、大ちゃんの演技を見つづけるために頑張ろうって思っちゃうんですよね。

ところで、はせぼんさん。
はせぼんさんの名前を見るたびに、なんだかおいしそうな気がしてしかたがないんですけど、はせぼんってなんか銘菓とかにあったっけ?
それとも良く似た名前のおいしい食べ物ってあったっけ?
おいしそうな名前だと思いました。

5. Re:いつも謙虚

>桜もちさん
大ちゃんの気持ちは100%現役続行は逆に驚きましたね。メンタルの部分で決断できないと思ってたので。
足も治るかわからないけれど、気持ちが前向きであれば、足の具合を見る余裕もでてくるだろうし。
熊川さんとの出会いも大ちゃんにはプラスになってるのはまちがいないでしょうね。
性格的には真逆だとは思うけど。
熊川さんとのコラボとかあったらいいなと妄想してるんだけどね

6. Re:私も待ってます

>ムネハルさん
私も大ちゃん復帰のその時のために、貯金してますよ。ちまちまと。
まずはショーはいつ復帰するのだろうかとか。
多分大ちゃんファンの多くは、いつでも財布のひもを緩める準備はできているかと思います。
私も大ちゃんのためならば、ゆるゆるの伸びきったゴムひもくらいに小銭つかってやろうと思ってますしね。貯金がんばりましょう!!

7. all or something

有森さんの言葉、表情も口調もいまだにはっきり覚えている。
本当に努力した人の言葉って、響くんだね。

材料科学研究の教授がall or somethingをモットーとしている、と話していました。
all or nothing ではなく all or something
たとえば、地球から月を目指して必死に努力したとする。
途中で方向が狂い、月とは違う場所へ行ってしまうこともある。
でもそこからは、地球からは見えなかった月の裏側が見えたりもする・・・

ソチでは大ちゃんに金メダル取ってほしかったので、期待していた順位ではなかった。
でも大ちゃんの演技は、期待以上の、というか想像もできなかったような凄いのものでした。
いろんな感情があふれていっぱいになった。
やっぱりいちばんだと思った。
私にとっては、フィギュアスケートであれ以上の感動はもうないかもしれない。
あるとしたらやっぱり、高橋大輔のスケートしかない、と思う。

ののまめさんのお膝も、おだいじにね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR