巷のOLスケオタのような発言をする

ランチタイムのOLはまずスマホを確認しては、話題のネタを探す。
そんなののまめのオフィスのOLが
「高橋大輔パートナー欲しいんだって、ペアに転向するのかな」
だと・・・・。記事のタイトルにあるパートナーという文字を見て彼女とはとらず、ペア転向ととるOL.
私なんてストレートに彼女欲しいのか大ちゃん。添い寝要員が必要ならなんなりと言いつけてくれてもよくってよくらいに妄想したのに。。。巷のOLのほうがまっとうなスケオタのような感想を述べたことに、ののまめ超反省。。。なんかするわけないけどね。
しかしこの後
「高橋大輔彼女いなかったんだ」
とか
「去年なんかの番組で左の薬指に指輪してたよね」
とかそんな事を言っていたけれど
ひとりぽつりと言った
「彼女って書いてないじゃん、パートナーって書いてあるから彼女じゃないかも・・」
「あははははー」
「やだー」
・・・・みたいな。
「真央ちゃんとつきあってなかったの?」
とか、巷のOLは好き放題語るのであった。けど最後には真央ちゃんと付き合ってて欲しいよねとか。
真央ちゃんはどうなんだろうとか、巷のOL全員おかんのようになって、大ちゃんと真央ちゃんの将来を心配する。
しかし、やはりののまめと同じく真央ちゃんは手堅くお相手を見つけそうだけど、大ちゃんは悪い女にころっと騙されそうな気がするとかみんな言っていた。真央ちゃんにしておけばいいのに、思いっきりおめでとうって言うよねみたいな話になった。
やっぱ巷のOLたちも大ちゃんと真央ちゃんお似合いって思っているようである。
どちらにしろ、大ちゃんも真央ちゃんも巷のOLたちが二人の間柄をあーだこーだ言うくらいの国民的人気者であることは間違いない。
その後OLたちの話題は、再来月から始まるサッカーのワールドカップの話となり、やはりイケメンのウッチーの話になった。
まだサッカーワールドカップの話題は盛り上がりにはかけるけど、試合近くになってくると盛り上がるんだろうな。
巷のOLたちのてきとーなスポーツ話の盛り上がり方はゆるゆるで楽しい。

関大生フィギュアスケーターへの応援メッセージ
http://www.kansai-u.ac.jp/figure/message.html

大ちゃんの担当教授からのメッセージあり。
ソチの前のですけど。

文学研究科における髙橋くんは、「身体文化研究」をテーマとした私の研究室に所属しており、アスリートのコーチングに関する研究、特にケガの予防とケガからの復帰に関する研究を行っています。アスリートには、ケガがつきもので、ケガを予防することでより高い競技力を発揮することができます。また、ケガをした場合に、復帰に向けて、どのように調整していくかなど、コンデショニング作りは大変重要な課題です。彼は、自身の体験を練習日誌などから細かく分析し、後輩たちに残せる貴重な体験研究に力を注いでおり、完成すれば、今後のスケート選手(スポーツ選手)に役立つ大切な資料となると思われます。

自分のブログのどこかに書いたかもしれないんだけど、読めるものなら大ちゃんの怪我からの復帰とか試合に向けるメンタル調整とか、そういうのをそのまままとめるだけで、ピカイチの研究資料になるんじゃないかと思ってたんだけど、やはり研究のテーマにしていたようですな。
読みたいわ。
それとともに、ののまめも前十字の怪我をしているので、ファンというだけでなく結構気になってるのである。
食事とかも。
オンシーズンは石川さんが付いてるのでいいんだけど、オフシーズンですよ。
そっちのほうが一般人としては気になるし。
私の場合ゆるい怪我なんで、大ちゃんみたく苦しいリハビリなんてしなくてもいいんだけど、それでも怪我から2年半かな、それだけ経ってるけど、ちょっと合わないかな程度の靴を履いて出勤しただけで、膝に違和感がでちゃったり。
底の薄いバレエシューズとかも膝にくるし。
膝だけでなく、膝のうらがパンパンにはっちゃったり。もちろん大ちゃんのように水が溜まったりもするし。
一時期ちょっといい感じと思って、高いヒールの靴を履いていた時もあったんだけど、ほんの一瞬でしたそんな時期は。
ただ、その時はころんでしまい、その転び方がよくなかったのかそれ以来高いヒールの靴ははけなくなっちゃたけど。
そのくだりは、以前このブログにも書いたんだけど。
ロックンローラー大ちゃんのちら胸毛に昇天したままの通勤中、どこにもつっかかるところなんかないところで、見事に大ちゃんフィンランディア杯のorzポーズと同じポーズで転んでしまい、まわりを行く通勤途中の皆様の見て見ぬふりをする視線に大変な恥ずかしさを感じつつ、大ちゃんもこんな恥ずかしい気持ちでいたのねとかと、大ちゃんと同じ気持ちを感じてられるなんてと、自分に言い聞かせ、膝から血をだらだら出しながら出勤したその日から、ハイヒール履けなくなり。
そのせいだけではないと思うけど、やっぱり何かの拍子に膝の関節が不安定になる感覚っていうのかな、やっぱりあるんですよ。
だからこそ、ファンとしてだけでなく純粋に知りたいんですよね。
あれだけの大けがをして、どうやって足に負担のかかるフィギュアスケートができているのかを。
関大には今年も在籍ということで、せっかくの試合全休なので、論文のほうも頑張っていただきたいと思う次第であります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

私はソチ前に担当教授のメッセージ読みました。
大輔君の身体がそのまま研究対象っていうのは原先生もですよね。
あの大怪我がアスリートにとってどれほど一大事で、また復帰して活躍を続けていること全てがこれからの医療の発展やスポーツ選手の大事な資料になるんだと思います。
07年の卒論は「フィギュアスケートとスポーツビジネス」で、あのメディア対応の上手さはこんな所から来ているんでしょうか。
卒論も修論も自分を題材にいいテーマです。

左の薬指の指輪ですが、去年くらいから大輔君ファンブログ主様達何人かが気にしているのを見かけたんですが、「バンクーバーまでの闘い」の本で指輪をするのに薬指にこだわりがないって言ってるし、先日もあれほど寂しいを連発してるから独り身は本当だなと思ってます。

2. さみしくて

んー 「さみしくて」 が頭から抜けない。
どれだけのひとをどんだけ惑わしているかとか、自覚はないんでろうね、大ちゃんって。
いちいちツボだわ。
ラブラブハッピーな大ちゃんもいいが、恋愛でボロボロになるのもみたい気がする。死なない程度に。
ちょっとひねくれてみた。

3. コメント上手

大ちゃんは、本当にコメント上手ですよねー!
ソチでのゴウチさんの騒動のコメントもあの表情と話し方があわさって素晴らしかったし
今回のパートナー発言もあの場を盛り上げたり
いろんな意味で絶妙でしたね!!
フィギュアと共に才能感じる!

でもののまめさんの周りの方と違って私
大ちゃんは誰とでも結婚位はできそうだけど
(続くかどうかは知らないか)
真央ちゃんは大ちゃんが嫁にもらわないと
並の人では器が大っきすぎるからなあ~
と思うのよね

大昔だからみんな知らないと思うけど
ドラマに共演した山口百恵と三浦友和がものすごくお似合いでシリーズ化されて
結局現実でも本当に結婚してしまったって事あったんですよ
その後二人は離婚してないし
あんな風になって欲しいなぁ

4. Re:さみしくて

>にゅっくさん
私もですよ、ついつい仕事中に大ちゃんさみしいのかとかふと思い・・・そしてそう思わせる高橋大輔言葉のチョイスのうまさにうなっています。
もうちょっと違う言い方もあったかもしれないんですけど、思わせぶりにいいますな・・・ていうか、妄想族に撒き餌をはなったようなものです。もうみんな脳内で喰いつきまくる池の鯉みたいな状態かと思われます。
海外のみなさまも同じようで、一日で大ちゃんパートナーがいなくてベットで一人寝てるのがさみしいんだってっていう情報がながれているようです。

恋愛でボロボロになる、死なない程度・・には笑いました。たしかに、打ちひしがれる大ちゃんは像絶に色っぽいので見てみたい気がします。
思えば昨年の全日本のショートのソナチネは、現地で最後のステップの表情が見える席にいたんだけど、もがき苦しむようにステップを踏んでいく大ちゃんのその表情が壮絶に色っぽくてドキドキしました。ということでにゅっくさん気持ちはよくわかると思うののまめでありました。

5. 大ちゃんの左の薬ゆびの指輪

>桜もちさん
私も、本で大ちゃんがそんなことゆってたし、私自身も左手だと邪魔にならないのと、左の薬指しかサイズが合わないアンティークの指輪があって、たまにしてるもので、大ちゃんがファッションっていうんだったらそうなんじゃ?くらいに思ってました。
そういえば、イケオタPたんとPたんママンも気にしてたので、その時に、大ちゃんの指輪って女の子とペアでするにはごっついから違うと思うよとは言っておきました。
けど、怪我前シーズンあたりまでのイケイケだった頃とは違い、今だったらいたら、普通にいますよとか言いそうだし。
そういえば、ゆかりたんのインタビュー本でも、ゆかりたんに大ちゃん以外の男子は妻帯者か彼女もちなのに、大ちゃんにはいないの知ってるって言われてたし。
実はそれを読んだ時、逆に大ちゃん本当にいないんだとちょっとかわいそう思った自分がいました。

6. 倉敷へ行く前に

こんにちは。いつも拝見させて頂いています。
今日岡山県庁前で大ちゃんに初めて会うことができました。写真を取る事よりもガン見してきました(笑)。綺麗な男だなぁというのがまず、そして小柄で目が綺麗でかわいかったです。髪は発色のよい茶色も。私は大柄な男が苦手だということは前から意識していましたが、ファンになって間違いなしでした。全然でぶっちょではありませんでしたよ。顔もシュッとしてました。辺りが幸せオーラで包まれていましたね。

7. Re:倉敷へ行く前に

>kantakaさん
いいなー。大ちゃん情報だけでうはうはな毎日なのに、生大ちゃんですから。羨ましい。
綺麗な男だなっていう感想は、ののまめの職場の人たちも言ってました。
以前新宿だったかのホテルで職場の人たちが大ちゃんを目撃したらしいんだけど、その時の話が未だにたまにでるけど、最初はシンガポールや香港あたりの上流階級育ちのボンかなと思うような、なかなか日本では見かけない佇まいの青年がいて思わず見惚れてたら、高橋大輔ってまわりの人がいいだして。ああ、そうかって思ったって。綺麗なっていう形容がすんなりはまる雰囲気があったとかで。私その時仕事の都合でその人たちと直前で別行動とっちゃったんだけど、それをきいてどれほど悔しい思いをしたことか。。。けど、一般のおっさん達もそう言ってたくらだから、kantakaさんが言う綺麗な男だなぁという感想には納得。
ののまめはでぶっちょ大ちゃんも好きなので、でぶっちょ維持でもよかったなぁ。
大ちゃんからも幸せな時間プレゼント本当によかったね。

8. 倉敷市役所で

ののまめ様、いつも楽しく拝見させて頂いています。大ちゃんのお迎えに行ってきました。本当メッチャかっこよかったです。表彰式が終わり出てこられたときに握手をして頂きました。温かく、柔らかい手でした。彼の人柄を表しているようでした。これからあまり見れないのかと思うと寂しいです。大ちゃ~ん大好きだよ~。

9. ジャニーズよりも男前

>ののまめさん
ご返事ありがとう。うれしいです。
ショーにも大会へも行けないので、職場から10分のところに大ちゃんが来てくれるというので一目でいいからと意を決して岡山県庁まで行ったのです。翌朝のニュースで大ちゃん表彰のTVがあった時に実は自分も見に行ったと主人に白状しました(笑)。長い睫毛と大好きなもみあげ富士額?が印象的でした。生大ちゃん最高でした。
これからしばらく大ちゃんを見ることができなくなると思うので、ののまめさんの楽しいお話楽しみにしています。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR