信夫先生の涙にもらい泣き。きっと織田君が見てたら号泣してたと思う

ワンダフルライフ 第1回目 信夫先生ゲスト
泣かせていただきました。
真央ちゃんのくだりはもっともっと長い尺で見たかったけれど。
コーチの立場から選手たちをどう思いどういう覚悟をもって選手たちを育てるか。
村松さんが無理をして歩けなくなったときには、一生面倒を見ると言った信夫先生の覚悟。
思えば、歌子先生が大ちゃんを引き取って身の回りの世話をしつつコーチとして教えるというのは、普通に考えても凄いなと思う。
思春期の難しい年頃の子を家族のように受け入れて選手としてだけでなく、普通の社会人としても通用するように育てるというのは並大抵のことではない。
実の親子だって難しいのだ。
歌子先生はどういう思いで、大ちゃんに自立を勧めたのか、それは想像するしかないけれど。
一先ずは自立できるだけの大人になった、どこに出しても心配ないという親のような思いもあるのかもしれないし。
信夫先生の特集だったけど、大ちゃんファンとしてはいろいろ考えた。
別にファンがいろいろ考えたって、大ちゃんがどういう道を選ぶかはわかんないけど。
ただコーチも将来はあるってことを大ちゃんも言っていたので、きっと大ちゃんもこの番組を見ていたかもしれない。

ワンダフルライフを見て、フジにしてはまともな番組を作って来たなと思った。
でも一昔前って、フジは結構いい番組作ってたと思うんだけど、日曜日の夜に「ワーズワースの庭」という番組があったんだけど、今で言うならNHKでやってる「美の壺」みたいな番組で、大体日曜日の夜って明日からまた仕事かぁなんて思ってちょっと憂鬱になるんだけど、そんな憂鬱を忘れさせてくれるような番組だったんだけど。ワンダフルライフもそういう番組になればいいけどね。
歌子先生ゲストでもやってほしいわ。

ところで、昨日からクマたん三部作をツイッターのほうで発表いたしましたが、結構楽しんでいただけて何よりです。
昨日パソコンの中のフォルダーを整理してたら可愛いクマたん画像がでてきたので
そして、その可愛いクマたんの後ろ姿を見ているとなんかデジャブっていうんでしょうかね、どっかで見たなこの感じって思ってたら大ちゃんのビートルズメドレーのサーキュラの最後のトトトトトンとかっこよくステップを決める大ちゃんの後ろ姿に見えてしまって。。。
更には、クマたんの足の広げ方が、大ちゃんのイーグルに見えてしまって・・・・大ちゃんファンには叱られるかと思ったら好評だったのでよかったです。
あんまりつぶやかないんですけどね。
ののまめの過去のつぶやきを見て方は、クマとプラターヌ博士という、斜め上の大ちゃんつぶやきをしているのできっとあきれている方もいるかもしれません。しかたがないのですオタク気質なので。
でもなんだかんだ言いつつ、大ちゃんファンに楽しんでいただけているようでよかったです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

クマたんシリーズ、大いに楽しみました(*^▽^*)
関西弁になってるクマたんだからなのか尚更可愛いです。

次回も期待しちゃいます。
それにしてもののまめちゃんの発想が素晴らしい!!

2. 覚悟

小さい時から他の子には出来ない経験をするぶん、本来経験する事を知らずに大人になっていくわけで、親以上に一緒の時間を過ごしながら、沢山のことをコーチから教わっていくんですね。
長くトップで現役が長くなるほど、役割は重くなりますね。

中村健人君が去年出た雑誌で
樋口先生から、シーズン終了したらしっかり働いて親孝行しなさいと言われたと言ってますが、たぶん働くの意味はスケート界で生きていく覚悟があるかないかを決めなさいってことかなって思いました。読んだ時は選手を辞めなさいって事かなって思ってたんですが、昨日の信夫先生や長光先生の自立を勧めた話しでなるほどと思いました。

そういったきめ細かい配慮は日本人コーチだからでしょうか。
外国のコーチはやはりドライな関係ですかね?
ラファエルコーチが真央ちゃんのこと、後悔してるって言ってましたし。

大輔君関連のみならず、信夫先生にも泣かされました。

3. 良い番組でしたね

きちんと取材して(貴重な映像も)、主題にそって編集。変に煽ることのない司会で、何事にも動じない信夫先生も静か振り返り、ご自分からいろいろ語り、涙するなんて・・・すごいことですよ。
やれば出来るじゃん!!他番組も見習うべきところが沢山あったのでは。

さて信夫先生、自分が語っても真央が聞いてるんだか分からない・・・けどその後マスコミに自分の言ったことペラペラしゃべるっていつも愚痴ってますけど、信夫先生もソレ真央に言わずにマスコミしか言ってないんじゃ。。。
似た者同士の相思相愛だと思われます。

真央ちゃん早くからスターになっちゃって、自分のこと守ってくれる覚悟のある人、日本にはママしかいなかったから本当に良かった。
過去2回の世選優勝時もキスクラにはコーチ不在だなんて本当に自分しか頼れなかったから、今回メダル掛けられて嬉しかっただろうな・・・涙

そんで 信夫先生=真央説とくれば、国別の大ちゃん道化師だかの終わった後の真央ちゃんの口真一文字の渋いハグを思い出します。
信夫か!と突っ込みたくなる表情でした。

さすれば対の久美子先生(振付、衣装、情操面担当)=大ちゃんか?説も想像されるわけで・・・

お口真一文字で点数待ちの真央の反対側で、背中ポンポンしたり、水の蓋開けてあげたり、歌子せんせみたくカバンからティッシュ出そうとしていろんなもん落っことして慌てる大ちゃんキスクラ・・・ニヤニヤが止まりません!

いつも他人のブログにて長文妄想大変失礼。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR