世界を極めた勝負師たちはそれでも勝負をあきらめない

リアルタイムで見ることができなかったGetSportsを朝出勤前に見まして、ちょっと涙目になりながら仕事に行きました。
ファンとしてはつらい描写もあるんだけど、事実を忠実に映像にしていたと思います。
大ちゃんもつらいですけど、ファンもつらい。けれどファンは負けを認めてないと思うな。
歌子先生がソチの演技を2割程度の実力しか出せなかったと言っていたけれど、あれで2割の出来だったら足の怪我なかったらどんだけの滑りしてたんだと思うし。
そんな2割程度の出来ですら、まちがいなくソチで一番の滑りをしていたのは大ちゃんだと思う。
大ちゃんファンのみならず、あの当時テレビを見ていても、普段は辛口のおじさんコメンテーターが、ゆづの金メダルを褒めてはいたけれど、それに枕詞のように高橋大輔の演技がよかったと言う人が結構いたと思う。羽生くんおめでとうでもね、高橋大輔もよかったよと。
オリンピックは勝負の場だから、時としてはエースが負ける事があったりすると叩かれることもあるけれど、大ちゃんのあの演技を見て批判する人は誰もいなかったと思う。
テレビ越しで見ても、会場を大ちゃんの醸し出すやさしいエネルギーに包まれているようなそんなものまで伝わっていたので。現地でいたらどんな感じだっただろうと思う。

ゲトスポを見ていて、ゆづが金メダルととったことは誇らしく思う反面、やはり悔しいと言っている姿に対して
「勝負師としてのくやしさをにじませていた」と表現していたけれど、スポーツ番組で大ちゃんに対して勝負師と例えたのをきいたのは今回が初めてのような気がする。
私は前から大ちゃんは勝負師だと思っていたので、ブログにも書いたことはあるけれど。
世間では表現者もしくはアーティスト的アスリートという側面のほうが印象が強いと思うけど、大ちゃんの戦い方を見ていると、華やかな表現者という姿の裏にはいぶし銀の勝負師としての顏があって、その相反する印象がまた大ちゃんの魅力でもあるんだけど、なかなかスポーツニュースなんかでは勝負師という言葉を大ちゃんに対して使うことはなかった。
多分今シーズンは、怪我をおしても四回転にこだわって一か八かの勝負をする。
分が悪いとわかっていてもリスクの高いほうを選ぶという姿は、普段フィギュアを見ない層の人たちにも印象が強く残ったと思う。
血まみれの全日本から特に。
現役続行か、引退か。
大ちゃんも日々それについて考えてはいることだろうと思う。ファンも毎日考えてるし。
勝負師という魂を持っている以上、足の怪我が治ると多分続行を決めるのではないかなとこの頃思う。
先日も、水泳の北島選手が現役続行を発表しているし、イチロー選手もここのところちょっと低迷していたけれど復活

イチローの美技に絶賛の嵐 「伝説は静かに消えたりしない」「イチローのプレーを見るためにお金を払う」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140414-00010003-fullcount-base

伝説は静かに消えたりしない。
そう、イチローもだけど、大ちゃんもすでに伝説。静かに消えていっちゃいけない存在なのだ。
世界の頂点を見て長くつづけている勝負師たち。
イチローに北島康介、サッカーのカズにスキージャンプの葛西。
レジェンドたちはしぶといのだ。しぶといからいつまでも人気がある。
決して常勝ではなくなってはいるけれど、それでも、それでも若い選手たちにはないいぶし銀の輝きがある。
そして勝負師という姿がまた見ているほうしびれてしまうのだ。
大ちゃんの演技を見て、しびれたいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 私も

そんな気がしてきました。もう、モスクワワールドの後で「きれいに終われないかも知れないけど」って言ってあるし。そのまま行こうぜ、どこまでも。

私は本当はあっこちゃんに「しぶと仲間」になって欲しかったけど、思いがけず真央ちゃんが「しぶと仲間」になる可能性あり?? 真央ちゃんは、大ちゃんが「やめる」って言ったら絶対やめると思う。自分だけじゃなくて、他人の未来も背負ってるんだよ、大ちゃん、覚悟決めろよ(笑)!

2. うん!

ソチに向けて習得したものをまだまだ見せて欲しいです!
大ちゃんって同じプロ・似たようなプロをやりませんよね。
本人が「高橋またこれかぁって飽きられたら終わりだと思ってる」って
言ってた覚えがあるのだけど
ジャンプだけに限らず、そういうところも勝負師なんだなぁと思います。
毎シーズンわくわくしながら待つような気持ちを与えてくれるのは大ちゃんの演技を見れる日を待ってます!

3. 根っからの勝負師

と思います。
アスリートらしくないとかへたれとか言ってますが、ずっと誰よりも無謀と言われようと四回転にこだわってきたと思うし、それでメダルを逃しても挑戦し続けてきた結果が今の彼にはとってもキツい四回転時代に突入したんだと思います。
ニースの頃はみんな跳ぶようになって見ていて楽しいなんて言ってたのが、今やなんでもかんでも跳べばいい時代になってしまいました。

最近、よそ様のブログで辛坊さんがやってる朝の番組で男子フィギュア後の放送時、日本男子三人の感想をと言われたのに、コメンテーター全員金メダリストじゃなく大輔君の事を誉めてたと動画じゃありませんがキャプした写真付きで見たんです。
ックリしました。や
4人コメントしたうち3人男性です。
言って下さった言葉に泣けます。

4. 悔しいと思えること

GetSports放送されない地域なので、動画UPされた方に感謝です。以前のテレ朝の特集と一部被っていましたが、その時は放送されなかった言葉もあって、五輪直後の大ちゃんが言いたかったことより理解できたような気がします。
悔しがる気持ちが残っているのは負けた事実があっても大事なことだと思います。負けを認めて気持ちが穏やかなだけならアスリートとしては次の一歩はないような気がするので。
でも、負けてるとは思いませんけどね私は。ソチのあの胸を打つ演技で2割…やっぱり万全なら確実にメダル取れてたなぁと。そして会場のみならずテレビのこちら側も包み込んだあの空気は大ちゃんにしか作り出せないものだと思っています。
若手が台頭してきて勝つことが難しくなるのはどのスポーツでも同じですが、無理矢理の世代交代については以前苦言を呈する記事もありました。足が良くなってまだ行ける、という気持ちが持てたら遠慮する必要なんかないんです。試合が一番好きな大ちゃんなんですから。長くなっちゃってすみません。

5. 力をもらった

 伝説は静かに消えたりはしない。
各界のレジェンドたちは、しぶとく、いぶし銀のようなかがやきを放つ。

本当にその通りですね。歴史が証明済みです。

最近の大ちゃんの特集をみて、ソチでの演技、その前後の出来事が思い返されて、またまた号泣でしたが、何より最後まであきらめないぞと、大ちゃんの姿からから力をもらいました。

そして、ののまめさんの言葉に、大ちゃんの決断と今後を静かに見守ろうと、改めて希望がわきました。

6. 無題

考えてみたら、フィギュアスケートが人生そのものを体現できるスポーツであるなら20代前半での引退なんて本来おかしなくらい早すぎるしつくづくもったいないですね。
次々アイドルだスターだと作り出そうなんてこざかしいまねをスケ連がしなければ、もっと大事に育てれば、おのずと選手の寿命は延びフィギュアスケートの人気もつながっていくと思いますけどね。
本当になんというか、能無しの哀れな団体に成り下がりおって・・・

7. 無題

大ちゃんの演技は、若手にないものです。体の中から情感が溢れてますもの。心地よい演技をする大ちゃん。あの域まで行ける選手ってなかなかいないと思うのに。。。スケ連、大ちゃんをもっと大事にしてくれれば・・・私も勝負師の大ちゃんを見続けたい。負けるな!大ちゃん。モチベーシヨン、上がれ~。

8. ホントに毎日考えてしまいます

真央ちゃん展、今日会社帰りに行ってきました~。
待たずに入場できました。列も1列でそこそこ落ち着いて見られました。
ののまめさん混み具合情報ありがとうございました。
私も入り口のスマイル衣装&パネルにうっときました。
ソチのときの切なかったりのいろんな気持ちがよみがえってきた感じでした。
写真がすごく美しかったと思います。あと、衣装とともにメダルの数がすごくて、
真央ちゃんの大会での成績はもちろん知っていましたが、
改めてそのすごさを実感して、いまさら驚いてしまいました。

真央ちゃん展を見て無性に、大ちゃん展が見たくなりました。
でもそれは現役を引退するまで我慢しますので、足が治ったあかつきには
大ちゃんにはできれば現役続行してほしいです。

足のこと、昨今の採点のこと、気持ちのこと、困難なことはたくさんあって、
大ちゃんの苦難を考えるとこれ以上は、と思うのも本当なのですが、
でもそれでも続けてほしいと思わずにはいられなくて。
そもそも、怪我さえ治れば、大ちゃんのスケートは全然いけるのですもの。
それに、昨今のスケート界だからこそ、大ちゃんのあの滑りがコンペから
失われてはいけないと思うのです。
負けを認めたというその先に、大ちゃんは勝負師は何を見つめるのでしょうね。

9. 無題

ソチの前までは、よくわからない採点基準も、負けず嫌い大ちゃんを同じ土俵にとどめておくためかも~なんて、のんきに思ってました。大ちゃんの演技が見られれば、順位はあまり気にしてなかった。
でもやっぱり、勝ってほしい。
ずっと戦っていたから、いつもあんなにキラキラしてたんだね。
「いい演技」と「メダル」
大ちゃんが両方をつかみ取るのを見たい。

10. 無題

初めまして。いつも楽しみにお邪魔してます。
感謝します!

ちょっと前に神さまのこと書かれていましたが、ののまめさん、数霊ってご存知ですか?言霊と表裏一体なるものなのですが、ダイスケ君の名前を数に変換すると「151」でその意味が「ひのき舞台の人」なのです!

151は窮地から脱するキーワードの数霊で、死中求活(窮地にあってもなお、活路を開くという意味)、光が強ければ強いほど闇も強くなるもの。ならば、更なる力を発揮して光り輝きなさいという神試しをされているのではないでしょうか、という注釈があります。

そして、この数霊マントラがよいのです♪
「天の川 舞台で舞うのは 我なるぞ 光強く輝けり」

ダイスケ君の人生そのまんまじゃん!って思いません?
ちなみに、私、イチロー選手も好きで調べたら、な、なんと、イチロー選手も同じ数霊なのです!
うれしすぎる(^^)/

参考本は「数霊に秘められた宇宙の叡智」
¥800ですが、神様のことも数霊を交えながらとても興味深く書かれています。




11. Re:無題

>アニーさん
数霊っていうのはきいたことあります。言霊っていうのがあるように。
私は意外に科学脳なので、統計学として見る分にはなるほどって思うことはあるけど。
いいことは信じるのはいいですよね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR