OUT×DELUXE殿の伝説の号泣シーンに爆笑する

昨日のOUT DELUXEの織田くん
録画したので何度も見返しては爆笑している。
実は引退後、ノブナリ氏の出演した番組は録画しては楽しんでいたのである。
それにしても、OUT DELUXEは私の中では保存版番組となった。
私、ノブナリの泣きシーンだけ編集してDVDに焼いてあるくらいだったので、まさかこんな私得な番組があったなんてと思うのである。
あれだけ豪快に泣く人はいない。徳光さんとか泣き芸人の番組を見るたびに、ここにノブナリINしたら最強なのにって思ってるんだけど、多分そのうち泣き芸能人枠で出演依頼にがくるに違いない。

それにしても、良い人って見られることにプレッシャーを感じていたなんで、そこにも笑った。そして
「いい人じゃないっていうのを世間の皆様につたえたい」
とか・・・そこはいい人でないなら
「いい人じゃないんじゃボケェ」くらいは言わないと。
世間の皆様に伝えたいっていう言い方が、またやっぱいい人じゃんノブナリってなっちゃって、自らハードル上げてしまったような。
以前、しくじり先生でもノブナリ氏は、自分はメンタルが弱いと言ってたけど、大ちゃんもだけど、よくこんな二人が世界と戦ってきたなと今更ながら思う。
けれど、そういう二人だったからこそ見守ってきたというか、逆に感情移入して応援できてきたのかもしれないと思う。
二人ともよく育ったよ、本当に。いろいろあったけど。
まだ、いろいろある最中だけど。
いつかは、ノブナリコーチがキスクラで自分の教え子の演技を見て、大号泣するシーンが見てみたいものである。
多分ノブナリ氏引退後、ここ数か月そんな姿を想像した人はかなりいたに違いない。
選手が泣いてるノブナリコーチにティッシュ渡してるところとか、そして海外の実況では、現役時代もよくないてましたとか言われたりとかしてさ。

アウトデラックスではないけど、しくじり先生のノブナリ氏
3/14 織田信成・俺みたいになるな(その1)


泣くという行為は、心の中にあるストレスを軽減する効果があるとかって聞いたことがあるんだけど、見ているほうもノブナリ氏や佳菜ちゃんなんかの泣き顔を見ていると、また見たいと思ってしまうので、泣かなくても泣いている人を見てもストレスは取れるのかもしれないなと思った。
ちなみに、大ちゃんの泣き顔もなんか見ていて効果あるような気がする。ついついリピートして録画を見てしまうので。
例えばですよ、全日本のあのSPキスクラの今にも涙がこぼれそうなほど潤んで不安げな顏とか、フリーのワインディングロードの時の泣きながらのステップだとか、リンクから上がる時の涙をこらえてるところとか、そして演技後のインタビューとか、不覚にも萌えている自分がいて。
大ちゃんツライつらい時なのに、ごめんねと思いつつも何度も見入っていたんだけど、なんでしょうかね泣き顔を見て癒しを感じてしまうのって。
そうそう、チャリティーのインタビューの時も、目が凄く潤んでたんだけどあれもなんかキタ。
小さい子供や、動物の赤ちゃんの目みたいに見えるからかしらね潤んだ瞳って。なんかこう胸がきゅっとくるね。


真央ちゃんの演技に涙する大ちゃん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 泣く


私、織田君の現役の時の大泣きは毎回どん引きしてました。いい人なんだろうとは思ってたけど、せっかくいい演技もあれだけ泣かれると、どんだけーって冷めてしまってました。
引退後の解説は素晴らしい。大きな組織に巻き込まれず自由に選手目線を忘れず今のままやってほしい。

大輔君の全日本の涙はリアルタイムで見ていた時は、萌えるゆとりは全くなかったです。人生初ってくらい次の日の代表発表まで泣いて、泣き止んでまた思い出して泣いてを繰り返してました。さすがに家族から選考基準を満たしてるから大丈夫って慰められましたが、その慰めもなんの根拠があって言うのとまた泣き、飽きれられてました。
代表決まってから見直して泣き顔かわいいーって、そして真央ちゃんのSP後の泣き顔大輔君に萌えておりました。
泣かしたっていう征服感を感じるのかな?へんな事書いてゴメンナサイ。

2. 爆笑がとれる涙は才能

OUT×DELUXE、わたしも途中から見ました。
その時、彼はすでに号泣・・・アハハハ
何でしょうね、
やっぱり小さい子や動物がなくような愛らしさを感じます。
しくじり先生の動画、ありがとうございます。
初めて見ました。
植木等さんがかつて言っていましたが
関西の笑いは「被害者の笑い」、
関東の笑いは「加害者の笑い」だったっけな。
織田信成さんは要するにいじられキャラなんですね。
その自覚はご自分にもある。
お笑いネタと言ってしまえばそれまでですが、
実際のしくじりを素材にしながら、
競技の採点やメンタル面について印象深く学べてしまう。
先生としてはかなりGJではないかと思いました。
関西テレビのニュースではフィギュアの解説者としても活躍していましたが、とてもわかりやすく、そして楽しい!
現役として活躍していたスケーターだと言ってしまえばそれまでですが、他にもそういう人たちはいるわけで、そうした人たちとは一線を画した魅力が織田先生にはあります。
「消えてしまいたい」「生きているだけで十分」
などと言っていましたが、
(その言葉自体が笑いを誘う)
新たな表舞台に立ち続けてほしいなぁと思います。

一方、大輔さんの涙はまた違った感じがします。
胸がキュンと締め付けられるような、
ココロの琴線をふるわせるような涙です。

例えていえば
喜劇と悲劇はどちらも「コメディー」と呼ばれていますが、
そういう裏表にある違いというか。
音楽なら長調と短調のような違いかな?

3. 涙萌え

こんにちは。毎日、ののまめさんのブログをにんまりしながら読ませていただいています。
織田君の涙は、確かに思わず笑ってしまいます。大人の男で、あんなに泣くのは珍しい。徳光さん以上ですもん。ノブナリ君は、結構バラエティー向きかも?と思います。OUT×DELUXEでは、泣きポイントになりそうな話を降られる度に「ここ泣いた方がいいんですか」って聞いてましたね。そこが本人の意に沿わず、みんなから「いい人!」って思われてしまうところかな。表舞台から消えたい、なんて言わず、どんどん表舞台で活躍してほしいです。

大輔さんの涙に癒やされる、という感覚、実は同じです。絶品は昨年の全日本SPのキスクラ。あの何とも不安げではかなげで、泣き出しそうなところをやっと踏みとどまっている表情が、たまらなく愛おしくて、萌えます……。もちろん、FSの後のウルウルインタもたまりません。ののまめさんが同じ萌えポイントと知って、ちょっとほっとしました。まあ、結局のところ、大輔さんの場合はまるごと好き、ってだけなんですけど。

ぐたぐだと失礼しました~。

4. 泣きのみDVDって!

ののまめさん!マツコさんと一緒じゃないっすか(笑)

ワタシも殿の出る番組は欠かさずチェックしてます。
イイ味出してますよね~。にじみ出る人柄に癒されます。

ただ、すごく気になったのが、この番組では泣き所がいつもと違う、というか、まぁずっと泣いてたんですケド(*^。^*)
「表舞台から消えたい」「表舞台に出る人間じゃない」とか言って、ずっと泣いてたので、ひょっとして裏でなんかひどい事を言われたのかな、とまた穿った見方をしてしまいました。
真央ちゃんのソチ採点についてや、まっとうなフィギュアファンがモヤモヤしてる事などをズバッと言ってくれたりしていたので、やっぱり釘をさされちゃったのかな~、と。
殿の愛あふれるコメントは、ずっと聞いていたいので、変な圧力に負けず頑張っていっていただきたいです~!

テレビといえば、テケ先生と賢二先生が明日のテレ朝の番組に出演なさるようですね。
何をお話しなさるのか、楽しみです!


5. 結局みんな大ちゃんが好きなわけで

大ちゃんの涙もいいですよね。
私、大ちゃんの打ちひしがれてる表情も結構好きで、演技が上手くて着なくて茫然としているところが、大ちゃんゴメン萌えてゴメンって思いつつも見直してしまう自分が。
打ちひしがれて茫然としている姿がまた色っぽくて。本当に珍しいと思います、泣いている表情までも色っぽいなんて。
けど、殿とか佳菜ちゃんの泣き顔はもう、こらえようと思っても爆笑しちゃって。
辛い時は二人の泣き顔、もちろんうれし泣きなんだけど、その表情を見ると癒されますね。
そうそう、マオちゃんのソチでの涙もよかったなぁ。普段あまり涙しない真央ちゃんだけに印象が強いです。

解説ですけど、殿もだけど美姫ちゃんも結構いけると思いました。言葉足らずのところは結構あったけど、意外でした。二人とも。

6. 涙の効用

織田くん、これ泣いちゃうだろうな~と予測できてても、そんなにーってくらいの号泣、毎度あっぱれです。

ストレス解消のためには、共感して泣く「感動の涙」が一番いいそうです。眠ることと同じくらいのリラックス効果があるそうです。
ソチで真央ちゃんの演技に涙した大ちゃん、眠れてなかった分もすごく癒されたと思う。つくづくありがとう真央ちゃんです。

私も大ちゃんの去年の全日本SPキスクラのうるうるが絶品だと思ってます。当時は不穏な空気も加わって切なくもあったけど、立派にソチの舞台を終えた今見ると、純粋に?萌えます。色っぽいよね。
大ちゃんには感情移入してる分、共感も深いわけで、泣き顔に萌えるのもベースは大ちゃんへの愛なので、許してもらいましょう。

久々に映像で見れた大ちゃん、黒豆茶を入れた後の、ふやけた黒豆さんのようでした(^-^)
でもこれがまた美味しいんだけどね。
どんな大ちゃんも好きだよー。
大ちゃんの切ない表情は大好物だけど、実生活では常に幸せでいて欲しいです。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR