疲れきりつつも大ちゃんまつり4日目。女子は見ていておもしろい。

女子もまたライブで見ることはかなわず。
そして今やっと見終わったけど、真央ちゃんいい笑顔。やっぱライブで見たかった。テレビ観戦であっても、同じテレビ画面とはいえ、ライブ中継を見るのと録画を見るのではなぜ感じ方がかわるのか。
まあ、結果しっちゃってから見ちゃったからなんだけど。
よかったよ真央ちゃん、笑顔とガッツポーズと。
そして、アッコちゃん。又しても泣かされた、あんたには泣かされるよ。
フリーも本当に頑張ってまた泣かしてちょうだい。しかし、私のアッコちゃん演技の泣きレベルは全日本>NHK杯>ワールドかな。
そういばNHK杯の時、現地で知り合ったスケオタが
「友達のスケオタがアッコちゃんのショートは泣けるって聞いたんだけど、泣けるかなそんなに?」
と半信半疑な感じで言っていたんだけど、NHK杯ショートの後その人の顏を見たら(TooT)な状態で、鼻水のたらしそうな勢いで泣いてたんだけど、私も同じ顏で泣いたので、二人でお互いの顏を見て、あーんと笑い泣きをした・・・そんな思い出がある。
あのスケオタさんどうしてるかしら?多分ゆづファンだったんだけどね、前はゆづファンだったとか控えめに言ってたけど、ゆづの出ないNHK杯だけにまわり大ちゃんファンばっかだから、ゆづファンって言いづらかったのではないかなと思うけど。一期一会であれっきりだったけど、名前すら知らない人と一緒に鼻水垂らす勢いでアッコちゃんの演技を見て泣いた私たち。
そんな思い出もありながら、アッコちゃんがワールドで気持ちよさそうに滑っている姿を見て、そしてステップの時から観客が拍手をしていて、万雷の拍手とともにスタンディングオベーションをされている姿を見ると、大ちゃんもこんな風に見送ってあげたいと思ってしまった。
NHK杯のSP後の代々木の会場内の熱狂を肌で感じた身としては、更に大箱なたまアリで大ちゃんを思いっきり応援したかったなって。
そんな機会が廻ってくる時を願わずにはいられないののまめであった。

そして大ちゃんまつり4日目。
ユニバのオペラ座である。
何がおすすめかというと、クワドのはまり具合である。
音楽とぴったりの音はめで、多分シーズン中の中では一番はクワドと音楽がぴたっとはまったのがユニバではないかなと。
あとはユニバと言えば、演技中にパンツのヒモ・・・ちがった、パンツの裾のベルトがはずれてしまって演技が途中で止められちゃった事が印象に強い試合だったけど、私あの一旦音楽がとまって、ベルトを留め直して再び音楽がなり大ちゃんが再び演技に戻ったその瞬間から、高橋大輔の世界に惹きこまれる演技をしているのが見れるのがこの動画。
本当にただ一歩踏み出したその瞬間からまたオペラ座の世界にいざなってしまう。
この動画を初めて見た時、その所が凄く印象に残っていて何度かこの動画を見直した記憶がある。
ちなみに、このユニバのEXロクサーヌもよかった。途中までしか現地で放送されなかったみたいだけど、ユニバであのロクサーヌが見れた人は本当にラッキーとしかいいようがない。

Daisuke Takahashi 高橋大輔 2007 Winter Universiade Torino LP


続いては、みんな大好き練習着大ちゃんである。
2010年ワールドチャンピオンとなったEXの公式練習。
ゆるゆる練習着に、セットしてない髪の毛が少年ぽくてよろしい。
けれど、やはり王者の風格。まわりで見ている選手たちも大ちゃんが滑りだすとリンク脇によって、大ちゃんの演技を見つめている。
つい見たくなるってもんですな、他の選手の時はがんがん練習していたりするんだけど。
久々のLuv Letter だけど、やっぱりいいねこれ。エキシ本番の最初の大ちゃんのバストアップはまるで絵画のように美しくて。
大ちゃんは顏が濃いけれど、あの映像を見ると日本画っぽいなと思った。
多分空間の部分の間が日本画によくある構図に似ているせいもあるけど、日本人カメラマンがとったわけではないけど、とっても日本的な感じがした映像でありました。

2010 worlds ex practice Daisuke Takahashi.avi

そして、やっぱりみんな大好き、ラ・ストラーダ大ちゃん。
しかし、ここはあえてのワールドのランスルーである。
スイッチがオンオフしているんだけど、スイッチオフの時の手先だけをぴこぴこ動かしながら振付けを確認している姿が私的にはツボ。
そしてオンに入った瞬間、突然の変貌をとげるところが、ストレートラインステップはランスルーでありながら、心打たれるものがあるし
一瞬で切り替わるその瞬間が私は結構好き。
他には、スケアメのタンゴのランスルーも好きなんだけどね。
あれも、手先や頭でちょいちょい音をとりつつ、ここだっていうところでスイッチがはいってそれを見つめる観客の意識が一気に大ちゃんに集中する様が見ていてわかるし。
思うんだけど、そういう映像ってスケオタのみなさんがとってるんだけど、正直テレビのカメラワークもスケオタにやらせたほうがいいんじゃないかとすら思う。
スケオタ動画は本当にスケオタ心を掴むカメラワークをしているのだ。
うつしているポジションは移動できないというのに、ツボはまりなショットを本当にうまくとってる上に、ちゃんとテクニカル面も良く見えるように撮ってたりもするし。

2010 Torino Worlds official practice(March 25th) - Daisuke Takahashi FS run-through
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 今回も素晴らしいチョイス!

どれもものすごくリピして見ていました。
たしか、このユニバは高橋が出るのは反則だみたいに言う人がいた記憶が…それくらいひとり別次元て事ですよね。
笛がなっても淡々とした様子で、全く途切れ感ない演技もすごい。
10年世選EXはボサ髪で寝起き風でも絵になる男。ただ滑っているだけでもずーっと見ていたい。こんなふうに思える選手はいないです。
今は身体のラインがわかる練習着だけど、ゆるいのを着ていたのはこれが最後くらい?
本番のどアップ映像は顔が真ん中じゃないのが、大輔君の美しさを際だたせていてポスターにして飾りたいと思ってました。写真集出すなら入れてほしい一枚です。

練習中の手をピコピコは時々やっていて、やっぱり身体全体を動かさない時もどこかが音を感じて動くんですね。
観客動画は傑作の宝庫です。
あがったらそればっかり見てます。試合だとテレビ放送じゃわからないお客さんの反応に感動します。
久々に見ましたが、怪我前と顔も雰囲気も全く変わりましたよね。そして、今の顔とも違いますね。

ワールドに出ていないせいなのか、見ていて泣けてしまいました。大輔君の姿を見たい。

お疲れのところ、本当にありがとう。

2. 無題

録画したワールドをチラチラ見てはいるのだけど、
あああ 大ちゃんが見たい 
ってなるので、連日開催の高橋大輔祭りうれしいです。
ののまめさんの妄想解説に共感できて楽しい。
忙しいのにありがとう。

どこを切り取っても、キラキラと、くるくる変わる万華鏡のようです。
さらに今の大ちゃんが愛おしくなります。

シークレットガーデンのレイバックの謎ですが、
単に曲聴いててのけぞりたくなったのでは?
確かにとても良いのけぞり。
月の光をさらさら浴びているようです。

3. 動画紹介ありがとう。

ののまめさん、動画紹介ありがとうございます。やっぱり、このお方、素晴らしすぎて引き込まれます。
私はよく「meyou twitter検索」で「高橋大輔」を検索します。今日のフリーの放送中も、ファンだけでなくけっこう一般の人も、大輔さんのスケートが観られないのを嘆いていました。
淋しい・・・。ううん、明るい気持ちで待たなきゃ。
ののまめさん、これからも動画を紹介して元気を与えてください。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR