勝手に高橋大輔まつり開催中!本日はシークレットガーデン

勝手に高橋大輔まつり開催!!パチパチパチ~
ということで、大ちゃんのいないワールドにどうしても気持ちが乗らない私。
それでもチケットもあることだし、かといって仕事も忙しいし・・・タマアリ遠くて行く気しない・・とか、都内在住なのに。そんなことばっかり思いつつ
この3連休もHDにたまった録画を整理し、そしてニュース映像大ちゃんだらけDVDをこさえた。
50GBで約1年分である。ミニ特集もここに含まれる。かぶる内容のものはよりいい絵を撮っている番組のものを採用し、ちまちま大ちゃん映像だけ抜き出して焼き尽くしたのである。
最後1GBまできっちり大ちゃん映像に収めて大満足である。
この週末は、大ちゃんオンリープログラムDVDを作る。ひたすら大ちゃんである。滑る滑る大ちゃんである。
ワールドそっちのけでやろうと思う。
途中で過去の映像を見たりなんかしているので、結構時間がかかるのだ。

しかし、そんなことやってられっかーという方もいるかと思う。
ということで、過去の大ちゃん動画を持ってきて勝手に解説妄想をする「勝手に高橋大輔まつり」を開催するのである。

Daisuke Takahashi - Skate America 2005 EX

大ちゃんやさぐれ時代から更生した頃のGPシリーズ初優勝のEXシークレットガーデン。
四大陸のEXの動画もあがっているけれど、私はスケアメのシークレットガーデンが好きだ。
衣装もやさぐれ風味がまだ残るルックスなのに、衣装が何気に小公子。
このギャップがよろしい。
2005年というと今から9年前。大ちゃん19歳。
シークレットガーデンは、大ちゃん自身振付の貴重なプログラムだけど、今再び見ても、すごい才能だなと思う。
今活躍している10代の選手たち、もしくは20代前半の選手たちの演技を思い出しても、ここまで滑れている選手は誰もいない。
音楽を体で奏でている感じが本当にする。
ところでこの演技をしている大ちゃんを見て、なぜ大ちゃんレイバックなぜやろうと思ったのか。男子ってあまりやらないけど、それに大ちゃん体堅いのに、なぜレイバックなのか謎である。どなたかご存じ?大ちゃんがレイバックを始めた理由。あたまグリングリンするのがカッコいいと言っていたのは知ってるけど、グリングリンの基礎がレイバックだからなのか?で、レイバックを体の堅い大ちゃんがなぜに?しかし、レイバックは今や大ちゃん独自の進化をとげ、あののけぞりがあるからこそ、演技に色気も出ると言うもので。
大ちゃんのプロでのけぞり演技がなかったらどんなプロになってたか。
そして回転系の技は目をつぶっているのも、写真を撮られていても不細工に映らないという利点もありで。中途半端にあけてたら色気もなにもないと思う。下手したら半開き白目のホラーかコントになってたと思う。
このプロの中でするレイバックスピンののけぞり具合はとても素敵である。
更にはレイバックスピンからステップにはいり片足でエッジワークを駆使して滑って行くんだけど、見ためのやさぐれとは違って本当に気品あり、そして少年らしさもまだ残っていて。
久々見てあらためて凄いなと思う。
それとともに、今大ちゃんがこのシークレットガーデンを滑ったらどうなるかと妄想した。
多分、もっと緻密で繊細でノーブルな雰囲気を更に増すプログラムになるのではないかなと。
見てみたくないですかね、今の大ちゃんが滑るシークレットガーデン。
多分別物になるとは思うけど、あえてのシークレットガーデン見たいわ。
ということで、明日の仕事中シークレットガーデンを今の大ちゃんが滑ったら?を妄想ネタにしようと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 私の大好物だ。

ノクターンは私の大好物。
どんなにいいプログラムが出て来ようと、大好きな演技1位はゆるがない。
大ちゃんオンリーDVD、超欲しい!
DVD作りは出来ないので暇をみては動画あさりww

2. まつりはいつまで続くんですか?

高橋大輔まつり、開催期間はいつまででしょうか?続きが楽しみです。
音楽を体で奏でている、その言葉の通りだと思います。
レイバックもそうなんだけど、この動画を見て思うのは、大ちゃんの手や腕の使い方のすごさ。ホント惚れ惚れします。これはやっぱり天性のものかな、そう思ってしまう。19にして漂う色気もね。

2005スケアメ、このEXもラフマニの映像もNHKなんですよね…こんな時代もあったのに。
NHK、N杯だけでなく、もっとフィギュア放送してくれたら、と切実に思ってしまうこの頃です。(ワールドとか、ぜひともお願いしたい…)

3. ノクターンと聞いて・・・

こんばんは。
大ちゃんのいないワールドという事実がどうしても受け入れられず、夜中にアス魂のメッセをちまちま1時間半も読んだりしているminaです。
暗いですよ。ぶちぶち・・・。

でもノクターンと聞いてムクっと起き上がってまいりました。
何を隠そう、ノクターンは私が初めて生大輔を見てはまってしまったプロなのです。

それまでは、ロシアバレエ的な美しいポーズで音楽にのってジャンプやスピンをこなすのが素晴らしいフィギュアだと思っていたのですが、大ちゃんのノクターンは私のスケートの概念を根底から変えてしまうものでした。

音そのものになったり、音と戯れる風の精になったり、今度は風の精と戯れる小川のせせらぎになってみたり・・・。
もうとにかく、ただ氷を滑っているだけなのに、なんだこの豊潤さは?一体この人は何なのか?と目からウロコどころか頭を殴られたような気になりました。
その答えを探し続けて今に至っております。

あの時に見た、他の五輪メダリストたちの演技はジャンプする図、見栄を切る図、ラストポーズ、とそれぞれ「画像」としては記憶に残っているのですが、プログラムの音楽もですが、全体感は残念ながらすっかり忘却の彼方に・・・。

でも、大ちゃんのノクターンだけは、今も印象鮮やかです。
ひんやりとした心地いい風を連れて、気持ちよさそうに、まるで飛ぶようにリンクを疾走していた大輔さんは、月の世界からやってきたお方に見えました。

今の大ちゃんが滑ったら、、、、はこれから夢の中で妄想膨らませますね(笑)
ノクターンの話題で幸せ感がムクムク湧いてきました。ありがとうございます。
では、おやすみなさ~い。

4. ののまめさん、ありがとう~

大ちゃんまつり、うれしい~
個人的にちょっと辛いことがあって、やさぐれた気持ちだったけど、シークレットガーデン見て、元気でました~
花がパッと開くような、水滴がキラキラ跳ねるようなレイバックスピン‥なんてきれい‥
なんでこの人は、こんなに赤の他人を幸せにできるんでしょうね?
ののまめさん、次を楽しみにしています!ほんと、ありがとうござります!

5. 大大大大大大大好きです

私はノクターンから荒ぶるロクサーヌをフルでやった全日本が忘れられません。
あまりに対照的なプログラム。
実況の言うとおり、ロクサは途中で止める予定だったのか本人に聞いてみたい。
振り付け師は出来ないって言ってるけど、控えめな性格がそう言わせてるだけだと思うんだけど。
レイバックは身体のラインがあの頃よりなおいっそうとーっても素晴らしく美しいので、ぜひ今の身体で再びお願いしたいです。

でもこの全日本の実況が残念すぎてもったいないんですよね。

6. かっとばせ

このプログラムは、リンクの広さが足りてないかっとばし感がたまりません。今の大ちゃんが滑ったら、あの片足で滑るところがヤバイぐらい上手なはず・・・。

アス魂で小学校6年生のときの大会の映像がありましたけど、ステップですごいスピードが出ているのに驚きました。

後から振り返ってそう思うだけなのかも知れないけど、大ちゃんってその時その時の年齢に合った挑戦をして来てますよね。ああ、やっぱり28歳の大ちゃんも観たいな~。

7. 無題

泰子ともうします。承認していただいてからも大ちゃん記事を楽しく読ませていただいています。
ワールドの大ちゃんが現役最後になるのであればぜひにと思い、広島から姉(姉は羽生くんファン)とショートしかとれないにもかかわらず、一泊でさいたま、東京泊でチケットを準備したにもかかわらず、辞退でいきたい気持ちがゼロなんです。
でもいまさらいかないのも新幹線やらチケット代もむだになるので、テンションダダ下がりなのですが、明日、行く予定です。涙
う、う、う泣

8. わーステキ!

ノクターンは私の中では黒衣装でした。
(大ちゃんにはまったのが2006年なので)

2005年のノクターン素敵です(^_^)/
昔も今も色気のある大ちゃんですが、なんといいますか・・・このノクターン、蒼い色気がたまりませんね。
この内側から醸し出す感じは他の選手にはないものかと思います。

ステキ動画ありがとうございます。

9. Re:無題

>yasukosanさん
ゆづファンのおねえちゃん孝行と思って気持ちあげて行ってきてください。。。とかゆって、私もフリーどうしょうか迷いつつも、アーロン好きだし、ジェレミーも好きだし、トマシュも好きだし・・とかいろんな選手の顏を思い浮かべるとね。ゆづも生で見るとやっぱすごいなと思うしね。好き嫌いは関係なく。でも大ちゃんが滑るとひとり別次元なのが本当によくわかるので、大ちゃんがいないのが本当に悲しい。
でも、なかなか世界選手権の雰囲気を楽しむことはできないので、世界選手権という雰囲気を楽しもうと思っていくのもいいかもしれません。
私も今日ちょっと考えていて、次日本でワールドいつになるかなとかね。スター選手がいてスケ連がお金まだもってれば、また数年後で日本でとなるとは思うけど。でも大ちゃんがいないワールドなんて、出がらしのお茶みたいなもんですよ。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR