アス魂ビートルズメドレーは振付の段階からステキプロだったのね

朝起きて再びアスリートの魂をリピする。
ののまめ的ツボは、ローリーとビートルズメドレーの振付をして滑っている大ちゃん。
ソチバージョンとはだいぶ違うけれど、振付したばかりというのにすでに大ちゃん色になっていて、更にジャンプだとかスピンだとかのエレメンツがないせいか、体が動くままに滑っているんだけど、その一瞬一瞬がめちゃくちゃ色っぽいと思った。
あそこで見ていたスケーターやコーチ、それから見学している親たちとか、なんたる贅沢だろうとうらやましく思った。
出来上がったものを見る機会はあるけれど、作り上げていく過程を見ることってめったにないし、高橋大輔がローリーの振付をどう自分のものにしていくのかその過程を見れた人たちがただたら羨ましいなと思いながら見た。
ローリーとの振付シーンだけたぶん10回以上はリピしたと思う。
in my life のところのS字からのハート(まだハートはしてないけど)の流れのやわらかな動き。それから最後コリオシークエンスが終わったスピンにはいるところまでの体のラインや腕の動きの艶っぽさ。
振付したばかりとは思えないほどの高橋大輔ワールド全開で今日はそれだけで一日過ぎてしまった。
そういえば、大ちゃん新作DVDにもソナチネを宮本先生に振付けてもらってるシーンがあるけど、そこも私何度もリピした。
宮本先生と歌子先生が、ステップを踏む大ちゃんを見て、あんな振付ありましたっけ?と言ってたんだけど、大ちゃんが上半身ぐりんぐりん廻してステップを踏んでいくのは、宮本先生の振付ではなかったというのが新たな発見だけど。
ものを作り上げていく過程を見るのは楽しい。

明日は、お昼から
ソチオリンピック ベストセレクション「フィギュアスケート エキシビション」
[BS1]
2014年3月16日(日) 午後0:00~午後1:50(110分)

先日あった男子のベストセレクションだけど、番組中にずっと画面右上に羽生結弦金メダルとバナーが出てるもんだから、何気にイラっとするわけで、結局録画はしたけど消しました。いらんがなあんなバナー。
明日のエキシはそんなことがないことを祈る。
そしてそして、19:00からまたしてもBS1で大ちゃんのアスリート魂再放送

そしてそしてそして、深夜にはフジの地上波で25:10分から、世界Jr選手権が放送されるので、録画せねばならない。
男子は昌麿くんと刑事くん頑張ってる

宇野昌磨 世界ジュニア選手権2014 Shoma UNO - SP,World Jr. Figure Skating Championships 2014

昌麿くんは、まだ3Aも安定してないし、クワドもなしだけど、天才ですな。
スケーティングも品格がもあって。体力もあるし。
昨年の全日本でも最終グループに入ってきて、神演技をしたゆづの後に滑ったにも関わらず、滑りだしたら自分の色に会場を染めてしまったのはすごいと思う。あの死闘を繰り広げた全日本男子のなかで自分を失わずに滑りきったというのは、昌麿くんにとっても自信になったのだろう。
なんか、この動画を見てもわかるように貫禄十分。
まだ身長が伸びている時期なので、高難易度のジャンプを完成させるのは難しかもしれないけど、彼にクワドと3A装備したら凄い選手になると思う。
ということで、ののまめ昌麿くんの録画もまめにしているのである。
ジャンプもだけど身長が・・・イケオタPたんによると163㎝は欲しいらしい。マッチーが160㎝だからそれでいいんじゃない?と言ったんだけど、163㎝は譲れないラインらしい。
ワールドJrの昌麿くんを見た限りでは、全日本よりも顏が長くなったような気もするし、身長も若干のびたような気がするんだけど。まだまだ163㎝には届かない模様。でも男子はわかんないですからね、突然ぐっと伸びる子もいるし。
その前に、今大会は男子たちクワド跳んでるそうな。本格的クワド祭になってまいりました。しかし怪我しないことを祈らないと。
無理にまだからだができていない頃にクワド跳ぶと骨に異常をきたしそうだしね。
でも、今回のオリンピックではないけれど、ゆづのPCSの出方を見る限りでは、とにかく難しいジャンプをこなせばPCSも連動して上がるらしいというジャッジの傾向は見て撮れたので、しばらく男子はジャンプ大会になるだろうと思う。
次の平昌では、クワドショートでは1回、フリーでは2回を挑んでくるだろな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. こんばんは

いつもののまめさんの視点はスゴいです。
あんな振り付けってどこの事かわからなくて、ゴロンと転んだ事をからかってるのかと…でも、からかってるような雰囲気にも見えなくてどこの事なのーって。
宮本先生、高橋選手の提案も聞いて一緒に作る感じって言ってますもんね。

プログラムの振り付け初日から御披露目まで、何回も変わる様子を、それこそドキュメンタリーで放送してほしいです。テレ東さんあたりで。
録画して一日中見てる自信あります。

ジュニアの子達が怪我で早く選手生命を終えてしまわないよう、四回転にはプログラム中の跳ぶ回数制限など必要な気がします。
大輔君を見ていて、怪我が選手をやっていくのにどれほど大きなリスクになるかがわかるので。

2. 昌麿くん

私は久しく彼の演技をちゃんと観ていなかったのですが、この間の全日本で羽生君の後に滑っているのを見て、スケーティングのうまさに驚きました。ストレスを感じさせない滑りで、羽生君より上だと思いました。もっと小さい頃は、いわゆる「表現力」と呼ばれる部分が際立っていたと思うのですが、いつの間にか(あるいは私が気づいていなかっただけかも知れませんが)スケーティングがこれだけ上達しているなんて、本当に頼もしいですよね。これからが楽しみです。

3. 無題

PCSがジャンプ構成に連動するのは特定の選手だけのように思います。レイノルズ選手とかアーロン選手とかの評価を見てると・・・。
しょうま君は現時点でもPCSが高いので、高得点を得られるジャンプが安定すれば、楽しみなことこの上ないですね。
個人的には、PCS9点台に相応しい演技が出来るのはチャン・高橋・アボット選手だと思うのですが、ワールドにはそのうち二人が出ない・・・PCSはどうなってしまうのだろうと不安になったりします。アボット選手には「これが高PCSの演技だ!」というのを見せ付けてほしいです。

4. アスリートの魂

わたしも見ました。BS1の1回目、再放送、また地デジでも見るんじゃないだろうか。
ローリー・ニコルとビートルズメドレーを造り上げていくところ、興味深かったです。カメラアングルもあるのだろうけれど、The Long And Winding Roadのスケーティングがこれまた素晴らしい!うねるような身体の反りと長いストローク、スピード・・・完全に持って行かれてしまいました。
そのスケーティングのスキルアップのためにアイスダンスのエッジ使いを習ったという伏線があって、これももっと見ていたかったです。
何故、14日のフリーでWWWっと感動してしまったのか。
それは単に高橋大輔の集大成とか、(今後はわかりませんが)選手として締めくくりの舞台とか言ったことで見ていたためだけではなく、ちゃんと作品的にも技術的にも裏打ちされていたのだなと改めて思いました。
確かに混じりけ無しの舞台裏を知ると、表舞台も濃くなりますよね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR