たしかここは高橋大輔ファンブログだったよーな、あれ?まちがった?いやまちがってません。

やあ!みんな、元気かいっ?
とお気楽極楽にあいさつしてみた。

東スポさんがなんか前向きな記事書いてた。
大ちゃんは東スポとかフライデーとかえげつないゴシップ系媒体のほうがやたらとまっとうな事を書いていることが多い。
不思議だわー。

「フィギュア高橋大輔引退を一時封印」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2014sochi/241178/

でも、実際足の療養のためってゆってるしね。
足が戻って来たら体はきれきれだから、俺まだいけるんじゃねっ?て思うかもよ。
だってソチであれだけの動きできてるんだもん。ダントツだったね。
大ちゃんは現地にいたからわかんないと思うけど、ゆづの金メダルは確かにメダリストは盛り上がるけど、大ちゃんの演技も何度もリプレイされて、それとともに番組内の男性コメンテーターやアナウンサーが大ちゃんの演技がどれだかいいのかって言ってたし。
SNSでもどれほど世界中から賞賛されていたか。
大ちゃんのあの演技は、今でも世界中で見られていると思う。
フィギュアスケートの世界を更に広げた男として。

ところで、昨日のブログ、ののまめ結構どういう反応くるかドキドキでしたが、みなさん以外にオカルト部分にくいつかずにいてくれたのがよかったです。
まあ、私といたろうさんの会話では、オカルトな話なのかお笑いの話かわかんないんですが、終始ぼけて突っ込んでという感じで、話をしました。
昨日のブログに書いたように、私0能であります。
イタコの子孫のいたろうさんとどんな話をしてたかというと
「まめちゃんは、大ちゃんと真央ちゃんがなんでメダルとれなかったと思う?」
とか
「ゆづの金メダルはとってよかった金メダルだと思う?」
とか
そんな質問です。ただこの質問はストレートに技術的にメダルとれたかどうかの話ではなく、神様の世界からみてどうなの?ってことを質問されたわけですが、神様の世界のことはわかりませんが
「神様の世界からみたら、金メダルもメダルなしも関係ないと思う」
ということを話しました。このことは深夜にイケオタPたんと雑談してた時にもちょろっと話したことがあったので、その時Pたんに話したことと同じことを話しました。例えばなんで大ちゃんと真央ちゃんがお揃いの6番になってるのかとか、大ちゃんと真央ちゃんがロシアにご縁がある理由とか。
もちろんゆづの事とかも、まあほとんど私の妄想なんで、聞かれたらその妄想を語っただけだけど、妄想といっても私の場合、世界情勢的に、とか歴史背景を見てとか、ちゃんと感情論ではなく事例を話しつつ言いましたけどね。

昨日の書いた事でメールいただいたりとかコメントいただいたりとかで、大ちゃんのことを絡めつつスピ系の扱いについても書いたんだけど。
昔から言われてることを思い出せばいいんですよ。
例えば、お守りたくさんもってると神様同士が喧嘩するとか、そういう事きいたことないですかね。
歴史なんかが好きな人ならわかると思うけど、神社でお祀りされている人って、神様だけではないんですよ。むしろ神様ではない人のほうが多くて。
歴史上の人物だったりとか。
あとは、あまりにも悪霊で普通の術では封印できないので、神様として崇め称えることで封印の役目してるとか。
だから、なんでもかんでも神社でお祀りされてるからいい神様と思っちゃいけないわけです。
あと、日本の神話もそうだし海外の神話を見てもわかるように、神様同士結構けんかしたり、ドロドロやってますが、あのまんまだと思うので
むやみやたらに大ちゃんのためにと思ってお守り送ったのがいいけど、相性の合わない神様もいるわけで。
あとはお守りを送った人とそのお守りの主は相性がよくても、大ちゃんとは相性がよくないっていう場合だってあるし。
なので、一番まちがいのない伊勢神宮へ行けばいいじゃんってことです。
伊勢神宮は行った事がある人はわかると思うけど、圧倒されるしね、あの巨木の数々に。
自然て凄いなと普通に思うし、御宮の前に立つと、お願いごとができない雰囲気があって、ただ頭をたれて感謝を捧げるしかできないくらいの圧倒的感。
あそこでお願いごとをしようとしても、なんかお願いごとをする自分がちっぽけに思えてきてできないんですよね。
それが、本来の参拝の仕方だと思って。
あと、スピリチュアルブームがまっさかりの時、みんなこぞってパワースポットめぐりと称して全国の有名神社を回ってたと思うんだけど、その時にパワースポット神社と名前があがる神社の権禰宜さんが、スピリチュアルブームに乗って、パワーを授かるために神社に来るのは間違っているとテレビで言ってて、その通りだなと。本来は感謝を捧げにいく場所で。
私もうっかり一時期スピブームに乗っちゃって、おじいちゃんの教えに背いてしまい痛い目にあったけど。

神社の参拝の仕方は、子供が一番知ってると思います。
ののまめには幼稚園児の姪がいるんだけど、去年だったか初詣に行った時に
「神様にどんなふうにお話ししたの?」
ときいたら
「こんにちはって言ったよ」
と神様にあいさつして手をあわせたそうです。
それをきいて、うれしくなったんだけど、多分初詣の神社なんて参拝者はお願いごとだらけをしているわけじゃないですか、そんな時に、神様こんにちはとあいさつされたら神様だってうれしいはずです。
自分を神様を立場におきかえれば、近所のおばちゃんたちにこれやってあれやってと言われたら正直うれしいですかね。
なんでも頼むなとキレたくもなるかと思います。
だからお願いごとせずに、あいさつしてお参りにこれたことに感謝すればいいかなと
可愛くこんにちはとか言ってくれてたら、いつも気持ちよくあいさつしてくれるから、何かしてあげたいわとか人情としてなるじゃないですか私たちだって。
それと一緒だと思ってるんです。
ののまめは祖父からは、神社へいったらお願いごとはしてはならん、ごあいさつとここまでこれたことに感謝してくればいいと言われて育ったので、横道にそれるまでは
「ここまでお参りに来させていただきましてありがとうございます」
とだけ、言っていました。
今思えばですよ、忙しすぎてお参りに行けないこともあれば、体調がすぐれず行けないこともあるし、そこに行けただけでありがたいなと思えればそれでいいじゃないかなと。
といことで、神社への参拝のマナーはそれぞれの神社にはあると思うけど、心がまえというか神様への向かい方は、マナーとかではなく、気持ちの向け方のほうが重要かなと私は思っています。
なんか、いつもと違うブログ内容になってきてるけど。
神社におまいりしたのはいいけど、これでいいのかなと疑問に思ってる人たちがいるようなので。
大ちゃんのためを思ってしていることなので、悪いことではないけれど、結局は大ちゃんにこうなって欲しいと言う、欲しい欲望があっての参拝ですからね、私たちファンの参拝は。
実は、みなさん今回大ちゃんの足の怪我が心配でお参りされた方が多かったと思うけど、私は足の問題ではなくて違うところにあるように思うんだけど。
心の問題というか。いろいろ迷いがでてしまって。
大ちゃんは直観で行動するタイプと自分でも言ってるけど、その直観がここ数シーズン少しづつずれていっていて、いいものが全部集まってきているのに、なんか微妙にうまく組み合わせることができなくて、気持ちにあせりが出て、無理な練習をしちゃったりとか、加減がわからなかくて足を痛めちゃたりとか、外的要因の問題もでてきたりとか、自分自身のこと以外でも迷わされることもあっただろうし。
ただ、オリンピックというのが人生のゴールではないので、そこにあわせられなかったのもまた意味はあるだろうし。
正直足の怪我だって、ぼっきり折れてたってよかったはずなのに、ぎりセーフ。
それでもオリンピックにたどりつき、メダルはとれなかったけれど、大ちゃんの演技は世界中の人に何か訴えるものがあったし。
何の実りもなかったわけでもなく、むしろもっとこれからも種を蒔き続け、華をさかせてくれくらいの気持ちにもなったぐらいだし。
多分だけど、真央ちゃんの演技ように世界を一気に注目させるということはなかったけれど、大ちゃんの演技は時間をかけて世界中にじわじわ浸透していくものがあると思うな。小さなつぼみが少しづつ開いていくような。例えていえば、梅の花とか桜の花みたいに、小さな蕾があちこちで順番にひらいて、最後は木一杯花になるみたいな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. そういえば・・・

昨日ちょうど伊勢神宮に行ったんですよ、私。外宮と内宮に。外宮の正宮を参るときに添乗員さんが自分のことはダメですよ・・・っておっしゃったのでもちろん大ちゃんのことを祈ってきました。(まぁ、午後になって欠場発表あったんですけどね)
ワールドで神演技!って祈ったわけじゃないので大丈夫かな。

前向きなとらえ方をしてくださってる媒体もあるのはうれしいことです。
怪我さえ治れば・・・まだまだ!って思ってます。
今はただゆっくりしてほしいだけ。ずっと走り続けてきたんだから。

2. ほんとうに‥

心からののまめさんのおっしゃるとおりと思います!
誰かを思う気持ちはある意味執着で、その糸で、大切な人をがんじがらめにしてしまうのかも知れませんね。
ここ数日、大ちゃんのことで、心がもやもやしていましたが、心配するよりシャッポかぶったおじいちゃんに安心してお任せして、その間に、自分がしっかり自分の人生生きなきゃって、ののまめさんの言葉読んで思いました。
神様に、こんにちは!って明るく言える自分でいようっと。

3. ありがとう

いつもブログ更新楽しみに待っています。昨日のいたろうさんとのやりとりも面白かったです。羽生くんの言葉にはずっと前から何か違和感があったので、羽生くんがテレビに出るとチャンネル変えたり、消したりしてました。他にも同じように感じてる人がいるんだなとわかってほっとしました。私も神社にお参りに行くと、大ちゃんのことや家族のことをお願いしてきましたが、これからは、お願い事はやめにします。

4. 結局は

大ちゃんが自らの力で今の状況を乗り越え、またリンクに戻ってくるのを待つだけ。
今はたまりにたまった心身の疲れを癒すとき…「どうか早く」と神頼みしたくなる気持ちもあるけど、ぐっとこらえます。
月末に護王神社に行く機会があるので、今度はお願いではなく、ソチで無事滑りきることができたことにお礼をしてきます。

大ちゃんの気持ち、彼自身、昨シーズンから何かがずれていることに気づきながらずっと葛藤してたんだと思う。でも立ち止まるひまもなく歩き続けるしかなかったしね。

立ち止まってしまうのが、実は苦しいときもあるけど、今回の彼の決断は、また新たな実りをもたらしますね…きっと。

5. なるほど

ののまめさんの文を読んでると、自分は視野が狭いなあ、と反省することが多いです。私も五輪前に大ちゃんのことで神社でお参りして来ちゃいました。メダル~とかではなかったんですけど。大ちゃんのためと言っても自分の欲ですから…やっぱり神様にはお願い事ではなく感謝の心を持たないと、ですね。
メダルに関しては、負け惜しみとか慰めとかではなく、本当にメダルより大切なものを見せてくれたと思っています。人の心を掴んで離さないって、結構難しいことですよね。
ワールド欠場も、何より本人が残念でしょうが、これからもスケートを続けるための決断だから、ホッとしています。またキレッキレのスケーティングを見せてくれるのを待つだけ。東スポさんの記事は嬉しいですね。推測記事なんだろうけど、まだまだ終わりじゃない!と言ってくれてる。こういう記事を見るとついついに飛びついちゃってます。

6. 彼の直感

最たる物は靴変更かな。11年は変更がウマくいったのに、12年に替えて3Aまでダメになり、本人もチームもジャンプの質はいいからみたいな…今シーズンは戻して皆一安心がモロアドバイスでシーズン直前に本田先生ビックリな変更。こんなにアレコレやるのは、メディアからの雑音やジャンプ偏重採点が焦りを生み、ブレを生んだ気がする。以前は人の演技を見なかったのに、Pちゃんを見てスケーティングを磨き、羽生君を見ても違うのはジャンプだけ。成功率上げる為にやった事が全て裏目、それに彼の爆弾抱えた脚に重い靴でのジャンプはいくら質が良くても脚に負担がかかり過ぎで、モロアドバイスもそれって大怪我前の話で、怪我後の脚の状態と違うのに大丈夫?って、たぶん靴の変更が12年も13年も不調の原因とファンは気づいたのにチームは気づかないという負の連鎖。これを断ち切る為にもゆっくり休養して、ののまめさんの言うように伊勢神宮にお詣りして、心と体隅々まで清めてきていただきたいです。

7. 神様への愛と感謝

ののまめさん、こんにちは。(いつもちゃんと挨拶していなかった気がします。ごめんなさい。)
確かにお伊勢さんにお詣りすると気持ちがすっきりしますね。空気が入れ替わるというか。
大ちゃん、せっかく神様から休む機会を与えられたんだから伊勢、鳥羽へ家族旅行に行ったらいいんですよ。お母さんから温泉に行きたいって言われてたし。(笑)
実家にももちろん帰ってお墓参りして、子どもに戻ってご両親に甘えて、ね。(笑)気持ちもだいぶリラックスできるんじゃないかなあ・・・。

オリンピックのフリーでの大ちゃんは、ふわふわとした雲の上で優しい光に包まれて踊る愛の使者。そんなイメージです。私には天国で神様へ愛と感謝を捧げているように見えました。(大ちゃんはこの世でちゃんと生きていますけど・笑)

ワールドで初生大ちゃん!の予定だったので見れなくて非常に残念ですが、予定変更せず28日から観戦に行こうと思います。天井席から小塚くんと3姉妹を応援します。
大阪EXも行ってきます。もともと真央ちゃんファンの両親を連れていく予定だったので、こちらは両親と一緒に楽しんできます。

8. 認証ありがとうございます

いつもお邪魔しておりましたがこれで鍵のかかったお話も読めるので、静かに大ちゃんを待ちたいと思います。
大ちゃんがしばらくお休みのあいだ、ののまめさんのステキ話&妄想バナシを繰り返し拝読させていただきます!
今後ともよろしくお願いいたします。

ののまめさんも脚くれぐれもお気をつけて。

9. ソナチネのすすめ

世界選手権欠場が決まって数日、なんだか憑きものが落ちたように、スッキリしてます(笑)。
先週末からこっち、もんもんとしていたあれはなんだったんだろうか。
欠場であれ、やっぱりちょっとでも方向性が見えてくると、違うものですね。
よっしゃそれじゃこっちも腹くくって待つわ、という気になるものです。
どなたかが、1年ぐらいモロゾフのところで自由に滑らせてもらえばいいと言っていて、
「いやいやいや、それは危険すぎる!」と、ののまめさんばりに(?)妄想してしまいました(笑)。

あと、伊勢神宮のお話など聞いたせいもあるかなと思います。
私も一度行ったことがあるのですが、あの空気のひんやり感を思い出して、
なんだかちょっとだけ冷静になれた気がします。私は都民なので、
たまに明治神宮に行きます。広い砂利道を歩いているだけで、気持ちがいいです。

とは言え、日々、大ちゃんのプログラム曲が頭のなかをぐるぐるしてまして、
日替わりで、どの曲がくるかは自分でもわからないんですけど、
大ちゃんプロ曲をBGMにガツガツ仕事してます。
最近は、仕事の忙しさが極まってくると、ソナチネがかかって
ますます頭狂いそうになって楽しいですよ~。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR