一夜明けみなさんブログ巡回中でしょうが、わかるーその気持ち

みなさん一夜明けどんな気持ちでしょうか?
自分の気持ちのやりどころをどこに向けていいやらみたいな感じで、ブログ巡回してるとか・・・いやー、それは私ですが。
大ちゃんの四大陸みんなどんな感想持ってるのかな。やっぱりもうダメなんて言う意見あるのかなとか、マスコミに変な叩かれ方しなければいいのにとか、一番はマスコミだけどさ。
今のところ、もう終わったとか世代交代みたいは報道はないけど。
大ちゃんの気持ちを考えるとネガティブな報道とかやめてほしいよなと思ったりしてるけど、報道以外は今のところ、ツイッターやらファンブログ、フィギュアファン全体とか、あとは海外のファンたちの意見とかひとまずざざーっと見てましたが、ほとんどの人が応援していて、ワールドを楽しみにしているという意見ばかりで、ちょっと泣いた。
大ちゃん愛されてるわ、本当に。

海外の人は、日本ほど情報がないから余計に大ちゃんに対して心配していて、みんな大ちゃんを抱きしめて慰めてあげたいと言っているけれど、本当に日本のファンもそうですよ、みんな心の中では大ちゃんにたくさんたくさんハグしていると思います。
EXは大ちゃん登場、それはあたりまえだけど、きっと元気に色っぽく滑ってくれるでしょう。
国分くんが、今回の競技会にだは大ちゃんがご両親をよんでいたと言っていたけれど、ご両親にとっては私たち以上にご心配されたでしょうが、大ちゃんは大ちゃんファンのみならず、フィギュアスケートの世界の人たち、世界のフィギュアファン・本当にすごく愛されているんだなと、昨日国内外のフィギュアファンサイトを見てまわってつくづく思ったので、安心していただきたいです。

今回は大ちゃんのインタビューを見るにつけ、やはり誰が悪いではなく自分の気の緩みや、練習不足、と言っているけれど、ファンはそんなことはないとわかっていて、それは海外のファンもわかっているようです。誰をせめるでなく、自分自身のせいと言うその姿にまたしても海外の人たちは大ちゃんのストイックさに涙してるみたいだけど、これは大ちゃん自身のまわりの人たちに対する思いやりの心があるからなんだけど。

例えば、SPを変更したゆえに滑り込みができなかったこと、そのことについては一部の人のなかには、モロゾフに対する非難の気持ちを向けたりとあるけれど、昨夜何度もリピートし月光と、ロックンロールを見比べていたけれど、やはり月光のほうがプログラムとしては完成度は高いと思う。

ロックンロールも私はフレンズ当時の、ある意味垢抜けてないというか、ロックンロール黎明期のはじける感じのプログラムで見たかったな。
それが見れなかったのは今でも残念だなと思う。
自分が感じるロックンロールの何かたりない感というのが実は、初期のはじける感がなくなって、スタイリッシュになってしまったことも一つの要因なのだ。
フレンズプロを見なければそう感じなかったかもしれないけれど、あとはシーズン通して前半部分がなんだか印象がぼやけているのがずっと気になっていたので、なんとかならないかなと勝手に思っていて。
でもロックンロールはキャッチーで面白かったし、年末からお正月我が家での家族団らんフィギュア放送観戦の時、義弟なども高橋くんは、ショートはキャッチーな奴が似合うよねと言っていたので、大ちゃんのキャッチープロは、これも高橋大輔の代名詞みたいなものだから、たぶんコアなフィギュアファン以外の、テレビ観戦ファンもそう思っているんじゃないかなと思うが、やはりやはり、月光を見てしまったら。
今回は、ジャンプが決まらなくてプログラムの完成度は低いけれど、でもプログラムのまとまりとしたら月光のほうがまとまり感があるし、もうちょっと滑り込みをしたら、このプロも大ちゃんの代表作と言われるくらい大化けするんじゃないかなと期待できる。
ひとまず、大ちゃんファンは新ショートはリピートして見てほしい。
プログラムの中のあちこちに、小さな宝石箱が隠されているのだけど、その宝石箱の中を大ちゃんが見せてくれるのはもうちょっと先。ワールドで。
どんな宝石が隠されていて私たちを驚かせてくれるか、一夜明け今そんなわくわく感がある。
昨日さんざんリピしてたんだけど、ふと気が付いたんだけど。ジャッジも今回の新プロはかなり好印象をもったのではないかなと。
実は、大ちゃんがジャッジ席の前をステップしていくのだけど、ジャッジの一人が大ちゃんのステップに反応して、大ちゃんにエールを送るというかがんばれという感じでボディーランゲージしているのだ。ジャッジにそんな気持ちにさせてしまう演技だったんだと思う。それに気が付いたらちょっとうれしかった。
あと、フィニッシュポーズで、大ちゃんがびしっと背中を伸ばすところにシンクロして、大ちゃんのうしろに映っているモロゾフも、ぴしっと背中伸ばしている姿が笑える。入り込んでるわモロゾフいつものことだけど。

そういえばブリティッシュユーロでライブ観戦してたんだけど、ジャンプミスなんかに対しては私たちと同じように悲しんでたけど、プログラムとしては素敵プロと言っていたので好感触でないかしら。といってもブリティッシュユーロは大ちゃんファンですからな。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. みんな大ちゃんを愛してる

いやあ~、久々に泣けましたわ。(中国杯でも泣いたけどさ)大ちゃんのことは、もう身内みたいに思ってるから、気持ちがシンクロしちゃって。今季は、けっこうしんどいね。でも、ファイナルの優勝があったし、神演技もあったし、後はワールドで輝いてくれればさ、それでいいです。で、ニコライの月光!いいでしょ、これ。渾身の作だと思います。大ちゃんへの愛がたくさん詰まった作品だと思うし、ワールドが超楽しみです。ま、ニコライを恨んだこともあったけど、いやかなり根にもってたけど、大ちゃん愛を沢山感じるから、ソチまでそばにいていいよ!と思ってます。エキシ、大ちゃん、変な気を使わずファンの愛を感じながら滑ってほしい。(見れないけど。)(ToT)

2. わかるー身内みたいな感じって

大ちゃんのプログラムを見まくっているとだんだん大ちゃんが親戚の子か、お友達みたいな感じになってきますよね。わかるわ。月光は名作になるなる。今もちょうどリピートしてたけど、最初見たときはジャンプ失敗のショックで他の部分を集中してみるってことができなかったけど、改めて見直すとPCSそこそこ取れているのは納得。これでジャンプが決まればひょっとしたら100点越えもあるかもと思うんだけど。大ちゃんみたいな選手を見たら、モロゾフのみならず他のコーチや振付師は一緒に仕事がしたいと思ってるんじゃないかな。スケートのうまい選手はいても、芸術の域まで表現できる選手ってそうそういないし、その中でも飛びぬけてる大ちゃんなのでモロゾフも今ここで、声をかけておかないとまた違うコーチなり振付師に大ちゃんとらえちゃうっていう焦りがあったのかもね。何度かモロゾフがかげから大ちゃんのすべりを見つめている映像ってみたことあるんで、未練あるんだろうなとは思ってたけど。やっと元のさやにもどったので、おもうぞんぶん大ちゃんへ愛をささげていただきたいと思ってます。美姫ちゃんのことは気になるけどね。ロシアの記事のほうにはちょっと気になること書いてたけど。いずれそれもわかるでしょう。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR