滑走順が発表になりました。

団体戦をやっと全部見ました。
プルシェンコの演技を見て実はののまめ初めて感動いたしました。
作品という評価でいえば、正直よろしくないと思うんですよ。何よりもフリーなんてベスト オブ プルシェンコですからね。
俺様にもほどがあるだろうというプログラムですわ。
そんな俺様具合はおいといて、演技前に観客のエネルギーを自分に迎え入れるかのような動作をしていましたが、そこにプルシェンコの背負ったものの重みみたいなものも見てとれました。
大ちゃんも物議をかわした末の代表だけど、プルシェンコは更にそれの上を行く状態での代表1枠をもぎとったので、それはそれはプレッシャーも半端ないだろうなと思います。
そんなプルシェンコだけど、彼の気合の入り方は半端でなかった。
気合が入りすぎて時には笑えることもあるプルシェンコの演技だけど、今回はちょっと涙出た。
なにがどうっていうのも説明はしづらいけど、演技を見ればわかるとしかいいようがない。
昨年彼は腰の手術もしていて、大ちゃんよりも満身創痍なのである。
にもかかわらず、あの強引なまでの軸ブレクワドを見ると、泣けた。
そして、彼のジャンプを見ながら、男子フィギュアの歴史の移り変わりが見て取れて、そこにも涙。
悪く言えば時代遅れだとも言えるんだけど、時代遅れだとわかるくらい彼は長い時間現役スケーターを続けてきたのだなと思うと、胸に迫るものがあった。
思えば、あの強引なまでのクワドなんて、ヤグディンや本田さんたちがいたソルトレイクあたりの男子選手たちが跳んでた格闘技クワドだし。
そんな第一次クワドブームだったころの香りをそのままに今もまた跳ぶ。
正直なところ、プルシェンコのクワドなんて体に負担を凄くかけるのではないかと思うのだ。
けれど、彼は変えない。変える時間もないだろうし、そもそもあれがプルシェンコのクワドなので変えるという選択肢もないんだろうなと思う。
そこに帝王プルシェンコの姿を見た。
大ちゃんもプルシェンコの演技に感動し、生ぬるくやっていたら勝利はつかめないと気合がはいったようだけど。
今はプルシェンコの演技を見て、自分はだめだとは思わず、プルシェンコのエネルギーを自分の糧にするところまで精神力にブレはないと見た。
団体戦をマジかで見ても、動揺もなかったようだし。
けれど、表情を見ればそれもまた納得。
JOCの公式会見でも、SPのゴーストライターの件で質問を受けていたけれど、今回もまた満点の受け答えである。
みんなが幸せになるような結果になればとかまで言っているし。
誰かを責めるというのもないのだ。
いい人すぎ高橋大輔。これでまたダイスキタカハシが増えてしまう。多分記者たちにもファンを増やしたのではないかと思う。
そんな下手をすれば更にプレッシャーを受けるであろう会見やインタビューの時の表情を見て、もうやるべきことをやってきた腹の括り方ができているのように見えた。
なによりも、目がキラキラしていること。
インタビューをしている場所の加減もあるのかもしれないけれど、それでも空港でのインタビューの時もそうだったし、公式練習の後のインタビューの時も目がキラキラしているのが凄く印象的だった。
何よりも、団体戦のキスクラに居た時の姿も。ベテランゆえの存在感として輝いているのかなとも思うけど、それでもそこにいるだけで華を感じるというのはいい状態にいるのではないかなと思う。
NHK杯前の公式インタビューの時も、あまりに美しい顏だったのでちょっと驚いたのだけど、今回は目のキラキラ具合に驚いた。
大きな大会の時に、いい感じでりラックしつつ緊張感もありつつそれを楽しんでいるかのようにキラキラした目をしているというのは見たことがないような気がする。
今日は、大ちゃんの公式練習の映像がいろんな局で流されたのでいくつか撮れたんだけど、一番よかったのはスッキリで放送されたビートルズメドレーの音が聞こえている最後のコレオシークエンスを滑っている大ちゃんの姿。
やばかった、涙出そうになった。
朝早くの練習なので体もそれほど動くわけではないとは思うけど、それでも伸びやかでそして、微笑みながら滑っている姿は、本番ではどれほどのものになるのかと期待せざる負えない。
あと本番までは二日だけど、本当に楽しみ。

そうそう滑走順も発表になりましたね。

Men - Short Program Starting Order
http://www.isuresults.com/results/owg2014/SEG001.HTM
こちらには、オフィシャルのメンバーも表記あり
http://www.sochi2014.com/en/figure-skating-men-short-program

大ちゃんマッチーは最終グループで
大ちゃんラス2の29番滑走
マッチー最終滑走
ゆづは最後から2グループ目最初の19番目
そのあと20番にハビ
21番にパトリック
プルは7番滑走。

何気におもしろい滑走順になってる。
大ちゃん的いは一昨年なんて運に見放されてるんじゃないかと思うような滑走順ばかり引いていたけど、今回はなかなかいい感じなんじゃないかなと思う。きてますよ大ちゃん。
がんばって

関係ないけど、今男子ハーフパイプを見ているんだけど、選手紹介の時に会場にながれる映像がかっこよすぎる。
みんなイケメンに見える演出だ。
フジギュアもやってくんないかしら、あんな演出。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 早くも。。。。。。

滑走順29番を見ていよいよなんだなぁーと思うと共に早くもお腹の具合と動悸がやばいです。
本番になっつたら生きてるか私状態になること間違いなし!
ゲロリンしないように応援がんばります。

2. ありがとうございます。

公式練習や本人が膝の具合について語っている記事等を見て少し不安になっていたのですが、ののまめさんの文を読んで安心しました。
大ちゃんの底力を信じなかった私にどうぞ
鉄拳を!(あの時の愛の鉄拳?おもしろかったです。)
泣いても笑っても大ちゃんの集大成の演技ですね・・・
心して見届けたいと思います。

3. Re:ありがとうございます。

いやー安心されてもー
練習は早朝だったし、まだリンクにも慣れてない状態なんであんなもんかなって思って。
金メダルは厳しい発言も、日本チームの3番選手という位置付にされていると思っているので、PCSの出方もそうなるんじゃないかというのもあるだろうし。
ただ、それは大ちゃんの思いすごしだとは思うのだけど、他の選手ならそれもあるだろうけど、高橋大輔は高橋大輔なので、いい演技をすればPCSで調整はないんじゃないかと思ってるんだけど。
ただ、なんか大ちゃんの顏がどんどん美しくなるので少しづつ調子上げてくるのかなと思っているんですけどね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR