今日もフィギュアづけでお出かけできません

カナダナショナルは、チャンとケビン1・2位でソチ代表確定でしょうね。3番目に誰が入るかそこは微妙だけど波風はたたなそうなカナダナショナル。
アメリカ女子もグレーシーは確定だろうと思う。
あとふた枠がどうなるか。
アシュレーが4位、でも実績からすると彼女もはまればメダル争いに絡んでくる実力がある選手だけに、多分選ばれるだろうと思う。
そして3枠目は、多分未来ちゃん。
2位のポリーナは海外実績が少ないし、何よりも未来ちゃんとは1点差での2位なので、多分未来ちゃんになるんじゃないかと思う。
未来ちゃんもはまればトップグループに絡んでこれる選手ではあるし。
どうなるか。

一番多分もめるのはロシア男子だと思う。
プルシェンコはロシアナショナルで2位になり、ヨーロッパ選手権は出ないと言っていたのでそのまま引退かと思ってたら、しばらくしたら団体戦には出るとか言いだしましたがルール上それはできないと思われ、その後コフトンよりも自分のほうがメダルが獲れるということで、ちょっとぐずっております。
ある意味プルらしいんだけど。
確かにコフトンよりもオリンピックで見たいのはプルシェンコっていう人は多いと思う。
私も思うんだけど、ただ今回団体戦もあるので、プルの体の状態で団体戦と個人戦一人で滑りきれるかっていう問題が・・・しかし、以前メンショフさんが、団体戦での参加もめざすみたいなことも言っていたので、ロシアないでは団体戦の出場選手の割り振りについてきちんと伝わっているんだろうかと思う。
一枠しかないロシア男子は、個人戦に出る選手がそのまま団体戦にも出るっていうことではないかと思うのだけど。
ロシア男子は多分ヨーロッパ選手権でのコフトンの成績次第ではないかと思う。
台のりすればコフトンにオリンピック代表になるんじゃないかと思うけど、コフトンが惨敗だったら、プルが代表になるんじゃないかなと。
コフトンも先シーズンメンショフさんボロノフくんよりもヨーロッパ選手権では成績が悪かったのにワールド代表になったわけだけど、結局は17位だったかな、惨敗でロシア男子1枠しかとれなかったんだけど。
今年は実力はつけてはきているけれど、やはり博打のジャンプだよりっていうところもあるし・・・ただプルも今シーズンは怪我明けで博打選手ではあるんだけど・・・ロシア男子一番もめるね、まちがいない。

明日はアメリカ男子のフリーだけど、どうなるか。
ふた枠ですからねアメリカ男子は。
アボットはくずれきらなければ多分堅いだろうと思うPCSが高いし。
ショートではそれほどくずれはしてなかったので、ショート4位だけどアーロンがふた枠目にくるんじゃないかなと。
アメリカ男子のプロトコルを見ていると、やはりクワド回避した選手ほど結局はくずれていたので、ここ一番はやっぱり攻めていかないといけないんだなと思った。
リッポンはもうやれることをやらないといけないので、クワドルッツ入れてくるんじゃないかなと思うのだけど。

クワドルッツといえば、大ちゃんもなんだけど
オリンピックでは、1本目4T 2本目に4Lz あるんじゃないかと。
練習でも1昨年からクワドルッツは練習で跳んでるし、プログラムの中で跳ぶ練習もしてるとは思うんだけど
大ちゃんのクワドルッツを試合で見たいというのはファンとしての願望が強いけれど、やはり大舞台で見たい。
クワドルッツをいれてくれば、後半のジャンプ構成をいろいろ変えられると思うし。
みたいなぁ、大ちゃんのクワドルッツ。もしくはクワドフリップ。
アーティストではあるけれど、実は屈指のジャンパーだっていうところを見せて欲しいのである。
カート解説だったり、アメリカのワイスさんだったっけが解説すると彼らはシングル選手だったから、大ちゃんがいかにジャンパーとしても稀有な技術を持っているか解説してくれたりしてくれるんだけど、日本ではそこまで深くは解説してもらえないのでジャンプが成功したか失敗したかで終始してしまうんだけど、海外の解説者たちのようにジャンパーとしての高橋大輔の解説をしてもらいたい。
そういえば、ミーシンコーチも大ちゃんは芸術家というだけでなく、クワドフリップというジャンプを持っているということを評価していたし。
見たいなぁ、まだオリンピックでは誰も跳んでいない、クワドルッツとクワドフリップを跳ぶ大ちゃんの演技を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. ジャンプの高橋選手

日本の放送しか見ていない私には、
いつのまにか高橋選手といえば
ジャンプが苦手な選手というイメージが
ついてしまってました。

あの助走がほとんどないジャンプだからこそ
音楽と調和できることとか、
NHK杯の6分練習中に
4回転フリップを成功させたこととか、
日本のテレビでもどんどんアピールして
ほしいですね。

2. おおお・・

 大ちゃん、クワドフリップとか飛べるんですか?知らなかった・・。本人がジャンプが不得意なんて感じの発言ばかりしてるし。やっぱり顔とか筋肉とかばかりに注目してるようじゃ ダメなファンですね。すごくすごく 見たいですね!オリンピックで大ちゃんのクワドフリップとかルッツとか!!その違いは全然分からない私ですけど。でも 見たいです。解説者が「クワドフリップ!!!」とか叫ぶの、聞きたいです。

3. ほんとにっ!!

見たいですよねー、
大ちゃんのクワドルッツかフリップ。
私はフリップの方が好きだけど、大ちゃんが
2回目のクワド回避する時に入れてくる3ルッツが大きいから、クワドにできるんじゃ?
っていつも思ってました。
でもトーループは踏切の時点でもう半回転回っているけど、ルッツやフリップはきっちり
4回転しなきゃならないから難しい、って前に
大ちゃん言ってましたよね。
膝の事あるから無理して欲しくないし・・・うーん・・・

4. Re:ジャンプの高橋選手

>Sweetの彼氏さん
そうなんですよ助走なくていきなりトンジャンフリップとか、カウンターからのトリプルアクセルとか、他の選手が出来ないわざを結構くりだしてるんだけどね。
ジャンパー高橋大輔という姿を実はオリンピックで見たい私なのでありました。

5. 初めまして

いつも、楽しく読ませていただいてます。
アボットさんは高橋君と同世代でもあり、滑りが綺麗で好きで応援してる選手で、是非ともソチに行って欲しかったので今回のノーミス演技は嬉しかったです(^-^)ソチで並んで表彰台に登ってくれたらメチャクチャ嬉しいんですけど、可能性ありますよね!?
ところで、田舎に住んでるもので、多分数週間遅れでポケモンが放送されているらしく、緊縛プラターヌ博士に昨日遭遇しました。似てますね、髭が濃いところも。でも、声は高橋君の方が好きです♪
それから、忍者ブログも楽しく拝読させて頂きました。
どうでもいい長文すいません

6. Re:ほんとにっ!!

>ここみきさん
クワドルッツはずっと練習しているのはいずれプログラムに入れるつもりでいるからだと思うので、今シーズンのプロも実は完成形としてはクワドルッツを組み入れているんじゃないのかなと思っています。
ルッツは体力も消耗するのはあるらしいんだけど、男子には珍しく大ちゃんはルッツやフリップが得意なのと、ジャンプしている時にも体を微調整できるそうなので、なんとか完成させてプログラムに入れて欲しいです。
最強の膝にメガ進化希望です

7. Re:初めまして

>tokuさん
はじめまして、忍者まで読んでくださったとはありがとうございます。
アボットのみならず、ジュベールも、それからトマシュもみんな頑張って欲しいです。
やはり経験があるだけに、表現に深みがあるしテクニックもはやり脂がのってる感があるので。作品として見たいんですよね。
だからお兄ちゃん選手たちには頑張って欲しいです。

8. 大ちゃん4Fも4Lzもいけますyouいっちゃいな

>ともだちさん
大ちゃん公式で4Fは跳んでますよ。
ただ回転不足で認定はされてないけど、2010年のワールドでも跳んでるし。完璧に跳べたのは2011年だったかな2012年のNHK杯の6分間練習で跳んでいてテレビでも映ってました。
クワドルッツはずっと練習していて、レオノアなんかも大ちゃんが一日練習が終わってひきあげるかなと思うと、そこからクワドルッツの練習をしているので驚いたとインタビューで答えてたし。
解説がクワドフリップって言ってるのを見たいのであれば、ニコ動で2010年ワールドフリーのCBC解説を見るといいかと思います。
カート・ブラウニングがクワドフリップって言ってます。クワドフリップなんて誰も跳んでないから口が慣れてないから言いづらいとか言ってます。
大ちゃんがカリスマと言われているのは、単なる芸術的表現ができるだけでなく、ジャンパーの資質も高いからです。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR