会場内で大ちゃんをお迎えする観客の意識を考える

今日のフジの全日本特番の公式練習場面を見ていて、足はやはり完治はしていないようだけど3lz+3Tは慎重ながら美しく跳んでいた。
他の選手はクワドを跳んでいる場面をうつしていてみんな好調のよう。
しかし、相変わらずやはりジャンプジャンプ、ジャンプのみに特化した番組作りだった。
明日はどんな構成で大ちゃんが挑んでくるかはわからないけれど、フィギュアスケートはジャンプ競技ではないというところを見せて欲しい。
番組のなかでは、スケアメでジャンプを失敗し精彩を欠いたというナレーションが流れたのだけど、その前のシーンではそのスケアメのビートルズメドレーを滑る大ちゃんの滑りをみて、アメリカの少年がすごいと言いながら微笑んでいたシーンがあったけど。
彼の微笑みと賞賛の意味をしりきれトンボで編集してしまったけれど、あれでよかったのかなと思う。
スケアメのビートルズメドレーはたしかに精彩をかいていたとは思うけれど、私はNHK杯よりも実はスケアメのほうがリピート率は高い。
ゆづも雑誌のインタビューで大ちゃんのスケアメビートルズメドレーが印象に残っていてよかったと言っていたけれど、ジャンプだけにフォーカスしてしまうとスケアメはたしかに精彩の欠いた演技だったかもしれないけれど、スケーティングという視点とアートという視点でみると、あのスケアメの演技の中にどれほどの可能性があるのか手に取るようにわかる。
まだ未完成ながらどんなプログラムになっていくのか期待をせざる負えない演技だったのだ。
あのビートルズメドレーはたぶんライバルであっても、ビートルズメドレーの完成版を見たいという思いと、内面からにじみでてくる音楽表現はどの選手も手に入れたいものではないかと思う。
だからこそ、世界中が大ちゃんの演技を期待している。
でもやはりマスコミはそこまで深く掘り下げるほどフィギュアスケートの知識は番組製作者側の知識が浅いのが現実。
それでも、男子フィギュアの見方を頭でっかちなおっさんたちに教育しているのは、まちがいなく大ちゃんである。
女性ファンが多いのはたしかだけど、確実に世界中で高橋大輔ファンという男性は増えていると思う。

まわりの男子選手たちがクワドをバンバン跳んでいて、自分との差というものを感じて不安になるかもしれないけれど
大ちゃんにしかない表現力という武器があるので、ぞんぶんに使っていただきたい。
大ちゃん本のなかに、音楽に抱かれてしまってるような時にいい演技ができるというような事が書いてあったけど、ソナチネという闘いとその先に見える光はまさに今大ちゃんが歩んでいる道そのものなので、思いっきりソナチネの世界に浸り音楽に抱かれて演じて欲しい。
きっと音楽が助けてくれると思う。
そして、きっと会場で応援する大ちゃんファンもソナチネの音楽と一体となって大ちゃんを応援する。
思うのだけど、スケアメの頃ってファンもなんだか大ちゃん大丈夫かしら?という心配が勝る雰囲気がファン同士の間でも漂っていたような気がするんですよ。
その気が大ちゃんのアンテナに届いてしまって、あせりのスパイラルにはまってしまったところはあるのではないかと思うこともあったり。
NHK杯だって決して事前練習でもいい状態とはいえなかったけれど、代々木体育館の雰囲気は「大ちゃん大丈夫かなぁ」という心配をする雰囲気とは異なり、意外に会場内にはぴりぴりとして不安が伝染するような緊張感はなかったし。
あの雰囲気ってなんだったんでしょうかね。
高橋大輔ならやってくれるというわけのわかんない自信が観客にもあった・・という雰囲気でもなかったし、かといって大ちゃんが滑ってくれればそれだけでいいみたいな熱狂でもないし、どことなく穏やかな雰囲気がただよっていたのは事実なんだけど。
お祭り的と言われている国別でももうちょっと緊張感はあったと思うのだ。
事実私は今年の国別でも、大ちゃんが登場する前は緊張で逃げ出したいと思ったくらいだったし。
けどNHK杯ではそんな気持ちは少しもなかった、ここでくずれたらファイナルもなくなるだろうし、世界での大ちゃんの評価もネガティブに針が触れるだろうという状態だったのに。
緊張しーの私が緊張で逃げ出したいという気持ちにならなかったので、何かあの会場での観客の共通意識に緊張とはちがう意識統一がされていたのではないかとすら思う。
明日はみんなどんな雰囲気で大ちゃんを迎えるかわからないけど、たぶんいい感じで大ちゃんの登場を迎えることができるはずである。
理由はわからないけど、なんかね感じる共通意識に光があるような気がするんですよ。
最終グループはゆづ大ちゃんこづと続くので緊張感はあるとは思うけど。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 不安を吹き飛ばす史上最高の声援を

よい天気になりました。
たとえ直前にスゴイ点が出ようとも、史上最高の声援で迎えたいです。会場にはいけませんが、行かれる方なにとぞよろしくお願いします。

闘いの曲ソナチネ、ジャンプがたとえ完璧でなくても心に訴える神演技が見られると信じています!

2. Re:不安を吹き飛ばす史上最高の声援を

>tometomeさん
ジャンプがはまらなくとも、これが高橋大輔といえる演技をしてほしいですよね。
フジギュアスケートがジャンプ競技ではないということを世間にしらしめているのが大ちゃんなので。
これからお出かけの準備です。意外にまだ気合のはいってないののまめ、その前にご飯食べないとなぁ
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR