どんなかなぁ月光ソナタな大ちゃん

みなさま、昨日の衝撃的なSP変更情報を聴きどうお思いになられたでしょうか?
大ちゃんのプログラムがもう一つ増えたというのはとっても嬉しい反面、ロックンロールもやっぱり捨てがたい。
なもので、ムラムラ~じゃなくてモヤモヤ~な気持ちになったりはしてなかったでしょうか?
私はなってた。そんなことよりプログラム変更して一か月しか練習期間がない状態で大丈夫かなとか、でも2010-2011シーズンには美姫ちゃんもシーズン途中でプログラム変えたりして女王に返り咲いたけれど。
やっぱ点数的なことなんでしょうな。
中国大会でショートを見たときちょっと衝撃だったんですよ。フレンズのプロからかなり手がはいってて、モロゾフやりやがったなと。
まあ、まだあの当時みなさまもモロゾフ信用しても大丈夫なん、でも大ちゃんがいいっていうならいいけどさぁ・・みたいな感じで疑心暗鬼でいたところに、プログラム変わりまくりで、その上、大ちゃんの調子が悪かったのもあるけれど、正直ぼんやりとしたプロに見えてしまったのがショックで。更に後半ジャンプが一本になってるとか。
フレンズのプロだと、後半ジャンプ二本はいるように組まれてたんだけどし。
モロゾフだったら容赦なく後半に2本にするはずだと思うのに、なぜだろうと。
それとどうしても曲と振付の時代性の違いだったりとか、そこまでこだわる人なんていないのかもしれないけど、でもフレンズの時のプロははまちがいなく初期ロックンロール時代のちょっと泥臭くて粗野な感じもあって、それが何を滑らせても下品にならない大ちゃんゆえに、いい感じではじけてて好きだったんだけど。なのにシーズン開幕戦の中国杯ではスタイリッシュなロックンロールになってたのがちょっとげせぬ。
ただ、今ちょっと過去ロックンロールメドレー初見の感想をmixiに書いた覚えがあって、探してたんだけど、ちょっとみつからず。
初見でのロックンロールは、間違いなく競技会をロックコンサート状態にするだろうなというような事を書いたんだけど、そのほかにも、ただマンボの時ほどの衝撃まではないとも書いた記憶がある。あとでテレビ放送されたフレンズオンを見たけれど、やっぱり前半部分がちょっとぼやっとしてて。ただ、これはショー用に作ってるしねとも自分に言い聞かせるように感想を書いた覚えがある。
ファイナルでは、さすが大ちゃんという素敵ロッカーになってたけれど、でもやはり前半と後半部分では、後半が鮮やかなだけに前半がやっぱりちょっと色がうすいというか、ぼんやりしている感は残ってて。
思うに、多くのファンのみなさんも何気にそんな事を感じていたのでは?
だってさ、youtubeにあがっているロックンロールのコメントがとっても少なくて。楽しいし、もっともっとと思うんだけどなんだかピンとこない部分もあるというのが正直ファンのみんなも思っていたことではないのかなと。
でも、なによりも楽しいプロだし、こんなプロを滑れるのは大ちゃんぐらいしかいないだろうから、ワールドにまでいくつかエレメンツの見直しとかあって、きっとワールドの会場がロックコンサートになるだろうなと成長するプロを楽しみにもしてたけど。
もし今後見れるとしたらショーでしか見れないだろうなぁ・・・できればフレンズの頃のキュイーンと、足ぱかぱかありの競技会仕様なロックンロール見たかったんだけど。ああいうチャライプロで勝てるってのがまたかっこいいんだけどなぁ・・・ああ、未練が。

でも、現実ファイナルでもほぼ完ぺき滑っているにもかかわらず、点数がどかんと出なかったことや、全日本でもかなり厳しいジャッジをされていたのも何かジャッジに与えるものがたりないのは間違いないんだと思うけど・・・なんででしょうかね。
でもあえて新プロにフィギュアではスタンダードだと思われる月光ソナタを持ってきたのか。モロゾフらしい選曲だなとも思うけど。
過去リッポンにも数年前にもサーシャ・コーエンにも振付していた記憶があるしどうなるだろう。
でもきっと、お色気ダダ漏れな見たこともない月光になるに違いない。
今日大ちゃんのチャイコとラフマニを見てたんだけど、あれからどう成長したのか、大ちゃんもモロゾフも。
そういう見方もできるので、やっぱりなんだかんだ言いつつ新プロが見れるのはうれしい。
で、衣装は・・・やっぱり黒でなくて濃紺とかブルー系かしら、月光はなんかそんなイメージではないですか?
今更ふりふりもないだろうし。ただ、結構大ちゃんはコスプレ系もいける逸材なので、思い切った王子様系も見たいけれど、この短期間ではたぶんシンプル系の可能性も。ハイウエストのパンツに、たふたふの袖の白シャツなんてのもエロ・・いや、色っぽくていいんなぁ、どっかに出てないかしら。

衣装といえば、ロックンロール初見のフレンズの感想をmixiに書いていて、ひとつみつけたのでその部分をちょっと転載しようと思う。
なんてこと書いてるんでしょう私って。

**************FOIに行ってまいりましたー***************
で、目的の大ちゃんの新SPですが。 
これはまちがいなくまたリンクがロックコンサートになる予感。 
ただコンペプロに仕上げるまでにはもっといろんな技をぎゅうぎゅう詰めると思うけど、見終わったあとは、おもしろかったーっていう素直な心の声がでましたな。それにしてもそれにしてもだけど、よく海外の解説者が大ちゃんを評価してるところに、観客とのコンタクトがうまいと言っているんだけど、今回それに本当に気が付きました。
ちょっと視線を観客席に向けるだけでも、その目力に吸い寄せられるというか。
今回は世界トップレベルのスケーターばかりだったけど、大ちゃんの観客とのコミュニケーションスキルの高さは他の追随を許さない半端でないレベル。マネしようと思っても無理ですな。他のスケーターたちよりも、かなり観客のほうにも意識を向けているというか。
たとえて言えば、他のスケーターたちはリンクの上で自分の世界を表現しそこに集中するという感じだけど、大ちゃんの場合はリンクだけでなく観客席を含んだ箱ごとすべてが表現できる空間と認識している感じというか。 
あと今回大ちゃんのプロを見て頭に浮かんだのは、本郷猛。
そうです仮面ライダーです、あの白衣装の襟から赤いのがちらりと見えたときに、本郷猛が頭に浮かび。。。ちょっとだけチビのりだーも浮かんだけど。
たぶんコンペにはまた違う衣装になるとは思われる。ロカビリーといえば、定番のシャツがあるんで、あの定番シャツのイメージでマンボの時見たく体にぴったりするようなのがいいなぁ。シャープな感じのやつ。 
**************

まじめなレビューが書けない私。途中まではいい感じで感想書いてたのに・・・衣装のことでいつものごとく、ぐだぐだになりました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR