大ちゃん本を読む be soul2

本日届きました、大ちゃん本。
今日届くと思ってなかったからちょっとうれしい。
そしておまけのクリアファイルは、みやそら大ちゃん。滑りだすまえに女性をホールドしているポーズのところです。
なかなかですが、ドMの身としては、もっとドSな顏の時がいいわとちょっと欲張ったことを考えてしまいました。

そんな話はいいとして、大ちゃん本おもしろいわ。いろんな意味で。
やっぱ未だ足に痛みはあるんですな。
あるよね、大ちゃんのような怪我をしてない選手でも、足になにかしら不具合を感じてたりするし。
まだシーズン始まったばかりだけど、クワドを跳ぶ以上怪我とどう付き合っていってオリンピックに至るのか、これはどの選手も課題ではないかなと思うんだけど、やはり大ちゃん大けがしてますからね。
ののまめも事務椅子アクセルによってパッキーンと前十字いっちゃったのでわかりますが、何がきっかけかわかんないんですよね。
調子いいなと思ってたら突然膝がゆるむような、脱臼しかけてるような変な感じになっていたんだりとか、そうなるたびに大ちゃんの足どうなんだろうと思ってたんだけど。
足は膝でなく違う場所が炎症したということだけど、JOもSAも足の炎症なのかもしれないですね、足ひきずってたのって。
前十字ではなくてよかったとは思うけど、やっぱり痛みはまだあるんだなと本を読んで知りました。まさか国別もドクターストップ寸前だったとは。
まさにエース。
昨シーズンは世代交代をあおるような報道ばかりされてたので、四大陸ワールドの結果から、またどうマスコミが言いだすかと思ったら、逆に大ちゃんを応援するかのような報道の流れになってファンとしてはちょっと安心したけれど、それも結局のところ、大ちゃん自身がエースとしての自覚と、国内だけでなくフィギュアスケート界全体を盛り上げようとする姿に見ているほうも心を動かされたのではないかなと。
でも本を読むかぎりは大ちゃんは、エースの自覚とかフィギュアの世界をどうとかっていう気持ちはないようだけど、ないけれど無意識には見てくれるお客さんのために、一緒に戦う選手のためにいい試合にしようとしているのは見てとれたので心動かされたわけです。
試合後パトリックが国別について批判意見を言ったのもあって、余計大ちゃんに肩入れしたくなる海外のフィギュアファンも増えたと思うし。
まあ、パトリックの言い分もわからんでもないけど。実際みんなへろへろで国別に出てたので。けれど、観客としてあの場に入れたのはよかったなと思うのと、やはり大ちゃんのエースとして、世界のトップスケーターとしてのプライドというか、責任感はあの試合で見せてもらったと思う。
次につづく若手たちは、世界のトップスケーターとはどういう行動をとらなくてはならないのか、エースとはどういうものなのか大ちゃんの背中を見て学んで欲しいなと思う。ジュベールもフランスのエースとして、フランスチームの大黒柱になってたし。ここ数年不調ではあったけど、やっぱりジュベールがフランスのエースで居続けていると思う。エースとはその人がいて安心できる存在感っていうものもやはり必要なのだ。

ところで、乗ってる写真なにげに笑えるものがちょいちょいあります。
サービスショットもあるし。
サービスショットは、横からの上半身裸、前は見せません。あいかわらず頑なです。
しかし、仮面ライダーのような腹筋は見せています。やっぱりすごい腹筋です。ちっさい写真だけど。
スピンしてる時の写真で、すんごいライダー腹が見えます。
Tシャツごしのライダー腹筋も見えてますが、まさかあれほど頑なに見せようとしなかった腹筋を、ちっさい画像とはいえ生腹を見せているとは。
次でる本が楽しみです。ぜひ今度は胸毛スキーが堪能できる写真をお願いしたいです。
あとは、ツボったのは、歌子先生のうつってる画像で、バランスボールに乗る歌子もかわいかったけど、歌子先生のうしろを、アキバでアニメグッズを買いに走り回っているオタク青年のような姿の大ちゃんもまたツボです。何の袋を持って走ってるのかわかりませんが、アキバにいそうだなと思って。ジャージ着てるけど。まあ大ちゃんは見た目とちがって、中身はオタク系ですからね。なんかそう見えてしまった。
あとはあとは、倉敷の街中のショットもいいわー。逆に新鮮。日本でもこういう町並みって少なくなってるし。
似合ってます。海外のファンとかよろこびそうだな、日本の伝統的な街のなかにたたずむ大ちゃんって。
柳の下に立つ大ちゃん。絵になるなる。さすが日本男児。
あと神社で遊んでるところとか。こんなところで子供育てたいわと思うような素敵な環境です。

ざざっと読んだので、また明日は熟読です。
おもろいわー大ちゃん本。超おすすめ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 意気地なし

 ののまめさんが こんなにオススメしてくださるから 私も初めて昨日大ちゃん本をポチっとしました。本当にドキドキしました。

 大ちゃんDVDもものすごく気になってるのにポチることができず あろうことか大ちゃんの代わりにセクスィー部長のコントDVDを購入してしまった 意気地なしのこの私が 初めての大ちゃん本・・・・。ああ・・・胸の鼓動が激しいです。

2. エースの重責

ののまめさんの写真チェック、お流石です。

国別、いろいろ映像見たら涙しそうです。

やはりちょっと自己犠牲精神強すぎじゃないですか?次のエースが比べられて苦労するからほどほどに・・・と思っていたら日経の記事。「エースでいることに疲れちゃったのかな」と思ったり・・・。真央ちゃんだって疲れただろうし、精神的疲労が無自覚に溜まっていてもおかしくないですけど。
お説教するのエネルギー必要ですからね。モロゾフが仕事しているのがわかってよかったです。放送禁止用語がとても気になりますがww。説教というより、ブチ切れたんじゃないでしょーか。穏やかなキスクラで「今晩、これ言ってあれ言って・・・シバく!」とか思っていたんですね。

3. なんでセクスィ部長やねん

>ともだちさん
大ちゃんのDVD先さき、先に買わないと。セクスィ部長によろめいていてはいけないじゃないですかっ。
とか言って、ののまめの職場で先週セクスィ部長の話になったんですけどね。
私もセクスィ部長のDVD欲しいなぁ

4. Re:エースの重責

>tometomeさん
モロゾフ説教してくれてありがとう。
でもスケアメではモロゾフおだやかに笑ってたんで、あれみてモロゾフも丸くなったもんだと思ってたんだけど、そうじゃなかったんだね。
エースとは、疲れていてもマスコミの前にたって、国を背負っての発言をしなくてはならないし、スポンサーにも義理立てしなくちゃならないし、そしてフィギュアにも尽くさなくちゃならない。
そんな姿を見せる大ちゃんにまた涙でるのね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR