昨年の今頃を振り返る・・・やっぱゲロはいてました

ネタもないので、去年のNHK杯前の日記を忍者のほうから転載してみました。

*******************
2012年11月14日

来週まで待ち遠しいわNHK杯。
大ちゃん調整うまくいってるかしら、大ちゃんが出ないグランプリファイナルなんてありえない。心配心配ってゆってもしかたないけど。
中国杯ではあまりな大ちゃんの自爆にゲロまで吐いてしまった私であるが来週まで待てん。先週あけはあまりのショックで会社を休もうかと思うくらいであったが、ネットを徘徊してたら、同じようなこと書いてる人いて笑った。
あと、海外のファンサイトみてても同じこと書いてて、この気持ちは国が違ってもみんな同じなのねと笑ったであります。
やっぱジャパンオープンから大幅にかわった演技構成にはみんな衝撃を受けてたようで、モロゾフめなにやってんだみたいな感想もやはり日本のファンと同じく。
でもだんだん冷静になってきて、大ちゃんのフリーを見直すと、スケーティングの滑らかさだとか構成とかはおもしろくなってるかもという言う意見も。
それ以外には、大ちゃん不調の原因は、6分間練習でリッポンとナンソンくんが激突したそばに大ちゃんがいたので、それを見て同じ中国杯でこづたんと接触をしたことを思いだして動揺したのでは?とか。あとは日本のファンサイトで歌子先生が靴の調整がおくれたってゆってたからそのせいかもとか・・・そんでもって、私がみつけたのと同じロシアのサイトのボロノフくんのインタビューに大ちゃんは直前に靴が壊れたのが影響したっていうことを言ってたので、歌子先生の話と整合性があうのでやっぱ靴のせいよねと納得してたり。

********************

昨年のほうがショックが大きかった模様。
しかし、昨年はそれでも2番でしたから、ショックは大きいが2番はおいしい。
今年も心配はしてんですけどね、ただ去年の日記を見るにつけ、モロゾフがいじくりまくったプログラムにかなりショックを受けていて、それと比べると今年はプログラムに本当に恵まれているなと思った。あんなプロ作られたらモロゾフも、わしも作ったるとは言い難いと思う。
エキシくらいは作ってよくってもモロゾフ・・なんつって。
モロゾフエキシといえば、昨日今日とロクサーヌを踊り狂う大ちゃん動画を繰り返し見てたんだけど、モロゾフならではの濃厚プロもいいなと。みやけんの濃厚さはやっぱり日本的というか、内なるエロだけど、モロゾフは外からエロ。どっちのエロがいいかは比べがたいけど、どんなエロでも大ちゃんは滑りこなす。いやいや結局のところスケーティングがボディラインが綺麗なのと10代の頃から海外の解説者たちに、エレガントと言われていたのでそれが濃厚でありながら品格あるプログラムになっているんだろうなと思う。
NHK杯のEXは過去エキシをすべるシリーズであるならば、ぜひロクサーヌをお願いしたい。
今のスケーティングでどれほど表現が変わるか見てみたいのである。昨年もスターズオンアイスだったっけ?と上海で踊り狂ってたけど、また今年はぐっとスケーティングがうまくなったので、あの濃厚さがどう変わったのが見たくて見たくてたまらん状態に昨日今日陥っていたので。

今日ふと思ってたんだけど、去年のロックンロールも道化師もナナミ先生シェイリーンともに、自分が大ちゃんに滑って欲しいという願望プロだったのではないかなと思った。ファン目線から見たら、女の子達がキャーキャーいいそうなロックンロールは見たいとも思うし、重厚なオペラ音楽ですべる大ちゃんというのもやはりツボはついていたとは思う。けれど大ちゃんのもつ卓越したスケーティングスキルを見せることができたプロかというとどっちもそうでなかった。
今年は宮本先生のソナチネにしろ、ローリーにしろ、これぞ高橋大輔と大ちゃんのスケーティングが生きるプログラムを作ってきているので、昨年との差を感じる。たぶんローリーも宮本先生も昨シーズンのプロについては思うところがあっただろうし、大ちゃんもまた同じくだったと思う。
ファンですら、初めてロックンロールをフレンズで見た時、楽しいけどマンボほどの厚みはないなと感じて見てたくらいだから。盛り上がってはいたんだけどねフレンズ。しかしマンボの初演での盛り上がりを知っているだけに、記憶で比較してみていると、ロックンロールの盛り上がり方は低かったように思う。
何度も書いてはいるんだけど、ロックンロールは初演時から前半部分にインパクトがないのが物足りなく思っていいたし、道化師はジャンプが失敗したり、大ちゃんの気持ちが入らなかったりすると見どころが少なくなる危険のあるプログラムだと感じ、判明はまればどっちも大化けするプロだとは感じたけど、でも何かがどちらもたりないプロだなとも思っていたけれど、今年はばっちり。
何かがたりないという思いはひとかけらもない。
だからジャンプボロボロのスケアメの映像ですらリピしているのだ。
そんな力のあるプログラムを携えている大ちゃんなので、去年のNHK杯前のようなどうしようどうしよう感はいまのところない。
去年よりも実際はファイナル進出はかなり厳しい状態なんだけどね。

実はこっそり大ちゃんファイナル進出への道ということで、勝手にエクセルで表を作っては、誰が何位にはいったら大ちゃんのファイナル進出の確率はどれほどあがるかとか、そんな事をやっています。
ネックは、1試合しか出ないお兄ちゃん選手たちの成績です。台のりなんかしてくれちゃったりすると、大ちゃんのための援護射撃みたいになるんだけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

こんにちは、ののまめ様。
私も表作ってやってみました・・う~~ん
厳しい( ̄▽ ̄;) たらればを言ってもしょう
がないんですがあの時あのジャンプが(どの
ジャンプじゃ)決まっていたらと今更ながら
悔しい~~です!ラストシーズン(?)1試合
でも多く大ちゃんを観ていたいです。
でも去年、ナンデス君1位と4位でファイ
ナルに出ていたような記憶が……(違ってた
らごめんなさい) まだ希望はありますよね?

2. 流石です!!

エクセルでファイナル進出確率を分析するとは・・・、ののまめさん流石です。各試合の順位予想とかもしてるんですよね。N杯の予想は・・・ずばりどうですか?
バンクーバー前は4位2位でファイナル進出してたと思うんですが、順位は相手のいることなのでどうしようもないなと思うのですが、とりあえずは出来るだけ高い得点で、日本人最上位で終わってほしいです。
一般紙にも「高橋の4位より羽生の2位の方がスコアが低い」って書かれちゃうってことは、ファイナル進出が必ずしも実力の証明でなくて運によるところも大きいと世間がしったということですよね。スケアメ4位はファイナル進出には厳しいですが、イメージはそれほど悪くないのかなぁと思ったりして。
N杯の応援メッセージの数、すごいですね。真央ちゃんと同じくらいかと思っていたら、三倍くらいですか。20代男子の「大好きだ」に泣き笑い・・・。視聴率上がりそうですよね。視聴者を味方に出来る演技ができますように。もうファイナルより世論かな。今回の選考基準は結局は連盟の胸先三寸なので・・・。

3. 大ちゃん過去4位と2位でファイナルいった時もある

>たかさん
たかさんも作ってましたか、ポイント表。
過去の実績から言うと、4位2位でもファイナル進出できたこともあるので、混戦の予想される今シーズンはいいように考えると、意外にいける確率はあるかもと思ったり。けどやっぱ一番になっていただかないとと思うんですが。それと得点も、同ポイントだと得点が高いほうがファイナル進出ですしね。いろいろ考えちゃうわ。こづもやっぱりこのままでは終わって欲しくないし。

4. Re:流石です!!

>tometomeさん
褒め過ぎ褒め過ぎ、それに今シーズンはマッチーみたいにノーマーク選手が海外からも出てくる可能性あるし。気休めですけどね。
実力のあるお兄ちゃん選手たちは1試合しか出ないので、そのあたりが台のりしてくると、大ちゃん的にはポイント稼げると予想してるんです。NHK杯の予想はしてるんですが、それを書くとその通りにならないといけないので伏せておきます。N杯のメッセージみてないや、見てこないと
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR