ビートルズメドレーリピが脳内でも繰り返されるようになりました

きっと皆さまも同じにちがいない。
ビートルズメドレーの映像が脳内リピが激しくて、特に本日はにコレオシークエンスに入るところから最後のスピンを特に重点的に脳内リピしまくりで、仕事中感極まって泣きそうになった。
そして、突然もう現役の大ちゃんの演技が見られるのも数回かと思うと、喪失感のような寂しい思いが湧きあがりましてまた泣きそうになり。、以前ショーだったか競技会だったかに行ったときに後ろに座っていたマダム達が、大ちゃんが引退したら燃えつき症候群になるという話をしていらしたけれど、今はその気持ちが痛いほどわかります。ただ私も燃えつき症候群になるかはわかんないけど、寂しい思いはするんだろうなと。
なによりもビートルズメドレーのスケーティングを見てその思いが膨らんじゃって。
すでにスケーティングスキルでも世界トップレベルの評価を受けているにも関わらず、素人目に見てもスケーティングスキルが今シーズンぐっとあがったこと。
ビートルズメドレーの振付時にローリーが大ちゃんにスケーティングのダメ出しをしていたけれど、スケーティングのスキルと美しさ、そして品格がなければ今シーズンのビートルズメドレーは完成しない作品なのだと今更ながら思った。
そして大ちゃんもよくこの数か月という短い期間でここまでスケーティングを磨き上げてきたなと。
ちょっと前はパトリックのスケーティングの伸びやかさを見ると、大ちゃんのスケーティングはちょっと軽くばたついて見えてしまう時もあったけれど、今シーズンはまちがいなくパトリックと比較しても劣らないスケーティングを身に着けてきた。
更にはもともと持っていたエレガントさにも磨きがかかってきたし。
気品というのはやっぱり大切だと思う。こればかりは練習して身に付くものではないと思うし。
今日はちょっとロクサーヌの動画のリピもしていたんだけど、たぶん大ちゃん以外の選手が大ちゃんと同じように濃厚なエロティシズムを表現したとしたら、下品になってしまうか、笑いのほうに走ってしまうしかないかもと思って見ていた。
基本のスケーティングに品があると言うのは一番の武器ではないかと思う。
ジュニアワールドの時にもすでにその品格が見て取れるので、天性のものだとは思うけれど、今その天性の才能が更に大きな華をひらきかけているところで、スケアメのビートルズメドレーまさに華がひらきかけはじめた時だと感じた。

試合がおわって今スケアメの結果を知った人は、高橋大輔失速したかと思っていると思うし、マスメディアもクワドジャンプを完璧に跳んだ町田くんにフォーカスしているけれど、実のところジャンプ以外のところで高橋大輔がどれほどのことをしているかという報道をするメディアは今のところない。
けれど、フィギュアスケート関係者やファンはわかっているんだと思う。
スケアメの観客の歓声がそれを物語っている。
フィギュアスケートはジャンプだけではないということを。
ローリーはやっぱり凄い。
大ちゃんの才能を開花させるプロを作るだけでなく、フィギュアスケートのおもしろさを大ちゃんのプログラムに凝縮して詰め込んでいるのだ。
だからジャンプを失敗したスケアメだけど、もう何度もリピートして見てしまう。
未完成だけど、目が快感を感じてしまうほどの爽快感。
自分も大ちゃんが感じているスケートの心地よさを、目でもって疑似体験させてもらっているような気がする。。
大ちゃんの感じているだろう氷の上を滑っている時に感じる風までも見ているほうも感じられる滑りというのは凄いというしかない。
本当は凄いの一言ではかたづけたくないんだけど、残念ながらののまめのボキャブラリーにその気持ちを表現できる言葉が今は見つからない。
ここ数日、海外の人たちの反応を知りたくてyoutubeのコメントやら、ツイッター、そして海外フォーラムなんかを見てまわってるんだけど、多くの人が大ちゃんのスケーティングを見て、まだ高橋大輔終わってないぞと、それどころかとんでもないことをジャンプの合間にしているとわかっているようである。
今回のプログラムは往年のフィギュアファンが一番よろこぶプログラムではないかなと踏んでいるのだ。
ここまでスケーティングスキルを磨き上げてきて作品を完成しないわけにはいかないだろうと。
それに高橋大輔の宙を舞うように跳ぶディレイドジャンプがはまった時の視覚的な快感というのはたまらないのだ。
そんなジャンプがはまって仕上がったビートルズメドレーを見たら全世界号泣だと思うな。

さてと、これからまたぼーとるずメドレーリピして、ソナチネもはさみつつ脳内麻薬をぶっしゃーと放出してよい眠りにつくであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

とんでもないことをやっている・・・ほんとそうなんだと思います。
あのスピード感たっぷりのスケーティング、それでいてなめらかな滑り。
今やジャンプでしか注目されないのか!っていうくらいメディアは女子も男子もジャンプジャンプですが、フィギュアはジャンプ競技じゃない。
もちろんシングルスケーターである以上ジャンプは必要。
今回ソナチネにしてもビートルズにしてもミスあれどリピが止まらないという声が多いのが全てを物語っていると思う。
ジャンプ、スピン、ステップすべてがかみ合ったとき、私達はとてつもないものを見ることになるような気がします。(アンチにはわかんないだろうな~一生。。。)

2. まず解説者が残念・・・

地上波の放送でも、実況解説ともに「ミスがあってもすばらしかった」というようなこといってましたが・・・佐野さん、どうして見ている人はそう思うのか、そこを解説するのが仕事でしょう!と悶えました。

ミヤネ屋の本田さんにも少々がっかり・・・。解説者としても、ジャンプコーチとしても、チームの一員としても。あからさまな身びいき発言は必要ないですけど、せっかく発言する機会があるならメディアの空気を読んで、さりげなくフォローするとかできないのかな?と思っちゃいました。「他の選手がこれだけのジャンプをミスしたら、これほどの点数はなかなか稼げない」とかなんとか。それから「宮根さん、そのひとはコーチでもジャンプコーチなんですよ!そこ突っ込んで!」と思いながら見てました。

中庭さんが書いた記事なんかが、多くの人の目に触れてほしいです。

町田君もコンパルソリやってるみたいですね。「経験のないズレ」が新しいジャンプの生みの苦しみなんでしょうか・・・。

3. 私も~です

結果の良くなかった試合の演技はあまり繰り返して観る気にならなかったですが、今回のスケアメ、ショート、フリー、EX共にもう毎晩観ずにはいられないです。昼の間も脳内で大ちゃんが気持ち良さそうに滑ってたりします。
仕事がはかどらなくてよろしくないです。
でも本当に本当に凄いですよね!
なんだか今までフィギュア観てて味わったことのない幸福感があります。
ぜひソチで完成形を!ですね。

4. 天才

大ちゃんがまだ10代の頃、どこかで読んだ事があるんです。髙橋大輔が完璧に滑ったらフィギュア界に革命を起こすって。
私、見せつけて欲しいんですよ。天才が本気になった時の凄まじさを。持たざる者にはいくら努力しても、戦略を練っても太刀打ちできない圧倒的な力を。本物の才能の前にはひれ伏すしか無いって事を。

どうか間に合いますように。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR