一夜明け、再びJO&CoI生観戦の感想を語るの巻

一夜明けそして、録画を見る。

その前に昨日のつづき。
ののまめさいたまスーパーアリーナは初であります。
実は職場のジェフリーファンのおねえたまが、タマアリS席で見たのにリンクまですごく遠くて損した感じみたいなことを数年前言っていて、それが脳裡をよぎってですねジャパンオープンとかさけてたんですよ。
けど、今年は大ちゃん現役最後の参戦かもしれないし、行けるものは行きたいなと思って。
チケット買うとき悩んだんですよね。
ジャパンオープンをC席6000円、そしてカーニバルオンアイスをSS席20000円で
で、タマアリ観戦結果コストパフォーマンスからいうと、断然天井C席だと思いました。
20000円であの距離かというのが実感で。
例えていうならば新横のリンクの立ち見よりも遠いんじゃないかなと。表情は見えないし。
買うならリンクサイドアリーナ席以外は1F席は私的にはいいかなと。
なので、全日本は安い席で行こうかと思います。
詳細はテレビでも見れるし、天井から見るとスピンやジャンプの軸がよく見えるのと、全体が見えるのでスピード感もよくわかるので。
あとは、各選手のスケーティングスキルの対比もわかりやすいということ。
今回のジャパンオープンを見ていて思ったのは、やはりジェフ・アボ・大ちゃんはスケーティングスキルも凄いけど、ボディラインが美しい。
小さな姿しか見えないんだけど、その美しさがよくわかりました。
特に大ちゃんはずば抜けてるというか、やはりひとりフィギュアスケートをすべってる感のない美しさ。
バレエ的なボディラインの美しさであれば、多分ジェフやアボのほうがバレエ的だとは思うんだけど、大ちゃんの力が余計なところにはいっていないにも関わらず、めりはりのある動きとしなやかさ、相反するはずの仕草が自然と融合している新しい舞踏の世界がそこにありました。
ジャンプが決まらないにもかかわらず、PCSが高く出たのもそこにあるのかなと。
ローリーの振付の妙もあったと思うし。
あとは、他の選手がスケーティングの緩急を音楽の調子にあわせてしているのに比べ、大ちゃんは音楽ではなく間合いというか、そういうものでも緩急をつけて滑っているのでとにかく緻密なスケートをしているなという印象が初見から感じられました。
だいたいですね、私ののまめはテクニカルなことは詳しくないので、初見というのはプログラムを見てその印象しかわからなくて、あとで録画を繰り返し見てこんなに凄い事を大ちゃんしてたのかとわかる程度なんだけど、今回は大ちゃんバネーと素直に思いました。
正直なところ、今回ジャンプがだめだめだったじゃないですか、けど、思うにですよ去年ジャパンオープンでは神演技しちゃったんだけど、例年だとジャパンオープンはびたんびたん転んでるって印象のほうが強いわけで、去年なんてプログラムができて一か月とか言ってたから「今年も大ちゃん盛大に転びながら滑るかしら?もうジャパンオープンは新プロ披露の場くらいに思ってるほうがいいわ」などと思ってたらまさかの神演技だったもので、その意味でもびっくりしたんだけど。
そう思うと、今年の感じは例年と一緒かなと。
あとは、去年道化師を見たときに、感情がはいらないと難しいプロになるなと初見時に感じたのがシーズン通してやっぱりそれはあり。
感情の入り方でプログラムの印象ががらっと変わってしまうことや、ジャンプミスもプログラムの全容があいまいになるという、ある意味とても制約のあったプログラムだったのではないかな思うんだけど、そう思うと今回のローリープロは、大ちゃんがジャンプを失敗してもプログラムとして見れるものをと言っていたものにぴったりとはまっていたと思う。
通常ならあれだけジャンプ決まらないと、大ちゃんといえど見ているほうも胸が痛むけれど、今回は違ったんだな。
昨日も書いたけど、後半あたりから大ちゃんのスケートを見ていると涙がぐっとでてきそうな感じになって、滑り終わったあとも胸のあたりに暖かい熱がずっとともったままでいて演技の印象をずっとひきずるのだ。
これは他の選手の演技では感じたことのない感覚だけど。
大ちゃんファンだからかなと自分でも思うけど、でも私結構厳しい大ちゃんファンだと思うんですよ、大ちゃんファンのなかでは。
日頃大ちゃんにバカ萌えしてるけど。
そんなちょっと現実は冷静なののまめが、涙がでそうになって見た初見のビートルズメドレー。
GPシリーズにはいったらどうなるか成長が楽しみなプロには違いないです。
あと、表彰式の時に、コントローラーのシシー・クリックさんが大ちゃんに他の人よりも若干長めになにか話していて、大ちゃんが微笑んで答えてたんだけど、この方はシーズン前に大ちゃんはローリープロで滑るといいと言っていた方だけど、多分大ちゃんにエールを送るような事をささやいたのではないかなと。
何かといわくありの方だけど、ただローリープロを見て、ジャッジも見たいと思っている高橋大輔のプログラムではないかなと推測した。それが表彰式での大ちゃんへの声掛けの長さかなとちょっと思った。
そして、カーニバルオンアイスでの大ちゃんへのジャッジ総立ちのスタンディングオベーションとかも。
ソナチネも正直すごくいい出来って言うわけではなかったと思うんですけど、でもソナチネもやっぱりジャッジが見たい演技の一つではないかなと。
ステップの複雑でありながらそれを華麗に見せてしまうテクニックとか。更には会場を包こむような大ちゃんのエネルギーとか。
あれが本試合で磨き上げら得たらどうなるか。
やっぱりジャッジも育っていくプログラムを見るほうが楽しいのではないかなとふと思って、今シーズン過去のプログラムを滑る選手も多いけど、やはりここはチャレンジしてほしいかなと。
大ちゃんのあと真央ちゃんのノクターンは真央ちゃんらしくてよかったんだけど、やっぱ新プロが見たかったというのが正直な感想になってしまった。
アボットのエクソジェネシスも、こづのロンドカプリチオーソも、過去の記事にも書いてはいるけど、とっても好きなプロだからオリンピックシーズンのプロで滑ってくれたらうれしいって思ってたんだけど、大ちゃんのフィギュアスケートの世界を独自に追求していく姿を見ていると、やっぱ新プロに挑戦してほしいなと思った。しかし、オリンピックシーズンに過去の良プロを滑るというのもメダル争いをするには戦略のひとつなんだけど、そう思うとやっぱり高橋大輔は過去を振り返らない潔さがカッコいいと思った。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

詳細な感想文、ありがとうございました。
わたしも両プロ見ていろんな思いを持ったのですが、調子がよくなくて技がぐだっていても、大ちゃんが観衆に向けて発するエネルギーというかオーラというか、昨日はそんなものを感じながら見てました。
常に新たなものに臨んでいく、その大ちゃんらしさもね。

スケアメまでにどこまで調子をあげてくるか、大ちゃん自身も大変だと思うけど、一試合ごとに階段をあがってくれたらいいな、と思います。

接待フィギュア観戦、お疲れさまでした。

2. 接待のほうはいかがでしたか?

こんにちは。タイトルは半ば冗談ですが、お疲れ様でした。
埼玉アリーナは、記念すべき私にとって最初の生大輔さんを見た場所なのです。2006年春それは初だったので10000円が高いか安いかわからず妥当だろうと思って出かけましたが、コーナー席だったために、ロクサできゃぁきゃぁ盛り上がる声を遠くで聴く状態で・・・・なので、私も玉アリはいっそ高いところから俯瞰したほうがいいのではと思っています。これがもとでその後の観戦は席にこだわりましたが、今はどこでもいいかなぁ~くらいに財布と相談もあるし。あ、こんなに長くなってすみません。
今回はショートサイドで真ん中よりずっとリンクよりでしたが、やはりちょっと俯瞰する感じ。
私も初めて途中で泣きたくなるような叫びたくなるような何とも言えない胸に来るものがありました!大輔さんの存在感が小さくてもすごかったです。

3. 初たまアリ

今年初めて行ってきました。
A席でしたがすごく見やすい席でよかったです。試合はジャッジ側キスクラ上の方で(大ちゃん達はたまに頭が見えるくらいww)

私は初見でビートルズ好き!って思いました。病み上がりとかで100%ではなかったけど今から100%でも困るし、JOはこれでいいんです。←負け惜しみとかでなく。
ジャンプスピンにミスが出ても気にならないくらいの極上スケーティング&ステップ。CH、INも9点台が出てるしこれでジャンプまとめてきたらどうなるんだろうって。
両プロ共新プロだし焼き直しプロの人たちよりは時間かかるかもしれない。
でもいつもチャレンジャーな大ちゃんが私は好き。

ショーのソナチネ&eyeにはヤラレタ!
新衣装素敵。新エキシも見たかったけどジャッジがいるしソナチネでよかったかも。
総スタオベは嬉しかったですね。

オープニングもフィナーレも素敵な大ちゃんでした。

スケアメまで時間ありませんが、課題を一つ一つクリアしてくるでしょう。
(早く体調もどりますように・・・)

4. おつかれさん!

ののさまおつかれです。大変でしたね、接待観戦。お腹だけでも大変なのにご苦労さんです。
私もJOとCOI観戦してきましたよ。
S席でしたけどキスクラがよく見える席だったので面白かったです。東テレの新キャラバナナくんで遊ぶ遊ぶ!バナナくんに指突っ込んで折曲げてキレのある反省ポーズして大笑いしてました。
相変わらずお茶目な27歳児です。
ビートルズメドレージャンプとスピンがだめだめでしたが、何かあの穏やかな雰囲気と滑らかなスケートのせいでしょうか?
緊張感もなく安心して見ていられました。
あんなにぐだぐだなのに。。。。。。!
最後になるかもしれないプロだからかなぁ?
神演技をこのプロで見たいです。
絶対泣くな私!
ソナチネも凄みが増してきてますね。
会場内に大輔オーラの世界観が溢れてました。
アメリカではどんな演技が見られるか楽しみだす。
そうそうビートルズメドレーの衣装スケルトンと喜んだらいつもより上まで襦袢でした。けち

5. 素敵です

ののまめさま、お疲れ様です。ありがとうございます。

映像で観ただけですが、ビートルズメドレー素敵ですね!
もっとベタな感動作になるかと思ってましたが、なんだかお洒落でモダンな雰囲気、ほどよい難解さもあっていいです。好きです。
そして、あの幸せふわふわオーラで滑る大ちゃんが美しいです~。
衣装も色っぽくていいんですけど、リンク映えという点で、もちょっと光沢のある生地とか色味があるといいんでしょうか。

ジャンプの出来が気になるところですが、スケアメ楽しみです。

6. 失敗しても胸が痛くならないプロ

私はジャッジ席側の天井席なんで、キスクラ全くみえなかったのが残念だけど、ある意味俯瞰で見ると言うのもめったになく、めったにないだけに思いのほか楽しめたのがよかったです。
今回はジャンプもだめだめだけど、スピンは点数さえもらえないだめっぷりだったけど、それでも胸た痛くなるどころか、ハートウォーミングな状態で見終わったので、大したもんだ高橋大輔と思いました・・・というか、この大したもんだ高橋大輔っていうのは上司がゆってたことなんですけどね。

7. 上司さまの語りも聞きたい

たいしたもんです。COIの放送を見て、歓声と拍手がものすごくて魂げました。別格。
試合のときのバナータオルもすごいとおもいましたが、観客動員力は真央ちゃんを凌ぎますね。
笑っちゃうほど凄かった・・・ そうさせる力があるんですよね。わたしも全日本の俯瞰席に行こうかな、と思いました。
新しい衣装は細く見えるデザインなんでしょうか。やせたと聞いたので、とっても細く見えてしまいました。

道化師は茫然フィニッシュが印象に残ってしまっているので、「ジャンプだめでしたけど滑ってて幸せでした」って笑顔で終わるのはいいかも!
周りがうるさくても(すでにややうるさい)、脳内幸せ物質を自分自身に供給し続けてほしいです。

8. ほんわかプロ

接待スケート観戦お疲れさまでした。
テレビ組の自分は現地の方たちのレポを読み漁り、今か今かとそわそわして待っていたのですが、予想以上に素敵プロで幸せな気分です。スケート見てほんわかな気持ちになる日が来るとは・・・!
グダグダなのは残念でしたけど、地味に回転不足がないのが良かった~。調子悪い中で後半の3-3がばっちりだったので安心しました。
今季はプログラムのリメイクや続行が多いので、大ちゃんにいろんな意見が集中するのも無理ないかなあ。でも大ちゃん自身は気に入ってて楽しく滑れてるようなので、こっちも余裕持って見てられます。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR