成美ちゃん木原君SPのミニマム超えおめでとう。フリーもがんばって

成美ちゃん木原君。SPのミニマム取れました。やったー。

Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA SP Lombardia Throphy 2013
ライブで見ようと思ってたら見逃しちゃって。でもよかった。
初戦でこれだけできれば十分。
それにしても、よく短い期間でこれだけ仕上げてきたなと思う。
何よりも、当初私成美ちゃん主導で演技をしていくのかなと思ってたのが、意外にも木原君が見守る感じというか、成美ちゃんも木原君をたてている感じに見受けられ、成美ちゃんの大和撫子ぶりにちょっとぐっときた。
もう二人の間にしっかりとした絆が出来ているんでしょうね。
もちろんまだまだ甘いところはあるけれど、それでも見て感動して涙がでちゃった。
マーヴィンとペアを組んでいた頃たまに思っていたのが、今度成美ちゃんはどう大人の女性の演技にしていくんだろう。
バラードで滑ることもあったんだけど、なんとなく子供が背伸びしてるようにしか見えなくて。
けれど、木原君との演技を見ていると大人の女性の演技になってるなと。それもちょっとしっとりとした色気がでてきそうな香りで。
バートナーが変わるとこんなに変わるものなんだなと。
マーヴィンのダンスセンスというのは本当に凄いと思って見ててペア解消は残念でならなかったけど。
木原くんはシングルの時も、エレガントなスケーティングをする選手だなと思ってみていたので、その影響が成美ちゃんにも出ている感じがする。

関係ないけど、たまに仕事が早くおわって帰宅すると、ニュースエブリの天気予報の時間になって、陣内さんが
「木原さーん、そらじろー」
って声をかけているのを耳にするたびに、なぜかののまめの脳内では、木原君がそらじろーをリフトしている映像に変わっちゃうんですよね。
たまに、そらじろーのキグルミを着た成美ちゃんだったりとか。
そういう人他にいないでしょうか?
成美ちゃんがそらじろーのキグルミとかも似合うと思うんですけどね。。。。あ、大人の女性になったとか書いてるくせに。失敬失敬。

あとは、フリーミニマム超えがんばってもらいたいわ。
やっぱり一番の心配はこの二人ですから。

ちなみに、オリンピックペアのミニマムスコアは
SP 20 FP 36

四大陸・世界選手権は
SP 26 FP 46

ロンバルディアでの得点は26・6なので四大陸ワールドのミニマムもクリアです。

リザルト
http://application.fisg.it/results/3177/SeniorPairs_SP_Scores.pdf

フリーのレミゼとっても素敵プロなので頑張って滑っていただきたいものです。

そして、プルシェンコのショート曲かけ練習の欠片動画もあがっておりました。


このくらいの選手になると、ジャンプがなくても表現力で気持ちをぐっとつかまれるというか、ステップのひとつひとつが充実していて上半身の動きが更に技に磨きを賭けていて。
これを見て思い出したのが、昔小室ファミリーの音楽がはやってたころ。
ハイトーンボイスと音域の広さが話題になってたんだけど、私その頃はやってたハイトーンボイスっていうのがどうしてもなじめず聴くたびに騒音のように思ってたんですよ。そんな時、たしか森久美子さんだったかが
音域が広い事よりも、一音一音充実しているかどうかという事のほうが重要と言っていたのが今でも心に残ってるんだけど
このプルの動画を見てその言葉を思い出しました。
ネットでフィギュア関係の情報を見ていると、若手男子たちは今シーズンSPにクワド2回FPに3回いれてくる選手たちがぞくぞく出てきそうですが、アスリートとしてはそれも大切だけど、プルのこの欠片動画を見て、全てのエレメンツで充実させるということも重要なことだということを思いおこしました。
大ちゃんももちろんそうなんだけど。
実のところプルって結構ざっついところあるじゃないですか、その彼が今も尚こうして進化して、なんてことないステップのひとつひとつも磨きあげている姿を見て、これがフィギュアスケートなんだなと改めて思ったのであります。

先シーズン見ていても、クワドをたくさん入れてきても体力の消耗も著しいので、演技後ブラックアウトしかけてる選手がちらほらいたけれど今年はもっとそういう光景を見てしまうことになるかもしれないですね。
どこで折り合いをつけるか、更に基礎体力をあげるのか、神経の消耗戦とも言える試合がどの選手にも今シーズンにはあると思うので、本当に蓋を開けてみない事には男子については順位予想は難しいことではないかなと思われます。けど、それゆえに見ているほうは楽しいけど。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. プル様に聞きたい

「ののまめさん、秋ですよ」とひっそり思っていましたが、そんな深遠な意図があったとは・・。しろくまというより、かき氷に意味があるのですね。かわいいです。

クワド祭りの今、フィギュアの進化と自分のスケーターとしての進化についてプル様のお考えにとても興味があります。

他のスポーツから見たらアスリート性ってジャンプなのだろうと思いますが、フィギュアスケートのアスリート性(競技性)の進化って全方位でないでしょうか。表現力にも身体能力は必要だし・・・。

クワドフリー3本とか陳腐化したら、演技時間が短縮されそうですね。やる方も見てる方もつらくなりそう・・・。

2. 無題

ののまめさん、こんにちは。
木原くんとなるみちゃんのここまでの努力を
思うと胸が熱くなります。
ののまめさんが仰るようになるみちゃん、
ひとつの大きな壁を越えて大人の女性に
成りつつありますね。
木原くんには失礼ですがシングルでは、今の
日本男子の現状から考えるとオリンピックは
厳しいかと思われます。
ペアとゆう厳しい道を選択し、オリンピック
を目指すふたり。
又あのなるみちゃんのガッツポーズが見たい
です(*^o^)/\(^-^*)

3. 成龍がんばれー

なるみちゃんのガッツポーズ見たいけど、そろそろレディになってきたのでレディなナイスポーズも見たいですよね。
木原君はペアでよかったのではないかなと。
目標は平昌で。ペアは30代でもやってる方々多いし、日本を代表する名ペアになってほしいですよね。そしたらもっとペアをやりたいっていう選手も出てくるかもしれないし。
ダンスも。大ちゃんとアッコちゃん、シングル引退後はダンスに転向しないかなと思うんだけど。
そしたらダンスも人気になると思うんだけど・・ただ問題は大ちゃんがリフトができるかということ。
問題だわー超問題。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR