久々GPファイナルのエキシを見る

CSでグランプリファイナルEXをやっていたので最初から見ていました。
少しまえは、ラジオノワはそれほど気にはしてなかったのですが先シーズンから評判うなぎ上りですからね。
リプも評判は高いのだけど、正直なところジャンプは体がまだ子供だから跳べているという感じで、軟体スピンが目をひくもののスケーティングも甘いし、どうかなと思っては見てたんだけど、改めて見ているとラジオノワの評判が高いのもわかります。
何よりも踊れるし。こういう選手は見ていて楽しいので、文句なしに応援したくもなります。
そして宮原さん。
彼女もジャンプが今後ネックになるかも。りプと同じく身体が子供だから跳べてる低空ジャンプなので。
あのまま低空でも飛距離がのびるとか、高さが出ればいいと思うんだけど。回転の速さとか別次元だと思うし。成長期をどう乗り越えるかですね。
あとは衣装。とくに肌襦袢の部分が。衣装で印象をだいぶ悪くしていると思うので、ご家族が作っているのか、それとも衣装やさんかわからないけど、世界で戦おうと思うと衣装がもうちょっとだなと思う。
衣装に助けられることだってあると思うし、昨シーズンは宮原さんの演技を見てて衣装が気になって気になってしかたがなかったんだけど。
宮原さんタイプは大人になると個性的美女になりそうなので、トータルプロデュースとかできるような人がまわりにいるといいなと思うんだけど。
今のところは彼女の生真面目さが演技に出ちゃってるので、ジュニアだといいんだけどシニアだと厳しくなるかも。
グランプリシリーズが開幕してみないとそのあたりどう成長しているかわかんないけど、いろんな意味で宮原さんもやっぱり気になる存在ではあります。

そして、久々真央ちゃんのポピンズに、アッコちゃんのシェルブール。
二人とも他の国の選手たちが滑らないジャンルのプログラムで、見ていていいなと思う。
真央ちゃんのポピンズとか、やたらと色気むんむんなプログラムをすべりがちな女性シングル選手のなかでも、異質で。色気もさわやかな色気でついつい頬がゆるんじゃうんだけど。何よりも真央ちゃんの軽さのあるスケーティングが、空からふってくるポピンズのイメージにぴったりだし。
衣装もいい。
アッコちゃんはもう、何すべっても私涙がにじんできちゃう。なんでしょうかね。
今シーズンは本当にアッコちゃん頑張ってほしい。
そして大ちゃんとともにソチに行って欲しいわ。

今日はその他、プリンスのショーで美姫ちゃんが登場とか。
さっきWEB版テレビスケジュールガイドみてたら、すぽるとだったかで取り上げられるようだけど。
美姫ちゃんよりも私は今井遥ちゃんのほうが凄く気になるのだけど。
有香さんがコーチしているのもあるとは思うけど、伸びやかでおらかなスケートは本当に好き。
シズニーやアボットもそうだけど、人間としての善良さがスケーティングに出てるっていうか。ちょっとどこかしら野暮ったさがあるのも有香さんのところのスケーターにはあるんだけど、その野暮ったさがなんというか人間の温かみを感じると言うか、見ていて心が気持ちいい。
昨シーズンのシャレードとか、私かなりリピして見ているんだけど。
完璧に滑れたっていうのはなかったシーズンだと思うけど、遥ちゃんの品のよさと、そしてダイナミックさがいい感じでプログラムにもりこまれていてとても好きなプログラムのひとつだったので、今シーズンも楽しみ。なによりも遥ちゃんは衣装がまた個性的でいいし。
今年は気合いれて頑張っていただきたいわ・・・と言われなくても気合ははいってると思うけど。

SA2012 Haruka IMAI SP

そして久々GPファイナルEXの大ちゃんですが、ストリーミングでののまめライブで見てたんだけど、すごい歓声だったんですよね。
けどテレビ放送だと声援が絞られてる感じがしてならず。
大ちゃんロシアでも大人気だなとライブで見てて思ったものですが、観客の声援も臨場感をもりあげてライブならではの楽しみってあるので、やたらと観客の声援をおさえる編集をしてしまう日本のテレビ局には喝を入れたいものです。
そういえばライブで見ていた時、ふと思ったのは、ジュニアの選手たちも出てきてたんだけど、この子たちも含めファイナルのエキシで滑れる選手以外に多くのスケーター達がいて、その頂点に大ちゃんが立っているんだと思ったらなんか感慨深いものがありました。
別にあたりまえのことなんだけど、あたりまえに世界のトップグループに常にいてそれも何年も続いているというのが凄いなと、あまりにそれが当たり前のように思ってたので、大ちゃんてやっぱすごいじゃんと妙に感心した覚えがあります。
それもやっぱりライブで見ていて現地の歓声の凄さを聞けたせいかなと思うんだけど。
そしてこのGPファイナルのエキシのアンコールでロックンロールのステップを披露している大ちゃんですが、やっぱり採点に関係がないせいか伸び伸びすべっていて楽しそうです。お客さんたちも楽しそうだし。
しかしもったいないプロでありました。
試合での冒頭のキメポーズとか本当にかっこよかったけど、これだけは元にもどしてくれたのはよかったです。
今シーズン一回くらいは、エキシのアンコールでは、マンボでなくロックンロールも見てみたいものです。やっぱキャーキャーも言いたいですからね。

2012 GPF Daisuke Takahashi EX

この動画の解説に荒川さんがいるんだけど大ちゃんのステップの凄さにやきもちを焼いているのが可愛かったです。
いつものごとくに冷静に解説してたのに、
「こんな複雑なステップをしながら魅せますからね。ホントうらやましいな」
って、うらやましいなと言ってる言葉が素で言ってるのが妙にツボにはまりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

こんばんは。
私はCS版、今回初めて見ました。
(確かに観客の歓声は絞られてる感じがしました)
放映予定を忘れていて、慌ててチャンネル合わせたら、ちょうどメリチャリが出てきたところ。
アンコールで、いつも完璧なメリルがこけるところを久しぶりに見たら、勝ってに和んじゃいました。

大ちゃんが出だしで何かに気をとられて視線をすっと横に向けたのもこのときだったんですね(←すっかり忘れてた)
アンコールがロカビリーなのもこのときだけ。
大ちゃんリラックスして気持ちが乗ってるときだから、とても楽しそうだった・・・(マイノリティーのロカビリーファンは、これを見て勝手に涙腺が緩んでました・・・)
フィナーレのフラワーガールへのチュッも見られたし、結構満足なラスト30分でした。

2. 模様替えですね

さっきはシロクマでしたが、今はひつじ♪

荒川さん、「説明はいらない」って、仕事放棄してますねw
確かに余計な解説はいらないのですが、「見入ってしまう」「惹きこまれる」「魅せる」にはある程度技術的には裏付けがあると思うので、そこを的確に言ってくれないかなぁと。ジャンプの助走がないことも一因のはずですが、海外実況では言われているのに、日本では言われないのはなぜなんでしょう。
とにかく、解説者は、漠然とした言葉で感想を述べるのはやめてほしいです。

3. しろくまひつじ

しろくまもいいなと思ったんだけど、読まれる方が文字が読みにくいかなと思って。
しろくまは夏仕様だけど、フィギュアはこれからがシーズンなので氷マーク付いて手いいかなとおもったんだけど。
ひつじは、ちょっとバカっぽくて私っぽいわって思って。でもしろくまも捨てがたいわ

大ちゃんはロックンロールでなく、そうそうロカビリーなんですよね。けどモロゾフがロカビリー色とっちゃったのが衝撃で。
ナナミプロはちょっと泥臭く垢抜けないはじけっぷりが、ロカビリーの香りぷんぷんでよかったのに。モロゾフが80年代っぽい振付にしちゃったから、多分大ちゃんはそのあたりわかってはいないと思うけど、ロックの歴史を知っていると、音楽とダンスに時代の差があるってわかるんですけどね。
私はロカビリーよりは60年代ソウルに一時はまってた頃あるけど。
あのくらいの時期の濃厚なラブバラードとかでも滑って欲しいなと常々おもってるんですけどね。
でもエルビスもやってほしいなと思ったなぁ。

4. ほんとーにすごいこと

1年や2年の事ではなく長らくず~っとファイナルに出続けてるって事実はやはり凄いですよね。その辺の事日本のマスコミは気が付いているんでしょうかね?
私としてはEXなんかだと日本ではトリが必ず真央さんですが海外では普通に高橋選手のほうがあとなのが嬉しかったりするんですよね~。
ちっちゃいことですが。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR