大ちゃんのオペラ座の怪人動画マラソン

見逃した、今年のフィギペディア見れました。
先日見られたみなさまから、ジャンプが決まらなかったけど、内容はよかったというようなことを教えていただいたけど今日見たら、その通りと思いました。
2006年GPシリーズスケカナのオペラ座だけど、思えばこの頃くらいからギラつきだしたというか、いい意味で欲が出てきた頃でしたよね。
トリノオリンピックではポテンシャルを発揮できず失速してしまったけれど、何よりも気持ちの問題というか、一度崩れたら最後までぐだぐだだったのがトリノまでの大ちゃんだったのが、覚醒したのがこの年で。

Daisuke Takahashi - Skate Canada 2006 LP

そしてスケカナのオペラ座は、ジャンプがかなりはまらなかったにも関わらず、集中が途切れず、ジャンプ以外の部分で凄く魅せた試合でありました。
あれだけジャンプをミスっていながら、ステップで観客を惹きつけジャンプミスを忘れさせるような演技ができるようになったというのはさすが。
そして、感情表現が秀逸。何よりも終わったあと、肩をがっくり落とし茫然としている表情がまた、妙に色っぽいです。なんでしょうかね。
今年の四大陸の時も思ったけど。
ショートの時の、不安気な表情や、フリーの時の茫然とした顏とか、演技を見返すのは今でもツライ四大陸だけど、打ちひしがれた姿の大ちゃんに、いつもと違う色気を感じ、萌えた自分が腹立たしい・・・しかし、一方でののまめブログに当時来ていた人は、そんな惨状の大ちゃんをよそに「大ちゃんぷりけつ」と検索していた事実も凄いけど。
さすがのののまめも、あの惨状の時には、大ちゃんぷりけつとは頭にも浮かばなかったというのに、恐るべし高橋大輔ファンと思ったものである。
いつものごとく話はそれたけど、考えてみるとこのシーズンオペラ座はどの試合も何かしら見応えを感じたような気がする。
実は、けっこうびたんびたん転びまくっていた初戦のキャンベルカップとかも何度も見直したりもしていた。
確かこのキャンベルカップは熱があったかなんかで体調がすこぶる悪かった時じゃなかったっけ?
今見ても、オペラ座は大ちゃんのスケーティングスタイルにあってたんだろうなと思う。
今もまたオペラ座を滑ってみたいと言っているので。ただ振付はおいといてという但し書きがついてるところを見ると、ちょっと大ちゃん的にはしっくりきてないところもあったのかもしれないけど。
カメレンゴさんバージョンのオペラ座も見てみたいし、もちろんみやけんバージョンも、そしてウィルソンバージョンとかも見てみたいと思ってしまう。
この三人ならウィルソンかなぁ。

Daisuke Takahashi 2006 Campbell's Cup

そして、オペラ座で衝撃だったのはワールド。
何が衝撃って、素晴らしい演技もあるけど、演技が終わったあとの大ちゃん号泣と、モロゾフの異様なまでの密着が・・・・当時、いいのかこれをテレビで映してと思って見ていた記憶が・・・そして、このコーチやばいとも思った。
だってまだ当時はモロゾフが女ったらしって知らなかったし。本気で大ちゃんを心配した。当時そんなにファンってほどでもなかったのに。
なぜかそんな心配をした・・・・今もちょっと心配している( ̄oo ̄)

2007 World Daisuke Takahashi FS



思うのだけど、このワールドって大ちゃんが優勝だよなって思う。今見ても。
やっぱ白人様の競技だしと結果をみても、永遠に日本人は優勝させてもらえないよ、よほど棚ぼたがない限りとそんなことを思ってたなぁ。
あとGPファイナルでも。
ステファンと僅差で大ちゃんが負けた時とかもスケ連の政治力もあるのかもしれないけど、でも所詮フィギュアは白人様の競技だし、日本人は早々優勝させてもらえないとこの頃はよく大ちゃんを見ては思っていたものだけど、その壁を打ち破ったのはやっぱり大ちゃんだなと感じる。
大ちゃんしか持ちえない世界を作りあげて、追随を許さない存在になったのは本当に凄い。
こづやゆづが早々にGPシリーズで台のり出来たもの、大ちゃんが道を作ってくれたおかげもあると思うんだけど。
そうそうオペラ座で忘れちゃいけないのが、ユニバのオペラ座。
途中で、パンツのヒモがきれた・・・この書き方は変な想像をさせてしまうは・・・・どう書いたらいいのか・・・靴と衣装の裾を止めておくベルトが取れてしまって、演技を中断したやつです。
この時の最初のクワドの音はめは秀逸。一番ピタッときたんじゃないかなと思う。
途中中断したにも関わらず、音楽がはじまると同時にまた、オペラ座の世界へ観客を引き込む表現力が半端ではないなと。

Daisuke Takahashi 高橋大輔 2007 Winter Universiade Torino LP "Phantom of the Opera"

ユニバの再生回数が多いのも、やっぱり私と同じく、このオペラ座いいわーって思ってる人が多いんでしょうね。
ちなみに、ユニバのロクサーヌもよかったんだけど、見当たりません。残念です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. ありがとうございます!

先日の放送後なんだか不完全燃焼で、NHK杯のをみて落ち着いて寝たのですが。。。
ここまでオペラ座を堪能させてくださるとは!しかも解説つき。ありがとうございました。
いわれてみれば、落ちてる大ちゃんが、妙にそそられてきました。。。あの顔も大ちゃんの色気。。。大ちゃんは本当に奥が深いです。

2. 評価が低すぎる

伊藤みどりさんの例でも、日本人は氷上体操ニッポンのノリでジャンプで壁をぶち破るしかないという傾向があったと思うのですが、体格に関わらずジャンプだけにも頼らず、白人様の競技で力を認めさせたってものすごい歴史的偉業だと思うのですが、この点があまり評価されていないように思います。オペラ座の頃は、まわりは白人王子様系の選手たちばかりですよね。その中でも存在感を認めさせたってすごいですよ。小さくても長くなくても関係ないることを証明した選手でもありますねw
分厚い欧米の壁を本田が削り高橋がぶち破って、後続者が続いている。競技の特性上壁をぶち破るエネルギーがどれほどのものか分かってない人たちが簡単に世代交代とかさせようとするんですよ・・・。欧米の選手にアジア系選手は勝てない時代と、アジア系選手が台ノリ当たり前の時代は同列に語れないですよね。
だからこそ五輪のあの銅メダルは、真央ちゃんの銀メダルより価値がある・・・とこっそり思っています。(ジャンプで勝つしかなかった日本人の演技構成点が欧米の選手を抑えてトップだったのも歴史的快挙だと思うのですが。)

いい男の憂い顔や苦悩顔は色っぽいに決まっております!キスクラでは見たくないですけど。笑顔ももちろん好きです。でも、FSほんわかと聞いてほんのちょっぴり残念に思っていた自分がいたような・・・。SPで眉間にしわが見られるから満足です。

モロゾフは・・・小動物を愛でていると思えばおもしろいので、最後まで楽しませてほしいですw

3. 承認ありがとうございます

私もCS放送のオペラ座みました。
でもジャンプで転ぶシーンがあり、せっかく上手くいった試合も多かったのに。。。
Pちゃんまでなんですね。。。。
おっしゃるように、振付師三氏によるオペラ座、観たいで~す。ぜひとも。。。
こりゃ、大ちゃんに止めるの早過ぎコールしなくては。。。ですね。
でも、オペラ座のプロはとてもハード。いつみても見ごたえがあります。。。

4. 承認有難うございます

一度送信しましたが、失敗したようです。
もしまだアップされてなく、二重になったら失礼します。
今後とも宜しくお願いします~

5. 無題

思うに、オペラ座はシーズン通して、いろんな意味で見応えがあったなと今更思いました。
実はあまりオペラ座は好きではないと自分では思ってたんですけど、ここにきて大好物になっております。今更ですけど。

今年はいい意味でキスクラのモロゾフ劇場をたのしみたいです。ジャパンオープンくるでしょうか?おもしろキスクラ楽しみなのに
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR