大ちゃんネタが少ない今日この頃。無理やり書いてみました。

大ちゃん情報が少ない今日この頃。
もうロシアに旅立ったのでしょうかね。いい練習ができているといいですな。
ショートプログラムはフレンズの映像を延々繰り返し見ては、じわじわ涙しそうになったりとか、このあたりはきっともっと変えてくるかもとか、そしてお世辞にも良いとはいえなかったスピンをどう磨き上げてくるんだろうとか。
先シーズン後半はジャンプはボロボロだったけど、スピンは芸術品になってたので、あの域までまたスピンを磨きあげていただきたい。
特に好きだったのは、四大陸月光ストレートラインステップに入る前のスピン。
スピンでも物語を語れるまでになったかと。ワールドよりもあのちょっと退廃的でお耽美な雰囲気漂わせるスピンが大好きでありました。
音楽にもあってたし。
ブルースとかは、音楽にはめようと思うと早くスピンしちゃったら音楽と合わなかったと思うので、そのあたりはカメレンゴさんよりもモロゾフのほうが大ちゃんを長くみていただけに、スピン時の大ちゃんの音とりの癖っていうのを知っていての、あえての月光だったのかなと今も思います。
スピンは月光は本当によかった。
ソナチネもスピンを磨きあげれば音楽にあわせ早く回っても大ちゃん敵には気持ちよく音はめできるのではないかと思っているので、ぜひ月光の時のようなお耽美スピンに仕上げていただきたいものです。
ソナチネが濃密プロであるならば、まだ見ぬフリーのビートルズメドレーは大ちゃん曰く『ほんわか』プロということだけど、欠片動画だけではなぞですな。
ローリーがどんな振付をしたのかとても楽しみだけど。

今シーズンビートルズの音楽を使うのはわかっているところだと、大ちゃんにドーン・ブッシュにキーラ・コルピ、そしてEXではカロリーナ・コストナーのようです。他にもいるかもしれないけど名前の通ってる選手だけでも4人ですから多いでしょうね。
やっぱロシアでのオリンピックということで振付師やコーチなんかも提案したのかもしれないし。
共産主義の崩壊の一因にはビートルズの音楽もあったということで。ソビエト時代ビートルズの音楽が共産圏の若者たちの革命の音楽となっていたそうで、共産圏の国の人々にとってはとても意味のある音楽のようです。

BBS制作 
How The Beatles Rocked the Kremlin (1/5)
http://www.youtube.com/watch?v=nwvFMhVsh-8

ローリーもそれを知っての上での、あえてのビートルズだったのではと思うのと、はやり世界的にも有名なグループの上、ファンの年齢層も幅ひろく、現代音楽のスタンダードとも言える曲で、世界の歴史上でもターニングポイントとなった曲で滑ることになっているので、ちゃんが音楽と一体となって滑れば、観客も熱狂し応援してくれてれるに違いありません。きっとローリーはそんな事も考えてくれたのかもなんて思ったり。

それと反対に、このシーズンにこの曲を?と思ったのがジョニーだけど。
シンドラーのリストだそうですが、オリンピックシーズンにはどうかなと思う選曲。どうも美姫ちゃん同様ジョニーも政治的なことをスケートを通して表現したがっているようですが、どうもちょっと的が外れているような気がするのですが・・・。常々思うのだけど、ジョニーはちょっといつも的がはずしてるんですよね、選曲にしても振付にしても、なのでガガを滑っていてもおもしろプロになってしまうわけで。
ジョニーも天才スケーターの一人だとは思うんだけど、いろいろ雑念が多すぎたなと思います。正直なところジョニーは美姫ちゃんよりもソチは遠いような気が。というよりももう目指してないんじゃないかなと思うんだけど、ツイッターとかインスタとか見る限り、どうなんでしょうかね。
アメリカ男子も、若手がかなり力をつけてきているので、20代後半の選手が生半可な練習では厳しいと思うのですが。
プルシェンコや大ちゃん、そして多分ジュベールもだけどかなりストイックに練習を積んでいると思われます。

話を変えましてアメリカ男子ですが、大ちゃんと同じくビートルズメドレーを滑るのが、リチャード・ドーンブッシュ。
動画があがっていたのではっつけてみました。
失敗してるけど、ひょっとしたらクワドはフリーに3回いれてくる予定なのでしょうか?
4T、4S後半にも4Sのような。
最初の4Sはバンクしちゃったような感じだし、後半も跳びに行ったけど失敗したような。
彼ぐらいの位置にいる若手は、名をあげるためにもやはりこのシーズンは守りにはいらず、挑戦するプロを選んで正解ではないかなと
実はアーロンよりも、ブッシュのほうが私は先に頭角をあらわすんじゃないかと思ってたんですけどね。
けれど、彼はアメリカ男子を引っ張ってく選手になると思います。
雰囲気のあるスケートしてるし、今はまだクワドのほうに気がいっちゃってるようで、細部までは神経は行き届いてはいないけど、変な癖もないしクワドが決まってくれば、ワールドでも台のりは近い将来するんじゃないかと思います。

Richard Dornbush "Beatles Medley" Glacier Falls Summer Classic 2013
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. こんばんは

ビートルズ、ロシアにとってそんな意味深い音楽だったんですね。ローリーは大ちゃんの滑りになにかを託したいのかもしれませんが、大ちゃんはどんな風に演じるんでしょう~楽しみです~
ソナチネの完成形もビートルズも早くみたいんですけど、ずっと先にとっておきたい気もしてます。

アスリートが政治的なメッセージを発するのは、私も違和感があります。 安藤さん…なんか色々言ってるみたいですけど、競技に純粋に取り組む姿を見せるだけで、充分多くの人に伝わるものがあるのにと思います。

2. だいちゃんのスピン

だいちゃんのスピン大好きです。
特にレイバックに萌え~です。
(フレンズはちとかめさんでしたが)
以前はスピン必要か?(特に男子)って思って
いたんですが今は大事なエレメンツだなって
思います。綺麗なスピンはプログラムを
引き締めてくれますよね。
ランビさんやジェイソン君のスピンは
芸術ですよね(^-^)/

アメリカの選手ですが、私はアボット選手の
世界観に惹かれます。
前述のジェイソン君にも注目しています。
柔軟性が素晴らしいですよね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR