2005年スケアメ大ちゃん。そしてディック爺を思う

今日はシーフードシチューを作りました。
まだまだ暑いんですけどね、若干朝夕の風が秋の風だし。
少し前はそうめんとか、冷奴とかそんなのばかり食べたかったのに。あっという間に嗜好は変わるものです。

そうそう、大ちゃんの刻み生姜。あれは本当にこの夏重宝いたしまして、今や欠かせないものとなり、10日ペースくらいで作り置きしています。
料理したくないとか思うときは、そのままごはんにのっけて。
冷奴にも、そうめんにも、ずぼらには本当にいいレシピを教えていただきました。
あとは、刻みしょうがに酢と醤油を砂糖を増量いたしまして、鶏肉を煮たりとか。
つい最近だと、オリーブオイルに刻みしょうがとニンニクを少々いれまして、かつをのたたきを食べました。うっまーです。
何でも使える万能調味料と化している大ちゃんの刻みしょうが。
いっそ「大ちゃんの刻み生姜」という商品名で、商品化したらどうかと思うくらいです。
世界の山ちゃんという手羽先やがあるくらいですから、「世界の大ちゃん刻み生姜」でも売れるかもしれません。

ところでいつものとおり、突然話は変わりますが、現在、ノブナリとかあっこちゃんとか、まっちー達がアルメニアのリンクで練習中とのことですが、大ちゃんは今頃何をしていらっしゃるのか。
モロゾフチームに今月は合流らしいですけど、アルメニアの合宿には参加していないということは、オリンピック時にもモロゾフチームと一緒に練習するのかもしれないですね。そっちのほうがいいかも。日本人同士でもメダル争うをしそうな勢いのある今シーズンですから。
へたに日本人同士固まって練習をしたり、なれない場所で合宿するよりも、慣れた環境なれたスタッフに囲まれてのほうが集中できるんじゃないでしょうかね。どうなんでしょうか。

今日は久々、2005年SAでラフマニを滑る大ちゃんの動画を見ておりました。

2005 Skate America Daisuke TAKAHASHI FS

19歳の大ちゃんですが、やっぱりスケーティングがきれいですね。あとボディラインも
解説でもディック爺もレイバックのラインの美しさを語っていますが、絵になるんですよねいちいち。
このラフマニの好きなところは、やはりステップですが、ストレートラインのステップに入った一発目、ティンパニーの音とともに着氷するところとか、頭ぐりんぐりん廻しているところとか、バタフライがまた華やかで観客も大興奮だけど、ついでにスタッフらしき人も大興奮してるけど。
良くこれだけ音と一体になってステップ踏めてるなと思います。
思えば私多分このスケアメのラフマニで、大ちゃんのスケートに興味を持ち始めたような覚えがあります。それ以前も知っていたとは思うけど、本田さん田村さんが頑張ってたし、大ちゃんその頃やさぐれてて見た目もヤンキーくさくなっていたので、せっかく端正な顏をしてるのにもったいないと思ってたものです。王子様の衣装にヤンキー面はあいませんから。
このラフマニ、スピンは超頑張れと今見ても思うくらいですが、プログラムをとおしてやっぱり流れが途切れずに一つの作品として完成しているのは、凄い才能だなと思います。バッククロスも美しいし。
このラフマニのあと、2010年ワールドのフリーも久々見てたんだけど、更に繊細に演じながら滑れるようになっていて、成長ぶりが本当にすばらしく、今も尚成長しつづけている姿と、そして今シーズンのプロをもしディック爺が見たらどういう感想を言うかなと気になります。
ディック爺どうされているでしょうか。ディック爺大ちゃんお気に入りでしたからね。解説が聞きたいです。
ディック爺の解説が聞きたいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. おはようございます。

奇遇ですねー。うちも昨日はシチューを作りましたよ。
少しずつ季節が変わってきてますね。
朝晩は過ごしやすくなりました。

スケアメのラフマニノフ。
こちらも奇遇です。ここ2.3日時間ができれば観てました。
スケカナのチャイコンと共に。
といっても、大輔ファンならこんな偶然は偶然のうちに入りませんわね。
そして、そこからスケアメのヒップホップとロミジュリ。世界選手権の月光のループを繰り返しておりました。
で、昨日はファイナルのオペラ座を観て涙しながら眠りについた。
んー、リピの旅はそんなにしてるつもりもないですが、書いてみると結構してるもんですね。家族に、また観てる。と呆れられわけです。
私も2005年くらいから大輔さんのスケートに興味を持ちはじめたかも。
好きになったのはもっと後ですが、やはりヤンキーくさいのとチャラついたしゃべりに違和感を持ってました。
スケートはいいのにな~、なんじゃこの子は。っ思っていたのは覚えてます。
でも、ロン毛は好きです 笑

スケーティングにため息が出ますね。
バッククロスの美しいことといったら。
と、思っていたらまた観たくなってきました。
ディック爺のグッドライ~ン聞いてきます。

2. 無題

こんにちは。
ディック爺さん、どうしているでしょうか?あのころから爺さんですから。キャロルコーチよりも年上??もう相当な年齢になられたかしら?私も聞いてみたいです!
誰だったか、トリノ五輪の時の海外解説者がこの選手を覚えておいてください。必ず次の五輪でメダル候補になる?(言葉通りではないけれど)とか言っていた方がいた記憶がうっすらとあります。
昔の映像を見ると、演技もそうですが、インタブも、全て素晴らしい成長を遂げているので見ていて幸せな気持ちになります。いつでもどんな時でも常に内省してさらに上を目指す気持ちがベテランになった今でも、飽きさせず、さらに感動を呼ぶことができるのでしょうか?稀有なスケーターだと思います!(真面目にコメントしましたが、ボディラインの成長もすばらしい!!^^)

3. 過去の大ちゃんを知るにつけ、より大ちゃんファンになる

過去の大ちゃん映像みているとね、本当にインタビューとかも成長したなって。カミカミは治ってないけど。今と言ってることはさほど変わってはいないんだけど、言葉に重みがでてきましたよね。
しかし、思うに大ちゃんファンになると過去の大ちゃんも知るわけじゃないですか、大ちゃんからしたら過去は見ないでーって思うかもしれないけど、あの過去を知るから逆にもっと好きになるというか。
スケーターだけの成長だけでなく、人としての成長も見れるので、それも劇的に。そして、かつ笑え。いろんな意味で稀有のスケーターですよね。

昨日シチューを作りましたが、今日は残りを食べようと思っていますが、外はまた夏日です。
そうめん食べたいです。
そして午後からはまた刻み生姜を刻みまくります。

4. もーめんとが気になる

2005年スケアメ時はまだふぉーりんらぶしていなかったのですね。いつか”ふぉーりんらぶ・もーめんと”記事も読みたいです。

このあいだ長野五輪前の本田さん動画を見たのですが、16歳の本田さんのしゃべりが今と変わらないことにたまげました。浅田高橋のふたりの天然ほわほわさ加減は、年齢によるものだけではなかった・・・。でも、飾ったりかっこつけることを知らない無防備な姿をさらしていたからこそ、二人の成長大河ドラマはますます感慨深いです。

5. 2005年あたりは

2005年あたりくらいはダンスのほうが好きだったかな。男子はやってれば見る程度で。ただ大ちゃんは着にはしてたと思うんですよ。ジュニアの時も記憶にはあるし。
シニアにあがってからは、見た目とちがってエレガントな滑りをしているのでギャップを凄く感じてたと思います。しゃべるとふにゃふにゃ語だったし。
主語ないし。おもしろキャラと思って見てたと思います。おちたのは、怪我あけですね。それは覚えてます。その前は自分の人生で最大のピンチだったので大ちゃんどころではなかったんですよね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR