Let It Be なんとかなるさ 何とかなってるわが身を思う

はやりNHK杯当日券もつながりもせず5分で完売。
もういいの、どうせ見に行っても緊張のあまりゲロ吐くか、おなか壊すかにちがいないから。
けれど、まだまだチケット取れてない人チャンスがあります。
それは

9月2日(月)午前10:00販売開始!!!全競技観戦満足パック!!
2013NHK杯国際フィギュアスケート競技大会観戦ホテルパッケージ
http://sports.jtb.co.jp/triwwwp/tours/view/359/bwt2013-nhkhai

なるものがJTBより発売されます。
特に地方から見に行きたいという人にはおいしいプランかもしれません。頑張ってゲットしてください。

それと9月末にはイタリア・ベローナでオペラ・オン・アイスがまたおこなわれるということで、荒川さん出演です。
大ちゃんがこの舞台にたつことがあれば、絶対行ってみたいショーであります。旅費は22万くらい。
以前に2011年のバックステージ動画をはっつけたことがありましたが、2012年オペラ・オン・アイスのバックステージ動画があったので再びはっつけてみます。

opera on ice 2012 backstage

ぜひこんな場所で大ちゃんに滑っていただきたい。
大ちゃんでオペラといえば道化師だけど、できればもっと華麗なプログラムで滑っていただきたいわ。
トスカの「歌に生き恋に生き」とかパトリックが滑ったけど、ラ・ボエームもいいし、荒川さんのプロだけど、トゥーランドット「誰も寝てはならぬ」とか、大ちゃんだったらどう滑るのかなとか妄想したこともある。
来年は大ちゃんINあるか・・・あったら行くわよののまめ。
大ちゃんが出るのなら、だって大ちゃんが出なくてもいつかは見に行ってみたいと前々から思っていたショーなのである。
そこに大ちゃんが出演となったら行くでしょうやっぱ。
ののまめ実は結構ひとりで海外旅行もできるタイプ。以前ヨーロッパのほうに少し住んでた経験があるからであります。
なので、一人旅行はヨーロッパの治安のいいところに限りますが・・・それにしても数年前までは海外旅行どころか国内旅行も一生いけないかもしれないと思うほどの貧乏だったのですが、なんとかなるものです。

なんとかなるだけど、ワールドフィギュアスケートNO.60 で、大ちゃんも今シーズン焦らず「なんとかなる」というくらいの気持ちで過ごすとか。
実はこの「なんとかなる」はののまめの祖母の口癖でありました。正確には「なんとかなるさ」だけど。
人生で一番しんどかった2007・8年あたり。この言葉を何度口にしたことか。
頑張ろうとも道が全くみえず、多分ここに書いたとしても作り話に違いないと言われるくらいいろいろありました。
現在日本人の平均寿命はだいたい85歳くらいじゃないですか。
人生85年もあれば、いろんな出来事もいろんな年代にわけて起こると思うのですが、人生で分散されるだろう驚愕な出来事が一年に集約したという感じです。いえ、人様が一生経験しないような出来事もありましたが・・・あまりにも短期間に次々問題が起こりすぎ、茫然としたというか、神様はもう私に死ねって言ってるのかなぁと思うくらいだったけど、逆にそこまで行くと現実味が無くなってしまうというか、今思い返せば一気に問題がきたのはよかったかもしれません。小出しにきた方が衝撃が大きかったかもしれないし。
想像もつかないことが起こると茫然となって、ある意味深く考えなくなるようです。
そんなわけで当時よく
「なんとかなるさ」
と口にしていました。
字面にするといいかげんぽいけど、でもよくよく考えてみると前向きですよね。
無意識に、まあなんとかなるだろうって思ってたところがあったっていうのは、今思えばよかったんだと思います。下を向いたり後ろを向いたりしてなかったってことなので。
大ちゃんも先シーズン歌子先生が凄まじいくらいの練習をしていたというくらいだったのに、焦る気持ちから調子を崩してしまったという経験があるので。
今年は何があっても、なんとかなるという前向き思考で行くことに決めたのだと思います。
そんな時にビートルズメドレー、その中にLet it be~なんとかなるさとあるわけですから、大ちゃんに降りてきたんでしょうね。
言霊ってやっぱりあると思うな。
ワールドフィギュアを大ちゃんのインタビューを読んでて、文字から落ち着きと、穏やかでやさしい雰囲気が漂ってくるので。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. なんとかなる

私もN杯ダメでした~


…とか落胆していましたが

ののまめさんの辛かったであろう時期を想像すると何だか小さいことに思え、お恥ずかしい限りです。

(「赤の他人にあれこれ勝手に想像されたくない、不愉快」

と思われた場合は、どうぞお許しくださいませ)


確かに、私も言霊って絶対あると思います。

その昔は「言忌み」という、不吉なことを言わないようにする習慣もありましたものね。


「なんとかなるさ」
は、すごくニュートラルな感じ。
後ろ向きでもなく、かといってあまり頑張りすぎず…人生におけるおまじないのような言葉だと思います。

素敵なおばあさまですね。

2. 言霊だいじ

不愉快などと言うことはないですよ、全然。今はいろいろあったなという思いでがあるだけで、いざ一個一個思い出そうとすると記憶をたどらなくちゃならないくらいだし。記憶が一部ふっとんでるっていうのもあるかもしれないけど。
人生で一番しんどい時期に、なんとかなるさと無意識にでも言っていたのは自己暗示もあったかもと思います。祖母が言っていたなんとかなるさは、戦争時代をくぐりぬけてきた人がたどりついた言葉だしやっぱりね。本当に視点的にはニュートラルな場所にたって言っている言葉だけど、視線の向いている方向は上かまっすぐ前なんですよね。なんだかんだいいつつ大ちゃんはいつも道を間違えてるんじゃないの?と思っても、結局は自分でその間違いを見つけだし、次の道を探し出しているので偉い人だと思います。

3. 『Opera On Ice』とか・・・

マリア・カラスが歌手として飛翔するキッカケとなったこのヴェローナの野外劇場に大ちゃんが出演するとしたら・・・ののまめさんと同じく私も“即チケ取り”参戦してイタリアに行ってきますよー♪^^
どんな役も演じ熟すオペラ歌手のカラスとスケーターの大ちゃん・・・ココはまず『道化師』の“完成版”をあの広い野外劇場で披露していただければ、フィギュアにあまり関心のない一般観客でも心を鷲掴みにされ、全幕観終わったと錯覚する程の充足感が感じられると思いますし、そこには間違いなく万雷の拍手&スタオベも!(シェーリーンさんの曲編集もドンピシャ!!!(ストーリーガ上手ク集約サレテマスネ!)
大ちゃんはどう思われているか分かりませんが、スケーターとしてこんな特出した才能をお与えになった神さま(?)が、現役引退後、このまま国内に埋もれさせておしまいになるとはどうしても思えない!・・・そんな気がしてならないのです。(コンナニ嵌ッタノハカラス以来デス)
で、好きなオペラの中で1・2を争う『ラ・ボエーム』も大ちゃんが滑ったらなぁなんてPチャンと重ねて妄想してましたー!^^;(ホンマニ妄想人ハ安クツク!)
しーちゃんの『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ!」はテノールのアリアで大ちゃんが滑ったらどうなるのかなー・・・とか『トスカ』のソプラノのアリア「歌に生き恋に生き」も“オトメン”大ちゃんだから嵌りプロになるかも・・・とか、もう観たいプロばっかり!!!
『Opera On Ice』の関係者さまにののまめさんのブログを見ていただいて、ソチOP後には是非契約して欲しいわー!笑

昨日、私としては初めての関西圏外の試合観戦である“N杯チケ取り”を新幹線車中から試みて、敢え無く撃沈!!!
明日、ののまめさん情報のJTBチケが取れたら・・・今回は優先して観戦しマスヨ♪笑

4. チケ取りがんばって

guppieさん、JTB頑張ってください。とれるといいね。
ヴェローナの野外劇帳は本当に雰囲気あるし、はっつけた動画を見てもおわかりのように、衣装もね。やっぱオペラの本場は違うので、大ちゃんはどんな衣装着せていただけるのかなとか。
ただリンクが狭いので、道化師の爆走コレオがどうなるかなとか勝手に心配してるんだけど。多分声はかかるんじゃないかな。それと、大ちゃんはプロスケーターでなくコーチの道にと思ってるようだけど、多分まわりがほおっておかないと思うのと、現在日本のフィギュアの中でも美姫ちゃん騒動を見ていて思うけど、業界にコネのある人はいても、一般的な企業人としての常識であったり、マネージメントができる人がいないんだなと言うことがわかり、できれば大ちゃんは一度違う世界もちょっと垣間見てフィギュア以外の経験も積んだ上で、フィギュアの世界にもどっていただきたいなと思ってるんだけど。
でも間違いなく、日本のみならず海外にもよばれると思うな。荒川さんと同じ事務所だし、オペラオンアイスはあるとふんでるんですけどね。大ちゃん目当てだけでなく、オペラやクラッシック好きならヴェローナの野外劇場って一度は行ってみたいところだし、そこに大ちゃんがいるとなったら行かざる負えないですからね。頑張って貯金します

5. またもや・・・

JTBチケ早々撃沈しました。^^;
申込みでコチラ希望・情報を全て入力し、同意事項等読んで“購入する”をクリック!すると・・・“sold out!!!”にガッカリ!&笑ってしまったー!
テクニックとして注意事項読み飛ばせばget出来たカモ・・・なんてまたひとつ得るものもあったことだし・・・。笑

で、“なんとかなる!”は確かに前向きな“究極の生き方”ですよネ。(ヨガ・ユダヤ思想ニモ共通ノトコロガ・・)
我が身を振り返ってみても、神経質にクヨクヨ思い悩んでいるより開き直って“なんとかなる”の自然体で物事を進めた方が上手くいったように思います。知人は私の人生を波乱万丈だと言いますが、若い頃シンドイ思いをした分現在は幸せだと思っていますヨ。縦の時間軸でいうとプラマエゼロですか・・・美輪明広氏の「正負の法則」にも共鳴しますネ。
塩沼阿闍梨氏の「人生生涯小僧のこころ」読んでみますネ。
いつも取り留めのない駄文でm(_ _)m

6. JTB,も撃沈ですか

JTBも速攻で売り切れとは、店頭に行った方がよかったのかも。

ヤフオクにはくさるほどチケット出てるけど、腹立つ金額なのでいかってますよ。
どうなってんのって。どう見てもダフ屋だもん。
しかしダフ屋もどやってチケットとってるものか、知りたいところであります。

塩沼阿闍梨さんの本は本当におすすめ、大ちゃんを思いつつ読むと更に。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR