壮大な音楽は実は演技を助けないという事実

久々にジャパンオープンのPagliaccを見直した。そしてその後中国杯、NHK杯、ファイナル、全日本と続けて、更に他の選手が滑っている動画もつづけた見た
何人もこの音楽を使っているだけに、フィギュアにはあっている音楽なんだろうけれど、正直大ちゃんの演技を見るにつけ、実はめちゃくちゃ滑るには難しい曲なのではと感じた。
本来ならば盛り上がるオペラのアリアであれば、選手の演技を助けるタイプの音楽になるとは思うのだけど、過去滑った選手の映像を見ていると、どうも音楽には助けられているとは言えず音楽に負けている感がある。はまっているのはクーリックさんくらいか。衣装はなんだけど。。。

ジャパンオープンを初めて見たとき、なんか大ちゃんするするーっと凄い演技したなという感じで、正直きれいプロすぎて心に引っ掛かるものがあまりなかったのである。
ただ、みなさんご存じのとおり、ジャパンオープンは新シーズンの新プロお披露目の競技会なので毎年新プロのデティールがわかり、最初から完成度の高いものは見ることはできないだろうと、ちょっとお祭り気分で観客としては見ていたものだから、思いのほかの神演技でびっくりし、感動しちゃったというのもあるとも思う。
今再び見直したら、美しい滑りがある意味音楽に合ってないように見えました。
全日本の、ほとばしる感情のぶつける演技ができる大ちゃんを知ってしまったので、しかたがないのですが。
ジャパンオープンを現地で見た腐れの御姉様の感想だと、大ちゃんから発するエネルギーが会場を包んみ、その驚きに大ちゃんが滑り終わった瞬間、一瞬みんな拍手をするのを忘れてその後一気に拍手と歓声が上がったと感じたらしいです。
テレビで見ていると終わった瞬間完成と拍手が一斉に上がったようには見えるけれど、現地ではそんな風に感じたらしい。
大ちゃん何すべったんだ?っていう目の前で起こったできごとの確認作業に、たぶんコンマ何秒腐れのおねえさまの脳裡によぎった為に、一瞬歓声も拍手も止まったように聞こえたのかもしれないと思うけど、でもジャパンオープンは衝撃だったのにはちがいない。
そんな神演技の芽吹きを見たのち、中国杯を見てのショックたるや。
たぶん中国杯を見て、みなさん少なからずショックを受けたかとは思う。
ひとつはプログラムの構成の変更と、大ちゃんのスケートが滑っていない事。
更には、あきらかに大ちゃんの気持ちが付いて行っていないのが見えてしまったこと。
正直私はこの中で何がショックだったかと言うと、大ちゃんの気持ち乗っていない事がありありと見えてしまったことだった。
過去そういうことってなかったように思う。いくら体調がいまいちであろうと、そんな風に見えることはなかったからだ。
理由はグラジオラスの轍を見て、なるほどねと思ったけれど。
それでも、こう続けて今シーズンの滑りを見ていると、この道化師という音楽は、クワドを飛ぶとか、難しいステップを踏むとかそっちよりも、どうも音楽の重厚さに気持ちを乗せることのほうが難しいのではないかなと思った。
過去いろんなプログラムを見ていて、その時々でプログラムの表情はかわるんだけど、この道化師という音楽ほどプログラムの見え方が都度違うプロっていうのは、初めてではないかなと思う。
他の選手が音楽に助けられてないと感じるのも、結局のところ音楽に気持ちをのせることができてなくて、単なるBGMになってしまっているせいだし。
もちろん音楽によっては、選手の滑りを助ける音楽っていうのはたくさんあるし、むしろ過去多くの選手が自分の滑りを助けてくれる音楽を選択してきている。
実際、大ちゃんのジャパンオープンの演技を見て、オリンピックシーズンはみんな壮大で盛り上がりのある音楽を選んでくるだろうなと思ったものだけど、ファイナルの大ちゃんの演技を見てから、逆に音楽に助けられるプロっていうのは、過去の手法になってきているのでは?と感じるようになってしまった。
大ちゃんが音楽と一体になって体から音楽を奏でるがことくに演技をするという次元に入ってしまっているので、今まで有効だった音楽に助けてくれるプロを滑っている選手を見ると、音楽に負けてしまっていることが大ちゃん比で見えてしまうので、見劣りしてしまうか可能性が高くなるからである。ただ、そこを補う手段は、今の時点だとやはりクワドの出来だと思うけど。
でも、大ちゃんもクワド決めてほしいわ。
加点のつく美しいクワドを決め、音楽と一体になったプログラムの完成を。
気持ちが音楽に乗り移った神演技を。そんな演技がまた見たい。

お兄ちゃん世代の悩みって思うに、クワド完成度もあるかもしれないけれど、気持ちをどう盛り上げてくかっていうところにあるのではないかなと思う。
今シーズンのお兄ちゃん世代を見ていると、気持ちひとつで出来不出来が若い頃よりも如実にあらわれているというか。
若い子たちは怖いものしらずでどんどん進んでいっちゃうけれど、お兄ちゃんたちは怖いのを知っているからこそ、モチベーションを維持することの難しさもわかってて。
あのプルシェンコだってそうだなと感じることもあったし。
それは、ちょっとまえに発売された大ちゃんカバーボーイのInternational Figure Skating のファイナル後のインタビューで、ダークホースはプルシェンコと答えているのだけど、この記事と同じような内容の記事が昨年すでにネットには流れていて、大輔がそんなことゆってる記事があるとツイートしていた人に、プルたんがRTをしていたのを見て、プルシェンコであっても、大ちゃんのその一言がすごくうれしかったのかなと思ったのと、そういう言葉に反応するあたり、以前のプルシェンコであったらしなかったかもと。
彼自身もやはり何か若いときとは違うモチベーションのよりどころっていうのを必要としてるんだなと、ふとその出来事を見て感じたりもしてたんだけど。
そういう意味では、大ちゃんの場合ゆづが身近にいることは、モチベーションにはいい影響があるのではないかなと思うのと、反面体が付いて行かないときは、中国杯の時のような心持になる可能性もある劇薬のような存在でもあると思う。
いい方に働けばいいけれど。
モチベーションといえば、今シーズンもうジョニーは出ない感じだけど、ジョニーも結局のところ体うんぬんよりも、モチベーションの問題のほうが大きいような気がする。
なんかやっぱり顏がやさしすぎるんだなぁ。2009年のグランプリシリーズとか見ていると顏が勝負師の顏してるから。
お兄ちゃん世代は大変だけど、弟世代にはない魅せる演技ができる人ばかりなので、あきらめずに続けて欲しい。
そしてみんなオリンピックでやりきって、心からの笑顔で終わってくれたらファンとしてはそんなうれしいことはないと思う。
がんばって、お兄ちゃん世代選手。

関係ないけど、今日保存食用のmeijiの板チョコを食べたのですが、これを見て、大ちゃんの腹筋を想像しました。腹筋くらい見せてくれたっていいのに~イケズ。
トレーニング映像でもむりやりTシャツパンツにつっこんで逆立ちしてるのあったし。
でも、おなか見えてるトレーニング映像はレアだと思いしっかり保存しましたが。
ただ逆立ちゆえ、腹筋まはよく見えてないイケズな映像だったけど。。。おのこなのだからそれほど肌の露出に敏感にならずとも、外人選手みたく大盤振る舞いはしなくていいけど、チラリズムくらい・・・でも、それが大ちゃんクオリィテイ。
しかたないわ、板チョコかじりながら腹筋を妄想します。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 細い腰だったねえ

私もチョコ食べながら妄想した。衣装さんは、大ちゃんの胸筋や腹筋見れていいなあ(≧∇≦)とか、サッカーみたいには見せなくてもいいけど、そこまでガードせんでも!とか、将来あの腹筋を見れるのはSさんかMさんかAさんか誰なの~!とか。お馬鹿でごめんね。ちなみに私は、来季ボレロ希望です。

2. ボレロ妄想

私も脳内ではすでに大ちゃんにボレロを滑っていただいているのですが、脳内でありながら、フィギュアでボレロは難し曲だなと思い、なかなか脳内大ちゃんに最後まで滑りきっていただけない曲であります。ただフィギュアではちょくちょく使われているので、音の編曲次第だろうけど。腹筋はみせてくれてもいいのにーって本当に思うんだけど。なんておとめんなんでしょう。男なら腹筋みせろいっ。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR