フレンズオンアイス2013 楽 大ちゃんのSP

楽見てまいりました。
一言。今日の大ちゃんは凄かった。

皆様多分一番気になっているのはやっぱりSPですよね。
まずテクニカルの部分でいえば、4TたぶんUR両足着氷だけど、あとは大丈夫。まだ美しいといいきれるほどの3Aではないけど、大ちゃんの3A比でいうとというレベルなので、他の選手比レベルなら上出来な3A。
3Lzはののまめの席から見ると、かなり軸に傾きがあるにも関わらず美しくおりてしまっていた。あれでおりれるんだと思った。
スピンは手堅く回ってました。初日は軸もあやうかったしカメスピンだったけど、今日はだいぶまわってました。でもまだまだ。月光でみせた芸術的なスピンから比べるとものたりない。
結構辛口で書いてるけど、全体を通してみると今日は否応なしのスタンディングオベーション。
初日はまだ世界観というのがぼやけている感じだったけど、今日は凄かった。
大ちゃんの世界に否応なく引きずり込まれるような、イメージとしたらロクサーヌで感じた会場の空気までも大ちゃんに吸い込まれるような圧倒的な存在感というか。もちろん質は違うんだけど。
まだ今日はそこまではいってないけど、きっとそうなる。断言できちゃうかもくらいの演技だった。
今日の出来のレベルですらその雰囲気ぷんぷんなのだ。
多分もっと滑り込んだら、競技プロだと思えないくらいの心臓をわしづかみされるような凄いプロに仕上がるような気がする。
大ちゃんの演技後、そして大ちゃんの次に荒川さんが滑りだしても胸のあたりに熱くて重さを感じる何かが留まっていた。
近くの席の人は泣いていた。
ジャンプもスピンも正直まだまだという感じなのだ。なのに胸のあたりの熱が冷めない。
滑ったあと大ちゃんは首をちょっと傾げていたので満足の行く滑りではなかったとは思うけれど、世界観がはっきり見えてきたのが今日の演技だった。
多分プログラムの完成度からいえば、今の時点では大ちゃんよりもこづのほうが完成度は高いような気がする。
でも完成度うんぬんでなく、演技の圧倒的な存在感と大ちゃんが見せる世界観の深みは、誰もまだ踏み込んだことのない世界に到達して、その先の道を今作り始めていると思った。
大ちゃんがフィギュアスケートの世界の枠をとびこえ、まだ見たことのない世界に足を突っ込み始めたと感じたのは、ブルースとgarden of soul.。
先シーズンはちょっとその位置から先には進むことはできていなかったと思う。そんなふうに思ってたことをすっかり忘れてたくらいなので。
けれど、久々思い出した。
大ちゃんが新しい世界に足を踏み込みだしたなと思った時のことを。
多分今シーズンはフィギュアの世界で見たことのない世界を見せてくれるような気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. こんばんは。

レポを読ませていただいただけで胸がドクドクしています。
圧倒的な存在感。この言葉だけで胸が高鳴ります。
どうしよう。まだ見てもないのに興奮しちゃってる^_^;

2. こんばんは!

初めてお邪魔致します。ぺこり
今まで密かに楽しませて頂いておりました。
楽しく興味深い文章をいつもありがとうございます!

フレンズは土日で4つ参加して参りました。
ののまめ様にホント同感でございます~~。
大ちゃんのSP。ゾクっとしました。(期待膨らむ初見のときは、・・・抑揚なくね?大ちゃんはいちいち綺麗なんだけど見せ場はどこじゃ?とアタマにいっぱいハテナマークが浮かんだのですが爆)
OPでしかスケートなぞ見ない人もいるわけですから、分かりやすい感動をさせてくれるプログラムの方が安心なのかもしれない。でもむしろそういう人達も含めて、大ちゃんの演技を見た時に「これがフィギュア!?」と驚愕してしまうような作品になるのではないかなあと、思ったのです。
心打たれるのとも少し違って、深い部分をぎゅっと掴み取られるような。。。
むむー。うまいこと言えないのですが~~(;^ω^)

私もかねてより、大ちゃんはまだ誰も見たことのない約束の地にたどり着けるお方だと思っておりました。きっとそこへ繋がる道となる作品。
私もそんな気が致しました。
長々と申し訳ありません~~m(_ _)m
ののまめ様の感覚と表現に感謝を込めてコメントさせて頂きました。

追伸  あのう~~。。。前記事にも大変興味津々!!ですww
アメンバー申請させて頂いてよいでしょうか?
ヨロシクお願い致します(^人^)



3. ありがとうございます

ののまめさん、レポほんとにありがとうございます。嬉しいです。私はにわかファンなので大ちゃんの動画を見るだけでもたのしくてたまらなかったのですが レポ読んでいるとさらに大ちゃん素敵と思っちゃいます。
 そして ナマ大ちゃんを遠くからでも見てみたい気持ちがムクムクと湧き上がり、昨日、勇気を出してNHK杯のチケット予約申し込みしてみました。もしも当たったら 行きます。九州から。

4. 良かった…(TT)!

ののまめさん、早速の、しかも見ていない此方まで見える様なレポをを、本当にありがとうございます。おかげさまでとても嬉しいです。やはり初日の出来のままではないだろうな、と思っていましたが、未知の領域を垣間見せてくれたとは…。なんか、やたらと感動しています。しみじみと良かったとホッとするやら何やらで、その場に居合わせた人達の幸せはどんだけだったのかしら?と、色々想像してしまいました。
私もNHK杯のgarden of the soul の時と国別のブルース~で身震いするほど驚嘆した一人です。大ちゃんと言えなくなる瞬間でもありました。多分また踏み込むんでしょうね…。その時を一度でもいいから生で観てみたいな。
ははっ、トイレの件、無事にやり過ごせて良かったですね!思わず笑ってしまいました!和みますわ~。
そうか、テクニックは未だ未だかぁ。でも、初日のスピンも他のテクニックが一流だから余計目立ったという話もあるかも(いや、甘やかしだな)。しかし、世界観が見えたのはすごい!いいぞ~、どんどん突き進めー!

5. 抜け殻状態のののまめです

今朝はわりと早く起きたんですけど、抜け殻できがついたらお昼まわってました。
ののまめの最後の夏休みい一日が抜け殻でおわってしまいます。
フレンズでの大ちゃんの演技はまだ試合レベルまで磨かれてはいないけれど、すでに凄みを感じる雰囲気ぷんぷんなのがシーズンに向って期待をしてしまいます。本当に競技用リンクで思いっきりのびのび滑っている姿を早くみたいものです。あれはやっぱり大きなリンクでないともったいないですね。
ただスケアメはリンク狭いとか、うまく調整できればいいなと思ってます。でも本番はソチですからね。あのきれいなリンクには映えるプロだと思います。

6. やはり・・・

ののまめさんの記事には全くもって同意で、私も'11-'12シーズンのNHK杯『VAS』、SOI『ロクサーヌ』、国別『ブルース』を観て、大ちゃんはもう異次元の世界へ足を踏み入れたように感じました。私のブログ(記事ハ書イテマセンガ)のプロフィール欄にも“特に抜釘術後にワンランク上のステージに・・・”と、ののまめさんと同様のコメをしていましたのでこの記事を拝読しながら嬉しくなってしまいました。
大ちゃん、どこまで未知の世界へ行ってしまうのでしょうネ~!(嬉!)
若い頃オペラのマリア・カラスファンで、最後の世界演奏旅行での福岡公演を間近で観ました。
鮮やかなターコイズブルーの衣装を身に纏ったカラスから放たれるオーラ、それと同じ感覚を抜釘術後の大ちゃんの演技に感じたのですよネ~。
“自信”と“プライド”がそうさせるのでしょうか。
現フィギュア界でトプクラスの大ちゃんとPチャンのスケーティング・・・あの当時のオペラ界でソプラノの双璧と謳われたカラスとテバルディ、偶然なのか何か相似性があるような気がしてなりません。(ラッキーナコトニ二人トモ生デ観マシタ)
“伝統的な美しい歌声”のテバルディと“伝統と対立した声”のカラス。巷間シャンパンとコーラに例えられた二人。大ちゃんとPチャンを見ていると“歴史は繰り返すのか!?”とある意味感慨深い想いがしてきます。
長々書き連ねましたが、大ちゃんがどこまで高みに上り詰めるのか、ファンとして嬉しくなって書いてしまいました。

7. マリア・カラスと大ちゃん

マリア・カラスと大ちゃん。私もそれを感じたことあります。
オペラ界の女優。そしてフィギュア界の女優。。。ちがった俳優。大ちゃんはダンサーと言われているけれど、俳優の資質も十分ですよね。
俳優でありダンサーでもあるスケーターって、誰もいないと思うんですよね。フィギュアにも大ちゃんがいることで新しい世界を見せてもらえるっていう期待ありありで。シーズンイン楽しみです。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR