人生を賭けねばならん時もある。頑張れ大ちゃん

ここしばらく大ちゃんの所在が不明でありましたが、昨日あたりからまた目撃情報が。
衝撃の1週間で、なんだかどうもこう胸がすっきりしないっていうかそんな感じが続きましたが、昨日大ちゃんとのツーショット画像を男子がツイッターにあげてましたが、逆光で表情とか全く分からずではありましたが、晴れやかな表情をしているような感じに見受けられちょっと安心しました。
何をってまあね、いろいろですよ。
しかし、大ちゃんシルエットだけでも体絞れているのがわかりますね。
かなり練習を積んでいるとお見受けする。
もうやりたくないと思うくらい練習するってゆってましたからね、ぜひ集中して頑張っていただきたい。
ひたすら目標のために練習することのできる才能。
それは美徳だと思います。
人生を賭けて集中しなくてはならない時期というのは、大ちゃんぐらいの年齢の頃によくあると思います。
あっても人生を賭けることができない人も結構いるとは思いますが、私ののまめもへなちょこながら人生をかけてそれだけに生活の全てをかけた時期がありますが。今振り返ってみて、そういう時期が自分に巡ってきたことと、思い切って人生を賭けてみたことは本当に幸せだったなと思います。
そういう時期があったおかげで、その経験が生きていく上でいろいろ助けられたことも結構あるし。
傍からみたら、折角の若い時期に何かを犠牲にしてまで頑張るなんておかしいと思われることもあるでしょうが、何かを犠牲にしてまでと思う人は多分、この「人生を賭けねばならない時期」というのを経験していない人ではないかなと思います。
今自分の人生を賭ける時期というのがわかっている人間にとって、何かを犠牲にしてという考え方はないんです。
苦しいこともあるけれど、一心不乱に集中してその世界にどっぷりつかれることはとても幸せだと思います。。時間も高速で進んでいくし。
たぶん今大ちゃんも時間がないって思いながら日々過ごしているんじゃないでしょうかね。

そろそろモロゾフチームに合流するんでしょうかね。モロゾフ大ちゃんに二つプログラムこさえたるってゆってるし。
そういえば、昨日モロゾフチームのHP見てたら、ニキータが軍事教練みたいなやつなんでしょうか、そういうのに参加して宣誓したとかって書いてありました。そして軍服を着たニキータの画像もあがってましたが、ああいうのを見るとロシアなんだなぁと。日本も隣国といろいろありますが、スポーツ選手が軍服着て写真とるってありえないですからね。ちょっとソ連時代の匂いぷんぷんです。
ラジオで、ロシアは大ちゃんにとっては転機となることが起こる場所だと言っていましたが、フィギュアスケーターといろいろ伏線を作ってくださりある意味良くできたドラマを見せていただいているようで、ハラハラドキドキの日々。
昨シーズンは本当にゲロを吐くは、お腹は痛くなるは、更に手まで震えるわとこれでもかこれでもかとまるで、お昼の1時半からやってるドラマのような展開ばかりでしたが、ぜひいろいろ張り巡らされている伏線の回収をロシア・ソチでしていただきたい。
大ちゃんのフィギュアスケーター人生って、映画やドラマにしたらあまりにもべた過ぎるくらいドラマティックだけど、せっかくなので最後までドラマティックに盛りあがっていただき、見てよかったと思える結末と、そして新しい人生の門出を迎えたという新ドラマに向うエンディングを見せていただきたいものであります。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. こんばんわ

   ののまめ様
大ちゃん、関大におられた様で、安心しました。
(イロンナ意味もですね!)

    『人生を賭けねばならん時もある
              頑張れ大ちゃん』
 
最高です。感激です。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

            有難う、ございました

2. 無題

こんばんわ!

深夜、「LUV Letter」を聴きながらそろそろ寝ようと思ってたところ、
ののまめさんの記事の更新通知がきましたので、読ませていただきましたところ・・・・
なんか胸をうたれ涙がでました。
今日の記事と曲がぴったりはまって。。。

黒練習着で一心不乱に練習してる大ちゃんが目に浮かび、仰るとおり人生かけてこんなにひたむきにがんばってる大ちゃん。なんて素敵で素晴らしいというか。。。LUV Letterの冒頭のあの少し上をむいたお顔も浮かび、さらにジーーンと・・・。
今朝のラジオも謙虚なこと・・・
またジーーンときて今日1日胸があつかったです。

先日は妄想劇場で、今回は感動の劇場で。
いつもたのしませていただきありがとうございます!
(長々とすみません)

3. うひゃっ(>m<)感動させちゃいました?

思ってもみないコメントをお二人にいただきましてちょっと驚き。
なんとなく、ここしばらくの美姫ちゃんの生き方がかっこいいという思う人がけっこういるらしいというマスメディアの報道を見て、どうにもひっかかるものがあって。でも一生懸命今このときに人生を賭けなくてならないとストイックに頑張っている人たちの考えが古臭い、世界から遅れているというようにとれる流れあがあることが、なんとも許し難く。今回は大ちゃんについて書いたど、真央ちゃんとかアッコちゃんとか佳菜ちゃんとかも、美姫ちゃんの騒動の陰に隠れ、ひたすら練習していると思うのだけど、こつこつと実績を積み上げ、GPシリーズに招待され、オリンピックの枠を確保した選手たちにももう少し賞賛してもいいのではないかなと。美姫ちゃんの生き方は正直どうでもいいんですよね。でもフィギュアスケーターとしての生き方についてはファンとしては気になるところで、まだちょっとくすぶってます美姫ちゃん騒動については、

4. マスメディアって怖い

>ここしばらくの美姫ちゃんの生き方がかっこいいという思う人がけっこういるらしいというマスメディアの報道を見て
本当ですか。ののまめさんが書くなら本当だと思います。テレビ無し生活をしばらくしていると、テレビから情報を無防備で受け取る怖さを感じざるをえません。
こつこつ頑張っている選手たちは、周りから文句を言われるから頑張っているのではありません。強化選手だから義務感を感じているのではないと思います。人から押し付けられる価値観でストイックに練習に励んでいるのではないと思うのです。自分の選んだ道で、自分を燃焼尽くすことに喜びさえ感じているような選手たちの前途を何人も邪魔してほしくありません。
誠実・勤勉は日本人の美徳ではなかったのでしょうか。欧米に学ぶことが多かったのは遥か昔のことです。
例のインタビューの締めが以下のような点を抑えていれば、わたしのイライラもぶちっとはいかなかったと思うのです。
・欧米ではフィギュアの人気は低迷している。
・日本の女子の層は厚い(四大陸選手権で表彰台独占とか)
・出産したフィギュアスケーターが少ない理由のひとつに競技生命が短いことが考えられて、それほど過酷なスポーツであること
以上のようなことに言及すれば、「浅田選手の引退宣言は早いと思ったけど、なるほどね」とか、「鈴木選手はあの年齢で進化するのはスゴイ」とか、「お姉さんスケーターの引退後を支える村上選手ガンバレ」とか、「いろいろ大変だけどソチを目指す安藤選手を応援しよう」とか、見るひとに考えさせる報道だったら、まだ良かったと思います。
日本人選手にメダルと取らせたいなら、黙って黙らせてという感じです。

5. Re:マスメディアって怖い

>tometomeさん
私も、フィギュアスケーターというのは他の競技の選手よりも選手生命が短いとか、そういうのもきちんと報道したうえで、出産のリスクがどれだけあるかっていうことも伝えてほしかったですよね。あとは、やっぱりどうみてもフィギュアスケーターというよりも、安藤美姫という女性について報道していたというのもなんかもやもやしますよね。
スケ連が特別扱いはしないといってくれているんで、その通り美姫ちゃんも体を作って、いい滑りを見せていただきたいものです。フィギュアスケートファンとはそういうものではないかなとおもってるんですけどね
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR