自称高橋大輔に似ているという男子へ

今日はおでかけしてきました。用事があって銀座と渋谷へ少々。
まず銀座へ行って、帰りに渋谷のヒカリエでお買い物をしておりました。
エスカレーターに乗って、すぐ前のカポーだか、友達同士かわかんないけど、若い男女がおりまして、たまたま聞こえたんですよ
「俺、よく高橋大輔に似てるって言われるけど、えーって感じ」
って。ええ、大ちゃんに似てるですって。
後姿はなかなかのイケメンな感じ。ちょっとチャラい服装はしているけれど、気になるわー。
それにここは都会のおしゃれさんの集うヒカリエであります。きっとイケメンに違いありません。ちょうど同じフロアーで降りたので、ちらっちらっとお顔を拝見したところ
「大ちゃんにあやまれっ、土下座してあやまれっ」
更に言うなら
「ピースの綾部にもあやまれっ、手をついてあやまれっ」
なお言うなら
「ゴリにはあいさつしとけ、ゴリにはなっ」
というご面相です。
要は濃い顏ってだけで、チャラいイケメン風な服装と、イケメン風な髪型のせいでイケメンと見せかけて実はイケメンにはほどとおいご面相でありました。
どこをどうみたら高橋大輔なのか、もし知り合いなら1時間くらい説教したいくらいでした。
更にこの自称高橋大輔に似ていると言っている男子は、大ちゃんに似てるって言われることが、あんなのに似てるって?みたいなちょっと上から目線の言い方だったので、生高橋大輔を見て見ろと言いたくもなりました。
思い起こせば、先日見たスターズオンアイスの大ちゃんはうつくしかった。
やっぱ生はちがうね。
隣の席に座った大ちゃんと同じ年生まれという男子などは、真央ちゃんや佳菜ちゃん筋肉がなくなったパツキンロシェットねえさんという美人さん女子達がいるにもかかわらず、高橋大輔かっこいいを連発して言っていたくらいなのに。
スターズオンの大ちゃんは本当に美しくて綺麗で、日本人として誇らしく思ったくらいであります。
グループナンバーのはじめに、膝をつき屈んで下を向いているその姿。
額に落ちた黒髪と、遠目からもわかるまつ毛の長さが、目元に影を作ってて絵にでも描きたいくらいのきれいさ。
佇まいからして美しいのでちょっとドキドキしたけれど、となりの男子はボキャブラリーが少ないため、かっこいいかっこいいという言葉ばかり連発してたけど、大ちゃんと同世代の男子がかっこいいを連発してたくらいのすんごいイケメンぶりだったというのに。巷の男子は、大ちゃんのルックスをあなどっている。
いや、ツイッターでもけっこう頻繁に
「高橋大輔に似てるって言われた~、でもショック~」
見たいなつぶやきを見かけるけど、まちがいなく今日ヒカリエでみた勘違い男と同じタイプにちがいない。顏が濃いところだけ一緒という。パーツ全部ちがうがなっていう。
そもそも、自分で高橋大輔に似ているといいつつ、なんで高橋大輔なんだよと切れてみているところに、実は俺ってイケメンなんだぜというストレートに言わないせこさがあるっていうか。
でも絶対似てないと思う。わざわざつぶやく奴にかぎって。
大ちゃん系統の男前っていうのは、いないわけではない。
実は私の以前いた職場の上司で、ちょっとここのところご無沙汰ではあるが飲み友達でもある男性は、大ちゃんというか竹之内豊に似ているイケメンである。
よくできた顏だなとつくづく思うので、よくできた顏だよねとか言うと、本気で冗談言うなよと返してきたりするのだ。本当のイケメンというのは自分のルックスの評価に対して、むしろ低く見ている傾向があるのだ。大ちゃんしかりだけど。
まわりがイケメンイケメンとかゆっても、俺はちがうとか本気で言ったりしてるため、更にまわりのイケメン評価があがるという。
しかし、イケメンとはちょっと言い難いっていう奴にかぎって、男前の有名人に少しでも似ていると言われると、調子こいて、自分はイケメンの何々に似てると言いだすのだ。
たぶんこの法則はかなりの確率であたっていると思う。
大ちゃんは自分のイケメン具合をもっと自信もてといいたいくらいだ。が、フィギュアの世界はイケメン多いからしかたがないけど、でも海外のファンとか、大ちゃんのことはハンサムハンサムってゆってるんだけどなぁ。私もそう思うが。どっから見てもイケメンっていうか、男前っていうのは芸能人でもそうそういないんじゃないかと思うけど。
そういえば、以前新聞社のカメラマンだったかな、篠山紀信さんも言ってたと思うけど、大ちゃんを撮影してるとどんどんシャッターきっちゃうって。他の選手よりもシャッターをきる回数が多いって言ってたと思うけど。プロフェッショナルな人からみても、更には同性からも美しいと言われているのはすごい事だと思うんだけど。

そんな今日の、大ちゃんと私な話はそこそこに。。。ってけっこう力んで書いちゃったが、話はかわり
EUR2013 男子はフェルナンデス君優勝でしたな。
クワド3回成功だったし。フリーはファイナルでも成功してたから自信をかなりつけたんじゃないかなと思う。ワールドではPCSでも点数あがってくるかも・・・ただ、思うに、フェルナンデスくんもだし、アモディオもだし、ゆづもだけど。クワド飛んでくる選手のプログラムって正直途中休憩が多い。大ちゃんとかPちゃんのプログラムを何度も見てるせいかもしれないけど、途中でとまったりステップでゆるゆる滑ってるのを見ると、クワドでごまかされた感があるっていうか。
でも、ヨーロッパ勢も北米勢もまだクワドをプログラムに入れてる選手はTOP選手のみなので、ひとまず今の段階だとクワドを飛んでおけばOKっていう感じなのかなとも思うけど・・・。あとは大ちゃんとPちゃんのジャンプの出来次第かなと思う。やっぱり今の時点だとこの二人が突出してると思うのだ。
ゆづは、ファイナルと今回のユーロを見た今の時点だと、フェルナンデスくんのほうが出来がいいと思う、でもゆづのほうに点数がでちゃうんだよなぁ。トータルでいけばやっぱり大ちゃんのほうが出来がいいと思うんだけど、こればっかりはジャッジにもよるからわかんないけど。
でも海外の解説をきいていると、大ちゃんに優勝してもらいたいと思ってる人が多いような感じがする。身びいきかもしれないけど。
フランスのプレオベールとか、ブリティッシュユーロのニッキーさんたちとか、ドイツの解説の人もそうだったけど。
ただ今の時点だとジャンパー有利っていうのが現状かな。
そもそもクワド飛ぶだけでも大変なことだし。
4CCまであと2週間。
大ちゃんがどう仕上げてくるか。
世界中が楽しみにしてるんじゃないと思う。ジャンパーであり、稀代のアーティストでもある高橋大輔がどう仕上げてくるか。
それによって、来シーズンの傾向って決まってくると思うのだ。
仮に、大ちゃんがクワド失敗したとしたら、たぶん来シーズンそしてオリンピックまでは、クワドジャンパーのクワドだけの出来によって順位が決まると思う。
ある意味そのほうがわかりやすいけど。
でも、大ちゃんがクワドを2回入れて芸術的な作品に仕上げてきたら、たぶん男子のトレンドはまちがいなく変わる。どっちに転んでも大ちゃんが男子シングルのトレンドを作るキーマンになるのはまちがいないと思う。
ひょっとして、4CCではフリーで3回クワド飛んじゃったりして。
3回転でもきびしくジャッジされるんだったら、いっそ無理でも4回転とか。
4CCは枠とりとか関係ないし、ある意味男の意地の見せどころっていうか。
日本人の中では、どんなことをしてもTOPでいなくちゃならないし。2番手扱いになると、PCSではそういう点数になっちゃうから。
たぶんやれるだけの手駒をもって4CCに挑戦してくるんじゃないかと思う。打倒オーサーチームってね。
そんなのを見たいな。たぶん今回のユーロ見て、またふつふつと燃えがらせてるんではないかと思うけど。そうあっても欲しいし。そうでなくちゃ、高橋大輔の名がすたる。
大ちゃんが同じ男子フィギュアの選手たちに人気があるのは、アーティストであっても決して芸術に逃げない、追い込まれるほど攻めていく姿に男子はしびれて憧れているんだと思う。
クワドの成功率がひくかろうと、ジャッジが際どい採点をしようとも、点数稼ぎのプログラムでは勝ちたくないという男気に、海外の人は侍魂を見ていると思うのね。
大ちゃんがクワドの確率あげるってことは、ただクワドをとぶっていうだけでなく、プログラムの流れのなかにクワドがいっているというアート作品に仕上げてくることがみんなわかってるから、それを見たいと期待しているのではないかな。
だってグランプリシリーズ中国杯NHK杯のころの、みんなの期待の大きさといったら。あれでも十分だと思うけど普通の選手だったら。でも高橋大輔なのであれでは許されないという期待感はすごいと思う。
でもファイナルで片鱗をみせ、ナショナルで覚醒。あとは作品として磨き上げの段階にきているから、どうなってるのか本当に楽しみでしかたがないんだけど。こう思うのはやっぱり大ちゃんだけかなぁ。他の選手はやっぱジャンプの出来不出来が気になるアスリートに近いから。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. はじめまして

ウチの大学生の長男は、スワンの時の大ちゃんに似ています。実家の母に言われて気がつきました。大ちゃんより、ずっとでかいですが。そして今の大ちゃんには似てません。残念!あと、四回転ですが、大ちゃんが完璧に四回転を決めた時、彼のもつ価値ある異端が輝きを増し、フィギュアの新たな道標となるでしょう。ただし、それが評価されないとですが…。

2. 価値ある異端

キクさんはじめまして、コメントありがとうございます。完璧なクワドを決めたとき大ちゃんの価値ある異端が輝きを増す。キクさんの言うとおり。今でも十分輝いているんだけど、世界が大ちゃんのプログラムの中にあるクワドが完璧になることを望んでいるような気がするんですよね。クワドを飛んでるというだけでなく。過去芸術性の高い選手はジャンプがなかなか安定しなくてトップでいられること、トップグループにいるということもなかなかできないでいたけれど、アスリートとアーティスト両方を兼ね揃えて、かつフィギュアスケート選手の枠をこえた感性と表現力のある選手というのは大ちゃんが初めてではないかなと思うのです。だからこそそういう選手が世界の頂点にたって、新しい道をひらいていってほしいなと思ったりしてるんだけど。ジャッジがなかなか。ただ全日本の時のような気魄と、更に少しの冷静さがあれにくわわれば、更にすごいプロになって、否応もなく評価せざる負えないようになるのではないかなと思ってます。正直ゆづの点数を見るとなんでかなぁと思ってしまうんですが。でも今まで何度も大ちゃんは不遇をチャンスにしてきた本当の実力のある選手なので、かならず報われる時がくると思います。フィギュアの神様もきっともっとできるもっとできると今大ちゃんのお尻をたたいてくれているんじゃないかな。実際ゆづのおかげで、お尻に火がついたし。今後楽しみですよね。
息子さん、スワンの大ちゃんなら超うらやましいです。今日もたまたまスワン大ちゃん見てたけど、荒ぶる大ちゃんもよいですよね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR